mountvolmountvol

作成、削除、またはボリュームのマウント ポイントを一覧表示されます。Creates, deletes, or lists a volume mount point.

このコマンドを使用する方法の例を参照してくださいします。For examples of how to use this command see Examples.

構文Syntax

mountvol [<Drive>:]<Path VolumeName>
mountvol [<Drive>:]<Path> /d
mountvol [<Drive>:]<Path> /l
mountvol [<Drive>:]<Path> /p
mountvol /r
mountvol [/n | /e]
mountvol <Drive>: /s

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
[<ドライブ >:][<Drive>:] マウント ポイントが存在する既存の NTFS ディレクトリを指定します。Specifies the existing NTFS directory where the mount point will reside.
<VolumeName><VolumeName> マウント ポイントの対象となっているボリューム名を指定します。Specifies the volume name that is the target of the mount point. ボリューム名は、次の構文を使用しているGUIDはグローバルに一意の識別子です。The volume name uses the following syntax, where GUID is a globally unique identifier:
\\\\?\Volume\{GUID}\
角かっこ {} が必要です。The brackets { } are required.
/d/d 指定したフォルダーから、ボリュームのマウント ポイントを削除します。Removes the volume mount point from the specified folder.
/l/l 指定のフォルダーにマウントされたボリューム名を一覧表示します。Lists the mounted volume name for the specified folder.
/p/p ボリューム マウント ポイントを指定したディレクトリから削除します、ベーシック ボリュームのマウントを解除し、基本的なボリュームをオフラインでマウントを解除します。Removes the volume mount point from the specified directory, dismounts the basic volume, and takes the basic volume offline, making it unmountable. 他のプロセスは、ボリュームを使用している場合mountvolボリュームのマウントを解除する前に開いているハンドルを閉じます。If other processes are using the volume, mountvol closes any open handles before dismounting the volume.
/r/r ボリューム マウント ポイント ディレクトリとレジストリ設定は自動的にマウントされているを防止、システムで、特定の以前のボリュームのマウント ポイントのシステムに追加されたときにボリュームを削除します。Removes volume mount point directories and registry settings for volumes that are no longer in the system, preventing them from being automatically mounted and given their former volume mount point(s) when added back to the system.
/n/n 新しいベーシック ボリュームの自動マウントを無効にします。Disables automatic mounting of new basic volumes. システムに追加されたときに、新しいボリュームが自動的にマウントされていません。New volumes are not mounted automatically when added to the system.
/e/e 新しいベーシック ボリュームの自動マウントを再度有効にします。Re-enables automatic mounting of new basic volumes.
/s/s 指定したドライブで、EFI システム パーティションをマウントします。Mounts the EFI system partition on the specified drive. Itanium ベースのコンピューターでのみ使用できます。Available on Itanium-based computers only.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • Mountvolドライブ文字を必要とせずにボリュームをリンクすることができます。Mountvol allows you to link volumes without requiring a drive letter.
  • 使用してマウント解除されているボリューム /p 「いないマウント済み UNTIL A ボリューム マウント ポイントが作成された」ボリュームの一覧に表示されますVolumes that are dismounted by using /p are listed in the volumes list as "NOT MOUNTED UNTIL A VOLUME MOUNT POINT IS CREATED." ボリュームには、複数のマウント ポイントがある場合を使用して、 /dを使用する前に他のマウント ポイントを削除する /pします。If the volume has more than one mount point, use /d to remove the additional mount points before using /p. 行うことができます、ベーシック ボリューム マウント可能なもう一度ボリューム マウント ポイントを割り当てることで。You can make the basic volume mountable again by assigning a volume mount point.
  • 再フォーマットやハード ドライブを交換せず、ボリュームの容量を拡張する必要がある場合は、別のボリュームをマウント パスを追加できます。If you need to expand your volume space without reformatting or replacing a hard drive, you can add a mount path to another volume. 1 つのボリュームを使用して、複数のマウント パスでの利点は、すべてのローカル ボリュームを 1 つのドライブ文字を使用してアクセスできること (などC:)。The benefit of using one volume with several mount paths is that you can access all local volumes by using a single drive letter (such as C:). どのドライブ文字に対応しているボリュームを記憶する必要はありません — することもできますが、ローカル ボリュームをマウントし、ドライブ文字を割り当てます。You do not need to remember which volume corresponds to which drive letter—although you can still mount local volumes and assign them drive letters.

Examples

マウント ポイントを作成するには、次のように入力します。To create a mount point, type:

mountvol \sysmount \\?\Volume\{2eca078d-5cbc-43d3-aff8-7e8511f60d0e}\

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key