nfsadminnfsadmin

適用対象: Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Nfs サーバーまたは nfs クライアントを、Microsoft Services for Network File System (NFS) を実行しているローカルコンピューターまたはリモートコンピューター上で管理するコマンドラインユーティリティ。A command-line utility that administers Server for NFS or Client for NFS on the local or remote computer running Microsoft Services for Network File System (NFS). パラメーターを指定せずに使用します。 nfsadmin server には、NFS 構成設定の現在のサーバーが表示され、nfsadmin client には、NFS 構成設定の現在のクライアントが表示されます。Used without parameters, nfsadmin server displays the current Server for NFS configuration settings and nfsadmin client displays the current Client for NFS configuration settings.

SyntaxSyntax

nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] -l
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] -r {client | all}
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] {start | stop}
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] config option[...]
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] creategroup <name>
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] listgroups
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] deletegroup <name>
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] renamegroup <oldname> <newname>
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] addmembers <hostname>[...]
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] listmembers
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] deletemembers <hostname><groupname>[...]
nfsadmin client [computername] [-u Username [-p Password]] {start | stop}
nfsadmin client [computername] [-u Username [-p Password]] config option[...]

一般的なパラメーターGeneral Parameters

パラメーターParameter 説明Description
computernamecomputername 管理するリモート コンピューターを指定します。Specifies the remote computer you want to administer. Windows インターネットネームサービス (WINS) 名またはドメインネームシステム (DNS) 名またはインターネットプロトコル (IP) アドレスを使用して、コンピューターを指定できます。You can specify the computer using a Windows Internet Name Service (WINS) name or a Domain Name System (DNS) name, or by Internet Protocol (IP) address.
-u ユーザー名-u Username 使用する資格情報を持つユーザーのユーザー名を指定します。Specifies the user name of the user whose credentials are to be used. Domain\usernameという形式のユーザー名にドメイン名を追加する必要がある場合があります。It might be necessary to add the domain name to the user name in the form domain\username.
-p パスワード-p Password -Uオプションを使用して指定したユーザーのパスワードを指定します。Specifies the password of the user specified using the -u option. - U オプションを指定しても -p オプションを省略した場合、ユーザーのパスワードの入力を求められます。If you specify the -u option but omit the -p option, you are prompted for the user's password.
パラメーターParameter 説明Description
-l-l クライアントによって保持されているすべてのロックを一覧表示します。Lists all locks held by clients.
-r {client|all}-r {client|all} 保持するロックの解放、 クライアント または、 すべて すべてのクライアントで指定しました。Releases the locks held by a client or, if all is specified, by all clients.
startstart Nfs サーバーを起動します。Starts the Server for NFS service.
stopstop サーバーの NFS サービスを停止します。Stops the Server for NFS service.
configconfig Nfs サーバーの全般設定を指定します。Specifies general settings for Server for NFS. 少なくとも 1 つの使用は、次のオプションを指定する必要があります、 config コマンドの引数。You must supply at least one of the following options with the config command argument:
  • **mapsvr = <server> **-NFS サーバーのユーザー名マッピングサーバーとしてサーバーを設定します。mapsvr=<server> - Sets server as the User Name Mapping server for Server for NFS. 使用する必要がありますが、このオプションは引き続き以前のバージョンと互換性のためにサポートされる、 sfuadmin ユーティリティ代わりにします。Although this option continues to be supported for compatibility with previous versions, you should use the sfuadmin utility instead.
  • **auditlocation = {eventlog|file|both|none} **-イベントを監査するかどうか、およびイベントを記録するかどうかを指定します。auditlocation={eventlog|file|both|none} - Specifies whether events will be audited and where the events will be recorded. 次のいずれかの引数が必要です。One of the following arguments is required:
    • eventlog -監査イベントがイベントビューアーアプリケーションログにのみ記録されることを指定します。eventlog - Specifies that audited events will be recorded only in the Event Viewer application log.
    • file -監査イベントがによって指定されたファイルにのみ記録されることを指定し config fname ます。file - Specifies that audited events will be recorded only in the file specified by config fname.
    • both -監査イベントが、によって指定されたファイルと同様にイベントビューアーアプリケーションログに記録されることを指定し config fname ます。both - Specifies that audited events will be recorded in the Event Viewer application log as well as the file specified by config fname.
    • none -イベントが監査されないことを指定します。none - Specifies that events aren't audited.
  • **fname = <file> **-ファイルによって指定されたファイルを監査ファイルとして設定します。fname=<file> - Sets the file specified by file as the audit file. 既定値は **%sfudir%\log \ **になります。The default is %sfudir%\log\nfssvr.log.
