msdtmsdt

コマンドラインまたは自動化されたスクリプトの一部として、トラブルシューティング パックを呼び出し、ユーザー入力がないその他のオプションを使用します。Invokes a troubleshooting pack at the command line or as part of an automated script, and enables additional options without user input.

構文Syntax

msdt </id <name> | /path <name> | /cab < name>> <</parameter> [options] … <parameter> [options]>>

パラメーターParameters

次の表には、パラメーターと msdt.exe でサポートされるオプションが含まれています。The following table includes the parameters and options supported by msdt.exe.

パラメーターParameter 説明Description
/id<パッケージ名 >/id <package name> 実行すると、診断パッケージを指定します。Specifies which diagnostic package to run. 利用可能なパッケージの一覧は、"利用可能なトラブルシューティング パックでしょうか。 でのトラブルシューティング パック ID を参照してください。For a list of available packages, see the Troubleshooting Pack ID in the “Available troubleshooting packs�? このトピックで後述する「します。section later in this topic.
/path<ディレクトリ/path <directory .diagpkg ファイル.diagpkg file
/dci <passkey>/dci <passkey> Msdt のパスキーのフィールドに設定します。Prepopulates the passkey field in msdt. このパラメーターは、サポート プロバイダーにパスキーが提供されている場合にのみ使用します。This parameter is only used when a support provider has supplied a passkey.
/dt <directory>/dt <directory> 指定したディレクトリ内には、トラブルシューティングの履歴を表示します。Displays the troubleshooting history in the specified directory. ユーザーの診断結果が格納されている %LOCALAPPDATA%\Diagnosticsまたは %LOCALAPPDATA%\ElevatedDiagnosticsディレクトリ。Diagnostic results are stored in the user’s %LOCALAPPDATA%\Diagnostics or %LOCALAPPDATA%\ElevatedDiagnostics directories.
/af<応答ファイル >/af <answer file> 1 つまたは複数の診断操作に応答が含まれている XML 形式で応答ファイルを指定します。Specifies an answer file in XML format that contains responses to one or more diagnostic interactions.