wbadmin start recoverywbadmin start recovery

指定したパラメーターに基づいて回復操作を実行します。Runs a recovery operation based on the parameters that you specify.

このサブコマンドを使用して回復を実行するには、 Backup OperatorsグループまたはAdministratorsグループのメンバーであるか、適切なアクセス許可が委任されている必要があります。To perform a recovery with this subcommand, you must be a member of the Backup Operators group or the Administrators group, or you must have been delegated the appropriate permissions. さらに、実行する必要があります wbadmin 管理者特権でコマンド プロンプトからです。In addition, you must run wbadmin from an elevated command prompt. (管理者特権のコマンドプロンプトを開くには、[スタート] ボタンをクリックし、[コマンドプロンプト] を右クリックして、[管理者として実行] をクリックします)。(To open an elevated command prompt, click Start, right-click Command Prompt, and then click Run as administrator.)

構文Syntax

wbadmin start recovery
-version:<VersionIdentifier>
-items:{<VolumesToRecover> | <AppsToRecover> | <FilesOrFoldersToRecover>}
-itemtype:{Volume | App | File}
[-backupTarget:{<VolumeHostingBackup> | <NetworkShareHostingBackup>}]
[-machine:<BackupMachineName>]
[-recoveryTarget:{<TargetVolumeForRecovery> | <TargetPathForRecovery>}]
[-recursive]
[-overwrite:{Overwrite | CreateCopy | Skip}]
[-notRestoreAcl]
[-skipBadClusterCheck]
[-noRollForward]
[-quiet]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
-version-version 復元するバックアップのバージョン識別子を MM/DD/YYYY-HH: MM 形式で指定します。Specifies the version identifier of the backup to recover in MM/DD/YYYY-HH:MM format. バージョン識別子を把握していない場合は、入力 wbadmin のバージョンを取得するです。If you do not know the version identifier, type wbadmin get versions.
-項目-items 回復するボリューム、アプリケーション、ファイル、またはフォルダーのコンマ区切りの一覧を指定します。Specifies a comma-delimited list of volumes, applications, files, or folders to recover.
- Itemtypevolumeの場合、ボリュームドライブ文字、ボリュームマウントポイント、または GUID ベースのボリューム名を指定することによって、ボリュームを1つだけ指定できます。- If -itemtype is Volume, you can specify only a single volume—by providing the volume drive letter, volume mount point, or GUID-based volume name.
- ItemtypeAppの場合、1つのアプリケーションのみを指定できます。- If -itemtype is App, you can specify only a single application. 回復するには、アプリケーションが Windows Server バックアップに登録されている必要があります。To be recovered, the application must have registered with Windows Server Backup. また 、値の表示方法を使用して、Active Directory のインストールを回復することもできます。You can also use the value ADIFM to recover an installation of Active Directory. 詳細については、「」の「解説」を参照してください。See Remarks in for more information.
- ItemtypeFileの場合は、ファイルまたはフォルダーを指定できますが、同じボリュームの一部である必要があり、同じ親フォルダーの下にある必要があります。- If -itemtype is File, you can specify files or folders, but they should be part of the same volume and they should be under the same parent folder.
-itemtype-itemtype 回復する項目の種類を指定します。Specifies type of items to recover. ボリュームアプリ、またはファイルである必要があります。Must be Volume, App, or File.
-backuptarget-backupTarget 回復するバックアップが格納されている記憶域の場所を指定します。Specifies the storage location that contains the backup that you want to recover. このパラメーターは、このコンピューターのバックアップが通常格納されている場所とは異なる場所にある場合に便利です。This parameter is useful when the location is different from where backups of this computer are usually stored.
-コンピューター-machine バックアップの回復先となるコンピューターの名前を指定します。Specifies the name of the computer that you want to recover the backup for. このパラメーターは、複数のコンピューターが同じ場所にバックアップされている場合に便利です。This parameter is useful when multiple computers have been backed up to the same location. -BackupTargetパラメーターが指定されている場合に使用する必要があります。It should be used when the -backupTarget parameter is specified.
-recoveryTarget-recoveryTarget 復元先の場所を指定します。Specifies the location to restore to. このパラメーターは、この場所が以前にバックアップされた場所と異なる場合に便利です。This parameter is useful if this location is different than the location that was previously backed up. また、ボリューム、ファイル、またはアプリケーションの復元に使用することもできます。It can also be used for restorations of volumes, files, or applications. ボリュームを復元する場合は、代替ボリュームのボリュームドライブ文字を指定できます。If you are restoring a volume, you can specify the volume drive letter of the alternate volume. ファイルまたはアプリケーションを復元する場合は、別の回復場所を指定できます。If you are restoring a file or application, you can specify an alternate recovery location.
-recursive-recursive ファイルを回復する場合にのみ有効です。Valid only when recovering files. フォルダー内のファイルと、指定したフォルダーの下位にあるすべてのファイルを回復します。Recovers the files in the folders and all files subordinate to the specified folders. 既定では、指定されたフォルダーに直接存在するファイルのみが回復されます。By default, only files which reside directly in the specified folders are recovered.
-上書き-overwrite ファイルを回復する場合にのみ有効です。Valid only when recovering files. 回復中のファイルが同じ場所に既に存在する場合に実行する操作を指定します。Specifies the action to take when a file that is being recovered already exists in the same location.
- [スキップ] を Windows Server バックアップして、既存のファイルをスキップし、次のファイルの回復を続行します。- Skip causes Windows Server Backup to skip the existing file and continue with recovery of the next file.
- "Createcopy" は、既存のファイルが変更されないように、既存のファイルのコピーを作成する Windows Server バックアップします。- CreateCopy causes Windows Server Backup to create a copy of the existing file so that the existing file is not modified.
- 上書きを使用すると、Windows Server バックアップによって、バックアップからのファイルで既存のファイルが上書きされます。- Overwrite causes Windows Server Backup to overwrite the existing file with the file from the backup.
-notRestoreAcl-notRestoreAcl ファイルを回復する場合にのみ有効です。Valid only when recovering files. バックアップから回復するファイルのセキュリティアクセス制御リスト (Acl) を復元しないように指定します。Specifies to not restore the security access control lists (ACLs) of the files being recovered from the backup. 既定では、セキュリティ Acl が復元されます (既定値はtrue です)By default, the security ACLs are restored (the default value is true). このパラメーターを使用すると、復元されたファイルの Acl は、ファイルの復元先の場所から継承されます。If this parameter is used, the ACLs for the restored files will be inherited from the location to which the files are being restored.
-skipBadClusterCheck-skipBadClusterCheck ボリュームを回復する場合にのみ有効です。Valid only when recovering volumes. 無効なクラスター情報について、回復しているディスクのチェックをスキップします。Skips checking the disks that you are recovering to for bad cluster information. 別のサーバーまたはハードウェアに回復する場合は、このパラメーターを使用しないことをお勧めします。If you are recovering to an alternate server or hardware, we recommend that you do not use this parameter. これらのディスクに対してchkdsk/bコマンドをいつでも手動で実行して、不良クラスターがないかどうかを確認し、それに応じてファイルシステム情報を更新することができます。You can manually run the command chkdsk /b on these disks at any time to check them for bad clusters, and then update the file system information accordingly.
重要: 説明に従ってchkdskを実行するまでは、回復したシステムで報告された不良クラスターが正確でない可能性があります。Important: Until you run chkdsk as described, the bad clusters reported on your recovered system may not be accurate.
-noRollForward-noRollForward アプリケーションを回復する場合にのみ有効です。Valid only when recovering applications. バックアップからの最新バージョンが選択されている場合に、アプリケーションの以前の特定の時点への復旧を許可します。Allows for previous point-in-time recovery of an application if the latest version from the backups is selected. 最新ではないその他のバージョンのアプリケーションでは、以前の特定の時点への復旧が既定値として行われます。For other versions of the application that are not the latest, previous point-in-time recovery is done as the default.
-quiet-quiet ユーザーにプロンプトを表示せずにサブコマンドを実行します。Runs the subcommand with no prompts to the user.

