rdpsignrdpsign

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

リモート デスクトップ プロトコル (.rdp) ファイルにデジタル署名することできます。Enables you to digitally sign a Remote Desktop Protocol (.rdp) file. このコマンドを使用する方法の例については、次を参照してください。します。for examples of how to use this command, see Examples.

注意

Windows Server 2008 R2 で、「ターミナル サービス」は「リモート デスクトップ サービス」に名前変更されました。In Windows Server 2008 R2, Terminal Services was renamed Remote Desktop Services. 新機能については、最新バージョンについてを参照してください。 Windows Server 2012 でのリモート デスクトップ サービスでどのような s の新しい、Windows Server TechNet ライブラリです。To find out what's new in the latest version, see What s New in Remote Desktop Services in Windows Server 2012 in the Windows Server TechNet Library.

構文Syntax

rdpsign /sha1 <hash> [/q | /v |] [/l] <file_name.rdp>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/sha1 <hash>/sha1 <hash> これは、セキュア ハッシュ アルゴリズム 1 (SHA1) ハッシュ、証明書ストアに含まれている署名証明書の拇印を指定します。Specifies the thumbprint, which is the Secure Hash Algorithm 1 (SHA1) hash of the signing certificate that is included in the certificate store.
/q/q Quiet モードです。Quiet mode. コマンドが成功すると、出力なしは、コマンドが失敗した場合は、最小限の出力。No output when the command succeeds and minimal output if the command fails.
/v/v 詳細モード。verbose mode. すべての警告、メッセージ、および状態を表示します。Displays all warnings, messages, and status.
/l/l 実際には、入力ファイルのいずれかを置き換えることがなく、署名と出力の結果をテストします。Tests the signing and output results without actually replacing any of the input files.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • SHA1 証明書の拇印は、信頼済みの .rdp ファイルの発行元を表す必要があります。The SHA1 certificate thumbprint should represent a trusted .rdp file publisher. 証明書の拇印を取得する証明書スナップインを開く、] をクリックします (ローカル コンピューターの証明書ストアまたは個人証明書ストアに) を使用する証明書をダブルクリックして、詳細タブで、し、フィールド一覧で、[拇印します。To obtain the certificate thumbprint, open the Certificates snap-in, double-click the certificate that you want to use (either in the local computer's certificates store or in your personal certificates store), click the details tab, and then in the Field list, click Thumbprint.

    注意

    Rdpsign.exe ツールで使用するための拇印をコピーする場合は、スペースを削除する必要があります。When you copy the thumbprint for use with the rdpsign.exe tool, you must remove any spaces.

  • 完全なファイル名を使用して署名する .rdp ファイル (複数可) を指定する必要があります。You must specify the .rdp file (or files) to sign by using the full file name. ワイルドカード文字は使用できません。Wildcard characters are not accepted.

  • 符号付きの出力ファイルは、入力ファイルで上書きされます。The signed output files will overwrite the input files.

  • .rdp ファイルのいずれかは、読み取りまたは書き込みをすることはできない場合は、複数のファイルが指定されている場合に、ツールは次のファイルに引き続き。if any of the .rdp files cannot be read or written to, the tool will continue to the next file if multiple files are specified.

Examples

  • File1.rdp の名前は、.rdp ファイルをサインインするには、.rdp ファイルを保存したフォルダーに移動し、し、次のように入力します。To sign an .rdp file that is named File1.rdp, navigate to the folder where you saved the .rdp file, and then type the following:
    rdpsign /sha1 hash file1.rdp
    

    注意

    ハッシュ 値はスペースを含めないの SHA1 証明書の拇印を表します。The hash value represents the SHA1 certificate thumbprint, without any spaces.

  • .Rdp ファイルを実際には、ファイルへの署名せずにデジタル署名が成功したかどうかをテストするには、次のように入力します。To test whether digital signing will succeed for an .rdp file without actually signing the file, type the following:
    rdpsign /sha1 hash /l file1.rdp
    
  • 複数の .rdp ファイルを署名するには、スペースを使用して、ファイル名を区切ります。To sign multiple .rdp files, separate the file names by using spaces. たとえば、File1.rdp、File2.rdp、および File3.rdp という複数の .rdp ファイルをサインインするには、次のように入力します。For example, to sign multiple .rdp files that are named File1.rdp, File2.rdp, and File3.rdp, type the following:
    rdpsign /sha1 hash file1.rdp file2.rdp file3.rdp
    

    関連項目See Also

    コマンドライン構文キー リモート デスクトップ サービスと(です。ターミナル サービスと)です。コマンドのリファレンスCommand-Line Syntax Key Remote Desktop Services (Terminal Services) Command Reference