tracerttracert

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Time to Live (TTL) フィールドの値を段階的に増加による変換先にインターネット コントロール メッセージ プロトコル (ICMP) エコー要求または ICMPv6 メッセージを送信して先に使用されるパスを決定します。Determines the path taken to a destination by sending Internet Control Message Protocol (ICMP) echo Request or ICMPv6 messages to the destination with incrementally increasing time to Live (TTL) field values. 表示されるパスは、ソース ホストおよび変換先の間のパス内のルーターの近くにある/ルーター インターフェイスの一覧を示します。The path displayed is the list of near/side router interfaces of the routers in the path between a source host and a destination. 近くにある/インターフェイスは、パスに、送信ホストに最も近いルーターのインターフェイスです。The near/side interface is the interface of the router that is closest to the sending host in the path. パラメーターを付けずに tracert ヘルプが表示されます。Used without parameters, tracert displays help.

構文Syntax

tracert [/d] [/h <MaximumHops>] [/j <Hostlist>] [/w <timeout>] [/R] [/S <Srcaddr>] [/4][/6] <TargetName>  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/d/d 防止tracertから中間ルーターの IP アドレスを解決するのには、名前にしようとしています。Prevents tracert from attempting to resolve the IP addresses of intermediate routers to their names. これは高速化の表示tracert結果。This can speed up the display of tracert results.
/h <MaximumHops>/h <MaximumHops> ターゲット (宛先) を検索するパスでは、ホップの最大数を指定します。Specifies the maximum number of hops in the path to search for the target (destination). 既定値は、30 ホップです。The default is 30 hops.
/j <Hostlist>/j <Hostlist> 厳密でないソース ルート オプションを使用して、中間宛先の指定された一連の IP ヘッダーで要求メッセージをエコーするを指定します。あげるします。Specifies that echo Request messages use the Loose Source Route option in the IP header with the set of intermediate destinations specified in Hostlist. 厳密でないソースのルーティングと連続した中間宛先は、1 つまたは複数のルーターで区切ることができます。With loose source routing, successive intermediate destinations can be separated by one or multiple routers. アドレスまたはホストの一覧に名の最大数が 9 です。The maximum number of addresses or names in the host list is 9. あげるスペースで区切られた一連の IP アドレス (ドット形式 10 進表記)。The Hostlist is a series of IP addresses (in dotted decimal notation) separated by spaces. IPv4 アドレスをトレースする場合にのみ、このパラメーターを使用します。Use this parameter only when tracing IPv4 addresses.
/w <timeout>/w <timeout> ICMP 時間超過の待機またはエコー応答メッセージを受信する特定のエコー要求メッセージに対応するミリ秒単位の時間を指定します。Specifies the amount of time in milliseconds to wait for the ICMP time Exceeded or echo Reply message corresponding to a given echo Request message to be received. タイムアウト時間内を受信しない場合は、アスタリスク (*) が表示されます。If not received within the time-out, an asterisk (*) is displayed. 既定のタイムアウトは 4000 (4 秒) です。The default time-out is 4000 (4 seconds).
/R/R 拡張機能の IPv6 ルーティング ヘッダーが介在する宛先としてターゲットを使用して、逆のルートをテストは、ローカル ホストのエコー要求メッセージの送信に使用することを指定します。Specifies that the IPv6 Routing extension header be used to send an echo Request message to the local host, using the destination as an intermediate destination and testing the reverse route.
/S <Srcaddr >/S <Srcaddr> 要求メッセージをエコーで使用するソース アドレスを指定します。Specifies the source address to use in the echo Request messages. IPv6 アドレスをトレースする場合にのみ、このパラメーターを使用します。Use this parameter only when tracing IPv6 addresses.
/4/4 その tracert.exe は、IPv4 のみを使用して、このトレースを指定します。Specifies that tracert.exe can use only IPv4 for this trace.
/6/6 その tracert.exe は、IPv6 のみを使用して、このトレースを指定します。Specifies that tracert.exe can use only IPv6 for this trace.
<TargetName ><TargetName> 識別される、変換先を指定します。 IP アドレスまたはホスト名。Specifies the destination, identified either by IP address or host name.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • この診断ツールは、先に Live (TTL) 値を ICMP エコー要求メッセージは、さまざまな時間を送信で、先に使用されるパスを決定します。This diagnostic tool determines the path taken to a destination by sending ICMP echo Request messages with varying time to Live (TTL) values to the destination. 転送する前に、IP パケットの ttl 値をデクリメントするを少なくとも 1 つのパス上の各ルーターが必要です。Each router along the path is required to decrement the TTL in an IP packet by at least 1 before forwarding it. 実際には、TTL は、最大リンク カウンターです。Effectively, the TTL is a maximum link counter. パケットの TTL が 0 に達すると、ルーターは元のコンピューターに ICMP 時間超過メッセージを返すと想定されます。When the TTL on a packet reaches 0, the router is expected to return an ICMP time Exceeded message to the source computer. tracert は、最初のエコー要求メッセージ 1 とインクリメントの ttl 値を持つ、TTL を 1 つのターゲットが応答するまで各後続転送またはホップの最大数に達したを送信することによって、パスを決定します。tracert determines the path by sending the first echo Request message with a TTL of 1 and incrementing the TTL by 1 on each subsequent transmission until the target responds or the maximum number of hops is reached. ホップの最大数は既定で 30 し、を使用して指定できます、 /hパラメーター。The maximum number of hops is 30 by default and can be specified using the /h parameter. パスは、によって返される中間のルーターとエコー応答メッセージの送信先によって返される ICMP 時間超過メッセージを調べることによって決定されます。The path is determined by examining the ICMP time Exceeded messages returned by intermediate routers and the echo Reply message returned by the destination. ただし、一部のルーターは、期限切れの TTL 値を持つパケットを時間超過のメッセージが返されない、invisile tracert コマンドには。However, some routers do not return time Exceeded messages for packets with expired TTL values and are invisile to the tracert command. この場合、そのホップにアスタリスク (*) の行が表示されます。In this case, a row of asterisks (*) is displayed for that hop.
  • パスをトレースし、ネットワーク待機時間とパケット損失の各ルーターとパスでリンクを行うため、使用、 pathpingコマンド。To trace a path and provide network latency and packet loss for each router and link in the path, use the pathping command.
  • このコマンドは、インターネット プロトコル (TCP/IP) プロトコルがネットワーク接続のネットワーク アダプターのプロパティでコンポーネントとしてインストールされている場合にのみ使用できます。This command is available only if the Internet Protocol (TCP/IP) protocol is installed as a component in the properties of a network adapter in Network Connections.

Examples

Corp7.microsoft.com という名前のホストへのパスをトレースするには、次のように入力します。To trace the path to the host named corp7.microsoft.com, type:

tracert corp7.microsoft.com  

Corp7.microsoft.com という名前のホストへのパスをトレースし、その名前にそれぞれの IP アドレスの解決を防止する次のように入力します。To trace the path to the host named corp7.microsoft.com and prevent the resolution of each IP address to its name, type:

tracert /d corp7.microsoft.com  

Corp7.microsoft.com という名前のホストへのパスをトレースし、厳密でないソース ルートの 10.12.0.1/10.29.3.1/10.1.44.1 を使用して、次のように入力します。To trace the path to the host named corp7.microsoft.com and use the loose source route 10.12.0.1/10.29.3.1/10.1.44.1, type:

tracert /j 10.12.0.1 10.29.3.1 10.1.44.1 corp7.microsoft.com  

その他の参照情報Additional references