pingping

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Pingコマンドは、インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) エコー要求メッセージを送信することによって IP レベルで別の TCP/IP コンピューターへの接続を確認します。The ping command verifies IP-level connectivity to another TCP/IP computer by sending Internet Control Message Protocol (ICMP) echo Request messages. 受信確認の対応するエコー応答ラウンドト リップ時間と、メッセージが表示されます。The receipt of corresponding echo Reply messages are displayed, along with round-trip times. ping は、接続性、到達可能性、および名前解決のトラブルシューティングに使用されるプライマリ TCP/IP コマンドです。ping is the primary TCP/IP command used to troubleshoot connectivity, reachability, and name resolution. パラメーターを指定せずに使用される ping ヘルプを表示します。Used without parameters, ping displays help.

構文Syntax

ping [/t] [/a] [/n <Count>] [/l <Size>] [/f] [/I <TTL>] [/v <TOS>] [/r <Count>] [/s <Count>] [{/j <Hostlist> | /k <Hostlist>}] [/w <timeout>] [/R] [/S <Srcaddr>] [/4] [/6] <TargetName>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/t/t 変換先が中断されるまでにエコー要求メッセージを送信し続けることを指定します。Specifies that ping continue sending echo Request messages to the destination until interrupted. 中断し、統計情報の表示、ctrl キーを押しながら break キーを押します。To interrupt and display statistics, press CTRL+break. 中断または終了 ping, 、ctrl キーを押しながら C キーを押します。To interrupt and quit ping, press CTRL+C.
/a/a 逆引き名前解決が宛先 IP アドレスで実行されていることを指定します。Specifies that reverse name resolution is performed on the destination IP address. これが成功した場合は、ping に対応するホスト名が表示されます。If this is successful, ping displays the corresponding host name.
/n<数>/n <Count> エコーの数を指定します。 送信されたメッセージを要求します。Specifies the number of echo Request messages sent. 既定値は 4 です。The default is 4.
/l<サイズ>/l <Size> 長を指定します (バイト単位) のエコー内のデータ フィールドの要求メッセージを送信します。Specifies the length, in bytes, of the Data field in the echo Request messages sent. 既定値は 32 です。The default is 32. 最大サイズは 65527 です。The maximum Size is 65,527.
/f/f 要求メッセージでをエコーするを指定します (IPv4 のみで使用可能) 1 に設定する IP ヘッダーのフラグを断片化しないようにします。Specifies that echo Request messages are sent with the Do not Fragment flag in the IP header set to 1 (available on IPv4 only). エコー要求メッセージは、先のパスにあるルーターが断片化していることはできません。The echo Request message cannot be fragmented by routers in the path to the destination. このパラメーターは、パスの最大転送ユニット (PMTU) に関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。This parameter is useful for troubleshooting path Maximum Transmission Unit (PMTU) problems.
/I <TTL>/I <TTL> エコーの IP ヘッダーで、TTL フィールドの値を指定します。 送信されたメッセージを要求します。Specifies the value of the TTL field in the IP header for echo Request messages sent. 既定では、ホストの既定の TTL 値です。The default is the default TTL value for the host. 最大 TTL 255 文字です。The maximum TTL is 255.
/v <TOS>/v <TOS> Service (TOS) フィールドの型の値をエコーの IP ヘッダーで指定します (IPv4 のみで使用可能) に送信されたメッセージを要求します。Specifies the value of the type of Service (TOS) field in the IP header for echo Request messages sent (available on IPv4 only). 既定値は 0 です。The default is 0. TOS は 0 ~ 255 の 10 進値として指定します。TOS is specified as a decimal value from 0 through 255.
/r<数>/r <Count> エコー応答メッセージの (IPv4 のみで使用可能) の対応するエコー要求メッセージで使用されるパスを記録する IP ヘッダーに Record Route オプションが使用されることを指定します。Specifies that the Record Route option in the IP header is used to record the path taken by the echo Request message and corresponding echo Reply message (available on IPv4 only). パスの各ホップでは、レコードのルートのオプションのエントリを使用します。Each hop in the path uses an entry in the Record Route option. 指定可能な場合、 カウント 元と送信先の間のホップの数以上になるです。If possible, specify a Count that is equal to or greater than the number of hops between the source and destination. カウント 1 の最小値と最大 9 である必要があります。The Count must be a minimum of 1 and a maximum of 9.
/s<数>/s <Count> エコー要求メッセージの到着時刻を記録する IP ヘッダーでインターネット タイムスタンプ オプションが使用され、エコーの各ホップの応答メッセージの対応することを指定します。Specifies that the Internet timestamp option in the IP header is used to record the time of arrival for the echo Request message and corresponding echo Reply message for each hop. カウント 1 の最小値、最大 4 にする必要があります。The Count must be a minimum of 1 and a maximum of 4. リンク ローカルの宛先アドレスの場合に必要です。This is required for link-local destination addresses.
/j<あげる>/j <Hostlist> エコー要求メッセージの使用、厳密でないソース ルート オプションの IP ヘッダーで指定された中間の送信先のセットのことを指定します。あげる(IPv4 のみで使用可能)。Specifies that the echo Request messages use the Loose Source Route option in the IP header with the set of intermediate destinations specified in Hostlist (available on IPv4 only). 厳密でないソースのルーティングと連続した中間宛先は、1 つまたは複数のルーターで区切ることができます。With loose source routing, successive intermediate destinations can be separated by one or multiple routers. アドレスまたはホストの一覧に名の最大数が 9 です。The maximum number of addresses or names in the host list is 9. ホストの一覧は、スペースで区切られた一連の IP アドレス (ドット形式 10 進表記) です。The host list is a series of IP addresses (in dotted decimal notation) separated by spaces.
/k<あげる>/k <Hostlist> エコー要求メッセージの使用、厳密なソース ルート オプションの IP ヘッダーで指定された中間の送信先のセットのことを指定します。あげる(IPv4 のみで使用可能)。Specifies that the echo Request messages use the Strict Source Route option in the IP header with the set of intermediate destinations specified in Hostlist (available on IPv4 only). 厳密なソースのルーティングとは、次の中継送信先を直接到達可能にする必要があります (ルーターのインターフェイスで近隣ノードがある必要があります)。With strict source routing, the next intermediate destination must be directly reachable (it must be a neighbor on an interface of the router). アドレスまたはホストの一覧に名の最大数が 9 です。The maximum number of addresses or names in the host list is 9. ホストの一覧は、スペースで区切られた一連の IP アドレス (ドット形式 10 進表記) です。The host list is a series of IP addresses (in dotted decimal notation) separated by spaces.
/w<タイムアウト>/w <timeout> 受信する特定のエコー要求メッセージに対応する応答メッセージをエコーが待機するミリ秒単位で指定します。Specifies the amount of time, in milliseconds, to wait for the echo Reply message that corresponds to a given echo Request message to be received. タイムアウト内でエコー応答メッセージを受信しない場合は、「要求がタイムアウトしました」のエラー メッセージが表示されます。If the echo Reply message is not received within the time-out, the "Request timed out" error message is displayed. 既定のタイムアウトは 4000 (4 秒) です。The default time-out is 4000 (4 seconds).
/R/R ラウンドト リップのパスを (IPv6 のみで使用可能) トレースすることを指定します。Specifies that the round-trip path is traced (available on IPv6 only).
/S <Srcaddr>/S <Srcaddr> (IPv6 のみで使用可能) を使用する送信元アドレスを指定します。Specifies the source address to use (available on IPv6 only).
/4/4 IPv4 を使用して ping を実行することを指定します。Specifies that IPv4 is used to ping. このパラメーターは、IPv4 アドレスを持つターゲット ホストを識別する必要はありません。This parameter is not required to identify the target host with an IPv4 address. 名前で、ターゲット ホストを識別するためにのみ必要です。It is only required to identify the target host by name.
/6/6 IPv6 を使用して ping を実行することを指定します。Specifies that IPv6 is used to ping. このパラメーターは、IPv6 アドレスを持つターゲット ホストを識別する必要はありません。This parameter is not required to identify the target host with an IPv6 address. 名前で、ターゲット ホストを識別するためにのみ必要です。It is only required to identify the target host by name.
<TargetName><TargetName> ホスト名または変換先の IP アドレスを指定します。Specifies the host name or IP address of the destination.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 使用する ping コンピューター名とコンピューターの IP アドレスの両方をテストします。You can use ping to test both the computer name and the IP address of the computer. IP アドレスへの ping が成功すると、コンピューター名を ping する場合は、名前解決の問題があります。If pinging the IP address is successful, but pinging the computer name is not, you might have a name resolution problem. この場合、ことに、コンピューター名、ドメイン ネーム システム (DNS) クエリを使用してローカルの Hosts ファイルを使って解決することも、NetBIOS によって名前解決の手法を指定することを確認します。In this case, ensure that the computer name you are specifying can be resolved through the local Hosts file, by using Domain Name System (DNS) queries, or through NetBIOS name resolution techniques.
  • このコマンドは、インターネット プロトコル (TCP/IP) プロトコルがネットワーク接続のネットワーク アダプターのプロパティでコンポーネントとしてインストールされている場合にのみ使用できます。This command is available only if the Internet Protocol (TCP/IP) protocol is installed as a component in the properties of a network adapter in Network Connections.

