graftabl

Windows オペレーティングシステムで、拡張文字セットをグラフィックモードで表示できるようにします。 パラメーターを指定せずに graftabl を使用すると、前のコードページと現在のコードページが表示されます。

重要

Graftabl コマンドは従来のコマンドであるため、古くなっています。 これは通常、最新の Windows バージョンではインストールされません。 コードページの処理については、 chcp ページを参照してください。

構文

graftabl <codepage>
graftabl /status

パラメーター

パラメーター [説明]
<codepage> グラフィックスモードで拡張文字の外観を定義するコードページを指定します。 有効なコードページ id 番号は次のとおりです。
  • 437 -米国
  • 850 -多言語 (ラテン I)
  • 852 -スラブ語 (ラテン II)
  • 855 -キリル語 (ロシア)
  • 857 -トルコ語
  • 860 -ポルトガル語
  • 861 -アイスランド語
  • 863 -Canadian-French
  • 865 -北欧
  • 866 -ロシア語
  • 869 -モダンギリシャ語
/status このコマンドによって使用されている現在のコードページを表示します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

Remarks

  • Graftabl コマンドは、指定したコードページの拡張文字のモニター表示にのみ影響します。 コンソールの実際の入力コードページは変更されません。 コンソールの入力コードページを変更するには、 mode または chcp コマンドを使用します。

  • 各終了コードとその簡単な説明を次に示します。

    終了コード 説明
    0 文字セットが正常に読み込まれました。 前のコードページが読み込まれませんでした。
    1 正しくないパラメーターが指定されました。 何も処理されませんでした。
    2 ファイルエラーが発生しました。
  • バッチプログラムで ERRORLEVEL 環境変数を使用すると、 graftabl によって返される終了コードを処理できます。

使用例

Graftabl によって使用される現在のコードページを表示するには、次のように入力します。

graftabl /status

コードページ 437 (米国) のグラフィックス文字セットをメモリに読み込むには、次のように入力します。

graftabl 437

コードページ 850 (多言語) のグラフィックス文字セットをメモリに読み込むには、次のように入力します。

graftabl 850

その他の参照情報