sortsort

入力を読み取る、データを並べ替え、および画面をファイル、または別のデバイスには、結果を書き込みます。Reads input, sorts data, and writes the results to the screen, to a file, or to another device.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

sort [/r] [/+<N>] [/m <Kilobytes>] [/l <Locale>] [/rec <Characters>] [[<Drive1>:][<Path1>]<FileName1>] [/t [<Drive2>:][<Path2>]] [/o [<Drive3>:][<Path3>]<FileName3>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/r/r (つまり、並べ替えを 0 に 9 と Z A から) の並べ替え順序を反転させます。Reverses the sort order (that is, sorts from Z to A and from 9 to 0).
/+<N>/+<N> 文字の位置番号を指定します、並べ替え各比較が開始されます。Specifies the character position number where sort will begin each comparison. N有効な整数を指定できます。N can be any valid integer.
/m<キロバイト >/m <Kilobytes> キロバイト (KB) の並べ替えに使用する主要なメモリの量を指定します。Specifies the amount of main memory to use for the sort in kilobytes (KB).
/l<ロケール >/l <Locale> システム既定のロケール (言語および国/地域のインストール時に選択) で定義されている文字の並べ替え順序をオーバーライドします。Overrides the sort order of characters that are defined by the system default locale (that is, the language and Country/Region selected during installation).
/rec <Characters>/rec <Characters> 入力ファイルの行またはレコードの最大文字数を指定します (既定値は 4,096 および最大値は 65,535)。Specifies the maximum number of characters in a record or a line of the input file (the default value is 4,096 and the maximum is 65,535).
[<ドライブ 1 >:] [<Path1 >]<FileName1 >[<Drive1>:][<Path1>]<FileName1> 並べ替えられるファイルを指定します。Specifies the file to be sorted. ファイル名が指定されていない場合は、標準の入力が並べ替えられます。If no file name is specified, the standard input is sorted. 入力ファイルの指定は、標準入力と同じファイルにリダイレクトするよりも高速です。Specifying the input file is faster than redirecting the same file as standard input.
/t [<ドライブ 2 >:] [<Path2 >]/t [<Drive2>:][<Path2>] 保持するディレクトリのパスを指定します、並べ替えコマンドは、データがメイン メモリに収まらない場合、記憶域の作業です。Specifies the path of the directory to hold the sort command's working storage if the data does not fit in the main memory. 既定では、システムの一時ディレクトリが使用されます。By default, the system temporary directory is used.
/o [<ドライブ 3 >:] [<Path3 >]<ファイル名 3 >/o [<Drive3>:][<Path3>]<FileName3> 並べ替えられた入力が格納されるファイルを指定します。Specifies the file where the sorted input is to be stored. 指定しない場合、データは、標準出力に書き込まれます。If not specified, the data is written to the standard output. 出力ファイルを指定することは、同じファイルを標準出力をリダイレクトするより高速です。Specifying the output file is faster than redirecting standard output to the same file.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 使用して、 /+ コマンド ライン オプションUsing the /+ command-line option

    既定では、比較は、各行の最初の文字から始まります。By default, comparisons start at the first character of each line. /+ コマンド ライン オプションで指定された文字の比較を開始するNします。たとえば、/+3それぞれの行の 3 番目の文字で各比較を開始することを示します。The /+ command-line option starts comparisons at the character that is specified by N. For example, /+3 indicates that each comparison should begin at the third character of each line. 少ない行N他の行の前に文字を照合します。Lines with fewer than N characters collate before other lines.

  • 使用して、 /mコマンド ライン オプションUsing the /m command-line option

    使用されるメモリは 160 KB の最小値では常にします。The memory used is always a minimum of 160 KB. メモリのサイズが指定されている場合、正確な指定された時間、並べ替え (160 KB 以上である必要があります)、メイン メモリの量が使用可能なに関係なく使用されます。If the memory size is specified, the exact specified amount is used for the sort (must be at least 160 KB), regardless of how much main memory is available.

    サイズが指定されていない場合、既定の最大メモリ サイズは、それ以外の場合、入力と出力の両方が、ファイルである場合の利用可能なメモリの 90% またはメイン メモリの 45% です。The default maximum memory size when no size is specified is 90 percent of the available main memory if both the input and output are files, or 45 percent of main memory otherwise. 既定の設定は、通常は、最高のパフォーマンスを示します。The default setting usually gives the best performance.

  • 使用して、 /lコマンド ライン オプションUsing the /l command-line option

    現時点では、既定のロケールにのみ代替、自然言語の並べ替え (に従って、バイナリ エンコーディングの文字を並べ替えます) よりも高速である"C"ロケールです。Currently, the only alternative to the default locale is the "C" locale, which is faster than natural language sorting (it sorts characters according to their binary encodings).

