winnt32winnt32

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Windows Server 2003 のインストールまたは成果物へのアップグレードを実行します。Performs an installation of or upgrade to a product in Windows Server 2003. 実行することができますwinnt32 Windows Server 2003 で Windows 95、Windows 98、Windows Millennium edition、Windows NT、Windows 2000、Windows XP、または製品を実行するコンピューターでコマンド プロンプトからです。You can run winnt32 at the command prompt on a computer running Windows 95, Windows 98, Windows Millennium edition, Windows NT, Windows 2000, Windows XP, or a product in the Windows Server 2003. 実行すると winnt32 Windows NT 4.0 を実行するコンピューター上の Service Pack 5 またはそれ以降を最初に適用する必要があります。If you run winnt32 on a computer running Windows NT version 4.0, you must first apply Service Pack 5 or later.

構文Syntax

winnt32 [/checkupgradeonly] [/cmd: <CommandLine>] [/cmdcons] [/copydir:{i386|ia64}\<FolderName>] [/copysource: <FolderName>] [/debug[<Level>]:[ <FileName>]] [/dudisable] [/duprepare: <pathName>] [/dushare: <pathName>] [/emsport:{com1|com2|usebiossettings|off}] [/emsbaudrate: <BaudRate>] [/m: <FolderName>]  [/makelocalsource] [/noreboot] [/s: <Sourcepath>] [/syspart: <DriveLetter>] [/tempdrive: <DriveLetter>] [/udf: <ID>[,<UDB_File>]] [/unattend[<Num>]:[ <AnswerFile>]]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
必要があるなくなります/checkupgradeonly コンピューターが Windows Server 2003 の製品とアップグレードの互換性を確認します。Checks your computer for upgrade compatibility with products in Windows Server 2003.

このオプションを使用する場合 /unattend、ユーザー入力は必要ありません。if you use this option with /unattend, no user input is required. それ以外の場合、画面で、結果が表示され、それらを指定したファイル名で保存できます。Otherwise, the results are displayed on the screen, and you can save them under the file name you specify. 既定のファイル名は upgrade.txt フォルダーにします。The default file name is upgrade.txt in the systemroot folder.
/cmd/cmd セットアップの最後のフェーズの前に特定のコマンドを実行するように指示します。Instructs setup to carry out a specific command before the final phase of setup. これは、コンピューターを再起動し、セットアップが完了する前に、セットアップに必要な構成情報を収集した後が、後に発生します。This occurs after your computer has restarted and after setup has collected the necessary configuration information, but before setup is complete.
<CommandLine ><CommandLine> セットアップの最後のフェーズの前に実行するコマンドラインを指定します。Specifies the commandline to be carried out before the final phase of setup.
/cmdcons/cmdcons X86 ベースのコンピューターの場合は、スタートアップ オプションとして、回復コンソールをインストールします。On an x86-based computer, installs the recovery Console as a startup option. 回復コンソールは、コマンド ライン インターフェイス (NTFS でフォーマットされたドライブを含む) ローカル ドライブへのアクセスの開始とサービスの停止などのタスクを実行することができます。The recovery Console is a command-line interface from which you can perform tasks such as starting and stopping services and accessing the local drive (including drives formatted with NTFS). 使用できるだけ、 /cmdcons オプション セットアップの完了後にします。You can only use the /cmdcons option after setup is finished.
/copydir/copydir オペレーティング システム ファイルがインストールされているフォルダー内の別のフォルダーを作成します。creates an additional folder within the folder in which the operating system files are installed. たとえば、x86 と x64 ベースのコンピューターでは、作成できますと呼ばれるフォルダー Private_driversインストール、およびフォルダーに配置済みのドライバー ファイル i386 元フォルダー内です。for example, for x86 and x64-based computers, you could create a folder called Private_drivers within the i386 source folder for your installation, and place driver files in the folder. /copydir:i386\ Private_driversセットアップ新しくインストールされたコンピューターに新しいフォルダーの場所を作成するフォルダーをコピーするようにsystemroot \ Private_driversします。type /copydir:i386\Private_drivers to have setup copy that folder to your newly installed computer, making the new folder location systemroot\Private_drivers.

