セット idSet id

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

系列 ID の Diskpart コマンドでは、フォーカスのあるパーティションのパーティションの種類フィールドを変更します。The Diskpart Set ID command changes the partition type field for the partition with focus.

重要

このコマンドは、供給元で使用するため (Oem) のみです。This command is intended for use by original equipment manufacturers (OEMs) only. このパラメーターを持つパーティションの種類フィールドを変更すると、エラーが発生したり、起動できなくなる、コンピューターが発生する可能性があります。Changing partition type fields with this parameter might cause your computer to fail or be unable to boot. Oem または gpt ディスクの使用が発生すると、しない限り、このパラメーターを使用して gpt ディスク上のパーティションの種類フィールドを変更する必要がありますできません。Unless you are an OEM or experienced with gpt disks, you should not change partition type fields on gpt disks by using this parameter. 代わりに、常に使用して、 efi のパーティションを作成EFI システム パーティションを作成するコマンド、パーティション msr を作成Microsoft 予約パーティションを作成するコマンドと作成プライマリ パーティションgpt ディスク上のプライマリ パーティションを作成する ID パラメーターを指定しないコマンド。Instead, always use the create partition efi command to create EFI system partitions, the create partition msr command to create Microsoft Reserved partitions, and the create partition primary command without the ID parameter to create primary partitions on gpt disks.

構文Syntax

set id={ <byte> | <GUID> } [override] [noerr]  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
マスター ブート レコードの(MBR)ディスク、パーティション用の 16 進形式の種類 フィールドに新しい値を指定します。for master boot record (MBR) disks, specifies the new value for the type field, in hexadecimal form, for the partition. LDM パーティションを指定する型 0x42 を除き、このパラメーターでは、すべてのパーティションの種類のバイトを指定できます。Any partition type byte can be specified with this parameter except for type 0x42, which specifies an LDM partition. 16 進数のパーティションの種類を指定するときに、先頭の 0x を省略したことに注意してください。Note that the leading 0x is omitted when specifying the hexadecimal partition type.
GUID パーティション テーブルの(gpt)ディスク、パーティションの種類 フィールドに新しい GUID 値を指定します。for GUID partition table (gpt) disks, specifies the new GUID value for the type field for the partition. 認識された Guid は次のとおりです。Recognized GUIDs include:

-EFI システム パーティション: c12a7328-f81f-11 d 2-ba4b-00a0c93ec93b- EFI system partition: c12a7328-f81f-11d2-ba4b-00a0c93ec93b
-ベーシック データ パーティション: ebd0a0a2-b9e5-4433-87 c 0-68b6b72699c7- Basic data partition: ebd0a0a2-b9e5-4433-87c0-68b6b72699c7

ただし、次は、このパラメーターでは、パーティションの種類の GUID を指定できます。Any partition type GUID can be specified with this parameter except the following:

Microsoft 予約パーティション: e3c9e316-0b5c-4db8-817 d-f92df00215ae- Microsoft Reserved partition: e3c9e316-0b5c-4db8-817d-f92df00215ae
のダイナミック ディスク: 5808c8aa 上 LDM メタデータ パーティション-7e8f-42e0-85 d 2-e1e90434cfb3- LDM metadata partition on a dynamic disk:5808c8aa-7e8f-42e0-85d2-e1e90434cfb3
ダイナミック ディスク上の LDM データ パーティション: af9b60a0-1431-4f62-bc68-3311714a69ad- LDM data partition on a dynamic disk: af9b60a0-1431-4f62-bc68-3311714a69ad
-クラスターのメタデータ パーティション: db97dba9-0840-4bae-97f0-ffb9a327c7e1- Cluster metadata partition: db97dba9-0840-4bae-97f0-ffb9a327c7e1
上書きoverride パーティションの種類を変更する前にマウントを解除するボリューム上のファイル システムを強制します。forces the file system on the volume to dismount before changing the partition type. 実行すると、 id コマンドを DiskPart はロックし、ボリューム上のファイル システムをマウント解除を試みます。When you run the Set id command, DiskPart attempts to lock and dismount the file system on the volume. 場合 オーバーライド が指定されていないファイル システムをロックする呼び出しが失敗して (などの開いているハンドルがあるため), 、操作は失敗します。If override is not specified, and the call to lock the file system fails (for example, because there is an open handle), the operation will fail. オーバーライド が指定されている場合でも、ファイル システムのロックへの呼び出しが失敗すると、および、ボリュームに開いているハンドルが無効になり、DiskPart がマウントが解除を強制します。When override is specified, DiskPart forces the dismount even if the call to lock the file system fails, and any open handles to the volume will become invalid.

このコマンドでは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の使用のみです。This command is only available for Windows 7 and Windows Server 2008 R2.
noerrnoerr スクリプトのみに使用されます。Used for scripting only. エラーが発生すると、DiskPart は、エラーが発生しなかったかのようにコマンドを処理し続けます。When an error is encountered, DiskPart continues to process commands as if the error did not occur. このパラメーターは、エラー発生すると、DiskPart はエラー コードを生成して終了します。Without this parameter, an error causes DiskPart to exit with an error code.

注釈Remarks

  • 前述の制限、以外 DiskPart 調べませんを指定する値の有効性 (することを確認バイトの 16 進形式または GUID を除く)します。Other than the limitations previously mentioned, DiskPart does not check the validity of the value that you specify (except to ensure that it is a byte in hexadecimal form or a GUID).

  • このコマンドは、ダイナミック ディスク上または Microsoft 予約パーティション上には機能しません。This command does not work on dynamic disks or on Microsoft Reserved partitions.

Examples

型のフィールドに 0x07 設定を強制的にマウントを解除するファイル システムは、次のように入力します。To set the type field to 0x07 and force the file system to dismount, type:

set id=0x07 override  

ベーシック データ パーティションにする型のフィールドを設定するには、次のように入力します。To set the type field to be a basic data partition, type:

set id=ebd0a0a2-b9e5-4433-87c0-68b6b72699c7  

その他の参照additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key