schtasksschtasks

定期的にまたは特定の時刻に実行するには、コマンドとプログラムをスケジュールします。Schedules commands and programs to run periodically or at a specific time. 追加しタスクのスケジュールから削除して、開始しオンデマンドでのタスクを停止してが表示されますおよびスケジュールされたタスクを変更します。Adds and removes tasks from the schedule, starts and stops tasks on demand, and displays and changes scheduled tasks.

コマンドの構文を表示するには、次のコマンドのいずれかをクリックします。To view the command syntax, click one of the following commands:

コメントRemarks

  • SchTasks.exe と同じ操作を実行 タスクコントロール パネルの します。SchTasks.exe performs the same operations as Scheduled Tasks in Control Panel. まとめてと同じ意味では、これらのツールを使用できます。You can use these tools together and interchangeably.
  • Schtasks 置き換えます At.exe, 、以前のバージョンの Windows に付属のツールです。Schtasks replaces At.exe, a tool included in previous versions of Windows. At.exe 含まれていますが、Windows Server 2003 ファミリ schtasks は、推奨されるコマンド ライン タスク ツールをスケジュールします。Although At.exe is still included in the Windows Server 2003 family, schtasks is the recommended command-line task scheduling tool.
  • 内のパラメーター、 schtasks コマンドは、任意の順序で使用できます。The parameters in a schtasks command can appear in any order. 入力 schtasks せず、すべてのパラメーターがクエリを実行します。Typing schtasks without any parameters performs a query.
  • アクセス許可 schtasksPermissions for schtasks
    • コマンドを実行するアクセス許可が必要です。You must have permission to run the command. 任意のユーザーがローカル コンピューター上でタスクのスケジュールを設定し、表示し、スケジュールされたタスクを変更することができます。Any user can schedule a task on the local computer, and they can view and change the tasks that they scheduled. Administrators グループのメンバーは、スケジュールを設定、表示、および、ローカル コンピューター上のすべてのタスクを変更することができます。Members of the Administrators group can schedule, view, and change all tasks on the local computer.
    • スケジュールを設定、表示、またはリモート コンピューター上でタスクを変更するには、リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーであるし、使用する必要があります、 /u パラメーターをリモート コンピューターの管理者の資格情報を提供します。To schedule, view, or change a task on a remote computer, you must be member of the Administrators group on the remote computer, or you must use the /u parameter to provide the credentials of an Administrator of the remote computer.
    • 使用することができます、 /u 内のパラメーター、 /create または 変更/ ローカルおよびリモート コンピューターが同じドメインまたはローカル コンピューターがリモート コンピューターのドメインが信頼しているドメインにするときにのみ操作します。You can use the /u parameter in a /create or /change operation only when the local and remote computers are in the same domain or the local computer is in a domain that the remote computer domain trusts. それ以外の場合、リモート コンピューターは、指定したユーザー アカウントを認証できないし、アカウントが Administrators グループのメンバーであることを確認できません。Otherwise, the remote computer cannot authenticate the user account specified and it cannot verify that the account is a member of the Administrators group.
    • タスクを実行する権限が必要です。The task must have permission to run. 必要なアクセス許可は、タスクによって異なります。The permissions required vary with the task. ローカル コンピューターの現在のユーザーのアクセス許可を持つまたはによって指定されたユーザーのアクセス許可を持つ既定では、タスクを実行、 /u パラメーターを 1 つが含まれる場合。By default, tasks run with the permissions of the current user of the local computer, or with the permissions of the user specified by the /u parameter, if one is included. 別のユーザー アカウントのアクセス許可を持つ、またはシステム権限を持つタスクを実行するには、 /ru パラメーター。To run a task with permissions of a different user account or with system permissions, use the /ru parameter.
  • スケジュールされたタスクが実行されたことを確認またはスケジュールされたタスクが実行されなかった原因を調べるには、タスク スケジューラ サービスのトランザクション ログを参照してください SystemRoot\SchedLgU.txt します。To verify that a scheduled task ran or to find out why a scheduled task did not run, see the Task Scheduler service transaction log, SystemRoot\SchedLgU.txt. このログ レコードに試行された、サービスを使用するすべてのツールによって開始され実行を含む タスクSchTasks.exeします。This log records attempted runs initiated by all tools that use the service, including Scheduled Tasks and SchTasks.exe.
  • まれに、タスクのファイルが破損します。On rare occasions, task files become corrupted. 破損したタスクは実行されません。Corrupted tasks do not run. 破損したタスクの操作を実行しようとすると SchTasks.exe 次のエラー メッセージが表示されます。When you try to perform an operation on corrupted tasks, SchTasks.exe displays the following error message:
    ERROR: The data is invalid.
    
    破損したタスクを回復することはできません。You cannot recover corrupted tasks. タスクのスケジュール、システムの機能を復元するには使用 SchTasks.exe または タスク をシステムからタスクを削除し、それらのスケジュールを変更します。To restore the task scheduling features of the system, use SchTasks.exe or Scheduled Tasks to delete the tasks from the system and reschedule them.

schtasks 作成schtasks create

タスクをスケジュールします。Schedules a task.

Schtasks スケジュールの種類ごとに異なるパラメーターの組み合わせを使用します。Schtasks uses different parameter combinations for each schedule type. タスクを作成するための構文の組み合わせを参照するか、特定のスケジュールの種類でタスクを作成するための構文を表示するには、次のオプションのいずれかをクリックします。To see the combined syntax for creating tasks or to see the syntax for creating a task with a particular schedule type, click one of the following options.

結合された構文とパラメーターの説明Combined syntax and parameter descriptions

構文Syntax

schtasks /create /sc <ScheduleType> /tn <TaskName> /tr <TaskRun> [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]] [/ru {[<Domain>\]<User> | System}] [/rp <Password>] [/mo <Modifier>] [/d <Day>[,<Day>...] | *] [/m <Month>[,<Month>...]] [/i <IdleTime>] [/st <StartTime>] [/ri <Interval>] [{/et <EndTime> | /du <Duration>} [/k]] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/it] [/z] [/f]

パラメーターParameters

/sc <ScheduleType >/sc <ScheduleType>

スケジュールの種類を指定します。Specifies the schedule type. 有効な値は分、1 時間ごと、毎日、毎週、月単位、ONIDLE、1 回、ONSTART、ログオン時にトリガーします。Valid values are MINUTE, HOURLY, DAILY, WEEKLY, MONTHLY, ONCE, ONSTART, ONLOGON, ONIDLE.

スケジュールの種類Schedule type 説明Description
分、時間単位、日、週、月単位MINUTE, HOURLY, DAILY, WEEKLY, MONTHLY スケジュールの時間単位を指定します。Specifies the time unit for the schedule.
1 回ONCE タスクは、指定した日付と時刻に 1 回実行されます。The task runs once at a specified date and time.
ONSTARTONSTART タスクは、システムが起動するたびに実行されます。The task runs every time the system starts. 開始日を指定したり、次回のシステムが起動されたときにタスクを実行することができます。You can specify a start date, or run the task the next time the system starts.
ログオン時にトリガーONLOGON (すべてのユーザー) のユーザーがログオンするたびに、タスクが実行されます。The task runs whenever a user (any user) logs on. 日付を指定したり、次に、ユーザーがログオンしたときにタスクを実行することができます。You can specify a date, or run the task the next time the user logs on.
ONIDLEONIDLE タスクは、指定した期間、システムがアイドル状態のときに実行されます。The task runs whenever the system is idle for a specified period of time. 日付を指定したり、次回のシステムがアイドル状態のタスクを実行できます。You can specify a date, or run the task the next time the system is idle.
/tn <TaskName >/tn <TaskName>

タスクの名前を指定します。Specifies a name for the task. システム上の各タスクは、一意の名前が必要です。Each task on the system must have a unique name. 名前では、ファイル名の規則に従う必要があり、領域を 238 文字を超えてはいけません。The name must conform to the rules for file names and must not exceed 238 characters. スペースが含まれる名前を囲む引用符を使用します。Use quotation marks to enclose names that include spaces.

/tr <TaskRun >/tr <TaskRun>

プログラムまたはタスクを実行するコマンドを指定します。Specifies the program or command that the task runs. 実行可能ファイル、スクリプト ファイルまたはバッチ ファイルの完全修飾パスとファイル名を入力します。Type the fully qualified path and file name of an executable file, script file, or batch file. パス名は 262 文字を超えない必要があります。The path name must not exceed 262 characters. パスを省略した場合 schtasks で、ファイルがあると想定しています、 SystemRoot\System32 ディレクトリ。If you omit the path, schtasks assumes that the file is in the SystemRoot\System32 directory.

/s <コンピューター >/s <Computer>

指定したリモート コンピューター上でタスクをスケジュールします。Schedules a task on the specified remote computer. 名前または (または円記号なし)、リモート コンピューターの IP アドレスを入力します。Type the name or IP address of a remote computer (with or without backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer. /U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.

/u [<ドメイン >]/u [<Domain>]

指定したユーザー アカウントのアクセス許可を持つには、このコマンドを実行します。Runs this command with the permissions of the specified user account. 既定では、ローカル コンピューターの現在のユーザーのアクセス許可です。The default is the permissions of the current user of the local computer. /U/p パラメーターは、リモート コンピューター上でタスクをスケジュール設定にのみ有効です ( /s)。The /u and /p parameters are valid only for scheduling a task on a remote computer (/s).

指定したアカウントのアクセス許可は、タスクをスケジュールして、タスクの実行に使用されます。The permissions of the specified account are used to schedule the task and to run the task. 別のユーザーのアクセス許可でタスクを実行するには、 /ruパラメーターを使用します。To run the task with the permissions of a different user, use the /ru parameter.

ユーザー アカウントは、リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。The user account must be a member of the Administrators group on the remote computer. また、ローカル コンピューターでは、リモート コンピューターと同じドメインに存在する必要があります。 または、リモート コンピューターのドメインによって信頼されているドメインに存在する必要があります。Also, the local computer must be in the same domain as the remote computer, or must be in a domain that is trusted by the remote computer domain.

/p <パスワード >/p <Password>

指定されたユーザー アカウントのパスワードを提供、 /u パラメーター。Provides the password for the user account specified in the /u parameter. 使用する場合、 /u パラメーターを省略すると、 /p パラメーターまたは password 引数 schtasks 、パスワードの入力を要求し、入力したテキストが不明になります。If you use the /u parameter, but omit the /p parameter or the password argument, schtasks prompts you for a password and obscures the text you type.

/U/p パラメーターは、リモート コンピューター上でタスクをスケジュール設定にのみ有効です ( /s)。The /u and /p parameters are valid only for scheduling a task on a remote computer (/s).

/ru {[<ドメイン >] |System/ru {[<Domain>] | System}

指定したユーザー アカウントのアクセス許可で、タスクを実行します。Runs the task with permissions of the specified user account. 既定では、タスクを実行またはによって指定されたユーザーのアクセス許可を持つ、ローカル コンピューターの現在のユーザーのアクセス許可を持つ、 /u パラメーターを 1 つが含まれる場合。By default, the task runs with the permissions of the current user of the local computer, or with the permission of the user specified by the /u parameter, if one is included. /Ru パラメーターは、ローカルまたはリモート コンピューター上でタスクをスケジュールする場合に有効です。The /ru parameter is valid when scheduling tasks on local or remote computers.

Value 説明Description
[<ドメイン >][<Domain>] 代替のユーザー アカウントを指定します。Specifies an alternate user account.
システムまたは""System or "" ローカル システム アカウント、オペレーティング システムおよびシステム サービスによって使用される、高い特権を持つアカウントを指定します。Specifies the local System account, a highly privileged account used by the operating system and system services.
/rp <パスワード >/rp <Password>

指定されているユーザー アカウントのパスワードを提供、 /ru パラメーター。Provides the password for the user account that is specified in the /ru parameter. ユーザー アカウントを指定する場合、このパラメーターを省略した場合 SchTasks.exe 、パスワードの入力を要求し、入力したテキストが不明になります。If you omit this parameter when specifying a user account, SchTasks.exe prompts you for the password and obscures the text you type.

使用しないでください、 /rp システム アカウントの資格情報で実行するタスクのパラメーター ( /ru システム)。Do not use the /rp parameter for tasks run with System account credentials (/ru System). システム アカウントには、パスワードがないと SchTasks.exe 1 つのプロンプトが表示されません。The System account does not have a password and SchTasks.exe does not prompt for one.

/mo <修飾子 >/mo <Modifier>

タスクのスケジュールの種類を実行する頻度を指定します。Specifies how often the task runs within its schedule type. このパラメーターは有効ですが、オプションですが、分、時間単位、日、週、および毎月スケジュールを設定します。This parameter is valid, but optional, for a MINUTE, HOURLY, DAILY, WEEKLY, and MONTHLY schedule. 既定値は 1 です。The default value is 1.

スケジュールの種類Schedule type 修飾子の値Modifier values 説明Description
[MINUTE]MINUTE 1 - 14391 - 1439 タスクは N > <分ごとに実行されます。The task runs every <N> minutes.
時間単位HOURLY 1 - 231 - 23 タスクは N > <時間ごとに実行されます。The task runs every <N> hours.
毎日DAILY 1 - 3651 - 365 このタスクは、 <N > 日ごとに実行されます。The task runs every <N> days.
毎週WEEKLY 1 - 521 - 52 タスクは、N <> 週ごとに実行されます。The task runs every <N> weeks.
1 回ONCE なしNo modifiers. タスクが 1 回実行されます。The task runs once.
ONSTARTONSTART なしNo modifiers. タスクは、起動時に実行されます。The task runs at startup.
ログオン時にトリガーONLOGON なしNo modifiers. タスクを実行して、ユーザーが指定した場合、 /u パラメーター ログに記録します。The task runs when the user specified by the /u parameter logs on.
ONIDLEONIDLE なしNo modifiers. システムがアイドル状態で指定された時間を分単位の後に、タスクの実行、 /i ONIDLE で使用するに必要なパラメーターです。The task runs after the system is idle for the number of minutes specified by the /i parameter, which is required for use with ONIDLE.
月単位MONTHLY 1 - 121 - 12 タスクは、N <> か月ごとに実行されます。The task runs every <N> months.
月単位MONTHLY 月末を指定します。LASTDAY タスクは、月の最終日に実行されます。The task runs on the last day of the month.
月単位MONTHLY 最初に、次に、第 3、4 番目に、最終します。FIRST, SECOND, THIRD, FOURTH, LAST /d<day > パラメーターと共に使用して、特定の週と日にタスクを実行します。Use with the /d<Day> parameter to run a task on a particular week and day. 月の第 3 水曜日にします。For example, on the third Wednesday of the month.
/d 日 [, Day...] |*/d Day[,Day...] | *

月の週または 1 日 (または日) の 1 日 (または日) を指定します。Specifies a day (or days) of the week or a day (or days) of a month. 毎週や月単位のスケジュールでのみ有効です。Valid only with a WEEKLY or MONTHLY schedule.