- i386 i386 の指定- i386 specifies i386
- ia64 ia64 の指定- ia64 specifies ia64

使用する /copydir する数の他のフォルダーを作成します。You can use /copydir to create as many additional folders as you want.
<FolderName><FolderName> サイトの変更を保持するために作成したフォルダーを指定します。Specifies the folder that you created to hold modifications for your site.
/copysource/copysource オペレーティング システム ファイルがインストールされているフォルダー内の追加の一時フォルダーを作成します。creates a temporary additional folder within the folder in which the operating system files are installed. 使用する /copysource する数の他のフォルダーを作成します。You can use /copysource to create as many additional folders as you want.

フォルダーとは異なり /copydir 作成すると、 /copysource セットアップの完了後にフォルダーを削除します。Unlike the folders /copydir creates, /copysource folders are deleted after Setup completes.
/debug/debug たとえば、レベルを指定すると、デバッグ ログを作成します /debug4:Debug.logします。creates a debug log at the level specified, for example, /debug4:Debug.log. 既定のログ ファイルはC:\systemroot \winnt32.logThe default log file is C:\ systemroot\winnt32.log, and
<level><level> レベル値と説明Level Values and descriptions

- 0:重大なエラー- 0: Severe Errors
- 1:エラー- 1: Errors
- 2:既定のレベル。- 2: Default level. 警告Warnings
- 3:情報- 3: Information
-4: デバッグの詳細情報- 4: detailed information for debugging

各レベルには、それ以下のレベルが含まれています。Each level includes the levels below it.
dudisable//dudisable 動的更新実行されないようにします。Prevents Dynamic Update from running. 動的更新を実行しないセットアップは、元のセットアップ ファイルでのみ実行されます。Without Dynamic Update, setup runs only with the original setup files. このオプションは、応答ファイルを使用し、そのファイルで動的更新のオプションを指定した場合でも、動的更新を無効になります。This option will disable Dynamic Update even if you use an answer file and specify Dynamic Update options in that file.
前回/duprepare Windows Update の Web サイトからダウンロードする動的な更新ファイルを使用できるように、インストール共有の準備作業を実行します。Carries out preparations on an installation share so that it can be used with Dynamic Update files that you downloaded from the Windows Update Web site. 複数のクライアント用の Windows XP をインストールするため、この共有を使用し、ことができます。This share can then be used for installing Windows XP for multiple clients.
<pathName><pathName> 完全なパス名を指定します。Specifies full path name.
/dushare/dushare Windows Update Web サイトから、以前実行するには、動的更新ファイル (セットアップで使用するために更新されたファイル) のダウンロード以前の共有を指定します *前回: * * * < pathName > します。Specifies a share on which you previously downloaded Dynamic Update files (updated files for use with Setup) from the Windows Update Web site, and on which you previously ran */duprepare:***< pathName>. クライアント上で実行する場合は、クライアントのインストールで使用することを指定で指定された共有上の更新ファイルの使用 します。When run on a client, specifies that the client installation will make use of the updated files on the share specified in .
/emsport:off/emsport 有効または、セットアップ中に、およびサーバーのオペレーティング システムがインストールされた後に、緊急管理サービスを無効にします。Enables or disables Emergency Management Services during setup and after the server operating system has been installed. 緊急管理サービスと緊急の場合にローカルのキーボード、マウス、およびネットワークが利用できない場合などのモニターが必要となる通常のサーバーをリモートで管理できます。 またはサーバーが正しく機能していません。With Emergency Management Services, you can remotely manage a server in emergency situations that would typically require a local keyboard, mouse, and monitor, such as when the network is unavailable or the server is not functioning properly. 緊急管理サービスは、特定のハードウェア要件を持ち、Windows Server 2003 の製品に対してのみ使用できますがあります。Emergency Management Services has specific hardware requirements, and is available only for products in Windows Server 2003.

