prncnfgprncnfg

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

プリンターに関する構成情報を表示または構成します。Configures or displays configuration information about a printer.

構文Syntax

cscript Prncnfg {-g | -t | -x | -?} [-S <ServerName>] [-P <printerName>] [-z <NewprinterName>] [-u <UserName>] [-w <Password>] [-r <PortName>] [-l <Location>] [-h <Sharename>] [-m <Comment>] [-f <SeparatorFileName>] [-y <Datatype>] [-st <starttime>] [-ut <Untiltime>] [-i <DefaultPriority>] [-o <Priority>] [<+|->shared] [<+|->direct] [<+|->hidden] [<+|->published] [<+|->rawonly] [<+|->queued] [<+|->enablebidi] [<+|->keepprintedjobs] [<+|->workoffline] [<+|->enabledevq] [<+|->docompletefirst]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
-g-g プリンターに関する構成情報を表示します。Displays configuration information about a printer.
-t-t プリンターを構成します。Configures a printer.
-x-x プリンターの名前を変更します。renames a printer.
-S <ServerName>-S <ServerName> 管理するプリンターをホストするリモート コンピューターの名前を指定します。Specifies the name of the remote computer that hosts the printer that you want to manage. コンピューターを指定しないと、ローカル コンピューターが使用されます。If you do not specify a computer, the local computer is used.
-P <printerName>-P <printerName> 管理するプリンターの名前を指定します。Specifies the name of the printer that you want to manage. 必須。Required.
-z <NewprinterName>-z <NewprinterName> 新しいプリンター名を指定します。Specifies the new printer name. 必要があります、 -x-p パラメーター。Requires the -x and -P parameters.
-u <UserName> -w<パスワード>-u <UserName> -w <Password> 管理するプリンターをホストするコンピューターに接続するアクセス許可を持つアカウントを指定します。Specifies an account with permissions to connect to the computer that hosts the printer that you want to manage. ターゲット コンピューターのローカル Administrators グループのすべてのメンバーにこれらのアクセス許可があるが、アクセス許可は、他のユーザーに与えることもできます。All members of the target computer's local Administrators group have these permissions, but the permissions can also be granted to other users. アカウントを指定しない場合は、コマンドを実行するこれらのアクセス許可を持つアカウントでログオンする必要があります。If you do not specify an account, you must be logged on under an account with these permissions for the command to work.
-r <PortName>-r <PortName> プリンターが接続されているポートを指定します。Specifies the port where the printer is connected. パラレル ポートまたはシリアル ポートの場合は、(LPT1 や COM1 など) のポートの ID を使用します。If this is a parallel or a serial port, then use the ID of the port (for example, LPT1 or COM1). TCP/IP ポートである場合は、ポートを追加したときに指定したポート名を使用します。If this is a TCP/IP port, use the port name that was specified when the port was added.
-l<場所>-l <Location> 「コピー ルーム」プリンター場所を指定しますSpecifies the printer location, such as "copy Room."
-h <Sharename>-h <Sharename> プリンターの共有名を指定します。Specifies the printer's share name.
-m<コメント>-m <Comment> プリンターのコメントの文字列を指定します。Specifies the printer's comment string.
-f <SeparatorFileName>-f <SeparatorFileName> 区切りページに表示されるテキストを含むファイルを指定します。Specifies a file that contains the text that appears on the separator page.
-y<データ型>-y <Datatype> プリンターが受け入れることができるデータ型を指定します。Specifies the data types that the printer can accept.
-st <starttime>-st <starttime> 可用性に制限は、プリンターを構成します。Configures the printer for limited availability. プリンターが使用可能な時刻を指定します。Specifies the time of day the printer is available. 利用できない場合、プリンターにドキュメントを送信する場合、ドキュメントの保持 (スプール)、プリンターが使用可能になるまでです。If you send a document to a printer when it is unavailable, the document is held (spooled) until the printer becomes available. 時刻は、24 時間制を指定する必要があります。You must specify time as a 24-hour clock. たとえば、午後 11時 00分を指定する次のように入力します。 2300します。For example, to specify 11:00 P.M., type 2300.
-ut <Endtime>-ut <Endtime> 可用性に制限は、プリンターを構成します。Configures the printer for limited availability. プリンターが存在しない時刻を指定します。Specifies the time of day the printer is no longer available. 利用できない場合、プリンターにドキュメントを送信する場合、ドキュメントの保持 (スプール)、プリンターが使用可能になるまでです。If you send a document to a printer when it is unavailable, the document is held (spooled) until the printer becomes available. 時刻は、24 時間制を指定する必要があります。You must specify time as a 24-hour clock. たとえば、午後 11時 00分を指定する次のように入力します。 2300します。For example, to specify 11:00 P.M., type 2300.
-o<優先順位>-o <Priority> スプーラが印刷キューに印刷ジョブをルーティングに使用する優先順位を指定します。Specifies a priority that the spooler uses to route print jobs into the print queue. 優先順位の高い印刷キューでは、優先度の低い任意のキューの前に、すべてのジョブを受信します。A print queue with a higher priority receives all its jobs before any queue with a lower priority.
-i <DefaultPriority>-i <DefaultPriority> 各印刷ジョブに割り当てられている既定の優先順位を指定します。Specifies the default priority assigned to each print job.
{+ |-} 共有{+|-}shared ネットワークでこのプリンターを共有するかどうかを指定します。Specifies whether this printer is shared on the network.
{+ |-} ダイレクト{+|-}direct ドキュメントをスプールせず、プリンターに直接送信する必要があるかどうかを指定します。Specifies whether the document should be sent directly to the printer without being spooled.
{+ |-} 発行{+|-}published Active directory でこのプリンターを公開する必要があるかどうかを指定します。Specifies whether this printer should be published in active directory. プリンタを公開する場合は、他のユーザーが場所や (印刷とホチキス止めの色) などの機能に基づいて検索できます。If you publish the printer, other users can search for it based on its location and capabilities (such as color printing and stapling).
{+ |-} 非表示{+|-}hidden 予約済みの関数です。Reserved function.
{+ |-} rawonly{+|-}rawonly 生データの印刷ジョブのみをこのキューにスプールできるかどうかを指定します。Specifies whether only raw data print jobs can be spooled in this queue.
{+ | -} キューに置かれました。{+ | -}queued プリンターを開始してから、ドキュメントの最後のページがスプールされた印刷ことを指定します。Specifies that the printer should not begin to print until after the last page of the document is spooled. 印刷中のプログラムは、ドキュメントの印刷が完了するまでは使用できません。The printing program is unavailable until the document has finished printing. ただし、このパラメーターを使用すると、ドキュメント全体を確実にプリンターに送信します。However, using this parameter ensures that the whole document is available to the printer.
{+ | -} keepprintedjobs{+ | -}keepprintedjobs スプーラが印刷後ドキュメントを保持するかどうかを指定します。Specifies whether the spooler should retain documents after they are printed. このオプションを有効にすると、プリンターに印刷中のプログラムからの代わりに、印刷キューからドキュメントを再送信するユーザーができます。Enabling this option allows a user to resubmit a document to the printer from the print queue instead of from the printing program.
{+ | -} workoffline{+ | -}workoffline ユーザーが、コンピューターがネットワークに接続されていない場合は、印刷キューに印刷ジョブを送信することができるかどうかを指定します。Specifies whether a user is able to send print jobs to the print queue if the computer is not connected to the network.
{+ | -} enabledevq{+ | -}enabledevq (たとえば、PostScript ファイルが非 PostScript プリンターにスプールされ)、プリンターの設定と一致しない印刷ジョブをキューで保持するようにするかどうかを示す印刷されているのではなく。Specifies whether print jobs that do not match the printer setup (for example, PostScript files spooled to non-PostScript printers) should be held in the queue rather than being printed.
{+ | -} docompletefirst{+ | -}docompletefirst スプーラがスプールを完了していない、優先順位の高い印刷ジョブを送信する前にスプールを完了した優先度の低い印刷ジョブを送信する必要があるかどうかを指定します。Specifies whether the spooler should send print jobs with a lower priority that have completed spooling before sending print jobs with a higher priority that have not completed spooling. このオプションが有効になっているドキュメントがスプールに完了しない場合は、スプーラーは複数の小さなする前に大きなドキュメントを送信します。If this option is enabled and no documents have completed spooling, the spooler will send larger documents before smaller ones. ジョブの優先順位がプリンターの効率を最大化したい場合は、このオプションを有効にする必要があります。You should enable this option if you want to maximize printer efficiency at the cost of job priority. このオプションが無効になっている場合、スプーラ常に優先順位の高いジョブに対応するキュー最初送信します。If this option is disabled, the spooler always sends higher priority jobs to their respective queues first.
{+ | -} enablebidi{+ | -}enablebidi プリンターがスプーラーにステータス情報を送信するかどうかを指定します。Specifies whether the printer sends status information to the spooler.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • Prncnfgコマンドは、%WINdir%\System32\printing_Admin_Scripts にある Visual Basic スクリプト\ディレクトリ。The prncnfg command is a Visual Basic script located in the %WINdir%\System32\printing_Admin_Scripts\ directory. このコマンドでは、コマンド プロンプトで、使用する入力cscript prncnfg ファイル、または適切なフォルダーにディレクトリを変更する、完全なパスを続けています。To use this command, at a command prompt, type cscript followed by the full path to the prncnfg file, or change directories to the appropriate folder. 次に、例を示します。For example:
    cscript %WINdir%\System32\printing_Admin_Scripts\en-US\prncnfg
    