スケジュールの種類Schedule type 修飾子Modifier 日付の値 (/d)Day values (/d) 説明Description
毎週WEEKLY 1 - 521 - 52 月曜 ~ SUN [、月曜 ~ SUN]。MON - SUN[,MON - SUN...] *
月単位MONTHLY 最初に、次に、第 3、4 番目に、最終します。FIRST, SECOND, THIRD, FOURTH, LAST 月曜 ~ SUNMON - SUN 特定の週のスケジュールが必要です。Required for a specific week schedule.
月単位MONTHLY なし または {1 ~ 12}None or {1 - 12} 1 - 311 - 31 省略可能かつ有効なのは、修飾子を指定しない ( /mo) パラメーター (特定の日付のスケジュール) の場合、 <または /moが 1-12 ("毎月 N > 月数" スケジュール) の場合のみです。Optional and valid only with no modifier (/mo) parameter (a specific date schedule) or when the /mo is 1 - 12 (an "every <N> months" schedule). 既定では 1 日 1 (月の最初の日です)。The default is day 1 (the first day of the month).
/m 月 [,... か月]/m Month[,Month...]

1 か月またはスケジュールされたタスクを実行する年の月を指定します。Specifies a month or months of the year during which the scheduled task should run. 有効な値は、JAN-DEC と * (毎月) です。Valid values are JAN - DEC and * (every month). /M パラメーターは月単位のスケジュールでのみ有効です。The /m parameter is valid only with a MONTHLY schedule. 月末を指定する修飾子を使用すると、そのことが必要です。It is required when the LASTDAY modifier is used. それ以外の場合は省略可能、既定値は * (毎月)。Otherwise, it is optional and the default value is * (every month).

/i <アイドル >/i <IdleTime>

時間を分単位、コンピューターがアイドル状態、タスクが開始される前に指定します。Specifies how many minutes the computer is idle before the task starts. 有効な値は、1 から 999 の整数です。A valid value is a whole number from 1 to 999. このパラメーターは、ONIDLE スケジュールでのみ有効ですし、それが必要です。This parameter is valid only with an ONIDLE schedule, and then it is required.

/st <StartTime >/st <StartTime>

タスクを開始する時刻を HH: MM > 24 時間形式で<指定します (開始するたびに)。Specifies the time of day that the task starts (each time it starts) in <HH:MM> 24-hour format. 既定値は、ローカル コンピューターの現在の時刻です。The default value is the current time on the local computer. /St パラメーターが有効では、1 分に 1 時間ごと、毎日、毎週、月単位、およびスケジュールします。The /st parameter is valid with MINUTE, HOURLY, DAILY, WEEKLY, MONTHLY, and ONCE schedules. スケジュールの 2 回必要です。It is required for a ONCE schedule.

/ri <Interval >/ri <Interval>

繰り返しの間隔を分単位で指定します。Specifies the repetition interval in minutes. これは、スケジュールの種類には適用されません。MINUTE、毎時、ONSTART、および ONIDLE。This is not applicable for schedule types: MINUTE, HOURLY, ONSTART, ONLOGON, and ONIDLE. 有効な範囲は、1 ~ 599940 分 (599940 分 = 9999 時間) です。Valid range is 1 to 599940 minutes (599940 minutes = 9999 hours). /ET または/DU のいずれかが指定されている場合は、10 分後に繰り返し間隔が既定値です。If either /ET or /DU is specified, then the repetition interval defaults to 10 minutes.

/et <EndTime >/et <EndTime>

分単位または時間単位のタスクスケジュールの終了時刻を HH <: MM > 24 時間形式で指定します。Specifies the time of day that a minute or hourly task schedule ends in <HH:MM> 24-hour format. 指定した終了時刻より後 schtasks を再開しませんタスク開始時刻になるまでです。After the specified end time, schtasks does not start the task again until the start time recurs. 既定では、タスクのスケジュールの終了時刻はあるありません。By default, task schedules have no end time. このパラメーターは、オプションであり、1 分または 1 時間ごとのスケジュールでのみ有効です。This parameter is optional and valid only with a MINUTE or HOURLY schedule.

例については、参照してください。For an example, see:

  • 「」の「営業時間外に100分ごとに実行されるタスクをスケジュールするには」の「N > < ごとに実行するタスクをスケジュールするには」セクションを参照してください。"To schedule a task that runs every 100 minutes during non-business hours" in the To schedule a task that runs every <N> minutes section.
/du <継続時間 >/du <Duration>

HHHH: MM > 24 時間形式で<、分または時間単位のスケジュールの最大長を指定します。Specifies a maximum length of time for a minute or hourly schedule in <HHHH:MM> 24-hour format. 指定した時間が経過後 schtasks を再開しませんタスク開始時刻になるまでです。After the specified time elapses, schtasks does not start the task again until the start time recurs. 既定では、タスクのスケジュール時間が指定されていない最大です。By default, task schedules have no maximum duration. このパラメーターは、オプションであり、1 分または 1 時間ごとのスケジュールでのみ有効です。This parameter is optional and valid only with a MINUTE or HOURLY schedule.

例については、参照してください。For an example, see:

  • "10 時間に3時間ごとに実行されるタスクをスケジュールするには、[N > <時間 ごとに実行するタスクをスケジュールするには] セクションを参照してください。"To schedule a task that runs every 3 hours for 10 hours" in the To schedule a task that runs every <N> hours section.
/k/k

指定した時刻にタスクを実行するプログラムを停止 /et または /duします。Stops the program that the task runs at the time specified by /et or /du. せず /k, 、schtasks プログラムが起動しない、もう一度で指定された時間に達すると /et または /du, がまだ実行されている場合、プログラムは停止しません。Without /k, schtasks does not start the program again after it reaches the time specified by /et or /du, but it does not stop the program if it is still running. このパラメーターは、オプションであり、1 分または 1 時間ごとのスケジュールでのみ有効です。This parameter is optional and valid only with a MINUTE or HOURLY schedule.

例については、参照してください。For an example, see:

  • 「」の「営業時間外に100分ごとに実行されるタスクをスケジュールするには」の「N > < ごとに実行するタスクをスケジュールするには」セクションを参照してください。"To schedule a task that runs every 100 minutes during non-business hours" in the To schedule a task that runs every <N> minutes section.
/sd <StartDate >/sd <StartDate>

タスクのスケジュールが開始する日付を指定します。Specifies the date on which the task schedule starts. 既定値は、ローカル コンピューター上の現在の日付です。The default value is the current date on the local computer. /Sd の種類のスケジュールのすべてのパラメーターが有効であり、省略可能です。The /sd parameter is valid and optional for all schedule types.

形式 StartDate でローカル コンピューターの選択したロケールによって異なります 地域と言語のオプションコントロール パネルの します。The format for StartDate varies with the locale selected for the local computer in Regional and Language Options in Control Panel. 1 つだけの形式では、ロケールごとに有効です。Only one format is valid for each locale.

有効な日付形式は、次の表に一覧表示されます。The valid date formats are listed in the following table. 選択した形式に最も近い形式を使用して 短い形式地域と言語のオプションコントロール パネルの 、ローカル コンピューター上です。Use the format most similar to the format selected for Short date in Regional and Language Options in Control Panel on the local computer.

Value 説明Description
<MM >/<MM>/
/
など、月の最初の形式を使用して 英語 (米国)スペイン語 (パナマ) します。Use for month-first formats, such as English (United States) and Spanish (Panama).
<DD >//<DD>// など、1 日から始まる形式を使用して ブルガリア語オランダ語 (オランダ) します。Use for day-first formats, such as Bulgarian and Dutch (Netherlands).
<YYYY >//<YYYY>//
など、年が最初の形式を使用して スウェーデン語フランス語 (カナダ) します。Use for year-first formats, such as Swedish and French (Canada).

/ed <EndDate >/ed <EndDate>

スケジュールを終了する日付を指定します。Specifies the date on which the schedule ends. このパラメーターはオプションです。This parameter is optional. 1 回、ONSTART、ログオン時にトリガー、または ONIDLE スケジュールでは有効ではありません。It is not valid in a ONCE, ONSTART, ONLOGON, or ONIDLE schedule. 既定では、スケジュールの終了日はあるありません。By default, schedules have no ending date.

形式 EndDate でローカル コンピューターの選択したロケールによって異なります 地域と言語のオプションコントロール パネルの します。The format for EndDate varies with the locale selected for the local computer in Regional and Language Options in Control Panel. 1 つだけの形式では、ロケールごとに有効です。Only one format is valid for each locale.

有効な日付形式は、次の表に一覧表示されます。The valid date formats are listed in the following table. 選択した形式に最も近い形式を使用して 短い形式地域と言語のオプションコントロール パネルの 、ローカル コンピューター上です。Use the format most similar to the format selected for Short date in Regional and Language Options in Control Panel on the local computer.

Value 説明Description
<MM >/<MM>/
/
など、月の最初の形式を使用して 英語 (米国)スペイン語 (パナマ) します。Use for month-first formats, such as English (United States) and Spanish (Panama).
<DD >//<DD>// など、1 日から始まる形式を使用して ブルガリア語オランダ語 (オランダ) します。Use for day-first formats, such as Bulgarian and Dutch (Netherlands).
<YYYY >//<YYYY>//
など、年が最初の形式を使用して スウェーデン語フランス語 (カナダ) します。Use for year-first formats, such as Swedish and French (Canada).
/it/it

タスクを実行するように指定される場合にのみ「実行」のユーザー (タスクを実行するユーザー アカウント) が、コンピューターにログオンします。Specifies to run the task only when the "run as" user (the user account under which the task runs) is logged on to the computer. このパラメーターには、システムのアクセス許可で実行しているタスクへの影響はありません。This parameter has no effect on tasks that run with system permissions.

既定では、「実行」ユーザーは、タスクがスケジュールされているときに、ローカル コンピューターの現在のユーザーで指定されたアカウント、 /u パラメーターでは、1 つを使用します。By default, the "run as" user is the current user of the local computer when the task is scheduled or the account specified by the /u parameter, if one is used. ただし、コマンドが含まれている場合、 /ru パラメーターで指定されたアカウントは、「実行」ユーザー、 /ru パラメーター。However, if the command includes the /ru parameter, then the "run as" user is the account specified by the /ru parameter.

例については、参照してください。For examples, see:

  • N 日ごと実行するタスクをスケジュールするには」の「ログオンしたときに70日おきに実行されるタスクをスケジュールするには」セクションを参照してください。"To schedule a task that runs every 70 days if I am logged on" in the To schedule a task that runs every N days section.
  • "特定のユーザーときにのみ、タスクの実行がログオンする"、 を別のアクセス許可で実行するタスクをスケジュールする セクションです。"To run a task only when a particular user is logged on" in the To schedule a task that runs with different permissions section.
/z/z

スケジュールの終了時のタスクを削除するよう指定します。Specifies to delete the task upon completion of its schedule.

/f/f

タスクを作成し、指定したタスクが既に存在する場合に警告を抑制するように指定します。Specifies to create the task and suppress warnings if the specified task already exists.

/?/?

コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

N 分ごとに実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs every N minutes

分単位のスケジュールの構文Minute Schedule Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc minute [/mo {1 - 1439}] [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [{/et <HH:MM> | /du <HHHH:MM>} [/k]] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

分単位のスケジュールで、 /sc 分 パラメーターは必須です。In a minute schedule, the /sc minute parameter is required. /Mo (修飾子) パラメーターを省略して、タスクのそれぞれの実行間隔を分単位の数を指定します。The /mo (modifier) parameter is optional and specifies the number of minutes between each run of the task. 既定値 /mo は 1 (1 分ごと)。The default value for /mo is 1 (every minute). /Et (終了時刻) と /du (期間) パラメーターは省略可能ななしでも使用できる、 /k (タスクの終了) パラメーター。The /et (end time) and /du (duration) parameters are optional and can be used with or without the /k (end task) parameter.

使用例Examples

20 分ごとに実行するタスクをスケジュールするのにはTo schedule a task that runs every 20 minutes

次のコマンドは、セキュリティ スクリプト Sec.vbs を 20 分ごとに実行をスケジュールします。The following command schedules a security script, Sec.vbs, to run every 20 minutes. コマンドを使用して、 /sc 分単位のスケジュールを指定するパラメーター、および /mo 20 分の間隔を指定するパラメーターです。The command uses the /sc parameter to specify a minute schedule and the /mo parameter to specify an interval of 20 minutes.

コマンドに開始する日付または時刻が含まれていないため、タスクは、コマンドが完了し、システムが実行されているときに、その後、20 分ごとに実行した後、20 分を起動します。Because the command does not include a starting date or time, the task starts 20 minutes after the command completes, and runs every 20 minutes thereafter whenever the system is running. セキュリティ スクリプトのソース ファイルがリモート コンピューターに格納されているが、タスクがスケジュールされており、ローカル コンピューターで実行されことに注意してください。Notice that the security script source file is located on a remote computer, but that the task is scheduled and executes on the local computer.

schtasks /create /sc minute /mo 20 /tn "Security Script" /tr \\central\data\scripts\sec.vbs

非営業時間中に 100 分ごとに実行するタスクをスケジュールするのにはTo schedule a task that runs every 100 minutes during non-business hours

次のコマンドはスケジュール セキュリティ スクリプト Sec.vbs を午後 5時 00分の間で 100 分ごとに、ローカル コンピューターで実行するにはThe following command schedules a security script, Sec.vbs, to run on the local computer every 100 minutes between 5:00 P.M. 午前 7 時 59and 7:59 A.M. 1 日です。each day. コマンドを使用して、 /sc 分単位のスケジュールを指定するパラメーター、および /mo 100 分の間隔を指定するパラメーターです。The command uses the /sc parameter to specify a minute schedule and the /mo parameter to specify an interval of 100 minutes. 使用して、 /st/et 開始時刻と日付ごとのスケジュールの終了時刻を指定するパラメーターです。It uses the /st and /et parameters to specify the start time and end time of each day's schedule. 使用して、 /k 午前 7 時 59 分に実行されている場合は、スクリプトを停止するパラメーターIt also uses the /k parameter to stop the script if it is still running at 7:59 A.M. せず /k, 、schtasks は午前 7 時 59 が午前 6 時 20 分に、インスタンスが開始した後、スクリプトを起動できません。Without /k, schtasks would not start the script after 7:59 A.M., but if the instance started at 6:20 A.M. まだ実行中でないされなくなってしまいます。was still running, it would not stop it.

schtasks /create /tn "Security Script" /tr sec.vbs /sc minute /mo 100 /st 17:00 /et 08:00 /k

N 時間ごとに実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs every N hours

時間単位のスケジュールの構文Hourly Schedule Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc hourly [/mo {1 - 23}] [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [{/et <HH:MM> | /du <HHHH:MM>} [/k]] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

時間単位のスケジュールで、 /sc 毎時 パラメーターは必須です。In an hourly schedule, the /sc hourly parameter is required. /Mo (修飾子) パラメーターを省略して、タスクのそれぞれの実行間隔の時間数を指定します。The /mo (modifier) parameter is optional and specifies the number of hours between each run of the task. 既定値 /mo は 1 (1 時間ごと)。The default value for /mo is 1 (every hour). /K (タスクの終了) パラメーターは省略可能といずれかと併用して /et (指定された時間に終了) または /du (指定した間隔後の終了)。The /k (end task) parameter is optional and can be used with either /et (end at the specified time) or /du (end after the specified interval).

