msdtmsdt

コマンドラインまたは自動化されたスクリプトの一部としてトラブルシューティングパックを起動し、ユーザー入力なしで追加のオプションを有効にします。Invokes a troubleshooting pack at the command line or as part of an automated script, and enables additional options without user input.

構文Syntax

msdt </id <name> | /path <name> | /cab < name>> <</parameter> [options] … <parameter> [options]>>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/id <packagename>/id <packagename> 実行する診断パッケージを指定します。Specifies which diagnostic package to run. 利用可能なパッケージの一覧については、「 使用可能なトラブルシューティングパック」を参照してください。For a list of available packages, see Available Troubleshooting packs.
/path <directory|.diagpkg file|.diagcfg file>/path <directory|.diagpkg file|.diagcfg file> 診断パッケージへの完全パスを指定します。Specifies the full path to a diagnostic package. ディレクトリを指定する場合は、ディレクトリに診断パッケージが含まれている必要があります。If you specify a directory, the directory must contain a diagnostic package. * */Id * *、 /dci、/ cab の各パラメーターと共に、 /path パラメーターを使用することはできません。You cannot use the /path parameter in conjunction with the** /id**, /dci, or /cab parameters.
/dci <passkey>/dci <passkey> パスキーフィールドをプリセットします。Prepopulates the passkey field. このパラメーターは、サポートプロバイダーがパスキーを指定した場合にのみ使用されます。This parameter is only used when a support provider has supplied a passkey.
/dt <directory>/dt <directory> 指定されたディレクトリのトラブルシューティングの履歴を表示します。Displays the troubleshooting history in the specified directory. 診断結果は、ユーザーの %LOCALAPPDATA%\Diagnostics または %LOCALAPPDATA%\ElevatedDiagnostics ディレクトリに格納されます。Diagnostic results are stored in the user’s %LOCALAPPDATA%\Diagnostics or %LOCALAPPDATA%\ElevatedDiagnostics directories.
/af <answerfile>/af <answerfile> 1つ以上の診断対話に対する応答を含む応答ファイルを XML 形式で指定します。Specifies an answer file in XML format that contains responses to one or more diagnostic interactions.
/モーダル <ownerHWND>/modal <ownerHWND> 親コンソールウィンドウハンドル (HWND) によって指定された、10進数のウィンドウにトラブルシューティングパックをモーダルにします。Makes the troubleshooting pack modal to a window designated by the parent Console Window Handle (HWND), in decimal. このパラメーターは、通常、トラブルシューティングパックを起動するアプリケーションによって使用されます。This parameter is typically used by applications that launch a troubleshooting pack. コンソールウィンドウハンドルの取得の詳細については、「 コンソールウィンドウハンドルを取得する方法 (HWND)」を参照してください。For more information about obtaining Console Window Handles, see How to Obtain a Console Window Handle (HWND).
その他のオプション <true|false>/moreoptions <true|false> ユーザーが追加のオプションを調査するかどうかを確認する最後のトラブルシューティング画面を有効 (true) または抑制 (false) します。Enables (true) or suppresses (false) the final troubleshooting screen that asks if the user wants to explore additional options. 通常、このパラメーターは、オペレーティングシステムに含まれていないトラブルシューティングツールによってトラブルシューティングパックが起動されるときに使用されます。This parameter is typically used when the troubleshooting pack is launched by a troubleshooter that isn't part of the operating system.
/param returns <parameters>/param <parameters> 応答ファイルと同様に、コマンドラインでの相互作用応答のセットを指定します。Specifies a set of interaction responses at the command line, similar to an answer file. 通常、このパラメーターは、TSP デザイナーで作成されたトラブルシューティングパックのコンテキスト内では使用されません。This parameter isn't typically used within the context of troubleshooting packs created with TSP Designer. カスタムパラメーターの開発の詳細については、「 Windows トラブルシューティングプラットフォーム」を参照してください。For more information about developing custom parameters, see Windows Troubleshooting Platform.
/advanced/advanced トラブルシューティングパックが開始されたときに、既定で [ようこそ] ページの [詳細設定] リンクを展開します。Expands the advanced link on the Welcome page by default when the troubleshooting pack is started.
/カスタム/custom ユーザーに対して、適用される可能性のある解決策を確認するように求めるメッセージを表示します。Prompts the user to confirm each possible resolution before it is applied.

リターン コードReturn codes

トラブルシューティングパックは、一連の根本原因を構成し、それぞれが特定の技術的な問題について説明します。Troubleshooting packs comprise a set of root causes, each of which describes a specific technical problem. トラブルシューティングパックのタスクが完了すると、各根本原因が、fixed、not fixed、検出された (修正されていない) 状態に戻ります。または、見つかりません。After completing the troubleshooting pack tasks, each root cause returns a state of fixed, not fixed, detected (but not fixable), or not found. トラブルシューティングツールのユーザーインターフェイスで報告される具体的な結果に加えて、トラブルシューティングエンジンは、トラブルシューティング担当が元の問題を修正したかどうかについて、一般的な用語で説明する結果のコードを返します。In addition to specific results reported in the troubleshooter user interface, the troubleshooting engine returns a code in the results describing, in general terms, whether or not the troubleshooter fixed the original problem. コードは次のとおりです。The codes are:

コードCode 説明Description
-1-1 中断: トラブルシューティングタスクが完了する前に、トラブルシューティングツールが閉じられました。Interruption: The troubleshooter was closed before the troubleshooting tasks were completed.
00 修正済み: このトラブルシューティングツールでは、少なくとも1つの根本原因を特定し、修正しました。根本的な原因はありません。Fixed: The troubleshooter identified and fixed at least one root cause, and no root causes remain in a not fixed state.
11 存在しますが、修正されていません。 トラブルシューティングツールによって、固定されていない状態の1つ以上の根本原因が特定されました。Present, but not fixed: The troubleshooter identified one or more root causes that remain in a not fixed state. このコードは、別の根本原因が修正された場合でも返されます。This code is returned even if another root cause was fixed.
22 見つかりませんでした: トラブルシューティングツールは、根本的な原因を特定できませんでした。Not found: The troubleshooter did not identify any root causes.

その他の参照情報Additional References