robocopyrobocopy

ファイルのデータをコピーします。Copies file data.

構文Syntax

robocopy <Source> <Destination> [<File>[ ...]] [<Options>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<ソース ><Source> ソース ディレクトリへのパスを指定します。Specifies the path to the source directory.
<宛先 ><Destination> インストール先ディレクトリへのパスを指定します。Specifies the path to the destination directory.
<File><File> ファイルをコピーするファイルを指定します。Specifies the file or files to be copied. ワイルドカード文字を使用することができます ( * または ? ) する場合は、します。You can use wildcard characters (* or ?), if you want. 場合、ファイルパラメーターが指定されていない *.\ *既定値として使用されます。If the File parameter is not specified, *.\* is used as the default value.
<オプション ><Options> 使用するオプションを指定します、 robocopyコマンド。Specifies options to be used with the robocopy command.

オプションをコピーします。Copy options

オプションOption 説明Description
/s/s コピーのサブディレクトリです。Copies subdirectories. このオプションが空のディレクトリを除外することに注意してください。Note that this option excludes empty directories.
/e/e コピーのサブディレクトリです。Copies subdirectories. このオプションが空のディレクトリが含まれることに注意してください。Note that this option includes empty directories. 詳細については、次を参照してください。 解説します。For additional information, see Remarks.
/lev:<N>/lev:<N> 上位のみをコピー N ソース ディレクトリ ツリーのレベルです。Copies only the top N levels of the source directory tree.
/z/z 再起動可能モードでファイルをコピーします。Copies files in restartable mode.
/b/b Backup モードでファイルをコピーします。Copies files in Backup mode.
/zb/zb 再起動可能モードを使用します。Uses restartable mode. アクセスが拒否された場合、このオプションは、Backup モードを使用します。If access is denied, this option uses Backup mode.
/efsraw/efsraw EFS の RAW モードでは、すべての暗号化されたファイルをコピーします。Copies all encrypted files in EFS RAW mode.
/copy:<CopyFlags>/copy:<CopyFlags> コピーされるファイルのプロパティを指定します。Specifies the file properties to be copied. このオプションの有効な値を次に示します。The following are the valid values for this option:
D データD Data
A 属性A Attributes
T タイムスタンプT Time stamps
S NTFS アクセス制御リスト (ACL)S NTFS access control list (ACL)
O 所有者情報O Owner information
U の監査情報U Auditing information
既定値 CopyFlagsDAT (データ、属性、およびタイムスタンプ) です。The default value for CopyFlags is DAT (data, attributes, and time stamps).
/dcopy:<copyflags>/dcopy:<copyflags> ディレクトリのコピーを定義します。Defines what to copy for directories. 既定値は DA.Default is DA. オプション D は、データ、=、A = 属性と T = タイムスタンプ。Options are D = data, A = attributes, and T = timestamps.
数/秒/sec セキュリティでのファイルのコピー (に相当 /copy:DATS)。Copies files with security (equivalent to /copy:DATS).
/copyall/copyall すべてのファイル情報のコピー (に相当 /copy:DATSOU)。Copies all file information (equivalent to /copy:DATSOU).
/nocopy/nocopy コピー ファイルの情報はありません (で役に立ちます パージ/ )。Copies no file information (useful with /purge).
/secfix/secfix でも、すべてのファイルに修正プログラム ファイルのセキュリティには、ものがスキップされます。Fixes file security on all files, even skipped ones.
/timfix/timfix でも、すべてのファイルに修正プログラム ファイルの時間には、ものがスキップされます。Fixes file times on all files, even skipped ones.
/purge/purge リンク先のファイルとソースに存在しなくなったディレクトリを削除します。Deletes destination files and directories that no longer exist in the source. 詳細については、次を参照してください。 解説します。For additional information, see Remarks.
/mir/mir ディレクトリ ツリーをミラー化 (に相当 /e plus パージ/ )。Mirrors a directory tree (equivalent to /e plus /purge). 詳細については、次を参照してください。 解説します。For additional information, see Remarks.
/mov/mov ファイルを移動し、コピーした後に、ソースからも削除します。Moves files, and deletes them from the source after they are copied.
/move/move ファイルとディレクトリを移動し、コピーした後に、ソースからも削除します。Moves files and directories, and deletes them from the source after they are copied.
/a +: [RASHCNET]/a+:[RASHCNET] コピーしたファイルに指定された属性を追加します。Adds the specified attributes to copied files.
/a -: [RASHCNET]/a-:[RASHCNET] コピーしたファイルから、指定された属性を削除します。Removes the specified attributes from copied files.
作成します/create ディレクトリ ツリー、長さゼロのファイルのみを作成します。Creates a directory tree and zero-length files only.
fat//fat 8.3 形式の文字長 FAT ファイル名のみを使用して、リンク先のファイルを作成します。Creates destination files by using 8.3 character-length FAT file names only.
/256/256 非常に長いパス (256 文字より長い) のサポートをオフにします。Turns off support for very long paths (longer than 256 characters).
/月:<N >/mon:<N> ソースを監視し、コンテキストを再実行 N 変更が検出されました。Monitors the source, and runs again when more than N changes are detected.
/mot:<M >/mot:<M> ソースを監視し、再度実行 M 分に変更が検出された場合。Monitors source, and runs again in M minutes if changes are detected.
/MT [: N]/MT[:N] マルチ スレッドのコピーを作成 N スレッドです。Creates multi-threaded copies with N threads. N 1 ~ 128 の範囲の整数でなければなりません。N must be an integer between 1 and 128. 既定値 N は 8 です。The default value for N is 8.
/MT でパラメーターは使用できません、 /IPG/EFSRAW パラメーター。The /MT parameter cannot be used with the /IPG and /EFSRAW parameters.
使用して出力をリダイレクト /log パフォーマンス向上のためのオプションです。Redirect output using /LOG option for better performance.
注:/MT パラメーターは、Windows Server 2008 R2 および Windows 7 に適用されます。Note: The /MT parameter applies to Windows Server 2008 R2 and Windows 7.
/rh:hhmm-hhmm/rh:hhmm-hhmm 新しいコピーを起動するときに実行時間を指定します。Specifies run times when new copies may be started.
/pf/pf チェックは、ファイル (ごとに渡されない) ごとに時間を実行します。Checks run times on a per-file (not per-pass) basis.
/ipg:n/ipg:n 低速回線の帯域幅を解放する間のパケットの間隔を指定します。Specifies the inter-packet gap to free bandwidth on slow lines.
/sl/sl シンボリック リンクを追跡して、代わりに、リンクのコピーを作成しないでください。Don't follow symbolic links and instead create a copy of the link.

