rdrd

ディレクトリを削除します。Deletes a directory. このコマンドと同じ、 rmdir コマンドです。This command is the same as the rmdir command.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

rd [<Drive>:]<Path> [/s [/q]]
rmdir [<Drive>:]<Path> [/s [/q]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
[<ドライブ >:][<Drive>:] 場所を削除するディレクトリの名前を指定します。Specifies the location and the name of the directory that you want to delete. パス が必要です。Path is required.
/s/s (指定されたディレクトリとすべてのファイルを含むすべてのサブディレクトリ) は、ディレクトリ ツリーを削除します。Deletes a directory tree (the specified directory and all its subdirectories, including all files).
/q/q クワイエット モードを指定します。Specifies quiet mode. ディレクトリ ツリーを削除するときに、確認を表示しません。Does not prompt for confirmation when deleting a directory tree. (ことに注意 /q 場合にのみ、works /s が指定されている)。(Note that /q works only if /s is specified.)
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 含むファイルを格納するディレクトリを削除することはできません隠しファイルやシステム ファイルです。You cannot delete a directory that contains files, including hidden or system files. 削除しようとすると、次のメッセージが表示されます。If you attempt to do so, the following message appears:

    The directory is not empty

    使用して、 dir/aすべてのファイルを一覧表示するコマンド (を含む非表示とシステム ファイル)。Use the dir /a command to list all files (including hidden and system files). 使用して、 attrib コマンドに -h 隠しファイル属性を削除する -s システム ファイルの属性を削除するか、 -h-s 削除両方非表示にしてシステム ファイル属性。Then use the attrib command with -h to remove hidden file attributes, -s to remove system file attributes, or -h -s to remove both hidden and system file attributes. 非表示の後にファイルの属性が削除されていると、ファイルを削除することができます。After the hidden and file attributes have been removed, you can delete the files.

  • 円記号を挿入する場合 ()の先頭にパスパス(現在のディレクトリ) に関係なく、ルート ディレクトリで開始されます。If you insert a backslash () at the beginning of Path, Path will start at the root directory (regardless of the current directory).

  • 使用することはできません rd を現在のディレクトリを削除します。You cannot use rd to delete the current directory. 現在のディレクトリを削除しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。If you attempt to delete the current directory, the following error message appears:

    The process cannot access the file because it is being used by another process.

    (いない、現在のディレクトリのサブディレクトリ)、別のディレクトリに変更をし、使用した場合、このエラー メッセージを受信する必要がありますrd (指定パス必要な場合)。If you receive this error message, you must change to a different directory (not a subdirectory of the current directory), and then use rd (specify Path if necessary).

  • Rd コマンドで他のパラメーターは、回復コンソールから利用できます。The rd command, with different parameters, is available from the Recovery Console.

Examples

現在作業中のディレクトリを削除することはできません。You cannot delete the directory that you are currently working in. 現在のディレクトリ内にないディレクトリに変更する必要があります。You must change to a directory that is not within the current directory. たとえば、親ディレクトリに変更する、次のように入力します。For example, to change to the parent directory, type:

cd ..

目的のディレクトリを安全に削除できます。You can now safely remove the desired directory.

使用して、 /s ディレクトリ ツリーを削除するにはオプションです。Use the /s option to remove a directory tree. たとえば、ディレクトリを削除するには、テスト (すべてのサブディレクトリおよびファイル)、現在のディレクトリから、型を名前しました。For example, to remove a directory named Test (and all its subdirectories and files) from the current directory, type:

rd /s test

で非表示モードを、前の例を実行するには、次のように入力します。To run the previous example in quiet mode, type:

rd /s /q test

注意事項

実行すると rd/s quiet モードは、確認なしディレクトリ ツリー全体を削除します。When you run rd /s in quiet mode, the entire directory tree is deleted without confirmation. 重要なファイルを移動または使用する前にバックアップすることを確認、 /q コマンド ライン オプションです。Ensure that important files are moved or backed up before using the /q command-line option.

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key