Examples

例を次に ping コマンドの出力。The following example shows ping command output:

C:\>ping example.microsoft.com       
         pinging example.microsoft.com [192.168.239.132] with 32 bytes of data:       
         Reply from 192.168.239.132: bytes=32 time=101ms TTL=124       
         Reply from 192.168.239.132: bytes=32 time=100ms TTL=124       
         Reply from 192.168.239.132: bytes=32 time=120ms TTL=124       
         Reply from 192.168.239.132: bytes=32 time=120ms TTL=124

Ping を実行、10.0.99.221 を 10.0.99.221 を解決するには、ホスト名には、次のように入力します。To ping the destination 10.0.99.221 and resolve 10.0.99.221 to its host name, type:

ping /a 10.0.99.221

Ping を実行、10.0.99.221 10 個のエコー要求メッセージにそれぞれが 1,000 バイトのデータ フィールドを持つ、次のように入力します。To ping the destination 10.0.99.221 with 10 echo Request messages, each of which has a Data field of 1000 bytes, type:

ping /n 10 /l 1000 10.0.99.221

Ping を実行、10.0.99.221 を 4 ホップのルートを記録は、次のように入力します。To ping the destination 10.0.99.221 and record the route for 4 hops, type:

ping /r 4 10.0.99.221

宛先 10.0.99.221 に ping を実行し、10.12.0.1-10.29.3.1-10.1.44.1 の厳密でないソース ルートを指定して、次のように入力します。To ping the destination 10.0.99.221 and specify the loose source route of 10.12.0.1-10.29.3.1-10.1.44.1, type:

ping /j 10.12.0.1 10.29.3.1 10.1.44.1 10.0.99.221

その他の参照additional references