relogrelog

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

TSV (タブ区切りのテキスト)、CSV (コンマ区切りのテキスト)、バイナリ、または SQL など、他の形式にパフォーマンス カウンターのログからパフォーマンス カウンターを抽出します。Extracts performance counters from performance counter logs into other formats, such as text-TSV (for tab-delimited text), text-CSV (for comma-delimited text), binary-BIN, or SQL.

構文Syntax

relog [<FileName> [<FileName> ...]] [/a] [/c <path> [<path> ...]] [/cf <FileName>] [/f  {bin|csv|tsv|SQL}] [/t <Value>] [/o {OutputFile|DSN!CounterLog}] [/b <M/D/YYYY> [[<HH>:] <MM>:] <SS>] [/e <M/D/YYYY> [[<HH>:] <MM>:] <SS>] [/config {<FileName>|i}] [/q]  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
ファイル名 [FileName... ]FileName [FileName ...] 既存のパフォーマンス カウンター ログのパス名を指定します。Specifies the pathname of an existing performance counter log. 複数の入力ファイルを指定できます。You can specify multiple input files.
-a-a 出力ファイルを上書きする代わりに追加します。Appends output file instead of overwriting. このオプションは、SQL 形式の既定値は常に追加するには適用されません。This option does not apply to SQL format where the default is always to append.
-c path [path ... ]-c path [path ...] ログに記録するパフォーマンス カウンターのパスを指定します。Specifies the performance counter path to log. 複数のカウンター パスを指定する、スペースで区切ります、カウンター パスを引用符で囲みます (例: " Counterpath1 Counterpath2 " )To specify multiple counter paths, separate them with a space and enclose the counter paths in quotation marks (for example, "Counterpath1 Counterpath2")
-cf FileName-cf FileName Relog ファイルに含まれるパフォーマンス カウンターの一覧をテキスト ファイルのパス名を指定します。Specifies the pathname of the text file that lists the performance counters to be included in a relog file. カウンター パスを入力ファイルで、行ごとに 1 つは、このオプションを使用します。Use this option to list counter paths in an input file, one per line. 既定値は、元のログ ファイル内のすべてのカウンターをログします。Default setting is all counters in the original log file are relogged.
-f {bin| csv|tsv|SQL}-f {bin| csv|tsv|SQL} 出力ファイルの形式のパス名を指定します。Specifies the pathname of the output file format. 既定の形式は binします。The default format is bin. 出力ファイルで指定して、SQL データベース、 DSN です。CounterLogします。For a SQL database, the output file specifies the DSN!CounterLog. DSN (データベースのシステム名) を構成する ODBC マネージャーを使用して、データベースの場所を指定できます。You can specify the database location by using the ODBC manager to configure the DSN (Database System Name).
-t-t Value サンプリング間隔を指定"N"レコードです。Specifies sample intervals in "N" records. Relog ファイルにすべての n 番目のデータ ポイントが含まれています。Includes every nth data point in the relog file. 既定値は、すべてのデータ ポイントです。Default is every data point.
-o {OutputFile | "SQL:DSN!Counter_Log} DSN がシステムで定義されている ODMC DSN です。-o {OutputFile | "SQL:DSN!Counter_Log} where DSN is a ODMC DSN defined on the system. 出力ファイルまたは SQL データベースのカウンターの書き込み先のパス名を指定します。Specifies the pathname of the output file or SQL database where the counters will be written.
注:Relog.exe の 64 ビットおよび 32 ビット バージョン、DSN を ODBC データ ソースで定義する必要があります (64 ビットおよび 32 ビットそれぞれ)。Note: For the 64-bit and 32-bit versions of Relog.exe, you need to define a DSN in the ODBC Data Source (64-bit and 32-bit respectively)
-b < M/D/YYYY> [HH:]MM:]SS-b <M/D/YYYY> [[HH:]MM:]SS 指定する入力ファイルから最初のレコードのコピー開始時刻。Specifies begin time for copying first record from the input file. 日付と時刻が正確な形式である必要がありますM / D / YYYYHH : MM : SSします。date and time must be in this exact format M/D/YYYYHH:MM:SS.
-e <M/D/YYYY> [[HH:]MM:]SS-e <M/D/YYYY> [[HH:]MM:]SS 入力ファイルから最後のレコードのコピーの終了時刻を指定します。Specifies end time for copying last record from the input file. 日付と時刻が正確な形式である必要がありますM / D / YYYYHH : MM : SSします。date and time must be in this exact format M/D/YYYYHH:MM:SS.
-config {FileName | i}-config {FileName | i} コマンド ライン パラメーターを含む設定ファイルのパス名を指定します。Specifies the pathname of the settings file that contains command-line parameters. 使用 -i コマンドライン上に配置が入力ファイルの一覧については、プレース ホルダーとして、構成ファイルにします。Use -i in the configuration file as a placeholder for a list of input files that can be placed on the command line. コマンド ラインでする必要はありませんを使用する です。On the command line, however, you do not need to use i. などのワイルドカードを使用することもできます。 *.blg を多数の入力ファイル名を指定します。You can also use wildcards such as *.blg to specify many input file names.
-q-q パフォーマンス カウンターと時間範囲のログの入力ファイルで指定されたファイルを表示します。Displays the performance counters and time ranges of log files specified in the input file.
-y-y "Yes"にすべての質問に答えることによって確認をバイパスします。Bypasses prompting by answering "yes" to all questions.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

カウンター パスの形式:Counter path format:

  • カウンター パスの一般的な形式のとおりです: [\<コンピューター >] \<オブジェクト > [<親 >\< インスタンス #Index >] \ <カウンター >] 親、インスタンス、インデックス、および形式のカウンターのコンポーネントが含まれている有効な名前またはワイルドカード文字のいずれか。The general format for counter paths is as follows: [\<computer>] \<Object>[<Parent>\<Instance#Index>] \<Counter>] where the parent, instance, index, and counter components of the format may contain either a valid name or a wildcard character. コンピューター、親、インスタンス、およびインデックスのコンポーネントでは、すべてのカウンタは必要ありません。The computer, parent, instance, and index components are not necessary for all counters.
  • 使用するカウンター パスを決定すると、自体カウンターに基づいています。You determine the counter paths to use based on the counter itself. LogicalDisk オブジェクトのインスタンスがなど , ので、< #index > または、ワイルドカードを指定する必要があります。For example, the LogicalDisk object has an instance , so you must provide the <#index> or a wildcard. そのため、次の形式を使用できます: \LogicalDisk (*/*#*)\\ *Therefore, you could use the following format: \LogicalDisk(*/*#*)\\*
  • 比較は、プロセス オブジェクトを必要としないインスタンス<インデックス >。In comparison, the Process object does not require an instance <Index>. したがって、次の形式を使用する可能性があります: \Process (*) \ID プロセスTherefore, you could use the following format: \Process(*)\ID Process
  • ワイルドカード文字が、親の名前で指定されている場合は、指定したインスタンスおよびカウンター フィールドに一致する指定したオブジェクトのすべてのインスタンスが返されます。If a wildcard character is specified in the parent name, all instances of the specified object that match the specified instance and counter fields will be returned.
  • インスタンス名にワイルドカード文字を指定すると場合、は、指定したインデックスに対応するすべてのインスタンス名にワイルドカード文字が一致する場合に指定されたオブジェクトと親オブジェクトのすべてのインスタンスが返されます。If a wildcard character is specified in the instance name, all instances of the specified object and parent object will be returned if all instance names corresponding to the specified index match the wildcard character.
  • カウンター名にワイルドカード文字を指定すると、指定したオブジェクトのすべてのカウンターが返されます。If a wildcard character is specified in the counter name, all counters of the specified object are returned.
  • 一部のカウンター パス文字列の一致 (たとえば、pro *) がサポートされていません。Partial counter path string matches (for example, pro*) are not supported.

カウンター ファイル:Counter files:

  • カウンター ファイルは、1 つ以上の既存のログでのパフォーマンス カウンターを一覧表示されるテキスト ファイルです。Counter files are text files that list one or more of the performance counters in the existing log. ログからすべてのカウンターの名前をコピーまたは /qで出力<コンピューター >\<オブジェクト >\<インスタンス >\ <カウンター > の形式。Copy the full counter name from the log or the /q output in <computer>\<Object>\<Instance>\<Counter> format. 行ごとに 1 つのカウンター パスを一覧表示します。list one counter path on each line.

カウンターをコピーするには。Copying counters:

  • 実行すると、 relog コピーは必要な場合の形式の変換の入力ファイルですべてのレコードからカウンターを指定します。When executed, relog copies specified counters from every record in the input file, converting the format if necessary. ワイルドカードのパスは、カウンター ファイルで許可されます。Wildcard paths are allowed in the counter file.
    保存する入力ファイルのサブセット。Saving input file subsets:
  • 使用して、 /t に入力ファイルを挿入することを指定するパラメーターの出力の間隔でのファイルすべて 番目のレコードです。Use the /t parameter to specify that input files are inserted into output files at intervals of every th record. 既定では、すべてのレコードからデータがログされます。By default, data is relogged from every record.
    使用して /b/e ログ ファイルを持つパラメーターUsing /b and /e parameters with log files
  • 出力ログの開始時刻より前に、のレコードに含めることを指定することができます (つまり、 /b) データを書式設定された値の計算値を必要とするカウンターを指定します。You can specify that your output logs include records from before begin-time (that is, /b) to provide data for counters that require computation values of the formatted value. 出力ファイルは、タイムスタンプを使用した入力ファイルから最後のレコードがより小さい /e (つまり、終了時刻) のパラメーターです。The output file will have the last records from input files with timestamps less than the /e (that is, end time) parameter.
    使用して、 /config オプション。Using the /config option:
  • 使用される設定ファイルの内容、 /config オプションは、次の形式である必要があります。The contents of the setting file used with the /config option should have the following format:
    • <CommandOption >\<値 > ここで、 <CommandOption > コマンド ライン オプションと<値 > の値を指定します。<CommandOption>\<Value>, where <CommandOption> is a command line option and <Value> specifies its value.

組み込みの詳細についてはrelogに、Windows Management Instrumentation (WMI) スクリプトに"WMI スクリプト"を参照してください。、 Microsoft Windows リソース キットの Web サイトします。For more information about incorporating relog into your Windows Management Instrumentation (WMI) scripts, see "Scripting WMI" at the Microsoft Windows Resource Kits Web site.

Examples

既存のトレース ログをリサンプル 30 固定間隔で、カウンター パスの一覧で、ファイルとフォームの出力します。To resample existing trace logs at fixed intervals of 30, list counter paths, output files and formats:

relog c:\perflogs\daily_trace_log.blg /cf counter_file.txt /o c:\perflogs\reduced_log.csv /t 30 /f csv  

既存のトレース ログをリサンプル 30 固定間隔で、カウンター パスと出力ファイルの一覧を表示します。To resample existing trace logs at fixed intervals of 30, list counter paths and output file:

relog c:\perflogs\daily_trace_log.blg /cf counter_file.txt /o c:\perflogs\reduced_log.blg /t 30  

データベースの使用に既存のトレース ログをリサンプル。To resample existing trace logs into a database use:

relog "c:\perflogs\daily_trace_log.blg" -f sql -o "SQL:sql2016x64odbc!counter_log"

その他の参照情報Additional references