fsutil ファイルFsutil file

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows 7Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows 10, Windows Server 2012 R2, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows 7

(ディスク クォータが有効になっている) 場合、ユーザー名でファイルを検索、ファイルに割り当てられた範囲をクエリ、ファイルの短い名前を設定、ファイルの有効なデータの長さを設定、ファイルの場合、ゼロのデータの設定または新しいファイルを作成します。Finds a file by user name (if Disk Quotas are enabled), queries allocated ranges for a file, sets a file's short name, sets a file's valid data length, sets zero data for a file, or creates a new file.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

fsutil file [createnew] <filename> <length>
fsutil file [findbysid] <username> <directory>
fsutil file [optimizemetadata] [/A] <filename>
fsutil file [queryallocranges] offset=<offset> length=<length> <filename>
fsutil file [queryextents] [/R] <filename> [<startingvcn> [<numvcns>]]
fsutil file [queryfileid] <filename>
fsutil file [queryfilenamebyid] <volume> <fileid>
fsutil file [queryoptimizemetadata] <filename>
fsutil file [queryvaliddata] [/R] [/D] <filename>
fsutil file [seteof] <filename> <length>
fsutil file [setshortname] <filename> <shortname>
fsutil file [setvaliddata] <filename> <datalength>
fsutil file [setzerodata] offset=<offset> length=<length> <filename>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
createnewcreatenew ゼロで構成されるコンテンツのサイズを指定した名前のファイルを作成します。Creates a file of the specified name and size, with content that consists of zeroes.
<filename><filename> ファイル名と拡張子、たとえば C:\documents\filename.txt を含むファイルへの完全パスを指定します。Specifies the full path to the file including the file name and extension, for example C:\documents\filename.txt.
<length><length> ファイルの有効なデータ長を指定します。Specifies the file's valid data length.
findbysidfindbysid ディスク クォータが有効になっている NTFS ボリューム上の指定したユーザーに属するファイルを検索します。Finds files that belong to a specified user on NTFS volumes where Disk Quotas are enabled.
<username><username> ユーザーのユーザー名またはログイン名を指定します。Specifies the user's user name or logon name.
<directory><directory> たとえば C:\users ディレクトリにフルパスを指定します。Specifies the full path to the directory, for example C:\users.
optimizemetadataoptimizemetadata これは、指定されたファイルのメタデータの即時の圧縮を実行します。This performs an immediate compaction of the metadata for a given file.
/A/A 最適化前後のファイルのメタデータを分析します。Analyze file metadata before and after optimization.
queryallocrangesqueryallocranges NTFS ボリューム上のファイルに割り当てられた範囲クエリを実行します。Queries the allocated ranges for a file on an NTFS volume. ファイルがスパースのリージョンにあるかどうかを決定するために便利です。Useful for determining whether a file has sparse regions.
offset=<offset>offset=<offset> ゼロに設定する範囲の開始を指定します。Specifies the start of the range that should be set to zeroes.
length=<length>length=<length> バイト単位で範囲の長さを指定します。Specifies the length of the range (in bytes).
queryextentsqueryextents ファイルのエクステントを照会します。Queries extents for a file.
/R/R 場合は再解析ポイントよりも、そのターゲットを開きます。If is a reparse point, open it rather than its target.
<startingvcn><startingvcn> クエリするために、VCN 最初を指定します。Specifies first VCN to query. 省略した場合は、ために、VCN 0 から始まります。If omitted, start at VCN 0.
<numvcns><numvcns> クエリを実行する VCNs の数。Number of VCNs to query. 場合は省略するか、0、EOF までクエリ。If omitted or 0, query until EOF.
queryfileidqueryfileid NTFS ボリューム上のファイルのファイル ID を照会します。Queries the file ID of a file on an NTFS volume.

このパラメーターに適用されます。Windows Server 2008 R2 および Windows 7。This parameter applies to: Windows Server 2008 R2 and Windows 7 .
<ボリューム ><volume> ドライブ名の後にコロンと、ボリュームを指定します。Specifies the volume as drive name followed by a colon.
queryfilenamebyidqueryfilenamebyid NTFS ボリューム上には、指定されたファイル ID のランダムなリンク名を表示します。Displays a random link name for a specified file ID on an NTFS volume. ファイルにはそのファイルを指す 2 つ以上のリンク名を設定できるためファイル名をクエリの結果としてファイル リンクが提供されることは限りません。Since a file can have more than one link name pointing to that file, it is not guaranteed which file link will be provided as a result of the query for the file name.

