mmcmmc

適用対象: Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Mmc のコマンドラインオプションを使用すると、特定の mmc コンソールを開き、作成者モードで mmc を開くことができます。または、32ビットまたは64ビットのバージョンの mmc を開くように指定することもできます。Using mmc command-line options, you can open a specific mmc console, open mmc in author mode, or specify that the 32-bit or 64-bit version of mmc is opened.

構文Syntax

mmc <path>\<filename>.msc [/a] [/64] [/32]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<path>\<filename>.msc mmc を起動し、保存されたコンソールを開きます。starts mmc and opens a saved console. 保存されているコンソール ファイルの完全なパスとファイル名を指定する必要があります。You need to specify the complete path and file name for the saved console file. コンソールファイルを指定しない場合は、 mmc によって新しいコンソールが開きます。If you do not specify a console file, mmc opens a new console.
/a/a 作成者モードでは、保存されているコンソールを開きます。Opens a saved console in author mode. 保存されているコンソールに変更を加えるために使用します。Used to make changes to saved consoles.
/64/64 64ビットバージョンの mmc (mmc64) を開きます。Opens the 64-bit version of mmc (mmc64). Microsoft の 64 ビット オペレーティング システムを実行していて、64 ビットのスナップインを使用する場合にのみ、このオプションを使用します。Use this option only if you are running a Microsoft 64-bit operating system and want to use a 64-bit snap-in.
/32/32 32ビットバージョンの mmc (mmc32) を開きます。Opens the 32-bit version of mmc (mmc32). Microsoft 64 ビットオペレーティングシステムを実行している場合は、32ビットのみのスナップインがあるときに、このコマンドラインオプションを使用して mmc を開くことによって、32ビットのスナップインを実行できます。When running a Microsoft 64-bit operating system, you can run 32-bit snap-ins by opening mmc with this command-line option when you have 32-bit only snap-ins.

解説Remarks

  • 環境変数を使用すると、コンソールファイルの明示的な場所に依存しないコマンドラインやショートカットを作成できます。You can use environment variables to create command lines or shortcuts that don't depend on the explicit location of console files. たとえばかどうか、コンソール ファイルへのパスがシステム フォルダーには (たとえば、 mmc c:\winnt\system32\console_name.msc )、拡張可能なデータ文字列を使用することができます %systemroot% 場所を指定 ( mmc%systemroot%\system32\console_name.msc )。For instance, if the path to a console file is in the system folder (for example, mmc c:\winnt\system32\console_name.msc ), you can use the expandable data string %systemroot% to specify the location ( mmc%systemroot%\system32\console_name.msc ). これは、別のコンピューターで作業している組織内のユーザーにタスクを委任する場合に便利です。This may be useful if you're delegating tasks to people in your organization who are working on different computers.

  • /A オプションを使用してコンソールを開くと、既定のモードに関係なく、作成者モードで開かれます。When consoles are opened using the /a option, they're opened in author mode, regardless of their default mode. これにより、ファイルの既定のモード設定が完全に変更されることはありません。このオプションを省略すると、mmc は既定のモード設定に従ってコンソールファイルを開きます。This doesn't permanently change the default mode setting for files; when you omit this option, mmc opens console files according to their default mode settings.

  • Mmc またはコンソールファイルを作成者モードで開いた後、 コンソール メニューの [ 開く ] をクリックすると、既存のコンソールを開くことができます。After you open mmc or a console file in author mode, you can open any existing console by clicking Open on the Console menu.

  • コマンドラインを使用して、 mmc および保存されているコンソールを開くためのショートカットを作成できます。You can use the command line to create shortcuts for opening mmc and saved consoles. コマンド ライン コマンドは、 実行 コマンドを 開始 ] メニューの [任意のコマンド プロンプト ウィンドウで、ショートカット、またはバッチ ファイルまたはコマンドを呼び出すプログラムにします。A command-line command works with the Run command on the Start menu, in any command-prompt window, in shortcuts, or in any batch file or program that calls the command.

その他の参照情報Additional References