- com1は x86 ベースのコンピューター (いない Itanium アーキテクチャ ベースのコンピューターにのみ適用されます。- com1 is applicable only for x86-based computers (not Itanium architecture-based computers).
- com2は x86 ベースのコンピューター (いない Itanium アーキテクチャ ベースのコンピューターにのみ適用されます。- com2is applicable only for x86-based computers (not Itanium architecture-based computers).
-既定値です。- Default. BIOS シリアル ポート Console Redirection (SPCR) テーブル内または Itanium アーキテクチャ ベース システムで、EFI コンソール デバイス パスで指定された設定を使用します。Uses the setting specified in the BIOS Serial Port Console Redirection (SPCR) table, or, in Itanium architecture-based systems, through the EFI console device path. 指定した場合 usebiossettings SPCR テーブルと EFI コンソール デバイスの適切なパスはありません、緊急管理サービスは有効になりません。If you specify usebiossettings and there is no SPCR table or appropriate EFI console device path, Emergency Management Serices will not be enabled.
- オフ緊急管理サービスを無効にします。- off disables Emergency Management Services. 後で、ブート設定を変更することで有効にできます。You can later enable it by modifying the boot settings.
/emsbaudrate/emsbaudrate x86 ベースのコンピューターには、緊急管理サービスのボー レートを指定します。for x86-based computers, specifies the baud rate for Emergency Management Services. (オプションは Itanium アーキテクチャ ベースのコンピューターに適用されません) です。使用する必要があります /emsport:com1 または /emsport:com2 (それ以外の場合、 /emsbaudrate は無視されます)。(The option is not applicable for Itanium architecture-based computers.) Must be used with /emsport:com1 or /emsport:com2 (otherwise, /emsbaudrate is ignored).
<BaudRate><BaudRate> 9600 ボー レートを示す 19200、57600、または 115200 です。Specifies baudrate of 9600, 19200, 57600, or 115200. 既定値は 9600 です。9600 is the default.
/m/m セットアップでは、別の場所から置換ファイルをコピーを指定します。Specifies that setup copies replacement files from an alternate location. セットアップを最初に、別の場所に検索し、ファイルを見つけた場合、既定の場所からファイルの代わりに使用するように指示します。Instructs setup to look in the alternate location first, and if files are present, to use them instead of the files from the default location.
/makelocalsource/makelocalsource セットアップ キーを押して、すべてのインストール ソース ファイルをローカル ハード_ディスクにコピーします。Instructs setup to copy all installation source files to your local hard disk. 使用 /makelocalsource cd が、インストールの後で利用できない場合は、インストール ファイルを提供する cd からインストールする場合。Use /makelocalsource when installing from a cd to provide installation files when the cd is not available later in the installation.
/noreboot/noreboot セットアップ キーを押して、別のコマンドを実行できるように、セットアップのファイルのコピー フェーズが完了した後、コンピューターを再起動します。Instructs setup to not restart the computer after the file copy phase of setup is completed so that you can run another command.
/s/s インストールするファイルのソースの場所を指定します。Specifies the source location of the files for your installation. 同時に複数のサーバーからファイルをコピーするには、入力、 /s: <Sourcepath > オプションを複数回 (最大 8 個)。To simultaneously copy files from multiple servers, type the /s:<Sourcepath> option multiple times (up to a maximum of eight). オプションを複数回使用する場合は、指定された最初のサーバーが必要になります。 または、セットアップは失敗します。If you type the option multiple times, the first server specified must be available, or setup will fail.
<Sourcepath ><Sourcepath> 完全なソース パス名を指定します。Specifies full source path name.
/syspart/syspart X86 ベースのコンピューターの場合を指定します。 ことができますセットアップ スタートアップ ファイルをハード_ディスクにコピー、アクティブとしてマークし、ディスクを別のコンピューターにインストールします。On an x86-based computer, specifies that you can copy setup startup files to a hard disk, mark the disk as active, and then install the disk into another computer. コンピューターを起動すると、セットアップの次のフェーズで自動的に開始します。When you start that computer, it automatically starts with the next phase of setup.

