takeowntakeown

管理者をファイルの所有者にすることによって、拒否されていたファイルへの管理者のアクセスを回復できます。Enables an administrator to recover access to a file that previously was denied, by making the administrator the owner of the file.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

takeown [/s <Computer> [/u [<Domain>\]<User name> [/p [<Password>]]]] /f <File name> [/a] [/r [/d {Y|N}]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/s<コンピューター >/s <Computer> 名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します (円記号を使用しない)。Specifies the name or IP address of a remote computer (do not use backslashes). 既定値はローカル コンピューターです。The default value is the local computer. このパラメーターは、すべてのファイルと、コマンドで指定されたフォルダーに適用されます。This parameter applies to all of the files and folders specified in the command.
/u [<ドメイン >]/u [<Domain>] 指定したユーザー アカウントのアクセス許可を持つ、スクリプトを実行します。Runs the script with the permissions of the specified user account. 既定値は、システムのアクセス許可です。The default value is system permissions.
/p [<パスワード >]/p [<Password>] 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account that is specified in the /u parameter.
/f<ファイル名 >/f <File name> ファイル名またはディレクトリの名前を指定のパターン。Specifies the file name or directory name pattern. ワイルドカード文字を使用することができます * のパターンを指定する場合。You can use the wildcard character * when specifying the pattern. 構文を使用することもできます。 ShareName*FileName *。You can also use the syntax ShareName*FileName*.
/a/a 現在のユーザーの代わりに、Administrators グループに所有権を示します。Gives ownership to the Administrators group instead of the current user.
/r/r 指定したディレクトリとサブディレクトリ内のすべてのファイルに対して再帰的な操作を実行します。Performs a recursive operation on all files in the specified directory and subdirectories.
/d {Y | N}/d {Y | N} 現在のユーザーが指定したディレクトリに対するフォルダー一覧表示"アクセス許可がないし、指定された既定値を代わりに使用するときに表示される確認のプロンプトを表示しません。Suppresses the confirmation prompt that is displayed when the current user does not have the "List Folder" permission on a specified directory, and instead uses the specified default value. 有効な値、 /d オプションは次のようにします。Valid values for the /d option are as follows:
「Y」ディレクトリの所有権を取得します。- Y: Take ownership of the directory.
-N:ディレクトリをスキップします。- N: Skip the directory.
と共にこのオプションを使用する必要がありますに注意してください、 /r オプション。Note that you must use this option in conjunction with the /r option.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • このコマンドは通常、バッチ ファイルで使用されます。This command is typically used in batch files.
  • 場合、 /a パラメーターが指定されていない、現在コンピューターにログオンしているユーザーにファイルの所有権が与えられます。If the /a parameter is not specified, file ownership is given to the user who is currently logged on to the computer.
  • 使用した混合のパターン (でしょうか。Mixed patterns using (? *) でサポートされていないtakeownコマンド。and *) are not supported by takeown command.
  • ロックを削除した後は takeown, 、Windows エクスプ ローラーを使用する必要がありますまたは cacls されるように完全なアクセス許可、ファイルとディレクトリを削除するにはコマンドです。After deleting the lock with takeown, you might have to use Windows Explorer or the cacls command to give yourself full permissions to the files and directories before you can delete them. 詳細については cacls, 、このトピックの最後に「その他の参照」を参照してください。For more information about cacls, see "Additional references" at the end of this topic.

Examples

Lostfile という名前のファイルの所有権を取得するには、次のように入力します。To take ownership of a file named Lostfile, type:

takeown /f lostfile

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key