manage-bde forcerecoverymanage-bde forcerecovery

再起動時に復旧モードに BitLocker で保護されたドライブを強制します。Forces a BitLocker-protected drive into recovery mode on restart. このコマンドは、すべてのトラステッドプラットフォームモジュール (TPM) 関連のキー保護機能をドライブから削除します。This command deletes all Trusted Platform Module (TPM)-related key protectors from the drive. コンピューターが再起動したら、回復パスワードまたは回復キーは、ドライブのロック解除に使用できます。When the computer restarts, only a recovery password or recovery key can be used to unlock the drive.

構文Syntax

manage-bde –forcerecovery <drive> [-computername <name>] [{-?|/?}] [{-help|-h}]

パラメーターParameters

パラメーターParameter DescriptionDescription
<drive> コロンの後にドライブ文字を表します。Represents a drive letter followed by a colon.
-computername-computername manage-bde.exe が別のコンピューターの BitLocker 保護を変更するために使用されることを指定します。Specifies that manage-bde.exe will be used to modify BitLocker protection on a different computer. また、このコマンドの省略版として -cn を使用することもできます。You can also use -cn as an abbreviated version of this command.
<name> BitLocker による保護を変更するコンピューターの名前を表します。Represents the name of the computer on which to modify BitLocker protection. 指定できる値には、コンピューターの NetBIOS 名とコンピューターの IP アドレスが含まれます。Accepted values include the computer's NetBIOS name and the computer's IP address.
-?-? または /?or /? コマンドプロンプトで簡単なヘルプを表示します。Displays brief Help at the command prompt.
-help または-h-help or -h 表示は、コマンド プロンプトでヘルプを完了します。Displays complete Help at the command prompt.

Examples

BitLocker がドライブ C の回復モードで起動するようにするには、次のように入力します。To cause BitLocker to start in recovery mode on drive C, type:

manage-bde –forcerecovery C:

その他の参照情報Additional References