nfsadmin

パラメーター 説明
-l クライアントによって保持されているすべてのロックを一覧表示します。
-r {client|all} 保持するロックの解放、 クライアント または、 すべて すべてのクライアントで指定しました。
start Nfs サーバーを起動します。
stop サーバーの NFS サービスを停止します。
config Nfs サーバーの全般設定を指定します。 少なくとも 1 つの使用は、次のオプションを指定する必要があります、 config コマンドの引数。
  • mapsvr=<server> - サーバーを NFS サーバーのユーザー名マッピング サーバーとして設定します。 使用する必要がありますが、このオプションは引き続き以前のバージョンと互換性のためにサポートされる、 sfuadmin ユーティリティ代わりにします。
  • auditlocation={eventlog|file|both|none} - イベントを監査するかどうか、およびイベントを記録する場所を指定します。 次の引数のいずれかが必要です。
    • eventlog - 監査されたイベントをイベント ビューアーのアプリケーション ログにのみ記録することを指定します。
    • file - 監査されたイベントを config fname で指定するファイルにのみ記録することを指定します。
    • both - 監査されたイベントをイベント ビューアーのアプリケーション ログと共に config fname で指定するファイルにも記録することを指定します。
    • none - イベントを監査しないことを指定します。
  • fname=<file> - file で指定したファイルを監査ファイルとして設定します。 既定値は %sfudir%\log\nfssvr.log です。
  • fsize=<size> - size (メガバイト単位) を監査ファイルの最大サイズとして設定します。 既定の最大サイズは、7 MB です。
  • audit=[+|-]mount [+|-]read [+|-]write [+|-]create [+|-]delete [+|-]locking [+|-]all - ログに記録するイベントを指定します。 イベントのログ記録を開始するには、イベント名の前にプラス記号 (+) を入力します。イベントのログ記録を停止するには、イベント名の前にマイナス記号 (-) を入力します。 記号を省略すると、+ 記号が使われます。 all を他のイベント名と一緒に使用しないでください。
  • lockperiod=<seconds> - NFS サーバーへの接続が失われてから再確立された後、または NFS サーバー サービスが再起動された後に、NFS サーバーがロックの再要求を待機する時間 (秒) を指定します。
  • portmapprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - Portmap がサポートするトランスポート プロトコルを指定します。 既定の設定は TCP+UDP です。
  • mountprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - マウントがサポートするトランスポート プロトコルを指定します。 既定の設定は TCP+UDP です。
  • nfsprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - ネットワーク ファイル システム (NFS) がサポートするトランスポート プロトコルを指定します。 既定の設定は TCP+UDP です
  • nlmprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - ネットワーク ロック マネージャー (NLM) がサポートするトランスポート プロトコルを指定します。 既定の設定は TCP+UDP です。
  • nsmprotocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - ネットワーク ステータス マネージャー (NSM) がサポートするトランスポート プロトコルを指定します。 既定の設定は TCP+UDP です。
  • enableV3={yes|no} - NFS バージョン 3 プロトコルをサポートするかどうかを指定します。 既定の設定は はいします。
  • renewauth={yes|no} - config renewauthinterval で指定された期間の後で、クライアント接続を再認証する必要があるかどうかを指定します。 既定の設定は ないします。
  • renewauthinterval=<seconds> - config renewauthyes に設定されている場合に、クライアントの再認証が強制されるようになるまでの経過秒数を指定します。 既定値は 600 秒です。
  • dircache=<size> - ディレクトリ キャッシュのサイズ (キロバイト単位) を指定します。 として指定した数値 サイズ 4 と 128 の 4 の倍数である必要があります。 既定のディレクトリ キャッシュ サイズは 128 KB です。
  • translationfile=<file> - ファイルを Windows ベースから UNIX ベースのファイル システムに移動するときに、ファイル名の文字を置き換えるためのマッピング情報が含まれるファイルを指定します。 場合 ファイル が指定されていない、ファイル名の文字変換が無効にします。 場合の値 translationfile が変更されると、変更が有効にするためにサーバーを再起動する必要があります。
  • dotfileshidden={yes|no} - ピリオド (.) で始まる名前を持つファイルを Windows ファイル システムで非表示としてマークし、その結果 NFS クライアントの対して非表示にするかどうかを指定します。 既定の設定は ないします。
  • casesensitivelookups={yes|no} - ディレクトリ参照で大文字と小文字を区別するかどうかを指定します (大文字と小文字の完全な一致が必要)。

    ファイル名での大文字と小文字の区別をサポートするには、Windows カーネルでの大文字と小文字の非区別も無効にする必要があります。 大文字と小文字の区別をサポートするには、レジストリ キー の DWordHKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\kernel0 に変更します。