  • **fsize = <size> **-監査ファイルの最大サイズ (mb 単位) としてサイズを設定します。fsize=<size> - Sets size as the maximum size in megabytes of the audit file. 既定の最大サイズは 7 MBです。The default maximum size is 7 MB.
  • audit=[+|-]mount [+|-]read [+|-]write [+|-]create [+|-]delete [+|-]locking [+|-]all -ログに記録するイベントを指定します。audit=[+|-]mount [+|-]read [+|-]write [+|-]create [+|-]delete [+|-]locking [+|-]all - Specifies the events to be logged. イベントのログ記録を開始するには、イベント名の前にプラス記号 () を入力し、イベントの + ログ記録を停止するには、 - イベント名の前にマイナス記号 () を入力します。To start logging an event, type a plus sign (+) before the event name; to stop logging an event, type a minus sign (-) before the event name. 符号を省略した場合は、と + 見なされます。If the sign is omitted, the + sign is assumed. 他のイベント名には すべて 使用しないでください。Don't use all with any other event name.
  • **lockperiod = <seconds> **-Nfs サーバーが、NFS サーバーへの接続が失われ、再確立された後、または NFS サーバーサービスが再起動された後に、ロックの再利用を待機する秒数を指定します。lockperiod=<seconds> - Specifies the number of seconds that Server for NFS will wait to reclaim locks after a connection to Server for NFS has been lost and then reestablished or after the Server for NFS service has been restarted.
  • **portmapprotocol = {TCP|UDP|TCP+UDP} **-どのトランスポートプロトコルのポートマップでサポートされるかを指定します。portmapprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - Specifies which transport protocols Portmap supports. 既定の設定は、 TCP + UDPです。The default setting is TCP+UDP.
  • **mountprotocol = {TCP|UDP|TCP+UDP} **-マウントがサポートするトランスポートプロトコルを指定します。mountprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - Specifies which transport protocols mount supports. 既定の設定は、 TCP + UDPです。The default setting is TCP+UDP.
  • **nfsprotocol = {TCP|UDP|TCP+UDP} **-ネットワークファイルシステム (NFS) でサポートされているトランスポートプロトコルを指定します。nfsprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - Specifies which transport protocols Network File System (NFS) supports. 既定の設定はTCP + UDPです。The default setting is TCP+UDP
  • **nlmprotocol = {TCP|UDP|TCP+UDP} **-ネットワークロックマネージャー (NLM) がサポートするトランスポートプロトコルを指定します。nlmprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - Specifies which transport protocols Network Lock Manager (NLM) supports. 既定の設定は、 TCP + UDPです。The default setting is TCP+UDP.
  • **nsmprotocol = {TCP|UDP|TCP+UDP} **-ネットワークステータスマネージャー (NSM) がサポートするトランスポートプロトコルを指定します。nsmprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - Specifies which transport protocols Network Status Manager (NSM) supports. 既定の設定は、 TCP + UDPです。The default setting is TCP+UDP.
  • **enableV3 = {yes|no} **-NFS version 3 プロトコルをサポートするかどうかを指定します。enableV3={yes|no} - Specifies whether NFS version 3 protocols will be supported. 既定の設定は [はい] です。The default setting is yes.
  • **renewauth = {yes|no} **-構成の renewauthinterval によって指定された期間が経過した後に、クライアント接続を再認証する必要があるかどうかを指定します。renewauth={yes|no} - Specifies whether client connections will be required to be reauthenticated after the period specified by config renewauthinterval. 既定の設定は ないします。The default setting is no.
  • **renewauthinterval = <seconds> **- config renewauth[はい] に設定されている場合にクライアントが強制的に再認証されるまでの経過秒数を指定します。renewauthinterval=<seconds> - Specifies the number of seconds that elapse before a client is forced to be reauthenticated if config renewauth is set to yes. 既定値は 600 秒です。The default value is 600 seconds.
  • **dircache = <size> **-ディレクトリキャッシュのサイズを kb 単位で指定します。dircache=<size> - Specifies the size in kilobytes of the directory cache. として指定した数値 サイズ 4 と 128 の 4 の倍数である必要があります。The number specified as size must be a multiple of 4 between 4 and 128. 既定のディレクトリキャッシュサイズは 128 KBです。The default directory cache size is 128 KB.
  • **translationfile = <file> **-Windows から UNIX ベースのファイルシステムに移動するときに、ファイル名の文字を置き換えるマッピング情報を含むファイルを指定します。translationfile=<file> - Specifies a file containing mapping information for replacing characters in the names of files when moving them from Windows-based to UNIX-based file systems. 場合 ファイル が指定されていない、ファイル名の文字変換が無効にします。If file is not specified, then file name character translation is disabled. 場合の値 translationfile が変更されると、変更が有効にするためにサーバーを再起動する必要があります。If the value of translationfile is changed, you must restart the server for the change to take effect.
  • **dotfileshidden = {yes|no} **-ピリオド (.) で始まる名前を持つファイルを Windows ファイルシステムで非表示としてマークし、その結果、NFS クライアントから非表示にするかどうかを指定します。dotfileshidden={yes|no} - Specifies whether files with names beginning with a period (.) are marked as hidden in the Windows file system, and consequently hidden from NFS clients. 既定の設定は ないします。The default setting is no.
  • **casesensitivelookups = {yes|no} **-ディレクトリ参照が大文字小文字を区別するかどうかを指定します。casesensitivelookups={yes|no} - Specifies whether directory lookups are case sensitive (require exact matching of character case).

