makecabmakecab

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

キャビネット (.cab) ファイルに既存のファイルをパッケージ化します。Package existing files into a cabinet (.cab) file.

構文Syntax

makecab [/v[n]] [/d var=<value> ...] [/l <dir>] <source> [<destination>]
makecab [/v[<n>]] [/d var=<value> ...] /f <directives_file> [...]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
ファイルを圧縮します。File to compress.
ファイル名を使用して、圧縮されたファイルに付けます。File name to give compressed file. 省略すると、ソース ファイル名の最後の文字はアンダー スコア () に置き換えられ、送信先として使用します。If omitted, the last character of the source file name is replaced with an underscore () and used as the destination.
/f < directives_file >/f <directives_file> 持つファイル makecab ディレクティブ (繰り返し可能性があります)。A file with makecab directives (may be repeated).
/d var =/d var= 指定した値を含む変数を定義します。Defines variable with specified value.
/l /l 変換先を配置する場所 (既定値は現在のディレクトリ)。Location to place destination (default is current directory).
/v[]/v[] 詳細レベルのデバッグ設定 (0 = なし、..., 3 = フル)。Set debugging verbosity level (0=none,...,3=full).
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

その他の参照additional references