nslookupnslookup

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

ドメイン ネーム システム (DNS) インフラストラクチャの診断に使用できる情報を表示します。Displays information that you can use to diagnose Domain Name System (DNS) infrastructure. このツールを使用する前に、DNS の動作方法を理解する必要があります。Before using this tool, you should be familiar with how DNS works. Nslookup コマンド ライン ツールは、TCP/IP プロトコルがインストールされている場合にのみ使用できます。The nslookup command-line tool is available only if you have installed the TCP/IP protocol.

構文Syntax

nslookup [<-SubCommand ...>] [{<computerTofind> | -<Server>}]
nslookup /exit
nslookup /finger [<UserName>] [{[>] <FileName>|[>>] <FileName>}]
nslookup /{help | ?}
nslookup /ls [<Option>] <DNSDomain> [{[>] <FileName>|[>>] <FileName>}]
nslookup /lserver <DNSDomain> 
nslookup /root 
nslookup /server <DNSDomain>
nslookup /set <KeyWord>[=<Value>]
nslookup /set all 
nslookup /set class=<Class>
nslookup /set [no]d2
nslookup /set [no]debug
nslookup /set [no]defname
nslookup /set domain=<DomainName>
nslookup /set [no]ignore
nslookup /set port=<Port>
nslookup /set querytype=<ResourceRecordtype>
nslookup /set [no]recurse
nslookup /set retry=<Number>
nslookup /set root=<RootServer>
nslookup /set [no]search
nslookup /set srchlist=<DomainName>[/...]
nslookup /set timeout=<Number>
nslookup /set type=<ResourceRecordtype>
nslookup /set [no]vc
nslookup /view <FileName>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
nslookup exit コマンドnslookup exit Command 終了nslookupします。exits nslookup.
nslookup finger コマンドnslookup finger Command 現在のコンピューターに本の指のサーバーに接続します。Connects with the finger server on the current computer.
nslookup helpnslookup help 簡単な概要を表示します。 nslookupサブコマンドします。Displays a short summary of nslookup subcommands.
nslookup lsnslookup ls DNS ドメインの情報を一覧表示します。lists information for a DNS domain.
nslookup lservernslookup lserver 指定された DNS ドメインには、既定のサーバーを変更します。changes the default server to the specified DNS domain.
nslookup rootnslookup root DNS ドメインの名前空間のルートのサーバーに既定のサーバーを変更します。changes the default server to the server for the root of the DNS domain name space.
nslookup servernslookup server 指定された DNS ドメインには、既定のサーバーを変更します。changes the default server to the specified DNS domain.
nslookup setnslookup set 影響する構成設定を変更する方法の参照関数。changes configuration settings that affect how lookups function.
nslookup set allnslookup set all 構成設定の現在の値を出力します。prints the current values of the configuration settings.
nslookup set classnslookup set class クエリ クラスを変更します。changes the query class. クラスには、情報のプロトコルのグループを指定します。The class specifies the protocol group of the information.
nslookup set d2nslookup set d2 完全なデバッグ モードを有効または無効にします。Turns exhaustive Debugging mode on or off. すべてのパケットのすべてのフィールドが出力されます。All fields of every packet are printed.
nslookup set debugnslookup set debug デバッグ モードを有効または無効にします。Turns Debugging mode on or off.
nslookup /set defnamenslookup /set defname 1 つのコンポーネント参照の要求には、既定の DNS ドメイン名を追加します。appends the default DNS domain name to a single component lookup request. 1 つのコンポーネントは、ピリオドを含まないコンポーネントです。A single component is a component that contains no periods.
nslookup set domainnslookup set domain 既定の DNS ドメイン名を指定した名前に変更します。changes the default DNS domain name to the name specified.
nslookup /set ignorenslookup /set ignore パケット データ切り捨てによるエラーを無視します。Ignores packet truncation errors.
nslookup set portnslookup set port 指定された値には、既定の TCP または UDP の DNS 名サーバー ポートを変更します。changes the default TCP/UDP DNS name server port to the value specified.
nslookup set querytypenslookup set querytype クエリのリソース レコードの種類を変更します。changes the resource record type for the query.
nslookup set recursenslookup set recurse 情報があるない場合は、他のサーバーを照会する DNS ネーム サーバーに指示します。Tells the DNS name server to query other servers if it does not have the information.
nslookup set retrynslookup set retry 再試行の回数を設定します。Sets the number of retries.
nslookup set rootnslookup set root クエリに使用されるルート サーバーの名前を変更します。changes the name of the root server used for queries.
nslookup set searchnslookup set search 応答が受信されるまでは、ドメインの DNS 検索リスト内の DNS ドメイン名、要求に追加します。appends the DNS domain names in the DNS domain search list to the request until an answer is received. これは、セット、検索要求を少なくとも 1 つのピリオドを含めるときに適用されますが、末尾のピリオドで終わらない。This applies when the set and the lookup request contain at least one period, but do not end with a trailing period.
nslookup set srchlistnslookup set srchlist 既定の DNS ドメイン名と検索一覧を変更します。changes the default DNS domain name and search list.
nslookup set timeoutnslookup set timeout 初期要求に応答を待機する秒数を変更します。changes the initial number of seconds to wait for a reply to a request.
nslookup set typenslookup set type クエリのリソース レコードの種類を変更します。changes the resource record type for the query.
nslookup set vcnslookup set vc またはを使用して、サーバーへの要求を送信するときに、仮想回線を使用しないことを指定します。Specifies to use or not use a virtual circuit when sending requests to the server.
nslookup viewnslookup view 並べ替えを前の出力を一覧表示lsサブコマンドまたはコマンド。sorts and lists the output of the previous ls subcommand or commands.