重要

使用する場合、 /SECFIX コピー オプションでもこれらの追加コピー オプションのいずれかを使用してコピーするセキュリティ情報の種類を指定します。When using the /SECFIX copy option, specify the type of security information you want to copy by also using one of these additional copy options:

  • /COPYALL/COPYALL
  • /COPY:O/COPY:O
  • /COPY:S/COPY:S
  • /COPY:U/COPY:U
  • /SEC/SEC

ファイルの選択オプションFile selection options

オプションOption 説明Description
/a/a 対象のファイルのみをコピー、 アーカイブ 属性を設定します。Copies only files for which the Archive attribute is set.
/m/m 対象のファイルのみをコピー、 アーカイブ 属性が設定されているし、リセット、 アーカイブ 属性です。Copies only files for which the Archive attribute is set, and resets the Archive attribute.
/ia: [RASHCNETO]/ia:[RASHCNETO] 指定した属性のいずれかが設定する対象のファイルのみが含まれます。Includes only files for which any of the specified attributes are set.
/xa: [RASHCNETO]/xa:[RASHCNETO] 指定した属性のいずれかが設定する対象のファイルを除外します。Excludes files for which any of the specified attributes are set.
/xf <FileName>[ ...]/xf <FileName>[ ...] 指定した名前またはパスに一致するファイルを除外します。Excludes files that match the specified names or paths. なおFileNameワイルドカード文字を含めることができます ( *でしょうか。 )。Note that FileName can include wildcard characters (* and ?).
/xd<ディレクトリ > [...]/xd <Directory>[ ...] 指定した名前とパスに一致するディレクトリを除外します。Excludes directories that match the specified names and paths.
/xc/xc 変更されたファイルを除外します。Excludes changed files.
/xn/xn 新しいファイルを除外します。Excludes newer files.
/xo/xo 古いファイルを除外します。Excludes older files.
/xx/xx 余分なファイルやディレクトリを除外します。Excludes extra files and directories.
指定./xl 「今」ファイルとディレクトリを除外します。Excludes "lonely" files and directories.
/is/is 同じファイルが含まれます。Includes the same files.
/it/it ファイル「調整」にはが含まれます。Includes "tweaked" files.
最大:<N >/max:<N> ファイルの最大サイズを指定します (より大きいファイルを除外する N バイト)。Specifies the maximum file size (to exclude files bigger than N bytes).
/min:<N>/min:<N> 最小ファイル サイズを指定します (よりも小さいファイルを除外する N バイト)。Specifies the minimum file size (to exclude files smaller than N bytes).
/maxage:<N >/maxage:<N> ファイルの最大経過時間を指定します (よりも古いファイルを除外する N 日または日付)。Specifies the maximum file age (to exclude files older than N days or date).
/minage:<N >/minage:<N> 最小のファイルの経過時間を指定します (除外するファイルより新しい N 日または日付)。Specifies the minimum file age (exclude files newer than N days or date).
/maxlad:<N >/maxlad:<N> 最終アクセス日の最大数は指定 (除外するファイルから未使用 N)。Specifies the maximum last access date (excludes files unused since N).
/minlad:<N >/minlad:<N> 前回アクセスした日付の最小値を指定します (以来使用されているファイルを除外 N) 場合 N 未満の 1900 N 、日数を指定します。Specifies the minimum last access date (excludes files used since N) If N is less than 1900, N specifies the number of days. それ以外の場合、 N YYYYMMDD 形式で日付を指定します。Otherwise, N specifies a date in the format YYYYMMDD.
/xj/xj 通常は既定で含まの接合ポイントは含まれません。Excludes junction points, which are normally included by default.
/fft/fft FAT ファイル (有効桁数は 2 秒間) 時間を想定しています。Assumes FAT file times (two-second precision).
/dst/dst 1 時間 DST 時刻の違いを補正します。Compensates for one-hour DST time differences.
/xjd/xjd ディレクトリの接合ポイントは含まれません。Excludes junction points for directories.
/xjf/xjf ファイルの接合ポイントは含まれません。Excludes junction points for files.

