PowerShell_isePowerShell_ise

Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) は、読み取り、書き込み、実行、デバッグ、およびグラフィック支援型の環境でスクリプトおよびモジュールをテストすることができますグラフィカル ホスト アプリケーションです。Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) is a graphical host application that enables you to read, write, run, debug, and test scripts and modules in a graphic-assisted environment. IntelliSense などの機能をキー Show コマンド、スニペット、タブ補完、構文の色分け、視覚的デバッグ、および状況依存のヘルプが豊富なスクリプトの操作性を提供します。Key features such as IntelliSense, Show-Command, snippets, tab completion, syntax-coloring, visual debugging, and context-sensitive Help provide a rich scripting experience.

PowerShell_ISE.exe ツールは Windows PowerShell ISE セッションを開始します。The PowerShell_ISE.exe tool starts a Windows PowerShell ISE session. 使用すると PowerShell_ISE.exe, 、Windows PowerShell ISE でファイルを開くか、プロファイルなしで、またはマルチ スレッド アパートメントで Windows PowerShell ISE のセッションを開始する、省略可能パラメーターを使用することができます。When you use PowerShell_ISE.exe, you can use its optional parameters to open files in Windows PowerShell ISE or to start a Windows PowerShell ISE session with no profile or with a multithreaded apartment.

PowerShell_ISE.exe Windows PowerShell 2.0 で導入され、Windows PowerShell 3.0 では大幅に拡大されました。PowerShell_ISE.exe was introduced in Windows PowerShell 2.0 and expanded significantly in Windows PowerShell 3.0.

PowerShell_ISE.exe を使用します。Using PowerShell_ISE.exe

使用する PowerShell_ISE.exe を開始し、次のように Windows PowerShell セッションを終了します。You can use PowerShell_ISE.exe to start and end a Windows PowerShell session as follows:

  • Windows PowerShell、または [スタート] メニューでは、コマンド プロンプト ウィンドウで、Windows PowerShell ISE のセッションを開始するには、次のように入力します。To start a Windows PowerShell ISE session, in a Command Prompt window, in Windows PowerShell, or at the Start menu, type:
    PowerShell_Ise
    
  • Windows PowerShell ISE でスクリプト (.ps1)、スクリプト モジュール (.psm1)、モジュール マニフェスト (.psd1)、XML ファイル、またはその他のサポートされているファイルを開くには、次のコマンド形式を使用します。To open a script (.ps1), script module (.psm1), module manifest (.psd1), XML file, or any other supported file in Windows PowerShell ISE, use the following command format:
    PowerShell_Ise <FilePath>
    
    Windows PowerShell 3.0 で使用できます、省略可能な ファイル パラメーターとして次のとおりです。In Windows PowerShell 3.0, you can use the optional File parameter as follows:
    PowerShell_Ise -File <FilePath>
    
  • Windows PowerShell プロファイルいない Windows PowerShell ISE のセッションを開始するには、使用、 NoProfile パラメーター。To start a Windows PowerShell ISE session without your Windows PowerShell profiles, use the NoProfile parameter. (、 NoProfile パラメーターは Windows PowerShell 3.0 で導入されました)。(The NoProfile parameter is introduced in Windows PowerShell 3.0.)
    PowerShell_Ise -NoProfile
    
  • 表示する、 PowerShell_ISE.exe の支援のファイルは、コマンド プロンプト ウィンドウで、次のコマンド形式を使用します。To see the PowerShell_ISE.exe Help file in a Command Prompt window, use the following command format:
    PowerShell_Ise -help, -?, /?
    
    完全な一覧については、 PowerShell_ISE.exe コマンド ライン パラメーターを参照して about_PowerShell_Ise.exeします。For a complete list of the PowerShell_ISE.exe command-line parameters, see about_PowerShell_Ise.exe.

その他の方法で Windows PowerShell ISE を開始します。Start Windows PowerShell ISE in other ways

Windows PowerShell ISE を開始するには、その他の方法については、次を参照してください。 Windows PowerShell の開始します。For information about other ways to start Windows PowerShell ISE, see Starting Windows PowerShell.

注釈Remarks

Windows PowerShell は、Windows Server オペレーティング システムの Server Core インストール オプションで実行されます。Windows PowerShell runs on the Server Core installation option of Windows Server operating systems. ただし、Windows PowerShell ISE には、グラフィック ユーザー インターフェイスが必要であるために、Server Core インストールで実行にしないとはされません。However, because Windows PowerShell ISE requires a graphic user interface, it does not run on Server Core installations.

その他の参照情報Additional references

about_PowerShell_Ise.exe about_PowerShell.exe Windows PowerShell Windows を使用したスクリプトPowerShellも参照してくださいabout_PowerShell_Ise.exe about_PowerShell.exe Windows PowerShell Scripting with Windows PowerShell See Also