注釈Remarks

  • 場合computerTofind IP アドレスしクエリが A または PTR のリソース レコードの種類、コンピューターの名前が返されます。if computerTofind is an IP address and the query is for an A or PTR resource record type, the name of the computer is returned. 場合computerTofind名前は、末尾期間、DNS ドメイン名が名前に追加の既定値はありません。If computerTofind is a name and does not have a trailing period, the default DNS domain name is appended to the name. この動作は、次の状態によって異なります設定サブコマンド:ドメインsrchlistdefname、および 。検索します。This behavior depends on the state of the following set subcommands: domain, srchlist, defname, and search.
  • 代わりにハイフン (-) を入力する場合computerTofind、コマンド プロンプトが変更nslookup対話型モード。if you type a hyphen (-) instead of computerTofind, the command prompt changes to nslookup interactive mode.
  • コマンドラインの長さは 256 文字未満である必要があります。The command-line length must be less than 256 characters.
  • nslookupが 2 つのモード: 対話型と対話します。nslookup has two modes: interactive and noninteractive. データの 1 つだけを検索する必要がある場合は、非対話型モードを使用します。if you need to look up only a single piece of data, use noninteractive mode. 最初のパラメーターの名前または検索するコンピューターの IP アドレスを入力します。For the first parameter, type the name or IP address of the computer that you want to look up. 2 番目のパラメーターの名前または名前の DNS サーバーの IP アドレスを入力します。For the second parameter, type the name or IP address of a DNS name server. 2 番目の引数を省略した場合nslookup既定の DNS ネーム サーバーを使用します。If you omit the second argument, nslookup uses the default DNS name server. 1 つ以上のデータを検索する必要がある場合は、対話型モードを使用できます。if you need to look up more than one piece of data, you can use interactive mode. 最初のパラメーターと名前、または 2 番目のパラメーターの DNS ネーム サーバーの IP アドレスのハイフン (-) を入力します。type a hyphen (-) for the first parameter and the name or IP address of a DNS name server for the second parameter. または、両方のパラメーターを省略し、 nslookup既定の DNS ネーム サーバーを使用します。Or, omit both parameters and nslookup uses the default DNS name server. 対話モードでの作業に関するヒントを次に示します。Following are some tips about working in interactive mode:
    • 対話型コマンドをいつでもでも中断、CTRL キーを押しながら B キーを押します。To interrupt interactive commands at any time, press CTRL+B.
    • 終了するには次のように入力します。終了します。To exit, type exit.
    • コンピューター名として組み込みのコマンドを処理する前に、エスケープ文字 (\)。To treat a built-in command as a computer name, precede it with the escape character (\).
    • 認識されないコマンドは、コンピューター名として解釈されます。An unrecognized command is interpreted as a computer name.
  • ルックアップ要求が失敗した場合、 nslookupエラー メッセージを出力します。if the lookup request fails, nslookup prints an error message. 次の表には、考えられるエラー メッセージが一覧表示します。The following table lists possible error messages. |エラー メッセージError message|説明Description| |-----------|----------| |timed out|サーバーは、一定の時間と再試行回数の後に、要求に応答しませんでした。The server did not respond to a request after a certain amount of time and a certain number of retries. タイムアウト期間を設定することができます、タイムアウト設定サブコマンドします。You can set the time-out period with the set timeout subcommand. 再試行の回数を設定することができます、セット再試行サブコマンドします。You can set the number of retries with the set retry subcommand.| |No response from server|サーバー コンピューターの DNS ネーム サーバーが実行されていません。No DNS name server is running on the server computer.| |No records|DNS ネーム サーバーには、コンピューターの現在のクエリの種類のリソース レコードはありませんが、コンピューター名が無効です。The DNS name server does not have resource records of the current query type for the computer, although the computer name is valid. クエリの種類を指定した、設定 querytypeコマンド。The query type is specified with the set querytype command.| |Nonexistent domain|コンピューター名または DNS ドメイン名が存在しません。The computer or DNS domain name does not exist.| |Connection refused