  • リダイレクトのシンボルを使用して、並べ替えコマンドUsing redirection symbols with the sort command

    パイプ記号を使用することができます (|) への入力データを出力するため、並べ替え別のコマンドから、または別のコマンドに並べ替えられる出力に出力するためにコマンド。You can use the pipe symbol (|) to direct input data to the sort command from another command or to direct sorted output to another command. リダイレクト文字を使用して、入力と出力ファイルを指定できます (< または**>)。You can specify input and output files by using redirection symbols (<** or >). できます高速かつ効率的です (特に大きなファイル) が、入力ファイルを直接指定する (で定義されているFileName1コマンドの構文)、し、出力ファイルを使用して、指定、 /oパラメーター。It can be faster and more efficient (especially with large files) to specify the input file directly (as defined by FileName1 in the command syntax), and then specify the output file using the /o parameter.

  • 大文字と小文字の区別Case sensitivity

    並べ替えコマンドは大文字と小文字によって区別されません。The sort command does not distinguish between uppercase and lowercase letters.

  • ファイル サイズの制限Limits on file size

    並べ替えコマンド ファイルのサイズに制限がありません。The sort command has no limit on file size.

  • 照合順序Collating sequence

    並べ替えのプログラムでは、国/地域コードとコード ページ設定に対応する照合順序のテーブルを使用します。The sort program uses the collating-sequence table that corresponds to the Country/Region code and code-page settings. 127 の ASCII コードよりも大きい文字 Country.sys ファイルまたは代替ファイルで指定された情報に基づいて並べ替え、Config.nt ファイル コマンド。Characters greater than ASCII code 127 are sorted based on information in the Country.sys file or in an alternate file specified by the country command in your Config.nt file.

  • メモリ使用量Memory usage

    並べ替え、メモリの最大サイズに収まる場合 (またはで指定された既定のセットとして、 /mパラメーター)、単一のパスで並べ替えを実行します。If the sort fits within the maximum memory size (as set by default or as specified by the /m parameter), the sort is performed in a single pass. それ以外の場合、2 つ別個の並べ替えとマージのパスで、並べ替えを実行して、両方のパスに使用されるメモリの量が等しい。Otherwise, the sort is performed in two separate sort and merge passes, and the amounts of memory used for both passes are equal. 2 つのパスが実行される場合は、部分的に並べ替えられたデータがディスク上の一時ファイルに格納されます。When two passes are performed, the partially sorted data is stored in a temporary file on disk. 2 つのパスで並べ替えを実行するための十分なメモリがない場合は、実行時エラーが発行されます。If there is not enough memory to perform the sort in two passes, a run-time error is issued. 場合、 /mより多くのメモリが実際に使用できるよりも、パフォーマンスの低下を指定するコマンド ライン オプションを使用または実行時エラーが発生することができます。If the /m command-line option is used to specify more memory than is truly available, performance degradation or a run-time error can occur.

Examples

ファイルを並べ替えるSorting a file

並べ替えを Expenses.txt という名前のファイルに逆の順序で行を表示するには、次のように入力します。To sort and display in reverse order the lines in a file named Expenses.txt, type:

sort /r expenses.txt

コマンドの出力を並べ替えるSorting the output from a command

Maillist.txt をという名前のテキスト"Jones、"大きなファイルを検索し、検索の結果を並べ替えるには、パイプ (|) を使用して、出力に出力するため、検索コマンドを並べ替えコマンドを次のようにします。To search a large file named Maillist.txt for the text "Jones," and to sort the results of the search, use the pipe (|) to direct the output of a find command to the sort command, as follows:

find "Jones" maillist.txt | sort

コマンドは、指定したテキストを含む行の並べ替えられたリストを生成します。The command produces a sorted list of lines that contain the specified text.

キーボード入力を並べ替えるSorting keyboard input

キーボード入力を並べ替えるし、画面にアルファベット順に結果を表示、最初に使用できます、並べ替えパラメーターなしで、次のようにコマンドします。To sort keyboard input and display the results alphabetically on the screen, you can first use the sort command with no parameters, as follows:

sort

並べ替えするテキストを入力し、各行の最後に ENTER キーを押します。Then type the text that you want sorted, and press ENTER at the end of each line. テキストの入力が完了したら、ctrl キーを押しながら Z キーを押すし、し、ENTER キーを押します。When you have finished typing text, press CTRL+Z, and then press ENTER. 並べ替えコマンドがアルファベット順に並べ替えられて、入力したテキストを表示します。The sort command displays the text you typed, sorted alphabetically.

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key