    大文字と小文字を区別するファイル名をサポートするために、Windows カーネルの大文字と小文字の区別を無効にする必要もあります。You must also disable Windows kernel case-insensitivity to support case-sensitive file names. 大文字と小文字の区別をサポートするには、レジストリキーの DWord 値を HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\kernel 0に変更します。To support case-sensitivity, change the DWord value of the registry key, HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\kernel, to 0.

  • **ntfscase = {lower|upper|preserve} **-NTFS ファイルシステム内のファイルの名前の大文字と小文字の区別を、小文字、大文字、またはディレクトリに格納されている形式で返すかどうかを指定します。ntfscase={lower|upper|preserve} - Specifies whether the case of characters in the names of files in the NTFS file system will be returned in lowercase, uppercase, or in the form stored in the directory. 既定の設定は 保持します。The default setting is preserve. Casesensitivelookupsyesに設定されている場合、この設定を変更することはできません。This setting can't be changed if casesensitivelookups is set to yes.
creategroup <name>creategroup <name> 指定したこと、新しいクライアント グループを作成 名前します。Creates a new client group, giving it the specified name.
listgroupslistgroups すべてのクライアント グループの名前を表示します。Displays the names of all client groups.
deletegroup <name>deletegroup <name> 指定されたクライアント グループを削除 名前します。Removes the client group specified by name.
renamegroup <oldname>``<newname>renamegroup <oldname> <newname> Oldnameによって指定されたクライアントグループの名前をnewnameに変更します。Changes the name of the client group specified by oldname to newname.
addmembers <hostname>[...]addmembers <hostname>[...] 名前で指定されたクライアントグループにホストを追加します。Adds a host to the client group specified by name.
listmembers <name>listmembers <name> 名前で指定されたクライアントグループ内のホストコンピューターの一覧を表示します。Lists the host computers in the client group specified by name.
deletemembers <hostname><groupname>[...]deletemembers <hostname><groupname>[...] グループによって指定されたクライアントグループから、ホストによって指定されたクライアントを削除します。Removes the client specified by host from the client group specified by group.
パラメーターParameter 説明Description
startstart NFS サービスのクライアントを起動します。Starts the Client for NFS service.
stopstop NFS サービスのクライアントを停止します。Stops the Client for NFS service.
configconfig NFS クライアントの全般設定を指定します。Specifies general settings for Client for NFS. 少なくとも 1 つの使用は、次のオプションを指定する必要があります、 config コマンドの引数。You must supply at least one of the following options with the config command argument:
  • **fileaccess = <mode> **-ネットワークファイルシステム (NFS) サーバー上に作成されるファイルの既定のアクセス許可モードを指定します。fileaccess=<mode> - Specifies the default permission mode for files created on Network File System (NFS) servers. Mode引数は、0 ~ 7 の3桁の数字で構成されます。これは、ユーザー、グループ、および他のユーザーに付与された既定のアクセス許可を表します。The mode argument consists of a three digit number, from 0 to 7 (inclusive), which represent the default permissions granted the user, group, and others. これらの数字は、UNIX 形式の権限に変換されます。 0 = なし1 = x (execute)2 = w (書き込み専用)3 = wx (書き込みと実行)4 = r (読み取り専用)5 = rx (読み取りおよび実行)6 = rw (読み取りと書き込み)7 = rwx (読み取り、書き込み、実行)The digits translate to UNIX-style permissions as follows: 0=none, 1=x (execute), 2=w (write only), 3=wx (write and execute), 4=r (read only), 5=rx (read and execute), 6=rw (read and write), and 7=rwx (read, write, and execute). たとえば、は、 fileaccess=750 所有者に読み取り、書き込み、実行のアクセス許可を与え、そのグループに対する読み取りと実行のアクセス許可を付与し、他のユーザーに対するアクセス許可を付与しません。For example, fileaccess=750 gives read, write, and execute permissions to the owner, read and execute permissions to the group, and no access permission to others.
