openfilesopenfiles

管理者を照会、表示、またはファイルとシステムで開かれているディレクトリの接続を切断できます。Enables an administrator to query, display, or disconnect files and directories that have been opened on a system. 有効またはシステムの管理オブジェクト リストのグローバル フラグを無効にします。Also enables or disables the system Maintain Objects List global flag.

このトピックには、次のコマンドに関する情報が含まれます。This topic includes information about the following commands:

openfiles/disconnectopenfiles /disconnect

管理者は、ファイルとフォルダーの共有フォルダーをリモートで開かれた接続を切断できます。Enables an administrator to disconnect files and folders that have been opened remotely through a shared folder.

構文Syntax

openfiles /disconnect [/s <System> [/u [<Domain>\]<UserName> [/p [<Password>]]]] {[/id <OpenFileID>] | [/a <AccessedBy>] | [/o {read | write | read/write}]} [/op <OpenFile>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/s<システム >/s <System> 名前または IP アドレス) に接続するリモート システムを指定します。Specifies the remote system to connect to (by name or IP address). 円記号を使用しないでください。Do not use backslashes. 使用しない場合、 /s オプション、コマンドが既定でローカル コンピューターで実行します。If you do not use the /s option, the command is executed on the local computer by default. このパラメーターは、すべてのファイルと、コマンドで指定されているフォルダーに適用されます。This parameter applies to all files and folders that are specified in the command.
/u [<ドメイン >]/u [<Domain>] 指定したユーザー アカウントのアクセス許可を使用してコマンドを実行します。Executes the command by using the permissions of the specified user account. 使用しない場合、 /u オプション、アクセス許可が既定で使用されるシステムです。If you do not use the /u option, system permissions are used by default.
/p [<パスワード >]/p [<Password>] 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u オプション。Specifies the password of the user account that is specified in the /u option. 使用しない場合、 /p オプション、コマンドの実行時にパスワードの入力が表示されます。If you do not use the /p option, a password prompt appears when the command is executed.
/id <OpenFileID>/id <OpenFileID> 指定したファイルの ID で開いているファイルの接続が切断します。Disconnects open files by the specified file ID. ワイルドカード文字 ( * ) このパラメーターで使用できます。The wildcard character (*) can be used with this parameter.
注:使用することができます、 openfiles/queryファイル ID を検索するコマンドNote: You can use the openfiles /query command to find the file ID.
/a<イテレータ >/a <AccessedBy> 指定されているユーザー名に関連付けられた開いているすべてのファイルの接続が切断、 イテレータ パラメーター。Disconnects all open files associated with the user name that is specified in the AccessedBy parameter. ワイルドカード文字 ( * ) このパラメーターで使用できます。The wildcard character (*) can be used with this parameter.
/o {読み取り|書き込み|読み取り/書き込み}/o {read | write | read/write} Open モードを指定した値を持つすべての開いているファイルを切断します。Disconnects all open files with the specified open mode value. 有効な値は、読み取り、書き込み、または読み取り/書き込みです。Valid values are Read, Write, or Read/Write. ワイルドカード文字 ( * ) このパラメーターで使用できます。The wildcard character (*) can be used with this parameter.
/op <OpenFile >/op <OpenFile> 特定の開いているファイル名で作成されたすべての開いているファイル接続を切断します。Disconnects all open file connections that are created by a specific open file name. ワイルドカード文字 ( * ) このパラメーターで使用できます。The wildcard character (*) can be used with this parameter.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

Examples

ファイル ID 26843578 で開いているすべてのファイルを切断するには次のように入力します。To disconnect all open files with the file ID 26843578, type:

openfiles /disconnect /id 26843578

すべての開いているファイルとディレクトリを"hiropln"のユーザーがアクセスを切断するには次のように入力します。To disconnect all open files and directories accessed by the user "hiropln," type:

openfiles /disconnect /a hiropln

すべての開いているファイルと読み取り/書き込みモードでのディレクトリを切断するには次のように入力します。To disconnect all open files and directories with read/write mode, type:

openfiles /disconnect /o read/write

開いているファイル名とディレクトリを切断するには"C:\TestShare"ユーザーがアクセスしてその型に関係なく、します。To disconnect the directory with the Open File name "C:\TestShare", regardless of who is accessing it, type:

openfiles /disconnect /a * /op "c:\testshare\"

その ID に関係なく"hiropln、"ユーザーがアクセスされている"srvmain"のリモート コンピューター上のすべての開いているファイルを切断するには次のように入力します。To disconnect all open files on the remote computer "srvmain" that are being accessed by the user "hiropln," regardless of their ID, type:

openfiles /disconnect /s srvmain /u maindom\hiropln /id *

openfiles/queryopenfiles /query

クエリを実行し、すべての開いているファイルを表示します。Queries and displays all open files.