使用例Examples

5 時間ごとに実行するタスクをスケジュールするのにはTo schedule a task that runs every five hours

次のコマンドは、2002 年 3 月の最初の日から 5 時間ごとに実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run every five hours beginning on the first day of March 2002. 使用して、 /mo 間隔を指定するパラメーター、および /sd 開始日を指定するパラメーターです。It uses the /mo parameter to specify the interval and the /sd parameter to specify the start date. コマンドは、開始時刻を指定しないので、現在の時刻は開始時刻として使用されます。Because the command does not specify a start time, the current time is used as the start time.

使用するローカル コンピューターが設定されているため、 英語 (ジンバブエ) オプション 地域と言語のオプションコントロール パネルの , 、開始日の形式は、年/月/日 (03/01/2002)。Because the local computer is set to use the English (Zimbabwe) option in Regional and Language Options in Control Panel, the format for the start date is MM/DD/YYYY (03/01/2002).

schtasks /create /sc hourly /mo 5 /sd 03/01/2002 /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe

5 分に 1 時間ごとに実行されるタスクのスケジュールを設定するTo schedule a task that runs every hour at five minutes past the hour

次のコマンドは、午前 5 分から 1 時間ごとに実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run hourly beginning at five minutes past midnight. /Mo パラメーターを省略すると、コマンドに既定値 (1) 1 時間ごとは、時間単位のスケジュールを使用します。Because the /mo parameter is omitted, the command uses the default value for the hourly schedule, which is every (1) hour. このコマンドは、午前 12 時 05 分後に実行する場合、プログラムは、次の日までは実行されません。If this command runs after 12:05 A.M., the program does not run until the next day.

schtasks /create /sc hourly /st 00:05 /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe

10 時間 3 時間ごとに実行するタスクをスケジュールするのにはTo schedule a task that runs every 3 hours for 10 hours

次のコマンドは、MyApp プログラムは 10 時間 3 時間ごとに実行するようにスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run every 3 hours for 10 hours.

コマンドを使用して、 /sc 時間単位のスケジュールを指定するパラメーターと /mo パラメーターを 3 時間の間隔を指定します。The command uses the /sc parameter to specify an hourly schedule and the /mo parameter to specify the interval of 3 hours. 使用して、 /st 午前 0 時に、スケジュールの開始パラメーターと /du パラメーターを 10 時間後に、定期的なアイテムを終了します。It uses the /st parameter to start the schedule at midnight and the /du parameter to end the recurrences after 10 hours. わずか数分のプログラムが実行されているため、 /k 、期限が切れるときに、実行中の場合は、プログラムを停止する、パラメーターが必要ではありません。Because the program runs for just a few minutes, the /k parameter, which stops the program if it is still running when the duration expires, is not necessary.

schtasks /create /tn "My App" /tr myapp.exe /sc hourly /mo 3 /st 00:00 /du 0010:00

この例では、タスクは、午前 3 時の午前 12時 00分に実行されます午前 6 時、午前 9:00。In this example, the task runs at 12:00 A.M., 3:00 A.M., 6:00 A.M., and 9:00 A.M. タスクが午後 12 時 00 分で再び実行されない期間が 10 時間であるため、Because the duration is 10 hours, the task is not run again at 12:00 P.M. 代わりに、午前 12時 00分にもう一度開始します。Instead, it starts again at 12:00 A.M. 次の日。the next day.

N 日ごとに実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs every N days

毎日のスケジュールの構文Daily Schedule Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc daily [/mo {1 - 365}] [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

毎日のスケジュールで、 /sc 毎日 パラメーターは必須です。In a daily schedule, the /sc daily parameter is required. /Mo (修飾子) パラメーターを省略して、タスクのそれぞれの実行の間の日数を指定します。The /mo (modifier) parameter is optional and specifies the number of days between each run of the task. 既定値 /mo は 1 (毎日) です。The default value for /mo is 1 (every day).

使用例Examples

毎日実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs every day

次の例は、午前 8 時 00 分に 1 日 1 回、毎日を実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following example schedules the MyApp program to run once a day, every day, at 8:00 A.M. 2002 年 12 月 31 日までuntil December 31, 2002. 省略しているので、 /mo パラメーター 1 の既定の間隔は毎日コマンドを実行するために使用します。Because it omits the /mo parameter, the default interval of 1 is used to run the command every day.

この例ではローカル コンピューターのシステム設定されているため、 英語 (英国) オプション 地域と言語のオプションコントロール パネルの , 、終了日の形式は、DD/年/日 (2002/31/12)In this example, because the local computer system is set to the English (United Kingdom) option in Regional and Language Options in Control Panel, the format for the end date is DD/MM/YYYY (31/12/2002)

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc daily /st 08:00 /ed 31/12/2002

12 日ごとに実行するタスクをスケジュールするのにはTo schedule a task that runs every 12 days

次の例は、午後 1 時 00 分 12 日ごとに実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following example schedules the MyApp program to run every twelve days at 1:00 P.M. (13:00)、2002 年 12 月 31 日に開始します。(13:00) beginning on December 31, 2002. コマンドを使用して、 /mo 2 日の間隔を指定するパラメーター、および /sd/st 日付と時刻を指定するパラメーターです。The command uses the /mo parameter to specify an interval of two (2) days and the /sd and /st parameters to specify the date and time.

この例では、システム設定されているため、 英語 (ジンバブエ) オプション 地域と言語のオプションコントロール パネルの , 、終了日の形式は、年/月/日 (2002/12/31)In this example, because the system is set to the English (Zimbabwe) option in Regional and Language Options in Control Panel, the format for the end date is MM/DD/YYYY (12/31/2002)

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc daily /mo 12 /sd 12/31/2002 /st 13:00

ログオンしている場合は、70 日ごとに実行されるタスクのスケジュールを設定するTo schedule a task that runs every 70 days if I am logged on

次のコマンドでは、セキュリティ スクリプト Sec.vbs を 70 日おきに実行をスケジュールします。The following command schedules a security script, Sec.vbs, to run every 70 days. このコマンドは、 /mo 70 日の間隔を指定するパラメーターです。The command uses the /mo parameter to specify an interval of 70 days. 使用して、 /it パラメーターをタスクの実行アカウントを持つユーザーがコンピューターにログオンしている場合にのみ、タスクを実行するよう指定します。It also uses the /it parameter to specify that the task runs only when the user under whose account the task runs is logged onto the computer. ユーザー アカウントのアクセス許可を持つ、タスクで実行されるためは、ログオンしている場合にのみ、タスクは実行されます。Because the task will run with the permissions of my user account, then the task will run only when I am logged on.

schtasks /create /tn "Security Script" /tr sec.vbs /sc daily /mo 70 /it

注意

対話型専用のタスクを識別するために ( /it) プロパティには、詳細なクエリを使用して (/v クエリ/ )。To identify tasks with the interactive-only (/it) property, use a verbose query (/query /v). タスクの詳細なクエリ画面上で /it, 、 ログオン モード フィールドの値を持つ 対話型のみします。In a verbose query display of a task with /it, the Logon Mode field has a value of Interactive only.

N 週間ごとに実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs every N weeks

週単位スケジュールの構文Weekly Schedule Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc weekly [/mo {1 - 52}] [/d {<MON - SUN>[,MON - SUN...] | *}] [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

毎週のスケジュールで、 /sc 毎週 パラメーターは必須です。In a weekly schedule, the /sc weekly parameter is required. /Mo (修飾子) パラメーターを省略して、タスクのそれぞれの実行までの週の数を指定します。The /mo (modifier) parameter is optional and specifies the number of weeks between each run of the task. 既定値 /mo は 1 (毎週) です。The default value for /mo is 1 (every week).

週単位のスケジュールには 、指定した曜日、またはすべての日 ( ) に実行するタスクをスケジュールするオプションの/d パラメーターもあります。既定値は、MON (月曜日です)。毎日 ( ) オプションは、毎日のタスクをスケジュール設定に相当します。Weekly schedules also have an optional /d parameter to schedule the task to run on specified days of the week, or on all days (). The default is MON (Monday). The every day () option is equivalent to scheduling a daily task.

使用例Examples

6 週間ごとに実行するタスクをスケジュールするのにはTo schedule a task that runs every six weeks

次のコマンドは、6 週間ごとに、リモート コンピューターで実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on a remote computer every six weeks. このコマンドは、 /mo 間隔を指定するパラメーターです。The command uses the /mo parameter to specify the interval. コマンドを省略しているため、 /d パラメーター、毎週月曜日のタスクを実行します。Because the command omits the /d parameter, the task runs on Mondays.

このコマンドを使用しても、 /s リモート コンピューターを指定するパラメーターと /u ユーザーの管理者アカウントのアクセス許可を持つコマンドを実行するパラメーターです。This command also uses the /s parameter to specify the remote computer and the /u parameter to run the command with the permissions of the user's Administrator account. /P パラメーターを省略すると、 SchTasks.exe 管理者アカウントのパスワードのユーザーに求めます。Because the /p parameter is omitted, SchTasks.exe prompts the user for the Administrator account password.

また、コマンドをリモートで実行されているため、MyApp.exe へのパスなどのコマンドですべてのパスをリモート コンピューター上のパスを参照してください。Also, because the command is run remotely, all paths in the command, including the path to MyApp.exe, refer to paths on the remote computer.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc weekly /mo 6 /s Server16 /u Admin01

金曜日に隔週で実行するタスクをスケジュールするのにはTo schedule a task that runs every other week on Friday

次のコマンドは、その他の毎週金曜日に実行するタスクをスケジュールします。The following command schedules a task to run every other Friday. 使用して、 /mo 2 週間の間隔を指定するパラメーター、および /d 週の曜日を指定するパラメーターです。It uses the /mo parameter to specify the two-week interval and the /d parameter to specify the day of the week. 実行するタスクをスケジュールする毎週金曜日省略、 /mo パラメーターまたは 1 に設定します。To schedule a task that runs every Friday, omit the /mo parameter or set it to 1.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc weekly /mo 2 /d FRI

N か月ごとに実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs every N months

構文Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc monthly [/mo {1 - 12}] [/d {1 - 31}] [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

このスケジュールの種類で、 /sc 毎月 パラメーターは必須です。In this schedule type, the /sc monthly parameter is required. /Mo タスクのそれぞれの実行の間の月数を指定する (修飾子) パラメーターは省略可能で、既定値は 1 (毎月)。The /mo (modifier) parameter, which specifies the number of months between each run of the task, is optional and the default is 1 (every month). このスケジュールの種類も省略可能な /d 月の指定した日に実行するタスクをスケジュールするパラメーターです。This schedule type also has an optional /d parameter to schedule the task to run on a specified date of the month. 既定では 1 (月の最初の日です)。The default is 1 (the first day of the month).

使用例Examples

毎月の最初の日に実行するタスクのスケジュールを設定するTo schedule a task that runs on the first day of every month

次のコマンドは、毎月の最初の日に実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the first day of every month. 値 1 が両方の既定値であるため、 /mo (修飾子) パラメーターと /d (日) のパラメーターからのコマンドは、これらのパラメーターを省略しています。Because a value of 1 is the default for both the /mo (modifier) parameter and the /d (day) parameter, these parameters are omitted from the command.

schtasks /create /tn "My App" /tr myapp.exe /sc monthly

3 か月ごとに実行するタスクをスケジュールするのにはTo schedule a task that runs every three months

次のコマンドは、MyApp プログラムを 3 か月ごとの実行をスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run every three months. 使用して、 /mo パラメーター間隔を指定します。It uses the /mo parameter to specify the interval.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly /mo 3

その他の毎月の 21 日の午前 0 時に実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs at midnight on the 21st day of every other month

次のコマンドは、21 日の午前 0 時に、1 か月で隔月を実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run every other month on the 21st day of the month at midnight. コマンドは、2002 年 7 月 2 日に 2003 年 6 月 30 日から 1 年間に対してこのタスクを実行する必要があることを指定します。The command specifies that this task should run for one year, from July 2, 2002 to June 30, 2003.

コマンドを使用して、 /mo (2 か月ごと)、月単位の間隔を指定するパラメーター、 /d 日付を指定するパラメーター、および /st の時間を指定します。The command uses the /mo parameter to specify the monthly interval (every two months), the /d parameter to specify the date, and the /st to specify the time. 使用して、 /sd/ed パラメーターを指定します。 を日と終了、それぞれします。It also uses the /sd and /ed parameters to specify the start date and end date, respectively. ローカル コンピューターに設定されているため、 英語 (南アフリカ) オプション 地域と言語のオプションコントロール パネルの , 、日付形式で指定された、ローカル、ローカル形式 YYYY/Because the local computer is set to the English (South Africa) option in Regional and Language Options in Control Panel, the dates are specified in the local format, YYYY/MM/DD.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly /mo 2 /d 21 /st 00:00 /sd 2002/07/01 /ed 2003/06/30 

特定の曜日に実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs on a specific day of the week

週単位スケジュールの構文Weekly Schedule Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc weekly [/d {<MON - SUN>[,MON - SUN...] | *}] [/mo {1 - 52}] [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

"週の day"のスケジュールは、週単位のスケジュールの一種です。The "day of the week" schedule is a variation of the weekly schedule. 毎週のスケジュールで、 /sc 毎週 パラメーターは必須です。In a weekly schedule, the /sc weekly parameter is required. /Mo (修飾子) パラメーターを省略して、タスクのそれぞれの実行までの週の数を指定します。The /mo (modifier) parameter is optional and specifies the number of weeks between each run of the task. 既定値 /mo は 1 (毎週) です。The default value for /mo is 1 (every week). /D は省略可能で、パラメーターが指定した曜日、またはすべての日に実行するタスクをスケジュール (*)。The /d parameter, which is optional, schedules the task to run on specified days of the week, or on all days (*). 既定値は、MON (月曜日です)。The default is MON (Monday). すべての日のオプション ( /d * ) は、毎日のタスクをスケジュール設定に相当します。The every day option (/d *) is equivalent to scheduling a daily task.