常に使用する必要があります、 /tempdrive を持つパラメーター、 /syspart パラメーター。You must always use the /tempdrive parameter with the /syspart parameter.

開始することができますwinnt32で、 /syspartオプションで Windows Server 2003、Windows NT 4.0、Windows 2000、Windows XP、または製品を実行している x86 ベースのコンピューター。You can start winnt32 with the /syspart option on an x86-based computer running Windows NT 4.0, Windows 2000, Windows XP, or a product in Windows Server 2003. コンピューターが Windows NT 4.0 を実行している場合は、Service Pack 5 以降が必要です。If the computer is running Windows NT version 4.0, it requires Service Pack 5 or later. Windows 95、Windows 98、または Windows Millennium edition は、コンピューターを実行することはできません。The computer cannot be running Windows 95, Windows 98, or Windows Millennium edition.
<ドライブ文字 ><DriveLetter> ドライブ文字を指定します。Specifies the drive letter.
/tempdrive/tempdrive 指定したパーティションに一時ファイルの配置がセットアップに指示します。directs setup to place temporary files on the specified partition.

新規インストールでは、指定したパーティションにサーバーのオペレーティング システムもインストールされます。for a new installation, the server operating system will also be installed on the specified partition.

アップグレードの場合、 /tempdriveオプションに影響する一時ファイルのみの配置は、実行元のパーティションでオペレーティング システムがアップグレードされるwinnt32します。for an upgrade, the /tempdrive option affects the placement of temporary files only; the operating system will be upgraded in the partition from which you run winnt32.
/udf/udf 識別子を示します (<ID >)、セットアップを使用して、一意性 Database (UDB) ファイルが、応答ファイルを変更する方法を指定 (を参照してください、 /unattendオプション)。Indicates an identifier (<ID>) that setup uses to specify how a Uniqueness Database (UDB) file modifies an answer file (see the /unattend option). UDB では、応答ファイル内の値を上書きします。 し、識別子が使用する UDB ファイル内の値を決定します。The UDB overrides values in the answer file, and the identifier determines which values in the UDB file are used. たとえば、 /udf:RAS_user,Our_company.udb Our_company.udb ファイル内に RAS_user 識別子に指定した設定をオーバーライドします。For example, /udf:RAS_user,Our_company.udb overrides settings specified for the RAS_user identifier in the Our_company.udb file. ない場合は<< > を指定すると、セットアップが、ユーザーを含むディスクを挿入するように指示されたら、 $unique$.udb$ $unique$.udbファイル。If no <UDB_file> is specified, setup prompts the user to insert a disk that contains the $Unique$.udb file.
<ID><ID> 一意性 Database (UDB) ファイルが、応答ファイルを変更する方法を指定するための識別子を示します。Indicates an identifier used to specify how a Uniqueness Database (UDB) file modifies an answer file.
<UDB_file><UDB_file> 一意性 Database (UDB) ファイルを指定します。Specifies a Uniqueness Database (UDB) file.
/unattend/unattend X86 ベースのコンピューターの場合は、無人セットアップ モードでの Windows NT 4.0 Server (Service Pack 5 以降) または Windows 2000 以前のバージョンにアップグレードします。On an x86-based computer, upgrades your previous version of Windows NT 4.0 Server (with Service Pack 5 or later) or Windows 2000 in unattended setup mode. すべてのユーザー設定は、セットアップ中に必要なユーザーの介入がないために、以前のインストールから取得されます。All user settings are taken from the previous installation, so no user intervention is required during setup.
<num><num> ファイル、コンピューターを再起動したときのコピーが終了をセットアップするまでの時間の秒数を指定します。Specifies the number of seconds between the time that setup finishes copying the files and when it restarts your computer. 使用することができます<Num > Windows Server 2003、Windows 98、Windows Millennium edition、Windows NT、Windows 2000、Windows XP、または製品を実行するコンピューターでします。You can use <Num> on any computer running Windows 98, Windows Millennium edition, Windows NT, Windows 2000, Windows XP, or a product in Windows Server 2003 . コンピューターが Windows NT 4.0 を実行している場合は、Service Pack 5 以降が必要です。If the computer is running Windows NT version 4.0, it requires Service Pack 5 or later.
<AnswerFile><AnswerFile> セットアップに、独自の仕様は、します。Provides setup with your custom specifications
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