このパラメーターに適用されます。Windows Server 2008 R2 および Windows 7。This parameter applies to: Windows Server 2008 R2 and Windows 7 .
<fileid><fileid> NTFS ボリューム上のファイルの ID を指定します。Specifies the ID of the file on an NTFS volume.
queryoptimizemetadataqueryoptimizemetadata ファイルのメタデータの状態を照会します。Queries the metadata state of a file.
queryvaliddataqueryvaliddata ファイルに有効なデータ長を照会します。Queries the valid data length for a file.
/D/D 有効なデータの詳細な情報を表示します。Display detailed valid data information.
seteofseteof 指定されたファイルの EOF を設定します。Sets the EOF of the given file.
setshortnamesetshortname NTFS ボリューム上のファイルの短い名前 (8.3 形式の文字長のファイル名) を設定します。Sets the short name (8.3 character-length file name) for a file on an NTFS volume.
<shortname><shortname> ファイルの短い名前を指定します。Specifies the file's short name.
setvaliddatasetvaliddata NTFS ボリューム上のファイルの有効なデータ長を設定します。Sets the valid data length for a file on an NTFS volume.
<datalength><datalength> ファイルの長さをバイト単位で指定します。Specifies the length of the file in bytes.
setzerodatasetzerodata 範囲を設定 (で指定されたオフセット長さ) ファイルを空にする、ファイルをゼロにするには、。Sets a range (specified by Offset and Length) of the file to zeroes, which empties the file. ファイルがスパース ファイルの場合は、基になる、アロケーション ユニットは解除されます。If the file is a sparse file, the underlying allocation units are decommitted.

注釈Remarks

  • NTFS は、ファイルの長さの 2 つの重要な概念: ファイル終端 (EOF) マーカーと有効なデータの長さ (VDL)。In NTFS, there are two IMPORTANT concepts of file length: the end-of-file (EOF) marker and the Valid Data Length (VDL). EOF では、ファイルの実際の長さを示します。The EOF indicates the actual length of the file. VDL では、ディスク上の有効なデータの長さを指定します。The VDL identifies the length of valid data on disk. VDL と EOF の間で読み取りでは、0 C2 オブジェクトを保持するために再利用の要件を自動的に戻ります。Any reads between VDL and EOF automatically return 0 to preserve the C2 object reuse requirement.

  • Setvaliddataパラメーターを実行するボリュームの保守タスク (SeManageVolumePrivilege) 特権を必要とするため、管理者だけです。The setvaliddata parameter is only available for administrators because it requires the Perform volume maintenance tasks (SeManageVolumePrivilege) privilege. この機能が必要なだけマルチ メディアとシステム エリア ネットワークのシナリオの詳細。This feature is only required for advanced multimedia and system area network scenarios. Setvaliddataパラメーターは正の値は、現在の VDL よりも大きいが、現在のファイル サイズ未満である必要があります。The setvaliddata parameter must be a positive value that is greater than the current VDL, but less than the current file size.

    VDL を設定するプログラムに対して有効な場合。It is useful for programs to set a VDL when:

    • ハードウェアのチャネルから直接ディスクに生のクラスターを記述します。Writing raw clusters directly to disk through a hardware channel. これにより、この範囲は、ユーザーに返すことができる有効なデータを含むファイル システムに通知するプログラムです。This allows the program to inform the file system that this range contains valid data that can be returned to the user.

    • パフォーマンスが問題である場合は、大きなファイルを作成します。Creating large files when performance is an issue. ファイルが作成または拡張ファイルを 0 がいっぱいになるまでの時間を回避できます。This avoids the time it takes to fill the file with zeroes when the file is created or extended.

Examples

ドライブ C 上 scottb によって所有されているファイルを検索するには、次のように入力します。To find files that are owned by scottb on drive C, type:

fsutil file findbysid scottb c:\users  

NTFS ボリューム上のファイルに割り当てられた範囲をクエリするには、次のように入力します。To query the allocated ranges for a file on an NTFS volume, type:

fsutil file queryallocranges offset=1024 length=64 c:\temp\sample.txt  

ファイルのメタデータを最適化するには、次のように入力します。To optimize metadata for a file, type:

fsutil file optimizemetadata C:\largefragmentedfile.txt

ファイルのエクステントをクエリするには、次のように入力します。To query the extents for a file, type:

fsutil file queryextents C:\Temp\sample.txt

ファイルに EOF を設定するには、次のように入力します。To set the EOF for a file, type:

fsutil file seteof C:\testfile.txt 1000

ドライブ C に Longfile.txt Longfilename.txt ファイルの短い名前を設定するに次のように入力します。To set the short name for the file Longfilename.txt on drive C to Longfile.txt, type:

fsutil file setshortname c:\longfilename.txt longfile.txt  

有効なデータ長を 4096 バイトの NTFS ボリュームに Testfile.txt をという名前のファイルを設定するには、次のように入力します。To set the valid data length to 4096 bytes for a file named Testfile.txt on an NTFS volume, type:

fsutil file setvaliddata c:\testfile.txt 4096  

NTFS ボリューム上のファイルの範囲を空にしてにゼロに設定するに次のように入力します。To set a range of a file on an NTFS volume to zeros to empty it, type:

fsutil file setzerodata offset=100 length=150 c:\temp\sample.txt  

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key

FsutilFsutil