使用例Examples

実行するタスクをスケジュールする毎週水曜日To schedule a task that runs every Wednesday

次のコマンドは、MyApp プログラムを毎週を水曜日に実行をスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run every week on Wednesday. このコマンドは、 /d 週の曜日を指定するパラメーターです。The command uses the /d parameter to specify the day of the week. コマンドを省略しているため、 /mo パラメーター、タスクは毎週実行されます。Because the command omits the /mo parameter, the task runs every week.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc weekly /d WED

月曜日と金曜日 8 週間ごとに実行されるタスクのスケジュールを設定するTo schedule a task that runs every eight weeks on Monday and Friday

次のコマンドは、月曜日と 8 番目、毎週の金曜日に実行するタスクをスケジュールします。The following command schedules a task to run on Monday and Friday of every eighth week. 使用して、 /d 、曜日を指定するパラメーター、および /mo 8 週間の間隔を指定するパラメーターです。It uses the /d parameter to specify the days and the /mo parameter to specify the eight-week interval.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc weekly /mo 8 /d MON,FRI

月の特定の週に実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs on a specific week of the month

特定の週の構文Specific Week Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc monthly /mo {FIRST | SECOND | THIRD | FOURTH | LAST} /d MON - SUN [/m {JAN - DEC[,JAN - DEC...] | *}] [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

このスケジュールの種類で、 /sc 毎月 、パラメーター、 /mo (修飾子) パラメーターと /d (日) のパラメーターが必要です。In this schedule type, the /sc monthly parameter, the /mo (modifier) parameter, and the /d (day) parameter are required. /Mo (修飾子) パラメーターは、タスクを実行する曜日を指定します。The /mo (modifier) parameter specifies the week on which the task runs. /D パラメーターは週の曜日を指定します。The /d parameter specifies the day of the week. (このスケジュールの種類の週の 1 日だけを指定することができます)。このスケジュールはまた、省略可能なが /m することができます (月) パラメーターは、特定の月または毎月のタスクをスケジュール (*)。(You can specify only one day of the week for this schedule type.) This schedule also has an optional /m (month) parameter that lets you schedule the task for particular months or every month (*). /Mパラメーターの既定値は、毎月 (*) です。The default for the /m parameter is every month (*).

使用例Examples

毎月の第 2 日曜日にタスクをスケジュールするにはTo schedule a task for the second Sunday of every month

次のコマンドは、MyApp プログラムを毎月第 2 日曜日に実行をスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the second Sunday of every month. 使用して、 /mo 月の第 2 週を指定するパラメーター、および /d 、日を指定するパラメーターです。It uses the /mo parameter to specify the second week of the month and the /d parameter to specify the day.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly /mo SECOND /d SUN

3 月と年 9 月の最初の月曜日にタスクをスケジュールするにはTo schedule a task for the first Monday in March and September

次のコマンドは、3 月と年 9 月の最初の月曜日に実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the first Monday in March and September. 使用して、 /mo 、月の最初の週を指定するパラメーター、および /d 、日を指定するパラメーターです。It uses the /mo parameter to specify the first week of the month and the /d parameter to specify the day. 使用して /m 月引数を区切るコンマを 1 か月を指定するパラメーターです。It uses /m parameter to specify the month, separating the month arguments with a comma.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly /mo FIRST /d MON /m MAR,SEP

毎月特定の日付に実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs on a specific date each month

特定の日付の構文Specific date syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc monthly /d {1 - 31} [/m {JAN - DEC[,JAN - DEC...] | *}] [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

特定の日時のスケジュールの種類で、 /sc 毎月 パラメーターおよび /d (日) のパラメーターが必要です。In the specific date schedule type, the /sc monthly parameter and the /d (day) parameter are required. /D 週の曜日ではない、月 (1 ~ 31) の日付を指定します。The /d parameter specifies a date of the month (1 - 31), not a day of the week. スケジュールでは、1 日だけを指定できます。You can specify only one day in the schedule. /Mo (修飾子) のパラメーターがこのスケジュールの種類では無効です。The /mo (modifier) parameter is not valid with this schedule type.

/M (month) パラメーターは、このスケジュールの種類では省略可能であり、既定値は毎月 () です。 *Schtasks では、 /mパラメーターで指定された月に発生しない日付のタスクをスケジュールすることはできません。The /m (month) parameter is optional for this schedule type and the default is every month (). *Schtasks does not let you schedule a task for a date that does not occur in a month specified by the /m parameter. ただし場合、省略、 /m パラメーター、およびスケジュール月 31 日、タスクなどのすべての月の間に表示されていない日付のタスクが実行されません。However, if omit the /m parameter, and schedule a task for a date that does not appear in every month, such as the 31st day, then the task does not run in the shorter months. 月の最後の日のタスクをスケジュールするには、最後の日のスケジュールの種類を使用します。To schedule a task for the last day of the month, use the last day schedule type.

使用例Examples

毎月の最初の日にタスクをスケジュールするにはTo schedule a task for the first day of every month

次のコマンドは、毎月の最初の日に実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the first day of every month. 既定の修飾子は、[なし](修飾子なし) であるため、既定の日は、1 日と既定の月は毎月、コマンドでは、その他のパラメーターは必要はありません。Because the default modifier is none (no modifier), the default day is day 1, and the default month is every month, the command does not need any additional parameters.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly

月と年 6 月 15 日間のタスクをスケジュールするにはTo schedule a task for the 15th days of May and June

次のコマンドは、5 月 15 日と年 6 月 15 日午後 3 時に実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on May 15 and June 15 at 3:00 P.M. (15:00)。(15:00). 使用して、 /m 、日付を指定するパラメーター、および /m 月を指定するパラメーターです。It uses the /m parameter to specify the date and the /m parameter to specify the months. 使用して、 /st 開始時刻を指定するパラメーターです。It also uses the /st parameter to specify the start time.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly /d 15 /m MAY,JUN /st 15:00

月の最終日に実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs on the last day of a month

最後の日の構文Last day syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc monthly /mo LASTDAY /m {JAN - DEC[,JAN - DEC...] | *} [/st <HH:MM>] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

最後の日のスケジュールの種類で、 /sc 毎月 パラメーター、 /mo 月末を指定する (修飾子) パラメーターと /m (月) のパラメーターが必要です。In the last day schedule type, the /sc monthly parameter, the /mo LASTDAY (modifier) parameter, and the /m (month) parameter are required. /D (日) のパラメーターが無効です。The /d (day) parameter is not valid.

使用例Examples

毎月の最終日にタスクをスケジュールするにはTo schedule a task for the last day of every month

次のコマンドは、すべての月の最終日に実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the last day of every month. 使用して、 /mo 最後の日を指定するパラメーター、および /m パラメーターにワイルドカード文字 (*)、プログラムがすべての月を実行するように指定します。It uses the /mo parameter to specify the last day and the /m parameter with the wildcard character (*) to indicate that the program runs every month.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly /mo lastday /m *

午後 6 時にタスクをスケジュールするにはTo schedule a task at 6:00 P.M. 2 月と年 3 月の最後の日on the last days of February and March

次のコマンドは、午後 6時 00分時年 2 月の最後の日と 3 月の最後の日に実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the last day of February and the last day of March at 6:00 P.M. 使用して、 /mo 最後の日を指定するパラメーター、 /m 月を指定するパラメーター、および /st 開始時刻を指定するパラメーターです。It uses the /mo parameter to specify the last day, the /m parameter to specify the months, and the /st parameter to specify the start time.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly /mo lastday /m FEB,MAR /st 18:00

1回実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs once

構文Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc once /st <HH:MM> [/sd <StartDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

一度だけ実行スケジュールの種類で、 /sc 回 パラメーターは必須です。In the run-once schedule type, the /sc once parameter is required. /St タスクを実行する時間を指定するパラメーターが必要です。The /st parameter, which specifies the time that the task runs, is required. /Sd タスクを実行する日付を指定するパラメーターは省略可能です。The /sd parameter, which specifies the date that the task runs, is optional. /Mo (修飾子) と /ed (終了日) のパラメーターがこのスケジュールの種類に対して無効です。The /mo (modifier) and /ed (end date) parameters are not valid for this schedule type.

Schtasks に指定された日時が、過去にある場合、1 回実行するタスクをスケジュールすることはできません、ローカル コンピューターの時間に基づいています。Schtasks does not permit you to schedule a task to run once if the date and time specified are in the past, based on the time of the local computer. 別のタイム ゾーンにあるリモート コンピューターに 1 回実行するタスクをスケジュールする必要がありますスケジュールを設定する日付より前にし、時間が、ローカル コンピューターで発生します。To schedule a task that runs once on a remote computer in a different time zone, you must schedule it before that date and time occurs on the local computer.

使用例Examples

1 回実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs one time

次のコマンドは、2003 年 1 月 1 日の午前 0 時に実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run at midnight on January 1, 2003. 使用して、 /sc スケジュールの種類を指定するパラメーター、および /sdst 日付と時刻を指定します。It uses the /sc parameter to specify the schedule type and the /sd and st to specify the date and time.

ローカル コンピューターを使用するため、 英語 (米国) オプション 地域と言語のオプションコントロール パネルの , 、開始日の形式は、年/月/日です。Because the local computer uses the English (United States) option in Regional and Language Options in Control Panel, the format for the start date is MM/DD/YYYY.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc once /sd 01/01/2003 /st 00:00

システムが起動するたびに実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs every time the system starts

構文Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc onstart [/sd <StartDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

開始のスケジュールの種類で、 /sc onstart パラメーターは必須です。In the on-start schedule type, the /sc onstart parameter is required. /Sd (開始日) パラメーターは省略可能で、既定値は、現在の日付です。The /sd (start date) parameter is optional and the default is the current date.

使用例Examples

システムの起動時に実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs when the system starts

次のコマンドは、2001年3月15日以降、システムが起動するたびに実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run every time the system starts, beginning on March 15, 2001:

ローカル コンピューターが使用しているため、 英語 (米国) オプション 地域と言語のオプションコントロール パネルの , 、開始日の形式は、年/月/日です。Because the local computer is uses the English (United States) option in Regional and Language Options in Control Panel, the format for the start date is MM/DD/YYYY.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc onstart /sd 03/15/2001

ユーザーがログオンしたときに実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs when a user logs on

構文Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc onlogon [/sd <StartDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

「ログオン」スケジュールの種類は、すべてのユーザーがコンピューターにログオンするたびに実行されるタスクをスケジュールします。The "on logon" schedule type schedules a task that runs whenever any user logs on to the computer. 「ログオン」スケジュールの種類で、 /sc ログオン時にトリガー パラメーターは必須です。In the "on logon" schedule type, the /sc onlogon parameter is required. /Sd (開始日) パラメーターは省略可能で、既定値は、現在の日付です。The /sd (start date) parameter is optional and the default is the current date.

使用例Examples

ユーザーのときに実行されるタスクをスケジュールするにはリモート コンピューターにログオンします。To schedule a task that runs when a user logs on to a remote computer

次のコマンドは、ユーザー (すべてのユーザー) がリモート コンピューターにログオンするたびに実行するバッチ ファイルをスケジュールします。The following command schedules a batch file to run every time a user (any user) logs on to the remote computer. 使用して、 /s パラメーターをリモート コンピューターを指定します。It uses the /s parameter to specify the remote computer. コマンドは、リモートであるため、コマンドをバッチ ファイルへのパスなどのすべてのパスをリモート コンピューター上のパスを参照してください。Because the command is remote, all paths in the command, including the path to the batch file, refer to a path on the remote computer.

schtasks /create /tn "Start Web Site" /tr c:\myiis\webstart.bat /sc onlogon /s Server23

システムがアイドル状態のときに実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs when the system is idle

構文Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc onidle /i {1 - 999} [/sd <StartDate>] [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

コメントRemarks

「アイドル時」スケジュールの種類で指定された期間中にユーザーのアクティビティがないときに実行されるタスクをスケジュールする、 /i パラメーター。The "on idle" schedule type schedules a task that runs whenever there is no user activity during the time specified by the /i parameter. 「アイドル時」スケジュールでの種類、 /sc onidle パラメーターおよび /i パラメーターが必要です。In the "on idle" schedule type, the /sc onidle parameter and the /i parameter are required. /Sd (開始日) は省略可能で、既定値は、現在の日付です。The /sd (start date) is optional and the default is the current date.

使用例Examples

コンピューターがアイドル状態のときに実行されるタスクのスケジュールを設定するTo schedule a task that runs whenever the computer is idle

次のコマンドは、MyApp プログラムをコンピューターがアイドル状態のときの実行をスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run whenever the computer is idle. 使用して、必要な /i パラメーターをコンピューターをタスクが開始される前に 10 分間アイドル状態維持する必要がありますを指定します。It uses the required /i parameter to specify that the computer must remain idle for ten minutes before the task starts.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc onidle /i 10

今すぐ実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs now

Schtasks はありませんが、「実行したようになりました」オプションを 1 回実行し、数分後に開始するタスクを作成することでそのオプションをシミュレートすることができます。Schtasks does not have a "run now" option, but you can simulate that option by creating a task that runs once and starts in a few minutes.

構文Syntax

schtasks /create /tn <TaskName> /tr <TaskRun> /sc once [/st <HH:MM>] /sd <MM/DD/YYYY> [/it] [/ru {[<Domain>\]<User> [/rp <Password>] | System}] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

使用例Examples

タスクのスケジュールは、今から数分間を実行します。To schedule a task that runs a few minutes from now.

次のコマンドは、2002 年 11 月 13 日午後 2時 18分で 1 回実行するタスクをスケジュールします。The following command schedules a task to run once, on November 13, 2002 at 2:18 P.M. 現地時間。local time.

ローカル コンピューターが使用しているため、 英語 (米国) オプション 地域と言語のオプションコントロール パネルの , 、開始日の形式は、年/月/日です。Because the local computer is uses the English (United States) option in Regional and Language Options in Control Panel, the format for the start date is MM/DD/YYYY.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc once /st 14:18 /sd 11/13/2002

別のアクセス許可で実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs with different permissions

ローカルとリモート コンピューターの両方で、別のアカウントの権限で実行するあらゆる種類のタスクをスケジュールすることができます。You can schedule tasks of all types to run with permissions of an alternate account on both the local and a remote computer. 特定のスケジュールの種類に必要なパラメーターだけでなく、 /ru パラメーターは必須、 /rp パラメーターは省略可能です。In addition to the parameters required for the particular schedule type, the /ru parameter is required and the /rp parameter is optional.

