Reg 復元reg restore

書き込みが保存されたサブキーとエントリは、レジストリをバックアップします。Writes saved subkeys and entries back to the registry.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

Reg restore <KeyName> <FileName>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<キー名 ><KeyName> 復元するサブキーの完全なパスを指定します。Specifies the full path of the subkey to be restored. 復元操作は、ローカル コンピューターでのみ機能します。The restore operation works only with the local computer. られているキー名では、有効なルート キーを含める必要があります。The KeyName must include a valid root key. 有効なルート キーは次のとおりです。HKLM、HKCU、HKCR、HKU、および hkcc します。Valid root keys are: HKLM, HKCU, HKCR, HKU, and HKCC.
<FileName><FileName> レジストリに書き込まれるコンテンツを含むファイルのパスと名前を指定します。Specifies the name and path of the file with content to be written into the registry. このファイルはで事前に作成する必要があります、 reg 保存 .hiv 拡張機能を使用して操作します。This file must be created in advance with the reg save operation using a .hiv extension.
/?/? ヘルプを表示 reg 復元 コマンド プロンプト。Displays help for reg restore at the command prompt.

注釈Remarks

  • すべてのレジストリ エントリを編集する前に保存された親サブキー、 reg 保存 操作します。Before editing any registry entries, save the parent subkey with the reg save operation. 復元と元のサブキーの編集に失敗した場合、 reg 復元 操作します。If the edit fails, restore the original subkey with the reg restore operation.
  • 次の表に、戻り値の reg 復元 操作します。The following table lists the return values for the reg restore operation.
Value 説明Description
00 成功Success
11 失敗Failure

Examples

キー、HKLM\Software\Microsoft\ResKit NTRKBkUp.hiv をという名前のファイルを復元し、キーの既存の内容を上書きする、次のように入力します。To restore the file named NTRKBkUp.hiv into the key HKLM\Software\Microsoft\ResKit, and overwrite the existing contents of the key, type:

REG RESTORE HKLM\Software\Microsoft\ResKit NTRKBkUp.hiv

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key