nslookup set timeoutnslookup set timeout

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

初期の参照要求に応答を待機する秒数を変更します。changes the initial number of seconds to wait for a reply to a lookup request.

構文Syntax

set timeout=<Number>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
応答を待機する秒数を指定します。Specifies the number of seconds to wait for a reply. 既定を待機する秒数には 5 です。The default number of seconds to wait is 5.
{help | ?}{help | ?} 簡単な概要を表示します。 nslookupサブコマンドします。Displays a short summary of nslookup subcommands.

注釈Remarks

  • 指定した期間中、要求への応答が受信していない場合は、タイムアウトが倍になり、要求を再送信します。When a reply to a request is not received within the specified time period, the time-out is doubled and the request is sent again. 使用することができます、セット再試行再試行の回数を制御するコマンド。You can use the set retry command to control the number of retries.

    Examples

    次の例は、2 秒への応答を取得するためのタイムアウトを設定します。The following example sets the timeout for getting a response to 2 seconds:
    set timeout=2
    

    その他の参照additional references

    コマンドライン構文のポイント nslookup 再試行の設定Command-Line Syntax Key nslookup set retry