使用例Examples

ローカル コンピューターの管理者権限を持つタスクを実行するにはTo run a task with Administrator permissions on the local computer

次のコマンドは、ローカル コンピューター上で実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the local computer. 使用して、 /ru をユーザーの管理者アカウント (Admin06) のアクセス許可でタスクを実行しないことを指定します。It uses the /ru to specify that the task should run with the permissions of the user's Administrator account (Admin06). この例では、毎週火曜日に実行するタスクがスケジュールされているが、代替アクセス許可で実行するタスクについて、スケジュールの種類を使用することができます。In this example, the task is scheduled to run every Tuesday, but you can use any schedule type for a task run with alternate permissions.

schtasks /create /tn "My App" /tr myapp.exe /sc weekly /d TUE /ru Admin06

これに対して、 SchTasks.exe Admin06 アカウント「実行」パスワードの入力を要求し、成功メッセージを表示します。In response, SchTasks.exe prompts for the "run as" password for the Admin06 account and then displays a success message.

Please enter the run as password for Admin06: ********
SUCCESS: The scheduled task "My App" has successfully been created.

リモート コンピューター上の別のアクセス許可を持つタスクを実行するにはTo run a task with alternate permissions on a remote computer

次のコマンドは、4 日ごと Marketing コンピューター上で実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the Marketing computer every four days.

コマンドを使用して、 /sc 毎日のスケジュールを指定するパラメーターと /mo パラメーター 4 日間の間隔を指定します。The command uses the /sc parameter to specify a daily schedule and /mo parameter to specify an interval of four days.

コマンドを使用して、 /s リモート コンピューターの名前を指定するパラメーター、および /u をリモート コンピューター上でタスクをスケジュールするアクセス許可を持つアカウントを指定するパラメーター (マーケティング コンピューター上の Admin01)。The command uses the /s parameter to provide the name of the remote computer and the /u parameter to specify an account with permission to schedule a task on the remote computer (Admin01 on the Marketing computer). 使用して、 /ru ユーザーの管理者以外のアカウントのアクセス許可でタスクを実行しないことを指定するパラメーター (User01 Reskits ドメイン)。It also uses the /ru parameter to specify that the task should run with the permissions of the user's non-Administrator account (User01 in the Reskits domain). なし、 /ru パラメーターで指定されたアカウントのアクセス許可でタスクが実行は /uします。Without the /ru parameter, the task would run with the permissions of the account specified by /u.

schtasks /create /tn "My App" /tr myapp.exe /sc daily /mo 4 /s Marketing /u Marketing\Admin01 /ru Reskits\User01

Schtasks 最初でという名前のユーザーのパスワードを要求、 /u パラメーター (コマンドを実行) をによってという名前のユーザーのパスワードを要求し、 /ru (タスクの実行) するパラメーターです。Schtasks first requests the password of the user named by the /u parameter (to run the command) and then requests the password of the user named by the /ru parameter (to run the task). パスワードを認証した後 schtasks タスクをスケジュールすることを示すメッセージが表示されます。After authenticating the passwords, schtasks displays a message indicating that the task is scheduled.

Type the password for Marketing\Admin01:********

Please enter the run as password for Reskits\User01: ********

SUCCESS: The scheduled task "My App" has successfully been created.

ログオンする場合のみ、特定のユーザー タスクの実行To run a task only when a particular user is logged on

次のコマンドは、コンピューターの管理者がログオンした場合、毎週金曜日の午前 4時 00分、だけを公共のコンピューターで実行する AdminCheck.exe プログラムをスケジュールします。The following command schedules the AdminCheck.exe program to run on the Public computer every Friday at 4:00 A.M., but only if the administrator of the computer is logged on.

コマンドを使用して、 /sc 毎週のスケジュールを指定するパラメーター、 /d 、日を指定するパラメーター、および /st 開始時刻を指定するパラメーターです。The command uses the /sc parameter to specify a weekly schedule, the /d parameter to specify the day, and the /st parameter to specify the start time.

コマンドを使用して、 /s リモート コンピューターの名前を指定するパラメーターと /u パラメーターをリモート コンピューター上でタスクのスケジュールを設定する権限を持つアカウントを指定します。The command uses the /s parameter to provide the name of the remote computer and the /u parameter to specify an account with permission to schedule a task on the remote computer. 使用して、 /ru 公共のコンピューター (Public\Admin01) の管理者の権限で実行するタスクを構成するためパラメーターおよび /it Public\Admin01 アカウントがログオンしているときにのみ、タスクを実行するように指定するパラメーターです。It also uses the /ru parameter to configure the task to run with the permissions of the administrator of the Public computer (Public\Admin01) and the /it parameter to indicate that the task runs only when the Public\Admin01 account is logged on.

schtasks /create /tn "Check Admin" /tr AdminCheck.exe /sc weekly /d FRI /st 04:00 /s Public /u Domain3\Admin06 /ru Public\Admin01 /it

注:Note

  • 対話型専用のタスクを識別するために ( /it) プロパティには、詳細なクエリを使用して (/v クエリ/ )。To identify tasks with the interactive-only (/it) property, use a verbose query (/query /v). タスクの詳細なクエリ画面上で /it, 、 ログオン モード フィールドの値を持つ 対話型のみします。In a verbose query display of a task with /it, the Logon Mode field has a value of Interactive only.

システムのアクセス許可で実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs with system permissions

あらゆる種類のタスクは、システム アカウントのアクセス許可を持つ、ローカルとリモート コンピューターの両方で実行できます。Tasks of all types can run with permissions of the System account on both the local and a remote computer. 特定のスケジュールの種類に必要なパラメーターだけでなく、 /ru システム (または /ru"" ) パラメーターは必須、 /rp パラメーターが無効です。In addition to the parameters required for the particular schedule type, the /ru system (or /ru "") parameter is required and the /rp parameter is not valid.

重要Important

  • システム アカウントには、対話型ログオン権限がありません。The System account does not have interactive logon rights. ユーザーできませんを参照してくださいプログラムとの対話またはシステム権限を持つタスクを実行します。Users cannot see or interact with programs or tasks run with system permissions.
  • /Ru パラメーターは、タスクが実行するタスクをスケジュールするためのアクセス許可しないアクセス許可を決定します。The /ru parameter determines the permissions under which the task runs, not the permissions used to schedule the task. 管理者の値に関係なく、タスクをスケジュールしてのみ、 /ru パラメーター。Only Administrators can schedule tasks, regardless of the value of the /ru parameter.

注:Note

システムのアクセス許可で実行するタスクを特定するには、詳細クエリ ( /query /v) を使用します。To identify tasks that run with system permissions, use a verbose query (/query /v). システムの実行タスクの詳細なクエリ画面では、 ユーザーとして実行 フィールドの値を持つ NT authority \systemログオン モード フィールドの値を持つ だけバック グラウンドします。In a verbose query display of a system-run task, the Run As User field has a value of NT AUTHORITY\SYSTEM and the Logon Mode field has a value of Background only.

使用例Examples

システムのアクセス許可を持つタスクを実行するにはTo run a task with system permissions

次のコマンドは、システム アカウントのアクセス許可を持つローカル コンピューター上で実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the local computer with permissions of the System account. この例では、毎月の第 15 日に実行するタスクがスケジュールされているが、システムのアクセス許可で実行するタスクにどの種類のスケジュールを使用することができます。In this example, the task is scheduled to run on the fifteenth day of every month, but you can use any schedule type for a task run with system permissions.

このコマンドは、 /ru システム システムのセキュリティ コンテキストを指定するパラメーターです。The command uses the /ru System parameter to specify the system security context. システム タスクは、パスワードを使用しないため、 /rp パラメーターを省略するとします。Because system tasks do not use a password, the /rp parameter is omitted.

schtasks /create /tn "My App" /tr c:\apps\myapp.exe /sc monthly /d 15 /ru System

これに対して、 SchTasks.exe 情報メッセージと、成功メッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe displays an informational message and a success message. パスワードのプロンプトは表示されません。It does not prompt for a password.

INFO: The task will be created under user name ("NT AUTHORITY\SYSTEM").
SUCCESS: The Scheduled task "My App" has successfully been created.

リモート コンピューター上のシステム権限を持つタスクを実行するにはTo run a task with system permissions on a remote computer

次のコマンドは、午前 4 時に毎朝 Finance01 コンピューター上で実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the Finance01 computer every morning at 4:00 A.M. システムのアクセス許可。with system permissions.

コマンドを使用して、 /tn タスクに名前をパラメーターと /tr MyApp プログラムのリモート コピーを指定するパラメーターです。The command uses the /tn parameter to name the task and the /tr parameter to specify the remote copy of the MyApp program. 使用して、 /sc いますが、毎日のスケジュールを指定するパラメーター、 /mo パラメーター 1 (毎日) が既定値であるためです。It uses the /sc parameter to specify a daily schedule, but omits the /mo parameter because 1 (every day) is the default. 使用して、 /st タスクは毎日実行するときにも、された開始時刻を指定するパラメーターです。It uses the /st parameter to specify the start time, which is also the time the task will run each day.

コマンドを使用して、 /s リモート コンピューターの名前を指定するパラメーターと /u パラメーターをリモート コンピューター上でタスクのスケジュールを設定する権限を持つアカウントを指定します。The command uses the /s parameter to provide the name of the remote computer and the /u parameter to specify an account with permission to schedule a task on the remote computer. 使用して、 /ru パラメーターをタスクをシステム アカウントで実行されていることを指定します。It also uses the /ru parameter to specify that the task should run under the System account. なし、 /ru パラメーターで指定されたアカウントのアクセス許可でタスクが実行は /uします。Without the /ru parameter, the task would run with the permissions of the account specified by /u.

schtasks /create /tn "My App" /tr myapp.exe /sc daily /st 04:00 /s Finance01 /u Admin01 /ru System

Schtasks によってという名前のユーザーのパスワードを要求、 /u パラメーターと、パスワードを認証した後、タスクが作成されることで、システム アカウントのアクセス許可で実行されることを示すメッセージが表示されます。Schtasks requests the password of the user named by the /u parameter and, after authenticating the password, displays a message indicating that the task is created and that it will run with permissions of the System account.

Type the password for Admin01:**********

INFO: The Schedule Task "My App" will be created under user name ("NT AUTHORITY\
SYSTEM").
SUCCESS: The scheduled task "My App" has successfully been created.

複数のプログラムを実行するタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs more than one program

各タスクは、1 つだけのプログラムを実行します。Each task runs only one program. ただし、複数のプログラムを実行するバッチ ファイルを作成して、バッチ ファイルを実行するタスクをスケジュールすることができます。However, you can create a batch file that runs multiple programs and then schedule a task to run the batch file. 次の手順では、この方法を示します。The following procedure demonstrates this method:

  1. 実行するプログラムを起動するバッチ ファイルを作成します。Create a batch file that starts the programs you want to run.

    この例では、イベント ビューアー (Eventvwr.exe) とシステム モニター (Perfmon.exe) を起動するバッチ ファイルを作成します。In this example, you create a batch file that starts Event Viewer (Eventvwr.exe) and System Monitor (Perfmon.exe).

    • メモ帳などのテキスト エディターを開きます。Open a text editor, such as Notepad.
    • 各プログラムの実行可能ファイルの完全修飾パスと名前を入力します。Type the name and fully qualified path to the executable file for each program. この場合、ファイルには、次のステートメントが含まれます。In this case, the file includes the following statements.
      C:\Windows\System32\Eventvwr.exe 
      C:\Windows\System32\Perfmon.exe
      
    • MyApps.bat として保存します。Save the file as MyApps.bat.
  2. 使用 Schtasks.exe MyApps.bat を実行するタスクを作成します。Use Schtasks.exe to create a task that runs MyApps.bat.

    次のコマンドでは、すべてのユーザーがログオンするたびに実行されるモニターのタスクを作成します。The following command creates the Monitor task, which runs whenever anyone logs on. 使用して、 /tn タスクには、名前のパラメーターと /tr MyApps.bat を実行するパラメーターです。It uses the /tn parameter to name the task, and the /tr parameter to run MyApps.bat. 使用して、 /sc ログオン時にトリガー スケジュールの種類を示すためにパラメーターおよび /ru ユーザーの管理者アカウントのアクセス許可を持つタスクを実行するパラメーターです。It uses the /sc parameter to indicate the OnLogon schedule type and the /ru parameter to run the task with the permissions of the user's Administrator account.

    schtasks /create /tn Monitor /tr C:\MyApps.bat /sc onlogon /ru Reskit\Administrator
    

    このコマンドの結果としてユーザーが、コンピューターにログオンするたびにすると、タスクはイベント ビューアーとシステム モニターを起動します。As a result of this command, whenever a user logs on to the computer, the task starts both Event Viewer and System Monitor.

リモートコンピューターで実行されるタスクをスケジュールするにはTo schedule a task that runs on a remote computer

リモート コンピューター上で実行するタスクをスケジュールするには、リモート コンピューターのスケジュールをタスクを追加する必要があります。To schedule a task to run on a remote computer, you must add the task to the remote computer's schedule. リモート コンピューターには、あらゆる種類のタスクをスケジュールすることができますが、次の条件を満たす必要があります。Tasks of all types can be scheduled on a remote computer, but the following conditions must be met.

  • タスクをスケジュールするアクセス許可が必要です。You must have permission to schedule the task. そのため、リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーであるアカウントを使用してローカル コンピューターにログオンする必要がありますか、使用する必要があります、 /u パラメーターをリモート コンピューターの管理者の資格情報を提供します。As such, you must be logged on to the local computer with an account that is a member of the Administrators group on the remote computer, or you must use the /u parameter to provide the credentials of an Administrator of the remote computer.
  • 使用することができます、 /u パラメーターは、ローカルおよびリモート コンピューターが同じドメインまたはローカル コンピューターがリモート コンピューターのドメインが信頼しているドメインにしている場合にのみです。You can use the /u parameter only when the local and remote computers are in the same domain or the local computer is in a domain that the remote computer domain trusts. それ以外の場合、リモート コンピューターは、指定したユーザー アカウントを認証できないし、アカウントが Administrators グループのメンバーであることを確認できません。Otherwise, the remote computer cannot authenticate the user account specified and it cannot verify that the account is a member of the Administrators group.
  • タスクをリモート コンピューターで実行するための十分なアクセス許可が必要です。The task must have sufficient permission to run on the remote computer. 必要なアクセス許可は、タスクによって異なります。The permissions required vary with the task. 既定では、タスクの実行、ローカル コンピューターの現在のユーザーのアクセス許可を持つ場合は、 /u パラメーターを使用すると、タスクの実行で指定されたアカウントのアクセス許可を持つ、 /u パラメーター。By default, the task runs with the permission of the current user of the local computer or, if the /u parameter is used, the task runs with the permission of the account specified by the /u parameter. ただし、使用することができます、 /ru またはシステム権限を持つ別のユーザー アカウントのアクセス許可を持つタスクを実行するパラメーターです。However, you can use the /ru parameter to run the task with permissions of a different user account or with system permissions.