構文Syntax

openfiles /query [/s <System> [/u [<Domain>\]<UserName> [/p [<Password>]]]] [/fo {TABLE | LIST | CSV}] [/nh] [/v]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/s<システム >/s <System> 名前または IP アドレス) に接続するリモート システムを指定します。Specifies the remote system to connect to (by name or IP address). 円記号を使用しないでください。Do not use backslashes. 使用しない場合、 /s オプション、コマンドが既定でローカル コンピューターで実行します。If you do not use the /s option, the command is executed on the local computer by default. このパラメーターは、すべてのファイルと、コマンドで指定されているフォルダーに適用されます。This parameter applies to all files and folders that are specified in the command.
/u [<ドメイン >]/u [<Domain>] 指定したユーザー アカウントのアクセス許可を使用してコマンドを実行します。Executes the command by using the permissions of the specified user account. 使用しない場合、 /u オプション、アクセス許可が既定で使用されるシステムです。If you do not use the /u option, system permissions are used by default.
/p [<パスワード >]/p [<Password>] 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u オプション。Specifies the password of the user account that is specified in the /u option. 使用しない場合、 /p オプション、コマンドの実行時にパスワードの入力が表示されます。If you do not use the /p option, a password prompt appears when the command is executed.
[/fo {テーブル|一覧|CSV}][/fo {TABLE | LIST | CSV}] 指定した形式で出力が表示されます。Displays the output in the specified format. 有効な値 形式 は。Valid values for Format are:
テーブル:出力テーブルを表示します。TABLE: Displays output in a table.
一覧:出力一覧を表示します。LIST: Displays output in a list.
CSV:コンマ区切り値形式で出力を表示します。CSV: Displays output in Comma Separated Values format.
/nh/nh 出力に列ヘッダーを抑制します。Suppresses column header in the output. 有効な場合にのみ、 /fo にパラメーターが設定されている テーブル または CSVします。Valid only when the /fo parameter is set to TABLE or CSV.
/v/v 詳細な情報が出力に表示されることを指定します。Specifies that detailed information be displayed in the output.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

Examples

クエリを開いているすべてのファイルの表示は、次のように入力します。To query and display all open files, type:

openfiles /query

ヘッダーのないテーブル形式で開いているすべてのファイルを表示し、次のように入力します。To query and display all open files in table format without headers, type:

openfiles /query /fo table /nh

照会し、詳細な情報を一覧形式で開いているすべてのファイルを表示、次のように入力します。To query and display all open files in list format with detailed information, type:

openfiles /query /fo list /v

"Hiropln"、"maindom"ドメイン上のユーザーの資格情報を使用して、"srvmain"のリモート システム上のすべての開いているファイルを表示し、次のように入力します。To query and display all open files on the remote system "srvmain" by using the credentials for the user "hiropln" on the "maindom" domain, type:

openfiles /query /s srvmain /u maindom\hiropln /p p@ssW23

注意

この例では、コマンドラインでパスワードを指定します。In this example, the password is supplied on the command line. パスワードを表示するには、除外、 /p オプション。To prevent displaying the password, leave out the /p option. 画面にエコーされませんが、パスワードの入力するように求められます。You will be prompted for the password, which will not be echoed to the screen.

openfiles/localopenfiles /local

有効またはシステムの管理オブジェクト リストのグローバル フラグを無効にします。Enables or disables the system Maintain Objects List global flag. パラメーターを指定せずに使用する場合 openfiles/local 管理オブジェクトのリスト、グローバル フラグの現在の状態を表示します。If used without parameters, openfiles /local displays the current status of the Maintain Objects List global flag.

構文Syntax

openfiles /local [on | off]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
[|オフ][on | off] 有効またはシステムのローカルのファイル ハンドルを追跡管理オブジェクト リスト グローバル フラグを無効にします。Enables or disables the system Maintain Objects List global flag, which tracks local file handles.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 管理オブジェクト リストのグローバル フラグを有効にするシステムを速度の遅い可能性があります。Enabling the Maintain Objects List global flag may slow down your system.
  • 使用して行われた変更、 または オフ システムを再起動するまでオプションは有効になりません。Changes made by using the on or off option do not take effect until you restart the system.

Examples

管理オブジェクトのリスト、グローバル フラグの現在の状態を確認するには、次のように入力します。To check the current status of the Maintain Objects List global flag, type:

openfiles /local

既定では、管理オブジェクト リストのグローバル フラグが無効にし、次の出力が表示されます。By default, the Maintain Objects List global flag is disabled, and the following output is displayed:

INFO: The system global flag 'maintain objects list' is currently disabled.

管理オブジェクト リストのグローバル フラグを有効にするには、次のように入力します。To enable the Maintain Objects List global flag, type:

openfiles /local on

グローバル フラグが有効にすると、次のメッセージが表示されます。The following message is displayed when the global flag is enabled:

SUCCESS: The system global flag 'maintain objects list' is enabled.
         This will take effect after the system is restarted.

管理オブジェクト リストのグローバル フラグを無効にするには、次のように入力します。To disable the Maintain Objects List global flag, type:

openfiles /local off

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key