winrswinrs

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Windows リモート管理を使用すると、管理し、プログラムをリモートで実行できます。Windows remote Management allows you to manage and execute programs remotely.

構文Syntax

winrs [/<parameter>[:<value>]] <command>  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/remote:<endpoint>/remote:<endpoint> NetBIOS 名または標準の接続を使用して、ターゲット エンドポイントを指定します。Specifies the target endpoint using a NetBIOS name or the standard connection:

- : [<トランスポート >://]<ターゲット > [:<ポート >]- : [<transport>://]<target>[:<port>]

指定しない場合、 /r:localhost使用されます。if not specified, /r:localhost is used.
暗号化されていない//unencrypted リモート シェルにメッセージは暗号化されませんを指定します。Specifies that the messages to the remote shell will not be encrypted. これはトラブルシューティングや、ネットワーク トラフィックが暗号化を使用して既にときに役立ちます。 ipsec、物理的なセキュリティを適用するタイミングまたはします。This is useful for troubleshooting or when the network traffic is already encrypted using ipsec, or when physical security is enforced.

既定では、Kerberos または NTLM のキーを使用して、メッセージが暗号化されます。By default, the messages are encrypted using Kerberos or NTLM keys.

このコマンド ライン オプションには、HTTPS トランスポートを選択した場合は無視されます。This command-line option is ignored when HTTPS transport is selected.
/username:<username>/username:<username> コマンドラインでユーザー名を指定します。Specifies username on command line.

指定しない場合、ツールは、名前のネゴシエート認証またはプロンプトが使用されます。if not specified, the tool will use Negotiate authentication or prompt for the name.

場合 /usernameが指定されている /passwordも指定する必要があります。if /username is specified, /password must also be specified.
/password:<password>/password:<password> コマンドラインでパスワードを指定します。Specifies password on command line.

場合 /passwordが指定されていませんが、 /usernameは、ツールでは、パスワードが求められます。if /password is not specified but /username is, the tool will prompt for the password.

場合 /passwordが指定されている /usernameも指定する必要があります。if /password is specified, /username must also be specified.
/timeout:<seconds>/timeout:<seconds> このオプションは非推奨とされます。This option is deprecated.
/directory:<path>/directory:<path> リモート シェルを開始するディレクトリを指定します。Specifies starting directory for remote shell.

リモート シェルは、環境変数で定義されているユーザーのホーム ディレクトリで開始されている指定しない場合、 %userprofile% します。if not specified, the remote shell will start in the user's home directory defined by the environment variable %USERPROFILE%.
/environment:<文字列 > =/environment:<string>= シェルのシェルを起動する既定の環境の変更を許可する場合に設定される 1 つの環境変数を指定します。Specifies a single environment variable to be set when shell starts, which allows changing default environment for shell.

このスイッチの複数の発生は、複数の環境変数を指定するために使用する必要があります。Multiple occurrences of this switch must be used to specify multiple environment variables.
/noecho/noecho そのエコーを無効にする必要がありますを指定します。Specifies that echo should be disabled. リモート画面の指示をユーザーの答がローカルに表示されないことを確認するために必要な場合があります。This may be necessary to ensure that user's answers to remote prompts are not displayed locally.

既定では、エコーが"on"です。By default echo is "on".
/noprofile/noprofile ユーザーのプロファイルを読み込まれていないことを指定します。Specifies that the user's profile should not be loaded.

既定では、サーバーはユーザー プロファイルの読み込みを試みます。By default, the server will attempt to load the user profile.

リモート ユーザーが、ターゲット システムにローカル管理者ではないかどうかは、このオプションが必要になります (既定値をエラーになります)。if the remote user is not a local administrator on the target system, then this option will be required (the default will result in error).
/allowdelegate/allowdelegate ユーザーの資格情報使用できることなど、リモート共有にアクセスするターゲット エンドポイントとは別のコンピューターで検出されたを指定します。Specifies that the user's credentials can be used to access a remote share, for example, found on a different machine than the target endpoint.
/compression/compression 圧縮を有効にします。Turn on compression. リモート コンピューター上の古いインストールできるように既定でオフになります圧縮はサポート可能性があります。Older installations on remote machines may not support compression so it is off by default.

リモート マシン上の以前のインストールが圧縮をサポートしていないために、既定の設定がオフです。Default setting is off, since older installations on remote machines may not support compression.
/usessl/usessl リモート エンドポイントを使用する場合は、SSL 接続を使用します。Use an SSL connection when using a remote endpoint. これを指定するトランスポートではなくhttps: 既定値を使用WinRM既定のポート。Specifying this instead of the transport https: will use the default WinRM default port.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • すべてのコマンド ライン オプションには、長い形式または短い形式のいずれかがそのまま使用します。All command-line options accept either short form or long form. たとえば、両方 /r/リモートは有効です。For example both /r and /remote are valid.
  • 終了する、 /リモートコマンドをユーザーが入力できるCtrl + Cまたはctrl + break、これは、リモート シェルに送信されます。To terminate the /remote command, the user can type Ctrl-C or Ctrl-break, which will be sent to the remote shell. 2 番目のCtrl + Cは強制終了winrs.exeします。The second Ctrl-C will force termination of winrs.exe.
  • アクティブなリモート シェルまたは winrs 構成を管理するには、WinRM のツールを使用します。To manage active remote shells or winrs configuration, use the WinRM tool. URI をアクティブなシェルを管理するエイリアスはcmdシェル/ します。The URI alias to manage active shells is shell/cmd. エイリアス winrs 構成の URI はwinrm/構成/winrsします。The URI alias for winrs configuration is winrm/config/winrs.

Examples

winrs /r:https://contoso.com command  
winrs /r:contoso.com /usessl command  
winrs /r:myserver command  
winrs /r:http://127.0.0.1 command  
winrs /r:http://169.51.2.101:80 /unencrypted command  
winrs /r:https://[::FFFF:129.144.52.38] command  
winrs /r:http://[1080:0:0:0:8:800:200C:417A]:80 command  
winrs /r:https://contoso.com /t:600 /u:administrator /p:$%fgh7 ipconfig  
winrs /r:myserver /env:path=^%path^%;c:\tools /env:TEMP=d:\temp config.cmd  
winrs /r:myserver netdom join myserver /domain:testdomain /userd:johns /passwordd:$%fgh789  
winrs /r:myserver /ad /u:administrator /p:$%fgh7 dir \\anotherserver\share  

その他の参照情報Additional references