使用例Examples

管理者がリモート コンピューター上でタスクをスケジュール設定します。An Administrator schedules a task on a remote computer

次のコマンドは、すぐに開始 10 日ごと、SRV01 リモート コンピューター上で実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the SRV01 remote computer every ten days starting immediately. コマンドを使用して、 /s パラメーターをリモート コンピューターの名前を指定します。The command uses the /s parameter to provide the name of the remote computer. ローカルの現在のユーザーがリモート コンピューターの管理者であるため、 /u タスクをスケジュールするための代替アクセス許可を提供するパラメーターは必要ありません。Because the local current user is an Administrator of the remote computer, the /u parameter, which provides alternate permissions for scheduling the task, is not necessary.

リモート コンピューター上でタスクをスケジュールする場合にすべてのパラメーターを参照しているリモート コンピューターに注意してください。Please note that when scheduling tasks on a remote computer, all parameters refer to the remote computer. 指定された結果、実行可能ファイル、 /tr パラメーターは、リモート コンピューター上の MyApp.exe のコピーを指します。Therefore, the executable file specified by the /tr parameter refers to the copy of MyApp.exe on the remote computer.

schtasks /create /s SRV01 /tn "My App" /tr "c:\program files\corpapps\myapp.exe" /sc daily /mo 10

これに対して、 schtasks タスクをスケジュールすることを示す成功メッセージが表示されます。In response, schtasks displays a success message indicating that the task is scheduled.

ユーザーがリモート コンピューター (ケース 1) でのコマンドをスケジュールします。A user schedules a command on a remote computer (Case 1)

次のコマンドは、MyApp プログラムごとに SRV06 リモート コンピューターで 3 時間ごとに実行するようにスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the SRV06 remote computer every three hours. コマンドを使用してタスクをスケジュールする、管理者のアクセス許可が必要なため、 /u/p アカウント (Reskits ドメイン内の Admin01) のユーザーの管理者の資格情報を提供するパラメーターです。Because Administrator permissions are required to schedule a task, the command uses the /u and /p parameters to provide the credentials of the user's Administrator account (Admin01 in the Reskits domain). 既定では、これらのアクセス許可は、タスクの実行にも使用します。By default, these permissions are also used to run the task. ただし、タスクに実行する管理者のアクセス許可が必要がないので、このコマンドは、 /u/rp パラメーターを既定値をオーバーライドし、ユーザーの管理者以外のアカウントのアクセス許可を持つリモート コンピューターでタスクを実行します。However, because the task does not need Administrator permissions to run, the command includes the /u and /rp parameters to override the default and run the task with permission of the user's non-Administrator account on the remote computer.

schtasks /create /s SRV06 /tn "My App" /tr "c:\program files\corpapps\myapp.exe" /sc hourly /mo 3 /u reskits\admin01 /p R43253@4$ /ru SRV06\user03 /rp MyFav!!Pswd

これに対して、 schtasks タスクをスケジュールすることを示す成功メッセージが表示されます。In response, schtasks displays a success message indicating that the task is scheduled.

ユーザーがリモート コンピューター (ケース 2) でのコマンドをスケジュールします。A user schedules a command on a remote computer (Case 2)

次のコマンドは、すべての月の最終日に SRV02 のリモート コンピューターで実行する MyApp プログラムをスケジュールします。The following command schedules the MyApp program to run on the SRV02 remote computer on the last day of every month. ローカル (user03) 現在のユーザーがリモート コンピューターの管理者でないため、コマンドを使用して、 /u アカウント (Reskits ドメイン内の Admin01) のユーザーの管理者の資格情報を提供するパラメーターです。Because the local current user (user03) is not an Administrator of the remote computer, the command uses the /u parameter to provide the credentials of the user's Administrator account (Admin01 in the Reskits domain). タスクをスケジュールして、タスクを実行する管理者アカウントのアクセス許可が使用されます。The Administrator account permissions will be used to schedule the task and to run the task.

schtasks /create /s SRV02 /tn "My App" /tr "c:\program files\corpapps\myapp.exe" /sc monthly /mo LASTDAY /m * /u reskits\admin01

コマンドが含まれていないため、 /p (パスワード) パラメーター schtasks パスワードを入力するように求められます。Because the command did not include the /p (password) parameter, schtasks prompts for the password. 成功メッセージを表示し、この場合は、警告が表示されます。Then it displays a success message and, in this case, a warning.

Type the password for reskits\admin01:********

SUCCESS: The scheduled task "My App" has successfully been created.

WARNING: The Scheduled task "My App" has been created, but may not run because
the account information could not be set.

この警告は、リモート ドメインがで指定されたアカウントを認証できなかったことを示して、 /u パラメーター。This warning indicates that the remote domain could not authenticate the account specified by the /u parameter. この場合は、ローカルのコンピューターがリモート コンピューターのドメインが信頼するドメインのメンバーではないために、リモート ドメインは、ユーザー アカウントを認証できませんでした。In this case, the remote domain could not authenticate the user account because the local computer is not a member of a domain that the remote computer domain trusts. この場合、タスクのジョブがスケジュールされたタスクの一覧に表示されますが、タスクが実際には空とは実行されません。When this occurs, the task job appears in the list of scheduled tasks, but the task is actually empty and it will not run.

詳細なクエリから次の表示では、タスクの問題を公開します。The following display from a verbose query exposes the problem with the task. 画面のことに注意しての値 次回の実行時刻しない の値 ユーザーとして実行タスク スケジューラのデータベースから取得できませんでしたします。In the display, note that the value of Next Run Time is Never and that the value of Run As User is Could not be retrieved from the task scheduler database.

このコンピューターは、同じドメインまたは信頼されたドメインのメンバーをされていた、タスクがスケジュールされましたし、実行した場合に指定します。Had this computer been a member of the same domain or a trusted domain, the task would have been successfully scheduled and would have run as specified.

HostName: SRV44
TaskName: My App
Next Run Time: Never
Status:
Logon mode: Interactive/Background
Last Run Time: Never
Last Result: 0
Creator: user03
Schedule: At 3:52 PM on day 31 of every month, start
 starting 12/14/2001
Task To Run: c:\program files\corpapps\myapp.exe
Start In: myapp.exe
Comment: N/A
Scheduled Task State: Disabled
Scheduled Type: Monthly
Start Time: 3:52:00 PM
Start Date: 12/14/2001
End Date: N/A
Days: 31
Months: JAN,FEB,MAR,APR,MAY,JUN,JUL,AUG,SEP,OCT,NO
V,DEC
Run As User: Could not be retrieved from the task sched
uler database
Delete Task If Not Rescheduled: Enabled
Stop Task If Runs X Hours and X Mins: 72:0
Repeat: Every: Disabled
Repeat: Until: Time: Disabled
Repeat: Until: Duration: Disabled
Repeat: Stop If Still Running: Disabled
Idle Time: Disabled
Power Management: Disabled

コメントRemarks

  • 実行する、 /create コマンドを使用して、別のユーザーのアクセス許可を持つ、 /u パラメーター。To run a /create command with the permissions of a different user, use the /u parameter. /U パラメーターは、リモート コンピューター上のタスクのスケジューリングにのみ有効です。The /u parameter is valid only for scheduling tasks on remote computers.
  • 詳細を表示する schtasks/create 例として、型 schtasks/create/でしょうか。To view more schtasks /create examples, type schtasks /create /? コマンド プロンプト。at a command prompt.
  • 別のユーザーのアクセス許可で実行するタスクをスケジュールするには、使用、 /ru パラメーター。To schedule a task that runs with permissions of a different user, use the /ru parameter. /Ru パラメーターはローカルおよびリモート コンピューター上のタスクに対して有効です。The /ru parameter is valid for tasks on local and remote computers.
  • 使用する、 /u パラメーター、ローカル コンピューターがリモート コンピューターと同じドメインに存在する必要がありますまたはリモート コンピューターのドメインが信頼しているドメインに存在する必要があります。To use the /u parameter, the local computer must be in the same domain as the remote computer or must be in a domain that the remote computer domain trusts. それ以外の場合、タスクは作成されず、またはタスクのジョブは空で、タスクが実行されません。Otherwise, either the task is not created, or the task job is empty and the task does not run.
  • Schtasks 指定しない限り、現在のユーザー アカウントを使用してローカル コンピューター上でタスクをスケジュールする際にも、パスワードが常に要求します。Schtasks always prompts for a password unless you provide one, even when you schedule a task on the local computer using the current user account. これは、通常の動作の schtasksします。This is normal behavior for schtasks.
  • Schtasks プログラム ファイルの場所やユーザー アカウントのパスワードは検証されません。Schtasks does not verify program file locations or user account passwords. ファイルの場所や、正しいパスワードがユーザー アカウント用に入力しない場合、タスクが作成されるは実行されません。If you do not enter the correct file location or the correct password for the user account, the task is created, but it does not run. また、アカウントのパスワードの変更や期限切れになったタスクの保存されているパスワードを変更しない場合、タスクは実行されません。Also, if the password for an account changes or expires, and you do not change the password saved in the task, then the task does not run.
  • システム アカウントには、対話型ログオン権限がありません。The System account does not have interactive logon rights. ユーザーは、表示されないと、システムのアクセス許可で実行するプログラムとの対話ことはできません。Users do not see and cannot interact with programs run with system permissions.
  • 各タスクは、1 つだけのプログラムを実行します。Each task runs only one program. ただし、複数のタスクを開始するバッチ ファイルを作成して、その後、バッチ ファイルを実行するタスクをスケジュールします。However, you can create a batch file that starts multiple tasks, and then schedule a task that runs the batch file.
  • 作成するとすぐにタスクをテストすることができます。You can test a task as soon as you create it. 使用して、 実行 タスクをテストし、その SchedLgU.txt ファイルをチェックインする操作 (SystemRoot\SchedLgU.txt) のエラーです。Use the run operation to test the task and then check the SchedLgU.txt file (SystemRoot\SchedLgU.txt) for errors.

schtasks の変更schtasks change

1 つ以上のタスクの次のプロパティを変更します。Changes one or more of the following properties of a task.

  • タスクを実行するプログラム ( /tr)。The program that the task runs (/tr).
  • タスクを実行するユーザー アカウント ( /ru)。The user account under which the task runs (/ru).
  • ユーザー アカウントのパスワード ( /rp)。The password for the user account (/rp).
  • 対話型のみのプロパティをタスクに追加されます ( /it)。Adds the interactive-only property to the task (/it).

構文Syntax

schtasks /change /tn <TaskName> [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]] [/ru {[<Domain>\]<User> | System}] [/rp <Password>] [/tr <TaskRun>] [/st <StartTime>] [/ri <Interval>] [{/et <EndTime> | /du <Duration>} [/k]] [/sd <StartDate>] [/ed <EndDate>] [/{ENABLE | DISABLE}] [/it] [/z]

パラメーターParameters

用語Term 定義Definition
/tn <TaskName >/tn <TaskName> 変更するタスクを識別します。Identifies the task to be changed. タスク名を入力します。Enter the task name.
/s <コンピューター >/s <Computer> (または円記号なし) の名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します。Specifies the name or IP address of a remote computer (with or without backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u [<ドメイン >]/u [<Domain>] 指定したユーザー アカウントのアクセス許可を持つには、このコマンドを実行します。Runs this command with the permissions of the specified user account. 既定では、ローカル コンピューターの現在のユーザーのアクセス許可です。The default is the permissions of the current user of the local computer. 指定したユーザー アカウントは、リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。The specified user account must be a member of the Administrators group on the remote computer. /U/p パラメーターは、リモート コンピューター上でタスクを変更する場合のみ有効です ( /s)。The /u and /p parameters are valid only for changing a task on a remote computer (/s).
/p <パスワード >/p <Password> 指定されたユーザー アカウントのパスワードを指定、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account specified in the /u parameter. 使用する場合、 /u パラメーターを省略すると、 /p パラメーターまたは password 引数 schtasks パスワードの入力を求めます。If you use the /u parameter, but omit the /p parameter or the password argument, schtasks prompts you for a password.
/U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/ru {[<ドメイン >]/ru {[<Domain>] SystemSystem}
/rp <パスワード >/rp <Password> 既存のユーザー アカウントまたは指定したユーザー アカウントの新しいパスワードを指定します、 /ru パラメーター。Specifies a new password for the existing user account, or the user account specified by the /ru parameter. このパラメーターは、ローカル システム アカウントで使用すると無視されます。This parameter is ignored with used with the local System account.
/tr <TaskRun >/tr <TaskRun> タスクを実行するプログラムを変更します。Changes the program that the task runs. 実行可能ファイル、スクリプト ファイルまたはバッチ ファイルの完全修飾パスとファイル名を入力します。Enter the fully qualified path and file name of an executable file, script file, or batch file. パスを省略した場合、 schtasksは、ファイルが<systemroot > \ System32 ディレクトリにあると想定します。If you omit the path, schtasks assumes that the file is in the <systemroot>\System32 directory. 指定したプログラムには、タスクによって実行元のプログラムが置き換えられます。The specified program replaces the original program run by the task.
/st <Starttime >/st <Starttime> 24 時間形式、HH:mm を使用して、タスクの開始時刻を指定します。Specifies the start time for the task, using the 24-hour time format, HH:mm. たとえば、14時 30分の値は、12 時間制の午後 2 時 30 分に相当します。For example, a value of 14:30 is equivalent to the 12-hour time of 2:30 PM.
/ri <Interval >/ri <Interval> スケジュールされたタスクの繰り返し間隔を分単位で指定します。Specifies the repetition interval for the scheduled task, in minutes. 有効な範囲は、1-599940 (599940 分 = 9999 時間) です。Valid range is 1 - 599940 (599940 minutes = 9999 hours).
/et <EndTime >/et <EndTime> 24 時間形式、HH:mm を使用して、タスクの終了時刻を指定します。Specifies the end time for the task, using the 24-hour time format, HH:mm. たとえば、14時 30分の値は、12 時間制の午後 2 時 30 分に相当します。For example, a value of 14:30 is equivalent to the 12-hour time of 2:30 PM.
/du <継続時間 >/du <Duration> <EndTime > または(指定されている場合) でタスクを終了するように指定します。Specifies to close the task at the <EndTime> or , if specified.
/k/k 指定した時刻にタスクを実行するプログラムを停止 /et または /duします。Stops the program that the task runs at the time specified by /et or /du. せず /k, 、schtasks プログラムが起動しない、もう一度で指定された時間に達すると /et または /du, がまだ実行されている場合、プログラムは停止しません。Without /k, schtasks does not start the program again after it reaches the time specified by /et or /du, but it does not stop the program if it is still running. このパラメーターは、オプションであり、1 分または 1 時間ごとのスケジュールでのみ有効です。This parameter is optional and valid only with a MINUTE or HOURLY schedule.
/sd <StartDate >/sd <StartDate> タスクを実行する最初の日付を指定します。Specifies the first date on which the task should be run. 日付形式は、年/月/日です。The date format is MM/DD/YYYY.
/ed <EndDate >/ed <EndDate> タスクを実行する最後の日付を指定します。Specifies the last date on which the task should be run. 形式は、年/月/日です。The format is MM/DD/YYYY.
または有効にします。/ENABLE スケジュールされたタスクを有効にするように指定します。Specifies to enable the scheduled task.
/無効にします。/DISABLE スケジュールされたタスクを無効にするように指定します。Specifies to disable the scheduled task.
/it/it スケジュールされたタスクを実行するように指定される場合にのみ「実行」のユーザー (タスクを実行するユーザー アカウント) が、コンピューターにログオンします。Specifies to run the scheduled task only when the "run as" user (the user account under which the task runs) is logged on to the computer.
このパラメーターには、システムのアクセス許可で実行するタスクまたは対話型のみプロパティが設定されているタスクへの影響はありません。This parameter has no effect on tasks that run with system permissions or tasks that already have the interactive-only property set. 変更コマンドを使用して、タスクから対話型専用のプロパティを削除できません。You cannot use a change command to remove the interactive-only property from a task.
既定では、「実行」ユーザーは、タスクがスケジュールされているときに、ローカル コンピューターの現在のユーザーで指定されたアカウント、 /u パラメーターでは、1 つを使用します。By default, the "run as" user is the current user of the local computer when the task is scheduled or the account specified by the /u parameter, if one is used. ただし、コマンドが含まれている場合、 /ru パラメーターで指定されたアカウントは、「実行」ユーザー、 /ru パラメーター。However, if the command includes the /ru parameter, then the "run as" user is the account specified by the /ru parameter.
/z/z スケジュールの終了時のタスクを削除するよう指定します。Specifies to delete the task upon the completion of its schedule.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