    - または --or-

    Network is unreachable|DNS ネーム サーバーまたは本の指のサーバーへの接続を確立できませんでした。The connection to the DNS name server or finger server could not be made. このエラーは一般的に発生します %.*ls要求。This error commonly occurs with ls and finger requests.| |Server failure|DNS ネーム サーバーは、そのデータベースの内部に矛盾を検出し、有効な応答を返しませんでした。The DNS name server found an internal inconsistency in its database and could not return a valid answer.| |Refused|DNS ネーム サーバーは、要求の処理を拒否されました。The DNS name server refused to service the request.| |format error|DNS ネーム サーバーは、要求パケットの形式が正しくなかったことを検出します。The DNS name server found that the request packet was not in the proper format. エラーの可能性がnslookupします。It may indicate an error in nslookup.|
  • 詳細については、 nslookupコマンドと DNS では、次のリソースを参照してください。for more information about the nslookup command and DNS, see the following resources:
    • Lee、T.、Davies、j.2000.Lee, T., Davies, J. 2000. Microsoft Windows 2000 TCP/IP Protocols and Services のテクニカル リファレンスします。Microsoft Windows 2000 TCP/IP Protocols and Services Technical Reference. ワシントン州レドモンド:Microsoft のキーを押します。Redmond, Washington: Microsoft Press.
    • Albitz、P.、Loukides、M. C. Liu とします。Albitz, P., Loukides, M. and C. Liu. 2001.2001. DNS および BIND、Fourth editionします。DNS and BIND, Fourth edition. ◆ セグ:O ' reilly、associates、inc.Sebastopol, California: O'Reilly and associates, Inc.
    • Larson、M. C. Liu とします。Larson, M. and C. Liu. 2001.2001. Windows 2000 で DNSします。DNS on Windows 2000. ◆ セグ:O ' reilly、associates、inc.Sebastopol, California: O'Reilly and associates, Inc.

      Examples

      各コマンドライン オプションは、コマンドの名前と、場合によっては、等号 (=)、および値ですぐに後にハイフン (-) で構成されます。Each command-line option consists of a hyphen (-) followed immediately by the command name and, in some cases, an equal sign (=) and then a value. たとえば、ホスト (コンピューター) の情報や初期タイムアウトを 10 秒に既定のクエリの種類を変更する次のように入力します: nslookup-querytype = hinfo-timeout = 10。For example, to change the default query type to host (computer) information and the initial time-out to 10 seconds, type: nslookup -querytype=hinfo -timeout=10

      関連項目See Also

      コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key