  • 入力する情報にスペースが含まれている場合は、テキストを囲む引用符を使用して (たとえば、 "computer Name")。if the information that you supply contains spaces, use quotation marks around the text (for example, "computer Name").

Examples

HRServer という名前のリモート コンピューターでホストされている印刷キューに colorprinter_2 をという名前のプリンターの構成情報を表示するには、次のように入力します。To display configuration information for the printer named colorprinter_2 with a print queue hosted by the remote computer named HRServer, type:

cscript prncnfg -g -S HRServer -P colorprinter_2 

印刷された後、HRServer という名前のリモート コンピューターでスプーラが印刷ジョブを保持するために、colorprinter_2 をという名前のプリンターを構成するには、次のように入力します。To configure a printer named colorprinter_2 so that the spooler in the remote computer named HRServer keeps print jobs after they have been printed, type:

cscript prncnfg -t -S HRServer -P colorprinter_2 +keepprintedjobs 

リモート コンピューター上のプリンターの名前を変更するには、hrserver colorprinter_2 から colorprinter 3 の型に。To change the name of a printer on the remote computer named HRServer from colorprinter_2 to colorprinter 3, type:

cscript prncnfg -x -S HRServer -P colorprinter_2 -z "colorprinter 3" 

その他の参照additional references

コマンドライン構文のポイント 印刷コマンドのリファレンスCommand-Line Syntax Key print Command Reference