tracerpttracerpt

Tracerptコマンドは、イベント トレース ログ、パフォーマンス モニター、およびリアルタイムのイベント トレース プロバイダーによって生成されるログ ファイルの解析に使用できます。The tracerpt command can be used to parse Event Trace Logs, log files generated by Performance Monitor, and real-time Event Trace providers. ダンプ ファイル、レポート ファイル、およびレポートのスキーマを生成します。It generates dump files, report files, and report schemas.

使用する方法の例についてはtracerptを参照してくださいします。For examples of how to use tracerpt, see Examples.

構文Syntax

tracerpt <[-l] <value [value [...]]>|-rt <session_name [session_name [...]]>> [options]

オプションOptions

オプション フラグOption flag 説明Description
-?-? ヘルプ表示のコンテキストに依存します。Displays context sensitive help.
-config <filename>-config <filename> コマンド オプションを含む設定ファイルを読み込みます。Load a settings file containing command options.
-y-y メッセージを表示せず、すべての質問に [はい] 回答します。Answer yes to all questions without prompting.
-f <XML-f <XML HTML>HTML>
-の<CSV-of <CSV EVTXEVTX
-df <filename>-df <filename> Microsoft 固有の仕様を作成するスキーマ ファイルのカウント/レポートします。Create a Microsoft-specific counting/reporting schema file.
-int <filename>-int <filename> 指定したファイルに解釈されたイベントの構造をダンプします。Dump the interpreted event structure to the specified file.
rts--rts 生のタイムスタンプ。 レポートは、イベントのヘッダーをトレースします。Report raw timestamp in the event trace header. ありません - レポートや概要-o のみ使用できます。Can only be used with -o, not -report or -summary.
-tmf <filename>-tmf <filename> トレース メッセージの書式定義ファイルを指定します。Specify a Trace Message Format definition file.
-tp <value>-tp <value> TMF ファイルの検索パスを指定します。Specify the TMF file search path. セミコロン (;) で区切られた複数のパスを使用できます。Multiple paths may be used, separated by a semicolon (;).
-i <value>-i <value> プロバイダーのイメージのパスを指定します。Specify the provider image path. 一致する PDB シンボル サーバーに配置されます。The matching PDB will be located in the Symbol Server. セミコロン (;) で区切られた複数のパスを使用できます。Multiple paths can be used, separated by a semicolon (;).
-pdb <value>-pdb <value> シンボル サーバーのパスを指定します。Specify the symbol server path. セミコロン (;) で区切られた複数のパスを使用できます。Multiple paths can be used, separated by a semicolon (;).
-gmt-gmt WPP ペイロードのタイムスタンプをグリニッジ標準時に変換します。Convert WPP payload timestamps to Greenwich Mean Time.
-rl <value>-rl <value> システム レポートのレベルを 1 から 5 を定義します。Define System Report Level from 1 to 5. 既定値は 1 です。Default is 1.
-[ファイル名] の概要-summary [filename] 概要レポートのテキスト ファイルを生成します。Generate a summary report text file. ファイル名を指定しない場合は、summary.txt です。Filename if not specified is summary.txt.
-o [ファイル名]-o [filename] テキスト出力ファイルを生成します。Generate a text output file. ファイル名を指定しない場合は、dumpfile.xml です。Filename if not specified is dumpfile.xml.
-レポートの [ファイル名]-report [filename] テキスト出力レポート ファイルを生成します。Generate a text output report file. ファイル名を指定しない場合は、workload.xml です。Filename if not specified is workload.xml.
-lr-lr 指定「緩い」Specify "less restrictive." これは、イベント スキーマに一致しないイベントを最善の努力を使用します。This uses best efforts for events that do not match the events schema.
-export [filename]-export [filename] イベント スキーマのエクスポート ファイルを生成します。Generate an Event Schema export file. ファイル名を指定しない場合は、schema.man です。Filename if not specified is schema.man.
[-l] <value [value […]]>[-l] <value [value […]]> 処理するためのイベント トレース ログ ファイルを指定します。Specify the Event Trace log file to process.
-rt <session_name [session_name […]]>-rt <session_name [session_name […]]> リアルタイムのイベント トレース セッションのデータ ソースを指定します。Specify Real-time Event Trace Session data sources.

Examples

  • この例は、2 つのイベント ログに基づくレポートを作成します。 logfile1.etllogfile2.etlダンプ ファイルを作成しますlogdump.xml XML 形式でします。This example creates a report based on the two event logs logfile1.etl and logfile2.etl and creates the dump file logdump.xml in XML format.
    tracerpt logfile1.etl logfile2.etl -o logdump.xml -of XML
    
  • この例は、イベント ログに基づくレポートを作成します。 logfile.etl、ダンプ ファイルを作成します。 logdmp.xml 、XML 形式のスキーマではなくイベントを識別するために最善の努力を使用するには、概要レポート ファイルが生成されます。logdump.txt、レポート ファイルを生成しますlogrpt.xmlします。This example creates a report based on the event log logfile.etl, creates the dump file logdmp.xml in XML format, uses best efforts to identify events not in the schema, produces a summary report file logdump.txt, and produces the report file logrpt.xml.
    tracerpt logfile.etl -o logdmp.xml -of XML -lr -summary logdmp.txt -report logrpt.xml
    
  • この例は、2 つのイベント ログを使用してlogfile1.etllogfile2.etlダンプ ファイルとファイル名の既定のレポート ファイルを作成します。This example uses the two event logs logfile1.etl and logfile2.etl to produce a dump file and report file with the default filenames.
    tracerpt logfile1.etl logfile2.etl -o -report
    
  • この例は、イベント ログを使用してlogfile.etlとパフォーマンス ログcounterfile.blgレポート ファイルを生成するためにlogrpt.xmlと、Microsoft 固有の XML スキーマファイルschema.xmlします。This example uses the event log logfile.etl and the performance log counterfile.blg to produce the report file logrpt.xml and the Microsoft-specific XML schema file schema.xml.
    tracerpt logfile.etl counterfile.blg -report logrpt.xml -df schema.xml
    
  • この例は、リアルタイムのイベント トレース セッション"NT Kernel Logger"を読み取り、ダンプ ファイルを生成logfile.csv CSV 形式でします。This example reads the real-time Event Trace Session "NT Kernel Logger" and produces the dump file logfile.csv in CSV format.
    tracerpt -rt "NT Kernel Logger" -o logfile.csv -of CSV