  • ntfscase={lower|upper|preserve} - NTFS ファイル システム内のファイル名の文字を、小文字、大文字、またはディレクトリに格納されている形式のいずれで返すかを指定します。 既定の設定は 保持します。 casesensitivelookupsyes に設定されている場合は、この設定を変更できません。
creategroup <name> 指定したこと、新しいクライアント グループを作成 名前します。
listgroups すべてのクライアント グループの名前を表示します。
deletegroup <name> 指定されたクライアント グループを削除 名前します。
renamegroup <oldname><newname> oldname で指定したクライアント グループの名前を、newname に変更します。
addmembers <hostname>[...] name で指定したクライアント グループに、host を追加します。
listmembers <name> name で指定したクライアント グループ内のホスト コンピューターの一覧を表示します。
deletemembers <hostname><groupname>[...] host で指定したクライアントを、group で指定したクライアント グループから削除します。
パラメーター 説明
start NFS サービスのクライアントを起動します。
stop NFS サービスのクライアントを停止します。
config NFS クライアントの全般設定を指定します。 少なくとも 1 つの使用は、次のオプションを指定する必要があります、 config コマンドの引数。
  • fileaccess=<mode> - ネットワーク ファイル システム (NFS) サーバーで作成されるファイルの既定のアクセス許可モードを指定します。 mode 引数は、ユーザー、グループ、その他に付与される既定のアクセス許可を表す、0 から 7 (両端を含む) の 3 桁の数字で構成されます。 各桁は、次のように UNIX スタイルのアクセス許可に変換されます: 0=none1=x (実行)2=w (書き込みのみ)3=wx (書き込み、実行)4=r (読み取りのみ)5=rx (読み取り、実行)6=rw (読み取り、書き込み)7=rwx (読み取り、書き込み、実行)。 たとえば、fileaccess=750 は、所有者には読み取り、書き込み、実行のアクセス許可を、グループには読み取りと実行のアクセス許可を、その他にはアクセス許可なしを付与します。
  • mapsvr=<server> - NFS クライアント用のユーザー名マッピング サーバーとしてサーバーを設定します。 使用する必要がありますが、このオプションは引き続き以前のバージョンと互換性のためにサポートされる、 sfuadmin ユーティリティ代わりにします。
  • mtype={hard|soft} - 既定のマウントの種類を指定します。 ハード マウントは、NFS クライアントは、成功するまで、失敗した RPC を再試行を続けます。 ソフト マウントの NFS クライアントをエラーを返した呼び出しを再試行した後は、呼び出し元のアプリケーションによって指定された時間数、 再試行 オプション。
  • retry=<number> - ソフト マウントの接続を試す回数を指定します。 この値は、10、包括的に 1 の間でなければなりません。 既定値は 1です。
  • timeout=<seconds> - 接続を待機する秒数を指定します (リモート プロシージャ コール)。 この値には、0.80.9、または 1 - 60 の整数 (両端を含む) を指定する必要があります。 既定値は 0.8 です。
  • protocol={TCP|UDP|TCP+UDP} - クライアントがサポートするトランスポート プロトコルを指定します。 既定の設定は TCP+UDP です。
  • rsize=<size> - 読み取りバッファーのサイズ (キロバイト単位) を指定します。 この値には、0.5、1、2、4、8、16、または 32 を指定できます。 既定値は 32 です。
  • wsize=<size> - 書き込みバッファーのサイズ (キロバイト単位) を指定します。 この値には、0.5、1、2、4、8、16、または 32 を指定できます。 既定値は 32 です。
  • perf=default - mtyperetrytimeoutrsize、または wsize の各パフォーマンス設定を既定値に戻します。

NFS サーバーまたは NFS クライアントを停止するには、次のように入力します。

nfsadmin server stop
nfsadmin client stop

NFS サーバーまたは NFS クライアントを開始するには、次のように入力します。

nfsadmin server start
nfsadmin client start

NFS サーバーを大文字と小文字を区別しないように設定するには、次のように入力します。

nfsadmin server config casesensitive=no

NFS クライアントを大文字と小文字を区別するように設定するには、次のように入力します。

nfsadmin client config casesensitive=yes

NFS サーバーまたは NFS クライアントの現在のすべてのオプションを表示するには、次のように入力します。

nfsadmin server config
nfsadmin client config

その他のリファレンス

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

ネットワーク ファイル システム (NFS) 用の Microsoft サービスを実行しているローカルまたはリモート コンピューター上の NFS サーバーまたは NFS クライアントを管理するコマンド ライン ユーティリティ。 パラメーターを指定せずに使用すると、nfsadmin サーバーでは NFS サーバーの現在の構成設定が表示され、nfsadmin クライアントでは NFS クライアントの現在の構成設定が表示されます。

構文

nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] -l
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] -r {client | all}
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] {start | stop}
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] config option[...]
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] creategroup <name>
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] listgroups
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] deletegroup <name>
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] renamegroup <oldname> <newname>
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] addmembers <hostname>[...]
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] listmembers
nfsadmin server [computername] [-u Username [-p Password]] deletemembers <hostname><groupname>[...]
nfsadmin client [computername] [-u Username [-p Password]] {start | stop}
nfsadmin client [computername] [-u Username [-p Password]] config option[...]

一般的なパラメーター

パラメーター 説明
computername 管理するリモート コンピューターを指定します。 Windows インターネット ネーム サービス (WINS) の名前またはドメイン ネーム システム (DNS) の名前を使って、またはインターネット プロトコル (IP) のアドレスによって、コンピューターを指定できます。
-u <ユーザー名> 使用する資格情報を持つユーザーのユーザー名を指定します。 <ドメイン\ユーザー名> という形式で、ユーザー名にドメイン名を追加することが必要な場合もあります。
-p パスワード -u オプションを使って指定したユーザーのパスワードを指定します。 -u オプションを指定して -p オプションを省略した場合、ユーザーのパスワードを要求されます。