tsproftsprof

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

1 人のユーザーから別のリモート デスクトップ サービス ユーザーの構成情報をコピーします。Copies the Remote Desktop Services user configuration information from one user to another. リモート デスクトップ サービス ユーザーの構成情報は、リモート デスクトップ サービスの拡張機能をローカル ユーザーとグループと active directory ユーザーとコンピューターに表示されます。The Remote Desktop Services user configuration information is displayed in the Remote Desktop Services extensions to Local Users and Groups and active directory Users and computers.

tsprofユーザーのプロファイル パスを設定することもできます。tsprof can also set the profile path for a user.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

注意

Windows Server 2008 R2 で、「ターミナル サービス」は「リモート デスクトップ サービス」に名前変更されました。In Windows Server 2008 R2, Terminal Services was renamed Remote Desktop Services. 新機能については、最新バージョンについてを参照してください。 Windows Server 2012 でのリモート デスクトップ サービスでどのような s の新しい、Windows Server TechNet ライブラリです。To find out what's new in the latest version, see What s New in Remote Desktop Services in Windows Server 2012 in the Windows Server TechNet Library.

構文Syntax

tsprof /update {/domain:<DomainName> | /local} /profile:<path> <UserName>
tsprof /copy {/domain:<DomainName> | /local} [/profile:<path>] <Src_usr> <Dest_usr>
tsprof /q {/domain:<DomainName> | /local} <UserName>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/update/update プロファイル パス情報を更新 <UserName> ドメイン <DomainName> を <%profilepath%>。Updates profile path information for <UserName> in domain <DomainName> to <Profilepath>.
/domain:<DomainName >/domain:<DomainName> 操作を適用するドメインの名前を指定します。Specifies the name of the domain in which the operation is applied.
/local/local ローカル ユーザー アカウントのみに適用します。Applies the operation only to local user accounts.
/profile:<パス >/profile:<path> リモート デスクトップ サービスの拡張機能では、ローカル ユーザーとグループと active directory ユーザーとコンピューター で表示されるプロファイルのパスを指定します。Specifies the profile path as displayed in the Remote Desktop Services extensions in Local Users and Groups and active directory Users and computers.
<ユーザー名 ><UserName> 更新またはサーバー プロファイル パスを照会するユーザーの名前を指定します。Specifies the name of the user for whom you want to update or query the server profile path.
/copy/copy ユーザーの構成情報をコピー < SourceUser> に< DestinationUser> のプロファイル パス情報を更新および< DestinationUser> に< %profilepath%>。Copies user configuration information from <SourceUser> to <DestinationUser> and updates the profile path information for <DestinationUser> to <Profilepath>. 両方< SourceUser> と< DestinationUser> か、ローカルであるか、ドメインになければなりません< DomainName>.Both <SourceUser> and <DestinationUser> must either be local or must be in domain <DomainName>.
<Src_usr><Src_usr> ユーザーの構成情報をコピーするユーザーの名前を指定します。Specifies the name of the user from whom you want to copy the user configuration information.
<Dest_usr ><Dest_usr> ユーザーの構成情報をコピーするユーザーの名前を指定します。Specifies the name of the user to whom you want to copy the user configuration information.
/q/q サーバーのプロファイル パスをクエリするユーザーの現在のプロファイル パスを表示します。Displays the current profile path of the user for whom you want to query the server profile path.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • Tsprofコマンドは Windows Server 2008 R2 を実行するコンピューターで Windows Server 2008 または RD セッション ホスト役割サービスを実行するコンピューターにターミナル サーバーの役割サービスをインストールしたときにのみ使用できます。The tsprof command is only available when you have installed the Terminal Server role service on a computer running Windows Server 2008 or RD Session Host role service on a computer running Windows Server 2008 R2.

Examples

  • ユーザーの構成情報を LocalUser1 から LocalUser2 にコピーするには、次のように入力します。To copy user configuration information from LocalUser1 to LocalUser2, type:
    tsprof /copy /local LocalUser1 LocalUser2
    
  • "C:\profiles"という名前のディレクトリに LocalUser1 のリモート デスクトップ サービスのプロファイル パスを設定するには、次のように入力します。To set the Remote Desktop Services profile path for LocalUser1 to a directory called "c:\profiles," type:
    tsprof /update /local /profile:c:\profiles LocalUser1
    

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キー リモート デスクトップ サービスと #40 です。ターミナル サービスと #41 です。コマンドのリファレンスCommand-Line Syntax Key Remote Desktop Services (Terminal Services) Command Reference