コメントRemarks

  • /Tn/s パラメーターは、タスクを指定します。The /tn and /s parameters identify the task. /Tr, 、 /ru, 、および /rp 変更可能なタスクのプロパティをパラメーターで指定します。The /tr, /ru, and /rp parameters specify properties of the task that you can change.
  • /Ru, 、および /rp パラメーターは、タスクを実行するアクセス許可を指定します。The /ru, and /rp parameters specify the permissions under which the task runs. /U/p パラメーターは、タスクを変更するためのアクセス許可を指定します。The /u and /p parameters specify the permissions used to change the task.
  • リモート コンピューター上でタスクを変更するには、ユーザーをリモート コンピューターの Administrators グループのメンバーであるアカウントを使用してローカル コンピューターにログオンする必要があります。To change tasks on a remote computer, the user must be logged on to the local computer with an account that is a member of the Administrators group on the remote computer.
  • 実行する、 変更/ 別のユーザーのアクセス許可を持つコマンド ( /u, 、 /p)、ローカル コンピューターがリモート コンピューターと同じドメインに存在する必要があります、またはリモート コンピューターのドメインが信頼しているドメインに存在する必要があります。To run a /change command with the permissions of a different user (/u, /p), the local computer must be in the same domain as the remote computer or must be in a domain that the remote computer domain trusts.
  • システム アカウントには、対話型ログオン権限がありません。The System account does not have interactive logon rights. ユーザーは、表示されないと、システムのアクセス許可で実行するプログラムとの対話ことはできません。Users do not see and cannot interact with programs run with system permissions.
  • 使用してタスクを識別するために、 /it プロパティには、詳細なクエリを使用して ( /v クエリ/ )。To identify tasks with the /it property, use a verbose query (/query /v). タスクの詳細なクエリ画面上で /it, 、 ログオン モード フィールドの値を持つ 対話型のみします。In a verbose query display of a task with /it, the Logon Mode field has a value of Interactive only.

使用例Examples

タスクを実行するプログラムを変更するにはTo change the program that a task runs

次のコマンドは、VirusCheck2.exe に VirusCheck.exe からウイルスをチェック タスクを実行するプログラムを変更します。The following command changes the program that the Virus Check task runs from VirusCheck.exe to VirusCheck2.exe. このコマンドを使用して、 /tn タスクを識別するためにパラメーターおよび /tr タスク用の新しいプログラムを指定するパラメーターです。This command uses the /tn parameter to identify the task and the /tr parameter to specify the new program for the task. (タスク名を変更することはできません)。(You cannot change the task name.)

schtasks /change /tn "Virus Check" /tr C:\VirusCheck2.exe

これに対して、 SchTasks.exe 次の成功メッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe displays the following success message:

SUCCESS: The parameters of the scheduled task "Virus Check" have been changed.

ウイルスをチェック タスクには、次のコマンドの結果として VirusCheck2.exe が実行されています。As a result of this command, the Virus Check task now runs VirusCheck2.exe.

リモート タスクのパスワードを変更するにはTo change the password for a remote task

次のコマンドは、リモート コンピューターの Svr01 の RemindMe タスクのユーザー アカウントのパスワードを変更します。The following command changes the password of the user account for the RemindMe task on the remote computer, Svr01. コマンドを使用して、 /tn タスクを識別するためにパラメーターおよび /s パラメーターをリモート コンピューターを指定します。The command uses the /tn parameter to identify the task and the /s parameter to specify the remote computer. この例では、 /rpパラメーターを使用してp@ssWord3、新しいパスワードを指定しています。It uses the /rp parameter to specify the new password, p@ssWord3.

ユーザー アカウントのパスワードの有効期限が切れるまたは変更されるたびに、この手順が必要です。This procedure is required whenever the password for a user account expires or changes. タスクに保存されているパスワードが有効でなくなった場合、タスクは実行されません。If the password saved in a task is no longer valid, then the task does not run.

schtasks /change /tn RemindMe /s Svr01 /rp p@ssWord3

これに対して、 SchTasks.exe 次の成功メッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe displays the following success message:

SUCCESS: The parameters of the scheduled task "RemindMe" have been changed.

RemindMe タスクこのコマンドの結果として、元のユーザー アカウントでは、新しいパスワードを使用してが今すぐ実行します。As a result of this command, the RemindMe task now runs under its original user account, but with a new password.

タスクのプログラムとユーザー アカウントを変更するにはTo change the program and user account for a task

次のコマンドは、タスクを実行するプログラムとユーザーがタスクを実行するアカウントを変更を変更します。The following command changes the program that a task runs and changes the user account under which the task runs. 基本的には、新しいタスクを古いスケジュールを使用します。Essentially, it uses an old schedule for a new task. このコマンドは、代わりに Internet Explorer を起動する午前 9 時に毎朝 Notepad.exe を起動する ChkNews タスクを変更します。This command changes the ChkNews task, which starts Notepad.exe every morning at 9:00 A.M., to start Internet Explorer instead.

コマンドを使用して、 /tn パラメーターのタスクを識別します。The command uses the /tn parameter to identify the task. 使用して、 /tr タスクを実行するプログラムを変更するパラメーター、および /ru にタスクを実行するユーザー アカウントを変更するパラメーターです。It uses the /tr parameter to change the program that the task runs and the /ru parameter to change the user account under which the task runs.

/Ru, 、および /rp ユーザー アカウントのパスワードを提供するパラメーターを省略するとします。The /ru, and /rp parameter, which provides the password for the user account, is omitted. アカウントのパスワードを指定する必要がありますが、使用することができます、 /ru, と /rp パラメーターと型は、パスワードのクリア テキストでの待機 SchTasks.exe 、パスワードの入力を求め、隠ぺいされたテキストでパスワードを入力しています。You must provide a password for the account, but you can use the /ru, and /rp parameter and type the password in clear text, or wait for SchTasks.exe to prompt you for a password, and then enter the password in obscured text.

schtasks /change /tn ChkNews /tr "c:\program files\Internet Explorer\iexplore.exe" /ru DomainX\Admin01

これに対して、 SchTasks.exe ユーザー アカウントのパスワードを要求します。In response, SchTasks.exe requests the password for the user account. パスワードが表示されていないため、テキストを入力すると、わかりにくきます。It obscures the text you type, so the password is not visible.

Please enter the password for DomainX\Admin01: 

注意してください、 /tn パラメーターと、タスクを識別する、 /tr/ru パラメーターは、タスクのプロパティを変更します。Note that the /tn parameter identifies the task and that the /tr and /ru parameters change the properties of the task. タスクを識別するために別のパラメーターを使用することはできませんし、タスク名を変更することはできません。You cannot use another parameter to identify the task and you cannot change the task name.

これに対して、 SchTasks.exe 次の成功メッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe displays the following success message:

SUCCESS: The parameters of the scheduled task "ChkNews" have been changed.

ChkNews タスクで、このコマンドの結果として、管理者アカウントのアクセス許可を持つ Internet Explorer が実行されます。As a result of this command, the ChkNews task now runs Internet Explorer with the permissions of an Administrator account.

システム アカウントにプログラムを変更するにはTo change a program to the System account

次のコマンドは、システム アカウントのアクセス許可で実行されるように、SecurityScript タスクを変更します。The following command changes the SecurityScript task so that it runs with permissions of the System account. 使用して、 /ru"" システム アカウントを示します。It uses the /ru "" parameter to indicate the System account.

schtasks /change /tn SecurityScript /ru ""

これに対して、 SchTasks.exe 次の成功メッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe displays the following success message:

INFO: The run as user name for the scheduled task "SecurityScript" will be changed to "NT AUTHORITY\SYSTEM".
SUCCESS: The parameters of the scheduled task "SecurityScript" have been changed.

システム アカウントのアクセス許可で実行されるタスクには、パスワードが必要ないため SchTasks.exe 1 つのプロンプトが表示されません。Because tasks run with System account permissions do not require a password, SchTasks.exe does not prompt for one.

ログオンしている場合にのみ、プログラムを実行するにはTo run a program only when I am logged on

次のコマンドは、MyApp の場合は、既存のタスクに対話型専用のプロパティを追加します。The following command adds the interactive-only property to MyApp, an existing task. このプロパティにより、コンピューターにタスクを実行するユーザー アカウントは、「実行」ユーザーがログオンしているときにのみタスクを実行します。This property assures that the task runs only when the "run as" user, that is, the user account under which the task runs, is logged on to the computer.

コマンドを使用して、 /tn タスクを識別するためにパラメーターおよび /it タスクに対話型専用のプロパティを追加するパラメーターです。The command uses the /tn parameter to identify the task and the /it parameter to add the interactive-only property to the task. ユーザー アカウントのアクセス許可を持つタスクが既に実行されているために、変更は必要はありません、 /ru タスクのパラメーターです。Because the task already runs with the permissions of my user account, I do not need to change the /ru parameter for the task.

schtasks /change /tn MyApp /it

これに対して、 SchTasks.exe 次の成功メッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe displays the following success message.

SUCCESS: The parameters of the scheduled task "MyApp" have been changed.

schtasks 実行schtasks run

スケジュールされたタスクを直ちに開始します。Starts a scheduled task immediately. 実行 操作は、スケジュールは無視されますが、すぐにタスクを実行するプログラム ファイルの場所、ユーザー アカウントおよびタスクに保存されているパスワードを使用します。The run operation ignores the schedule, but uses the program file location, user account, and password saved in the task to run the task immediately.

構文Syntax

schtasks /run /tn <TaskName> [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

パラメーターParameters

用語Term 定義Definition
/tn <TaskName >/tn <TaskName> 必須。Required. タスクを識別します。Identifies the task.
/s <コンピューター >/s <Computer> (または円記号なし) の名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します。Specifies the name or IP address of a remote computer (with or without backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u [<ドメイン >]/u [<Domain>] 指定したユーザー アカウントのアクセス許可を持つには、このコマンドを実行します。Runs this command with the permissions of the specified user account. 既定では、コマンドは、ローカル コンピューターの現在のユーザーの権限で実行されます。By default, the command runs with the permissions of the current user of the local computer.
指定したユーザー アカウントは、リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。The specified user account must be a member of the Administrators group on the remote computer. /U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/p <パスワード >/p <Password> 指定されたユーザー アカウントのパスワードを指定、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account specified in the /u parameter. 使用する場合、 /u パラメーターを省略すると、 /p パラメーターまたは password 引数 schtasks パスワードの入力を求めます。If you use the /u parameter, but omit the /p parameter or the password argument, schtasks prompts you for a password.
/U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

コメントRemarks

  • この操作を使用すると、タスクをテストできます。Use this operation to test your tasks. タスクが実行されない場合は、タスクスケジューラサービスのトランザクションログ<Systemroot > \SchedLgU.txt にエラーがないかどうかを確認します。If a task does not run, check the Task Scheduler Service transaction log, <Systemroot>\SchedLgU.txt, for errors.
  • タスクを実行するタスクのスケジュールは影響しないため、タスクのスケジュールされた次回の実行を変更することはできません。Running a task does not affect the task schedule and does not change the next run time scheduled for the task.
  • リモートでのタスクを実行するには、リモート コンピューターでタスクをスケジュールする必要があります。To run a task remotely, the task must be scheduled on the remote computer. を実行すると、タスクは、リモート コンピューター上でのみ実行されます。When you run it, the task runs only on the remote computer. タスクがリモートコンピューター上で実行されていることを確認するには、タスクマネージャーまた<はタスクスケジューラトランザクションログの Systemroot > \schedlgu.txt を使用します。To verify that a task is running on a remote computer, use Task Manager or the Task Scheduler transaction log, <Systemroot>\SchedLgU.txt.

使用例Examples

ローカル コンピューターでタスクを実行するにはTo run a task on the local computer

次のコマンドは、「セキュリティ スクリプト」タスクを開始します。The following command starts the "Security Script" task.

schtasks /run /tn "Security Script"

これに対して、 SchTasks.exe は、タスクに関連付けられているスクリプトを起動し、次のメッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe starts the script associated with the task and displays the following message:

SUCCESS: Attempted to run the scheduled task "Security Script".

メッセージは、次のとおり、 schtasks 試行が、プログラムを開始することはできません非常にプログラムが実際に開始します。As the message implies, schtasks tries to start the program, but it cannot very that the program actually started.

リモート コンピューターでタスクを実行するにはTo run a task on a remote computer

次のコマンドは、リモート コンピューター Svr01 の更新タスクを起動します。The following command starts the Update task on a remote computer, Svr01:

schtasks /run /tn Update /s Svr01

この場合、 SchTasks.exe 次のエラー メッセージが表示されます。In this case, SchTasks.exe displays the following error message:

ERROR: Unable to run the scheduled task "Update".

エラーの原因を見つけるには、スケジュールされたタスクのトランザクション ログ、Svr01 上 C:\Windows\SchedLgU.txt ないか調べます。To find the cause of the error, look in the Scheduled Tasks transaction log, C:\Windows\SchedLgU.txt on Svr01. ここでは、次のエントリがログに表示されます。In this case, the following entry appears in the log:

"Update.job" (update.exe) 3/26/2001 1:15:46 PM ** ERROR **
The attempt to log on to the account associated with the task failed, therefore, the task did not run.
The specific error is:
0x8007052e: Logon failure: unknown user name or bad password.
Verify that the task's Run-as name and password are valid and try again.

