tsecimptsecimp

TAPI サーバー セキュリティ ファイル (Tsec.ini) に、拡張マークアップ言語 (XML) ファイルからの割り当てに関する情報をインポートします。Imports assignment information from an Extensible Markup Language (XML) file into the TAPI server security file (Tsec.ini). TAPI プロバイダーの一覧を表示する次のコマンドを使用することもできにし、各回線デバイスが関連付けられている、内容をインポートせずに XML ファイルの構造を検証、およびドメイン メンバーシップを確認します。You can also use this command to display the list of TAPI providers and the lines devices associated with each of them, validate the structure of the XML file without importing the contents, and check domain membership.

構文Syntax

tsecimp /f <Filename> [{/v | /u}]
tsecimp /d

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/f<ファイル名 >/f <Filename> 必須。Required. インポートする割り当て情報を含む XML ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the XML file that contains the assignment information that you want to import.
/v/v Tsec.ini ファイルに情報をインポートせず、XML ファイルの構造を検証します。Validates the structure of the XML file without importing the information into the Tsec.ini file.
/u/u 各ユーザーが XML ファイルで指定されたドメインのメンバーであるかどうかを確認します。Checks whether each user is a member of the domain specified in the XML file. このパラメーターを使用するコンピューターは、ネットワークに接続する必要があります。The computer on which you use this parameter must be connected to the network. このパラメーターでは、大量のユーザーの割り当てに関する情報を処理する場合、パフォーマンスが大幅に低下します。This parameter might significantly slow performance if you are processing a large amount of user assignment information.
/d/d インストールされているテレフォニー プロバイダーの一覧が表示されます。Displays a list of installed telephony providers. テレフォニー プロバイダーごとに、関連付けられた回線デバイスと、アドレスと各回線デバイスに関連付けられているユーザーは表示します。For each telephony provider, the associated line devices are listed, as well as the addresses and users associated with each line device.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 割り当て情報をインポートする XML ファイルは、以下に示す構造に従う必要があります。The XML file from which you want to import assignment information must follow the structure described below.
    • UserList要素UserList element

      UserListは XML ファイルの最上位要素です。The UserList is the top element of the XML file.

    • ユーザー要素User element

      ユーザー要素には、ドメインのメンバーであるユーザーに関する情報が含まれています。Each User element contains information about a user who is a member of a domain. 各ユーザーには、1 つまたは複数の回線デバイスを割り当てることがあります。Each user might be assigned one or more line devices.

      さらに、各ユーザーという名前の属性が要素NoMergeします。Additionally, each User element might have an attribute named NoMerge. この属性を指定すると、新規に作成する前に、現在のすべての行デバイス割り当てが、ユーザーは削除されます。When this attribute is specified, all current line device assignments for the user are removed before new ones are made. この属性を使用すると、簡単に不要なユーザーの割り当てを削除します。You can use this attribute to easily remove unwanted user assignments. 既定では、この属性は設定されません。By default, this attribute is not set.

      ユーザー要素は、1 つを含める必要がありますDomainUserName要素で、ユーザーのドメインとユーザー名を指定します。The User element must contain a single DomainUserName element, which specifies the domain and user name of the user. ユーザー要素では 1 つ含めることがありますもFriendlyName要素で、ユーザーのフレンドリ名を指定します。The User element might also contain one FriendlyName element, which specifies a friendly name for the user.

      ユーザー要素は、1 つを含めることがLineList要素。The User element might contain one LineList element. 場合、 LineList要素が存在しない、このユーザーのすべての回線デバイスが削除されます。If a LineList element is not present, all line devices for this user are removed.

    • LineList要素LineList element

      LineList要素には、それぞれの行またはユーザーに割り当てられる可能性がデバイスに関する情報が含まれています。The LineList element contains information about each line or device that might be assigned to the user. LineList要素は 1 つ以上を含めることができます要素。Each LineList element can contain more than one Line element.