クライアント コンピューターで Windows XP を展開する場合は、Windows XP に付属している winnt32.exe のバージョンを使用することができます。If you are deploying Windows XP on client computers, you can use the version of winnt32.exe that comes with Windows XP. Windows XP を展開する別の方法では、winnt32.msi、テクノロジの Windows インストーラー、IntelliMirror の一部を動作の設定を使用します。Another way to deploy Windows XP is to use winnt32.msi, which works through Windows Installer, part of the IntelliMirror set of technologies. クライアントの展開の詳細については、「Windows Server 2003 導入ガイドを参照してください。 Windows 導入ガイドとリソース キットを使用してします。For more information about client deployments, see the Windows Server 2003 Deployment Kit, which is described in Using the Windows Deployment and Resource Kits.

Itanium ベースのコンピューターの場合は、 winnt32 から拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) または Windows Server 2003 Enterprise、Windows Server 2003 R2 Enterprise、Windows Server 2003 R2 Datacenter、または Windows Server 2003 Datacenter から実行できます。On an Itanium-based computer, winnt32 can be run from the Extensible Firmware Interface (EFI) or from Windows Server 2003 Enterprise, Windows Server 2003 R2 Enterprise, Windows Server 2003 R2 Datacenter, or Windows Server 2003 Datacenter. Itanium アーキテクチャ ベースのコンピューターにも、 /cmdcons/syspart が表示されていないとアップグレードに関連するオプションは使用できません。Also, on an Itanium architecture-based computer, /cmdcons and /syspart are not available, and options relating to upgrades are not available. ハードウェアの互換性の詳細については、次を参照してください。ハードウェアの互換性します。for more information about hardware compatibility, see Hardware compatibility. 動的更新を使用して、複数のクライアントのインストールに関する情報の詳細は、「Windows Server 2003 導入ガイドを参照してください。 、Windows 導入ガイドとリソース キットを使用しています。for more detailed information about using Dynamic Update and installing multiple clients, see the Windows Server 2003 Deployment Kit, which is described in Using the Windows Deployment and Resource Kits. ブート設定を変更する方法の詳細については、Windows の展開と Windows Server 2003 のリソース キットを参照してください。for information about modifying boot settings, see the Windows Deployment and Resource Kits for Windows Server 2003. 詳細については、次を参照してください。 Windows 導入ガイドとリソース キットを使用してします。For more information, see Using the Windows Deployment and Resource Kits. 使用して、 /unattend コマンド ライン オプションの設定を自動化するものが読み取りを Microsoft ライセンス契約の Windows Server 2003 とみなされます。Using the /unattend command-line option to automate setup affirms that you have read and accepted the Microsoft License Agreement for Windows Server 2003. このコマンド ライン オプションを使用して、組織の Windows Server 2003 をインストールする、前に、ことを確認する必要がありますエンド ユーザー (個人、または 1 つのエンティティ) かどうかが受信した、読み取り、およびその製品の Microsoft ライセンス契約の条件に同意します。Before using this command-line option to install Windows Server 2003 on behalf of an organization other than your own, you must confirm that the end user (whether an individual, or a single entity) has received, read, and accepted the terms of the Microsoft License Agreement for that product. Oem は、エンドユーザーが使用しているコンピューター上のこのキーを指定できない場合があります。OEMs may not specify this key on machines being sold to end users.

その他の参照情報Additional references