再試行オプションRetry options

オプションOption 説明Description
/r:<N>/r:<N> 失敗したコピーを再試行の回数を指定します。Specifies the number of retries on failed copies. 既定値の N 1,000,000 (100万再試行)。The default value of N is 1,000,000 (one million retries).
/w:<N >/w:<N> 秒単位での再試行までの待機時間を指定します。Specifies the wait time between retries, in seconds. 既定値の N 30 (待機時間 30 秒)。The default value of N is 30 (wait time 30 seconds).
/reg/reg 指定された値を保存、 /r/w レジストリの既定の設定とオプションです。Saves the values specified in the /r and /w options as default settings in the registry.
/tbd/tbd システムが定義する共有名を待つことを指定します (エラー 67 を再試行してください)。Specifies that the system will wait for share names to be defined (retry error 67).

ログ オプションLogging options

オプションOption 説明Description
/l/l ファイルのみリストに表示されることを指定 (およびコピーされず、削除、またはタイムスタンプ) です。Specifies that files are to be listed only (and not copied, deleted, or time stamped).
/x/x 選択されているものだけでなく、すべての余分なファイルを報告します。Reports all extra files, not just those that are selected.
/v/v 詳細出力を生成し、すべてのスキップしたファイルを示します。Produces verbose output, and shows all skipped files.
/ts/ts 出力には、ソース ファイルのタイムスタンプが含まれています。Includes source file time stamps in the output.
/fp/fp 出力にはファイルの完全パス名が含まれます。Includes the full path names of the files in the output.
/bytes/bytes バイトとして、サイズを印刷します。Prints sizes, as bytes.
/ns/ns ファイルのサイズを記録しないことを指定します。Specifies that file sizes are not to be logged.
/nc/nc ファイル クラスがないログに記録することを指定します。Specifies that file classes are not to be logged.
/nfl/nfl ファイル名ではないログに記録することを指定します。Specifies that file names are not to be logged.
/ndl/ndl ディレクトリ名がないログに記録することを指定します。Specifies that directory names are not to be logged.
/np/np コピー操作 (ファイルまたはディレクトリがこれまでコピーの数) の進行状況が表示されないことを指定します。Specifies that the progress of the copying operation (the number of files or directories copied so far) will not be displayed.
/eta/eta コピーしたファイルの到着 (予定) の推定時間を示します。Shows the estimated time of arrival (ETA) of the copied files.
/log:<LogFile>/log:<LogFile> 状態の出力を (既存のログ ファイルを上書きする)、ログ ファイルに書き込みます。Writes the status output to the log file (overwrites the existing log file).
/log+:<LogFile>/log+:<LogFile> 状態の出力を (既存のログ ファイルに出力を追加する)、ログ ファイルに書き込みます。Writes the status output to the log file (appends the output to the existing log file).
/unicode/unicode Unicode テキストとして状態の出力を表示します。Displays the status output as Unicode text.
/unilog:<LogFile>/unilog:<LogFile> (既存のログ ファイルを上書きする) の Unicode 文字としてログ ファイルに出力のステータスを書き込みます。Writes the status output to the log file as Unicode text (overwrites the existing log file).
/unilog+:<LogFile>/unilog+:<LogFile> (出力を既存のログ ファイルに追加する) の Unicode 文字としてログ ファイルに出力のステータスを書き込みます。Writes the status output to the log file as Unicode text (appends the output to the existing log file).
/tee/tee ログ ファイルだけでなく、コンソール ウィンドウには、状態の出力を書き込みます。Writes the status output to the console window, as well as to the log file.
/njh/njh ジョブのヘッダーがないことを指定します。Specifies that there is no job header.
/njs/njs ジョブの概要がないことを指定します。Specifies that there is no job summary.

