importimport

システムに読み込まれたメタデータ ファイルからの移植可能なシャドウ コピーをインポートします。Imports a transportable shadow copy from a loaded metadata file into the system.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

import

注釈Remarks

  • 移動可能なシャドウ コピーはすぐに、システムでは保存されません。Transportable shadow copies are not stored on the system immediately. その詳細は、DiskShadow は自動的に要求し、作業ディレクトリで .cab メタデータ ファイルに保存のバックアップ コンポーネント ドキュメントの XML ファイルに格納されます。Their details are stored in a Backup Components Document XML file, which DiskShadow automatically requests and saves in a .cab metadata file in the working directory. 使用してこのファイルの名前とパスを変更することができます、メタデータ設定コマンド。You can change the path and name of this file using the set metadata command.
  • 使用する前にインポート、DiskShadow メタデータ ファイルを使用して、読み込む必要があります、メタデータの読み込みコマンド。Before you can use import, you must load a DiskShadow metadata file using the load metadata command.

Examples

使用方法を示すサンプル DiskShadow スクリプトを次に、インポートコマンド。The following is a sample DiskShadow script that demonstrates the use of the import command:

#Sample DiskShadow script demonstrating IMPORT
SET CONTEXT PERSISTENT
SET CONTEXT TRANSPORTABLE
SET METADATA transHWshadow_p.cab
#P: is the volume supported by the Hardware Shadow Copy provider
ADD VOLUME P:
CREATE
END BACKUP
#The (transportable) shadow copy is not in the system yet.
#You can reset or exit now if you wish.

LOAD METADATA transHWshadow_p.cab
IMPORT
#The shadow copy will now be loaded into the system.

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key