ntcmdpromptntcmdprompt

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

コマンド インタープリターが実行Cmd.exe、なくCommand.comTerminate と TSR) を実行した後、または、MS-DOS アプリケーション内からコマンド プロンプトを起動した後。Runs the command interpreter Cmd.exe, rather than Command.com, after running a Terminate and Stay Resident (TSR) or after starting the command prompt from within an MS-DOS application.

構文Syntax

ntcmdprompt

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • ときにCommand.com実行している、一部の機能のCmd.exeなど、 doskeyコマンド履歴の表示、利用できません。When Command.com is running, some features of Cmd.exe, such as the doskey display of command history, are not available. 実行する場合、 Cmd.exe MS-DOS に基づいてアプリケーション内からコマンド プロンプトを開始または終了と TSR) を開始した後は、コマンド インタープリターを使用できます、 ntcmdpromptコマンド。If you would prefer to run the Cmd.exe command interpreter after you have started a Terminate and Stay Resident (TSR) or started the command prompt from within an application based on MS-DOS, you can use the ntcmdprompt command. ただし、留意する TSR できない可能性があります使用可能な実行しているときにCmd.exeします。However, keep in mind that the TSR may not be available for use when you are running Cmd.exe. 含めることができます、 ntcmdpromptコマンド、 Config.ntファイルまたはアプリケーションのプログラム情報ファイル (Pif) で同等のカスタム スタートアップ ファイルです。You can include the ntcmdprompt command in your Config.nt file or the equivalent custom startup file in an application's program information file (Pif).

    Examples

    含めるntcmdpromptで、 Config.ntファイル、または Pif、型で指定された構成のスタートアップ ファイル: ntcmdpromptTo include ntcmdprompt in your Config.nt file, or the configuration startup file specified in the Pif, type: ntcmdprompt

    その他の参照additional references

  • コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key