  • **mapsvr = <server> **-NFS クライアントのユーザー名マッピングサーバーとしてサーバーを設定します。mapsvr=<server> - Sets server as the User Name Mapping server for Client for NFS. 使用する必要がありますが、このオプションは引き続き以前のバージョンと互換性のためにサポートされる、 sfuadmin ユーティリティ代わりにします。Although this option continues to be supported for compatibility with previous versions, you should use the sfuadmin utility instead.
  • **mtype = {hard|soft} **-既定のマウントの種類を指定します。mtype={hard|soft} - Specifies the default mount type. ハード マウントは、NFS クライアントは、成功するまで、失敗した RPC を再試行を続けます。For a hard mount, Client for NFS continues to retry a failed RPC until it succeeds. ソフト マウントの NFS クライアントをエラーを返した呼び出しを再試行した後は、呼び出し元のアプリケーションによって指定された時間数、 再試行 オプション。For a soft mount, Client for NFS returns failure to the calling application after retrying the call the number of times specified by the retry option.
  • **再試行 = <number> **-ソフトマウントの接続を試行する回数を指定します。retry=<number> - Specifies the number of times to try to make a connection for a soft mount. この値は、10、包括的に 1 の間でなければなりません。This value must be from 1 to 10, inclusive. 既定値は 1です。The default is 1.
  • **タイムアウト = <seconds> **-接続 (リモートプロシージャコール) を待機する秒数を指定します。timeout=<seconds> - Specifies the number of seconds to wait for a connection (remote procedure call). この値は、 0.80.9、または 1 ~ 60の整数である必要があります。This value must be 0.8, 0.9, or an integer from 1 to 60, inclusive. 既定値は 0.8です。The default is 0.8.
  • **protocol = {TCP|UDP|TCP+UDP} **-クライアントがサポートするトランスポートプロトコルを指定します。protocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - Specifies which transport protocols the client supports. 既定の設定は、 TCP + UDPです。The default setting is TCP+UDP.
  • 全 **: <size> **-読み取りバッファーのサイズを kb 単位で指定します。rsize=<size> -Specifies the size, in kilobytes, of the read buffer. この値には、 0.5、1、2、4、8、16、 または 32を指定できます。This value can be 0.5, 1, 2, 4, 8, 16, or 32. 既定値は 32です。The default is 32.
  • **wsize = <size> **-書き込みバッファーのサイズ (kb 単位) を指定します。wsize=<size> - Specifies the size, in kilobytes, of the write buffer. この値には、 0.5、1、2、4、8、16、 または 32を指定できます。This value can be 0.5, 1, 2, 4, 8, 16, or 32. 既定値は 32です。The default is 32.
  • perf = 既定 -次のパフォーマンス設定を既定値、 mtype再試行タイムアウト、元に 戻す、またwsizeに復元します。perf=default - Restores the following performance settings to default values, mtype, retry, timeout, rsize, or wsize.

Examples

NFS サーバーまたは NFS クライアントを停止するには、次のように入力します。To stop Server for NFS or Client for NFS, type:

nfsadmin server stop
nfsadmin client stop

NFS サーバーまたは NFS クライアントを起動するには、次のように入力します。To start Server for NFS or Client for NFS, type:

nfsadmin server start
nfsadmin client start

NFS サーバーが大文字と小文字を区別しないように設定するには、次のように入力します。To set Server for NFS to not be case-sensitive, type:

nfsadmin server config casesensitive=no

NFS クライアントを大文字小文字を区別するように設定するには、次のように入力します。To set Client for NFS to be case-sensitive, type:

nfsadmin client config casesensitive=yes

NFS 用の現在のサーバーまたは NFS クライアントのオプションをすべて表示するには、次のように入力します。To display all the current Server for NFS or Client for NFS options, type:

nfsadmin server config
nfsadmin client config

その他の参照情報Additional References