mqbkupmqbkup

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

上の MSMQ メッセージ ファイルとレジストリ設定、記憶域デバイスにバックアップし、以前に格納されているメッセージと設定を復元します。Backs up MSMQ message files and registry settings to a storage device and restores previously-stored messages and settings.
バックアップと復元操作の両方では、ローカルの MSMQ サービスは停止します。Both the backup and the restore operation will stop the local MSMQ service. MSMQ サービスが開始された事前ユーティリティは、バックアップまたは復元操作の最後に、MSMQ サービスを再起動しようとします。If the MSMQ service was started beforehand, the utility will attempt to restart the MSMQ service at the end of the backup or the restore operation. サービスは、このユーティリティを実行する前に既に停止されている場合、サービスを再起動する処理は行われません。If the service was already stopped before running the utility, no attempt to restart the service is made.
MSMQ メッセージのバックアップ/復元ユーティリティを使用する前に MSMQ を使用しているすべてのローカル アプリケーションを閉じる必要があります。Before using the MSMQ Message Backup/Restore utility you must close all local applications that are using MSMQ.

構文Syntax

mqbkup {/b | /r} <folder path_to_storage_device>  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/b/b バックアップ操作を指定しますSpecifies backup operation
/r/r 復元操作を指定しますSpecifies restore operation
< フォルダー path_to_storage_デバイス ><folder path_to_storage_device> MSMQ メッセージ ファイルとレジストリ設定が格納されているパスを指定しますSpecifies the path where the MSMQ message files and registry settings are stored
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

Examples

すべての MSMQ メッセージ ファイルとレジストリ設定をバックアップおよびに保存する、 Msmqbkup c: ドライブ上のフォルダー。To backup all MSMQ message files and registry settings and store them in the Msmqbkup folder on your C: drive.

mqbkup /b c:\msmqbkup  

指定したフォルダーが存在しない場合、ユーティリティに自動的に作成されます。if the specified folder does not exist, the utility will automatically create one. 既存のフォルダーを指定する場合は、このフォルダーを空にする必要があります。If you choose to specify an existing folder, this folder must be empty. 空でないフォルダーを指定する場合、すべてのファイルとそれに含まれるサブフォルダーに、ユーティリティが削除されます。If you specify a non-empty folder, the utility will delete every file and subfolder contained within it. この場合、既存のファイルとサブフォルダーを削除する権限を付与するように求めするは。In this case, you will be prompted to give permission to delete existing files and subfolders. 使用することができます、 /yパラメーターをすべての既存のファイルと、指定したフォルダー内のサブフォルダーの削除にあらかじめ同意を示します。You can use the /y parameter to indicate that you agree beforehand to the deletion of all existing files and subfolders in the specified folder.
すべてのファイルとサブフォルダーを削除する、 Oldbkup c: ドライブとストアの MSMQ メッセージ ファイルとレジストリの設定をこのフォルダー内のフォルダー。To delete all files and subfolders in the Oldbkup folder on your C: drive and store MSMQ message files and registry settings in this folder.

mqbkup /b /y c:\oldbkup  

MSMQ メッセージとレジストリ設定を復元するには。To restore MSMQ messages and registry settings:

mqbkup /r c:\msmqbkup  

MSMQ メッセージ ファイルを格納するために使用するフォルダーの場所は、レジストリに格納されます。The locations of folders used to store MSMQ message files are stored in the registry. そのため、ユーティリティは、レジストリで指定されたフォルダーおよび復元操作の前に使用されるストレージ フォルダーが、MSMQ メッセージのファイルが復元されます。Thus, the utility will restore MSMQ message files to the folders specified in the registry and not to the storage folders used before the restore operation. レジストリで指定したフォルダーが存在しない場合、復元操作が自動的に作成します。If the folders specified in the registry do not exist, the restore operation will automatically create them. フォルダーのディレクトリが存在して、空ではない場合は、ユーティリティは、次のフォルダーの現在の内容を削除するアクセス許可を求められます。If folders directories do exist and are not empty, the utility will prompt you for permission to delete the current contents of these folders.

その他の参照additional references