    • 要素Line element

      要素は、回線デバイスを指定します。Each Line element specifies a line device. いずれかを追加することで、各回線デバイスを識別する必要があります、アドレス要素またはPermanentIDの下の要素、要素。You must identify each line device by adding either an Address element or a PermanentID element under the Line element.

      要素を設定できます、削除属性。For each Line element, you can set the Remove attribute. この属性を設定する場合は、ユーザーにその回線デバイスが不要になった割り当てられます。If you set this attribute, the user is no longer assigned that line device. この属性が設定されていない場合、ユーザーはその回線デバイスへのアクセスを取得します。If this attribute is not set, the user gains access to that line device. 回線デバイスがユーザーに使用できない場合、エラーは表示されません。No error is given if the line device is not available to the user.

Examples

  • 次のサンプル XML のコード セグメントでは、上記で定義された要素の正しい使用法について説明します。The following sample XML code segments illustrate correct usage of the elements defined above.
    • 次のコードは、User1 に割り当てられたすべての回線デバイスを削除します。The following code removes all line devices assigned to User1.
      <UserList>
        <User NoMerge="1">
          <DomainUser>domain1\user1</DomainUser>
        </User>
      </UserList>
      
    • 次のコードは、アドレス 99999 の回線が 1 つを割り当てる前に、User1 に割り当てられているすべての回線デバイスを削除します。The following code removes all line devices assigned to User1 before assigning one line with address 99999. User1 には、割り当てられているすべての回線デバイスが以前に割り当てられたかどうかに関係なく、他の回線デバイスはありません。User1 will have no other lines devices assigned, regardless of whether any line devices were assigned previously.
      <UserList>
        <User NoMerge="1">
          <DomainUser>domain1\user1</DomainUser>
          <FriendlyName>User1</FriendlyName>
          <LineList>
            <Line>
              <Address>99999</Address>
            </Line>
          </LineList>
        </User>
      </UserList>
      
    • 次のコードでは、以前に割り当てられた回線デバイスを削除することがなく、User1 の 1 つの回線デバイスを追加します。The following code adds one line device for User1 without deleting any previously assigned line devices.
      <UserList>
        <User>
          <DomainUser>domain1\user1</DomainUser>
          <FriendlyName>User1</FriendlyName>
          <LineList>
            <Line>
              <Address>99999</Address>
            </Line>
          </LineList>
        </User>
      </UserList>
      
    • 次のコードでは、回線アドレス 99999 を追加し、User1 のアクセスから回線アドレス 88888 を削除します。The following code adds line address 99999 and removes line address 88888 from User1's access.
      <UserList>
        <User>
          <DomainUser>domain1\user1</DomainUser>
          <FriendlyName>User1</FriendlyName>
          <LineList>
            <Line>
              <Address>99999</Address>
            </Line>
            <Line Remove="1">
              <Address>88888</Address>
            </Line>
          </LineList>
        </User>
      </UserList>
      
    • 次のコードでは、永続的なデバイス 1000 を追加し、User1 のアクセスから 88888 を削除します。The following code adds permanent device 1000 and removes line 88888 from User1's access.
      <UserList>
        <User>
          <DomainUser>domain1\user1</DomainUser>
          <FriendlyName>User1</FriendlyName>
          <LineList>
            <Line>
              <PermanentID>1000</PermanentID>
            </Line>
            <Line Remove="1">
              <Address>88888</Address>
            </Line>
          </LineList>
        </User>
      </UserList>
      
      
      
    ```  
  • The following sample output appears after the /d command-line option is specified to display the current TAPI configuration. For each telephony provider, the associated line devices are listed, as well as the addresses and users associated with each line device.
    NDIS Proxy TAPI Service Provider
            Line: "WAN Miniport (L2TP)"
                    Permanent ID: 12345678910
    
    NDIS Proxy TAPI Service Provider
            Line: "LPT1DOMAIN1\User1"
                    Permanent ID: 12345678910
    
    Microsoft H.323 Telephony Service Provider
            Line: "H323 Line"
                    Permanent ID: 123456
                    Addresses:
                            BLDG1-TAPI32
    
    

Additional references

Command-Line Syntax Key

Command shell overview