注釈Remarks

  • 特定のバックアップバージョンから回復可能な項目の一覧を表示するには、 wbadmin get itemsを使用します。To view a list of items that are available for recovery from a specific backup version, use wbadmin get items. バックアップ時にボリュームにマウントポイントまたはドライブ文字がない場合、このサブコマンドは、ボリュームの回復に使用する GUID ベースのボリューム名を返します。If a volume did not have a mount point or drive letter at the time of backup, then this subcommand would return a GUID-based volume name that should be used for recovering the volume.
  • -ItemtypeAppの場合は、値を使用して、[メディアからのインストール]操作を実行し、 Active Directory Domain Services に必要なすべての関連データを回復することができます。When the -itemtype is App, you can use a value of ADIFM for -item to perform an install from media operation to recover all the related data needed for Active Directory Domain Services. 次に、Active Directory データベース、レジストリ、および SYSVOL の状態のコピーを作成し、この情報を -recoverytargetで指定した場所に保存します。ADIFM creates a copy of the Active Directory database, registry, and SYSVOL state, and then saves this information in the location specified by -recoveryTarget. このパラメーターは 、-recoverytargetが指定されている場合にのみ使用してください。Use this parameter only when -recoveryTarget is specified.
[!NOTE]
Before using **wbadmin** to perform an install from media operation, you should consider using the **ntdsutil** command because **ntdsutil** only copies the minimum amount of data needed, and it uses a more secure data transport method.

Examples

2013年3月31日の午前9:00 に撮影されたバックアップの回復を実行するには、次のように入力します。To run a recovery of the backup from March 31, 2013, taken at 9:00 A.M., of volume d:, type:

wbadmin start recovery -version:03/31/2013-09:00 -itemType:Volume -items:d:

2013年3月31日のバックアップを実行するには、レジストリの午前9:00 に、次のように入力します。To run a recovery to drive d of the backup from March 31, 2013, taken at 9:00 A.M., of the registry, type:

wbadmin start recovery -version:03/31/2013-09:00 -itemType:App -items:Registry -recoverytarget:d:\

9:00 2013 年3月31日から、d:\folder の下位にある d:\folder とフォルダーのバックアップの回復を実行するには、次のように入力します。To run a recovery of the backup from March 31, 2013, taken at 9:00 A.M., of the d:\folder and folders subordinate to d:\folder, type:

wbadmin start recovery -version:03/31/2013-09:00 -itemType:File -items:d:\folder -recursive

9:00 2013 年3月31日からのバックアップの回復を実行するには、volume \ \ ? \Volume{cc566d14-44a0-11d9-9d93-806e6f6e6963} , type:To run a recovery of the backup from March 31, 2013, taken at 9:00 A.M., of the volume \\?\Volume{cc566d14-44a0-11d9-9d93-806e6f6e6963}, type:

wbadmin start recovery -version:03/31/2013-09:00 -itemType:Volume
-items:\\?\Volume{cc566d14-44a0-11d9-9d93-806e6f6e6963}\

2013年4月30日からのバックアップの回復を実行するには、server01 の共有フォルダー servername\share の午前9:00 に、 \ \ 次のように入力します。To run a recovery of the backup from April 30, 2013, taken at 9:00 A.M., of the shared folder \\servername\share from server01, type:

wbadmin start recovery -version:04/30/2013-09:00 -backupTarget:\\servername\share -machine:server01

その他の参照情報Additional References