どうやらこれは、ユーザー名またはパスワード、タスクではないシステムで有効です。Apparently, the user name or password in the task is not valid on the system. schtasks/change コマンドは、ユーザー名と Svr01 の更新タスクのパスワードを更新します。The following schtasks /change command updates the user name and password for the Update task on Svr01:

schtasks /change /tn Update /s Svr01 /ru Administrator /rp PassW@rd3

後に、 変更 コマンドが完了、 実行 コマンドが繰り返されます。After the change command completes, the run command is repeated. このとき、Update.exe プログラムが起動し、 SchTasks.exe 次のメッセージが表示されます。This time, the Update.exe program starts and SchTasks.exe displays the following message:

SUCCESS: Attempted to run the scheduled task "Update".

メッセージは、次のとおり、 schtasks 試行が、プログラムを開始することはできません非常にプログラムが実際に開始します。As the message implies, schtasks tries to start the program, but it cannot very that the program actually started.

schtasks 終了schtasks end

タスクによって起動されたプログラムを停止します。Stops a program started by a task.

構文Syntax

schtasks /end /tn <TaskName> [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

パラメーターParameters

用語Term 定義Definition
/tn <TaskName >/tn <TaskName> 必須。Required. プログラムを起動したタスクを識別します。Identifies the task that started the program.
/s <コンピューター >/s <Computer> 名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します。Specifies the name or IP address of a remote computer. 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u [<ドメイン >]/u [<Domain>] 指定したユーザー アカウントのアクセス許可を持つには、このコマンドを実行します。Runs this command with the permissions of the specified user account. 既定では、コマンドは、ローカル コンピューターの現在のユーザーの権限で実行されます。By default, the command runs with the permissions of the current user of the local computer. 指定したユーザー アカウントは、リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。The specified user account must be a member of the Administrators group on the remote computer. /U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/p <パスワード >/p <Password> 指定されたユーザー アカウントのパスワードを指定、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account specified in the /u parameter. 使用する場合、 /u パラメーターを省略すると、 /p パラメーターまたは password 引数 schtasks パスワードの入力を求めます。If you use the /u parameter, but omit the /p parameter or the password argument, schtasks prompts you for a password.
/U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/?/? ヘルプを表示します。Displays help.

コメントRemarks

SchTasks.exe 、スケジュールされたタスクによって起動されたプログラムのインスタンスのみを終了します。SchTasks.exe ends only the instances of a program started by a scheduled task. その他のプロセスを停止するには、TaskKill を使用します。To stop other processes, use TaskKill. 詳細については、次を参照してください。 Taskkillします。For more information, see Taskkill.

使用例Examples

ローカル コンピューター上でタスクを終了するにはTo end a task on a local computer

次のコマンドは、My Notepad タスクによって開始された Notepad.exe のインスタンスを停止します。The following command stops the instance of Notepad.exe that was started by the My Notepad task:

schtasks /end /tn "My Notepad"

これに対して、 SchTasks.exe タスクを開始し、次の成功メッセージが表示されます、Notepad.exe のインスタンスを停止します。In response, SchTasks.exe stops the instance of Notepad.exe that the task started, and it displays the following success message:

SUCCESS: The scheduled task "My Notepad" has been terminated successfully.

リモート コンピューター上でタスクを終了するにはTo end a task on a remote computer

次のコマンドは、リモート コンピュータ、Svr01 InternetOn タスクによって開始された Internet Explorer のインスタンスを停止します。The following command stops the instance of Internet Explorer that was started by the InternetOn task on the remote computer, Svr01:

schtasks /end /tn InternetOn /s Svr01

これに対して、 SchTasks.exe タスクを開始し、次の成功メッセージが表示されます、Internet Explorer のインスタンスを停止します。In response, SchTasks.exe stops the instance of Internet Explorer that the task started, and it displays the following success message:

SUCCESS: The scheduled task "InternetOn" has been terminated successfully.

schtasks 削除schtasks delete

スケジュールされたタスクを削除します。Deletes a scheduled task.

構文Syntax

schtasks /delete /tn {<TaskName> | *} [/f] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

パラメーターParameters

用語Term 定義Definition
/tn {<TaskName >/tn {<TaskName> *}*}
/f/f 確認メッセージを抑制します。Suppresses the confirmation message. タスクは警告なしに削除されます。The task is deleted without warning.
/s <コンピューター >/s <Computer> (または円記号なし) の名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します。Specifies the name or IP address of a remote computer (with or without backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u [<ドメイン >]/u [<Domain>] 指定したユーザー アカウントのアクセス許可を持つには、このコマンドを実行します。Runs this command with the permissions of the specified user account. 既定では、コマンドは、ローカル コンピューターの現在のユーザーの権限で実行されます。By default, the command runs with the permissions of the current user of the local computer.
指定したユーザー アカウントは、リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。The specified user account must be a member of the Administrators group on the remote computer. /U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/p <パスワード >/p <Password> 指定されたユーザー アカウントのパスワードを指定、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account specified in the /u parameter. 使用する場合、 /u パラメーターを省略すると、 /p パラメーターまたは password 引数 schtasks パスワードの入力を求めます。If you use the /u parameter, but omit the /p parameter or the password argument, schtasks prompts you for a password.
/U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

コメントRemarks

  • 削除 操作は、スケジュールからタスクを削除します。The delete operation deletes the task from the schedule. いないタスクを実行するプログラムを削除したり、実行中のプログラムを中断しません。It does not delete the program that the task runs or interrupt a running program.
  • Delete\ * コマンドは、現在のユーザーによってスケジュールされたタスクだけでなく、そのコンピュータに対してスケジュールされているすべてのタスクを削除します。The delete \* command deletes all tasks scheduled for the computer, not just the tasks scheduled by the current user.

使用例Examples

リモート コンピューターのスケジュールからタスクを削除するにはTo delete a task from the schedule of a remote computer

次のコマンドは、リモート コンピューターのスケジュールから"Start Mail"タスクを削除します。The following command deletes the "Start Mail" task from the schedule of a remote computer. 使用して、 /s をリモート コンピューターを識別するパラメーターです。It uses the /s parameter to identify the remote computer.

schtasks /delete /tn "Start Mail" /s Svr16

これに対して、 SchTasks.exe 次の確認メッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe displays the following confirmation message. タスクを削除するには、Y キーを押します。します。コマンドを取り消す場合に、次のように入力します n:。To delete the task, press Y. To cancel the command, type n:

WARNING: Are you sure you want to remove the task "Start Mail" (Y/N )? 
SUCCESS: The scheduled task "Start Mail" was successfully deleted.

ローカル コンピューターのスケジュールされたすべてのタスクを削除するにはTo delete all tasks scheduled for the local computer

次のコマンドは、他のユーザーがスケジュールされたタスクを含めて、ローカル コンピューターのスケジュールからすべてのタスクを削除します。The following command deletes all tasks from the schedule of the local computer, including tasks scheduled by other users. この例では、 /tn \ * パラメーターを使用してコンピューター上のすべてのタスクを表し、 /fパラメーターを使用して確認メッセージが表示されないようにしています。It uses the /tn \* parameter to represent all tasks on the computer and the /f parameter to suppress the confirmation message.

schtasks /delete /tn * /f

これに対して、 SchTasks.exe SecureScript、スケジュールされているタスクだけを削除することを示す次の成功メッセージが表示されます。In response, SchTasks.exe displays the following success messages indicating that the only task scheduled, SecureScript, is deleted.

SUCCESS: The scheduled task "SecureScript" was successfully deleted.

schtasks クエリschtasks query

コンピューター上で実行するスケジュールされたタスクを表示します。Displays tasks scheduled to run on the computer.

構文Syntax

schtasks [/query] [/fo {TABLE | LIST | CSV}] [/nh] [/v] [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User> [/p <Password>]]]

パラメーターParameters

用語Term 定義Definition
[/query][/query] 操作名は省略できます。The operation name is optional. 入力 schtasks せず、すべてのパラメーターがクエリを実行します。Typing schtasks without any parameters performs a query.
/fo {テーブル/fo {TABLE LIST
/nh/nh テーブルの表示から列見出しを省略します。Omits column headings from the table display. このパラメーターは有効であり、 テーブルCSV 形式を出力します。This parameter is valid with the TABLE and CSV output formats.
/v/v 表示するには、タスクの高度なプロパティを追加します。Adds advanced properties of the tasks to the display.
使用してクエリ /v として書式設定する必要があります リスト または CSVします。Queries using /v should be formatted as LIST or CSV.
/s <コンピューター >/s <Computer> (または円記号なし) の名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します。Specifies the name or IP address of a remote computer (with or without backslashes). 既定はローカル コンピュータです。The default is the local computer.
/u [<ドメイン >]/u [<Domain>] 指定したユーザー アカウントのアクセス許可を持つには、このコマンドを実行します。Runs this command with the permissions of the specified user account. 既定では、コマンドは、ローカル コンピューターの現在のユーザーの権限で実行されます。By default, the command runs with the permissions of the current user of the local computer.
指定したユーザー アカウントは、リモート コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。The specified user account must be a member of the Administrators group on the remote computer. /U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/p <パスワード >/p <Password> 指定されたユーザー アカウントのパスワードを指定、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account specified in the /u parameter. 使用する場合 /u, を省略すると /p または password 引数 schtasks パスワードが求められます。If you use /u, but omit /p or the password argument, schtasks prompts you for a password.
/U/p パラメーターが有効に使用する場合のみ /sします。The /u and /p parameters are valid only when you use /s.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

コメントRemarks

SchTasks.exe 、スケジュールされたタスクによって起動されたプログラムのインスタンスのみを終了します。SchTasks.exe ends only the instances of a program started by a scheduled task. その他のプロセスを停止するには、TaskKill を使用します。To stop other processes, use TaskKill. 詳細については、次を参照してください。 Taskkillします。For more information, see Taskkill.

使用例Examples

ローカル コンピューターでスケジュールされたタスクを表示するにはTo display the scheduled tasks on the local computer

次のコマンドは、ローカル コンピューターのスケジュールされたすべてのタスクを表示します。The following commands display all tasks scheduled for the local computer. これらのコマンドは、結果は同じされ、同じ意味で使用できます。These commands produce the same result and can be used interchangeably.

schtasks
schtasks /query

これに対して、 SchTasks.exe 既定では、単純な表形式では、次の表に示すようにタスクが表示されます。In response, SchTasks.exe displays the tasks in the default, simple table format, as shown in the following table:

TaskName Next Run Time Status
========================= ======================== ==============
Microsoft Outlook At logon time
SecureScript 14:42:00 PM , 2/4/2001

スケジュールされたタスクの高度なプロパティを表示するにはTo display advanced properties of scheduled tasks

次のコマンドは、ローカル コンピューターでは、作業の詳細の表示を要求します。The following command requests a detailed display of the tasks on the local computer. 使用して、 /v 詳細 (verbose) 表示を要求するパラメーター、および /fo リスト 表示を見やすくするためのリストとして書式設定するパラメーターです。It uses the /v parameter to request a detailed (verbose) display and the /fo LIST parameter to format the display as a list for easy reading. このコマンドを使用すると、作成したタスクが意図した定期的なパターンであることを確認します。You can use this command to verify that a task you created has the intended recurrence pattern.

schtasks/query/fo LIST/vschtasks /query /fo LIST /v

これに対して、Schtasks.exe はすべてのタスクの詳細プロパティリストを表示しますIn response, SchTasks.exe displays a detailed property list for all tasks. 次の表示は、午前 4 時に実行するようにスケジュール タスクのタスクの一覧を示しています。The following display shows the task list for a task scheduled to run at 4:00 A.M. 毎月の最終金曜日。on the last Friday of every month:

HostName: RESKIT01
TaskName: SecureScript
Next Run Time: 4:00:00 AM , 3/30/2001
Status: Not yet run
Logon mode: Interactive/Background
Last Run Time: Never
Last Result: 0
Creator: user01
Schedule: At 4:00 AM on the last Fri of every month, starting 3/24/2001
Task To Run: C:\WINDOWS\system32\notepad.exe
Start In: notepad.exe
Comment: N/A
Scheduled Task State: Enabled
Scheduled Type: Monthly
Modifier: Last FRIDAY
Start Time: 4:00:00 AM
Start Date: 3/24/2001
End Date: N/A
Days: FRIDAY
Months: JAN,FEB,MAR,APR,MAY,JUN,JUL,AUG,SEP,OCT,NOV,DEC
Run As User: RESKIT\user01
Delete Task If Not Rescheduled: Enabled
Stop Task If Runs X Hours and X Mins: 72:0
Repeat: Until Time: Disabled
Repeat: Duration: Disabled
Repeat: Stop If Still Running: Disabled
Idle: Start Time(For IDLE Scheduled Type): Disabled
Idle: Only Start If Idle for X Minutes: Disabled
Idle: If Not Idle Retry For X Minutes: Disabled
Idle: Stop Task If Idle State End: Disabled
Power Mgmt: No Start On Batteries: Disabled
Power Mgmt: Stop On Battery Mode: Disabled

リモート コンピューターのスケジュールされたタスクを記録するにはTo log tasks scheduled for a remote computer

次のコマンドは、リモート コンピューターの場合は、スケジュールされたタスクの一覧を要求し、タスクをローカル コンピューター上のコンマ区切りログ ファイルに追加します。The following command requests a list of tasks scheduled for a remote computer, and adds the tasks to a comma-separated log file on the local computer. このコマンド形式を使用して、収集し、複数のコンピューターにスケジュールされているタスクを追跡することができます。You can use this command format to collect and track tasks that are scheduled for multiple computers.

コマンドを使用して、 /s Reskit16、リモート コンピューターを識別するためにパラメーター、 /fo 形式を指定するパラメーター、および /nh 列見出しをしないようにするパラメーターです。The command uses the /s parameter to identify the remote computer, Reskit16, the /fo parameter to specify the format and the /nh parameter to suppress the column headings. >> タスク ログ、p0102.csv Svr01、ローカル コンピューター上にシンボルのリダイレクトの出力を追加します。The >> append symbol redirects the output to the task log, p0102.csv, on the local computer, Svr01. リモート コンピューターでコマンドを実行しているために、ローカル コンピューターのパスは完全修飾する必要があります。Because the command runs on the remote computer, the local computer path must be fully qualified.

schtasks /query /s Reskit16 /fo csv /nh >> \\svr01\data\tasklogs\p0102.csv

これに対して、 SchTasks.exe Reskit16 コンピューター Svr01、ローカル コンピューター上の p0102.csv ファイルへのスケジュールされたタスクを追加します。In response, SchTasks.exe adds the tasks scheduled for the Reskit16 computer to the p0102.csv file on the local computer, Svr01.

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key