ジョブのオプションJob options

オプションOption 説明Description
/job:<JobName>/job:<JobName> パラメーターをジョブの名前付きのファイルから派生するように指定します。Specifies that parameters are to be derived from the named job file.
/save:<JobName>/save:<JobName> パラメーターを名前付きのジョブのファイルに保存するように指定します。Specifies that parameters are to be saved to the named job file.
/quit/quit (パラメーターを表示する) のコマンドラインの処理の後に終了します。Quits after processing command line (to view parameters).
/nosd/nosd ソース ディレクトリが指定されていないことを示します。Indicates that no source directory is specified.
/nodd/nodd インストール先ディレクトリが指定されていないことを示します。Indicates that no destination directory is specified.
/if/if 指定したファイルが含まれます。Includes the specified files.

(戻り値) の終了コードExit (return) codes

ValueValue 説明Description
00 ファイルがコピーされません。No files were copied. エラーは発生しませんでした。No failure was encountered. ファイルは一致しませんでした。No files were mismatched. 変換先ディレクトリにファイルが既に存在します。そのため、コピー操作はスキップされました。The files already exist in the destination directory; therefore, the copy operation was skipped.
11 すべてのファイルがコピーされました。All files were copied successfully.
22 保存先ディレクトリには、一部には、ソース ディレクトリに存在しない追加ファイルがあります。There are some additional files in the destination directory that are not present in the source directory. ファイルがコピーされません。No files were copied.
33 いくつかのファイルがコピーされました。Some files were copied. 追加のファイルが存在していた。Additional files were present. エラーは発生しませんでした。No failure was encountered.
55 いくつかのファイルがコピーされました。Some files were copied. いくつかのファイルが一致していません。Some files were mismatched. エラーは発生しませんでした。No failure was encountered.
66 追加のファイルと一致しないファイルが存在します。Additional files and mismatched files exist. ファイルはコピーされませんし、エラーが発生したことはありません。No files were copied and no failures were encountered. つまり、保存先ディレクトリにファイルが既に存在します。This means that the files already exist in the destination directory.
77 ファイルがコピーされた、ファイルの不一致が存在する場合は、および追加のファイルが存在します。Files were copied, a file mismatch was present, and additional files were present.
88 複数のファイルをコピーできませんでした。Several files did not copy.

注意

8 より大きい値では、コピー操作中に少なくとも 1 つのエラーがあったことを示します。Any value greater than 8 indicates that there was at least one failure during the copy operation.

注釈Remarks

  • /Mir オプションに相当、 /e plus パージ/ 動作の小さな違いの 1 つのオプション。The /mir option is equivalent to the /e plus /purge options with one small difference in behavior:
    • /E plus パージ/ オプションでは、インストール先ディレクトリが存在する場合は、移行先ディレクトリのセキュリティ設定は、上書きができます。With the /e plus /purge options, if the destination directory exists, the destination directory security settings are not overwritten.
    • /Mir オプションでは、インストール先ディレクトリが存在する場合は、移行先のディレクトリのセキュリティ設定が上書きされます。With the /mir option, if the destination directory exists, the destination directory security settings are overwritten.

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key