wscriptwscript

Windows スクリプトホストは、さまざまなオブジェクトモデルを使用してタスクを実行するさまざまな言語のスクリプトをユーザーが実行できる環境を提供します。Windows Script Host provides an environment in which users can execute scripts in a variety of languages that use a variety of object models to perform tasks.

構文Syntax

wscript [<scriptname>] [/b] [/d] [/e:<engine>] [{/h:cscript|/h:wscript}] [/i] [/job:<identifier>] [{/logo|/nologo}] [/s] [/t:<number>] [/x] [/?] [<ScriptArguments>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter DescriptionDescription
スクリプト名scriptname スクリプトファイルのパスとファイル名を指定します。Specifies the path and file name of the script file.
/b/b アラート、スクリプトエラー、入力プロンプトを表示しないバッチモードを指定します。Specifies batch mode, which does not display alerts, scripting errors, or input prompts. これは /iとは逆です。This is the opposite of /i.
/d/d デバッガーを起動します。Starts the debugger.
/e/e スクリプトの実行に使用するエンジンを指定します。Specifies the engine that is used to run the script. これにより、カスタムファイル名拡張子を使用するスクリプトを実行できます。This lets you run scripts that use a custom file name extension. /E パラメーターを指定しない場合は、登録されているファイル名拡張子を使用するスクリプトのみを実行できます。Without the /e parameter, you can only run scripts that use registered file name extensions. たとえば、次のコマンドを実行しようとするとします。For example, if you try to run this command:
cscript test.admin
このエラーメッセージが表示されます。入力エラー: ファイル拡張子のスクリプトエンジンがありません。管理者です。You will receive this error message: Input Error: There is no script engine for file extension .admin.
非標準のファイル名拡張子を使用する利点の1つは、誤ってスクリプトをダブルクリックして、実際には実行したくないものを実行することです。One advantage of using nonstandard file name extensions is that it guards against accidentally double-clicking a script and running something you really did not want to run.
この場合、管理者のファイル名拡張子と VBScript の間に永続的な関連付けは作成されません。This does not create a permanent association between the .admin file name extension and VBScript. . Admin ファイル名拡張子を使用するスクリプトを実行するたびに、/e パラメーターを使用する必要があります。Each time you run a script that uses a .admin file name extension, you will need to use the /e parameter.
/h: cscript/h:cscript スクリプトを実行するための既定のスクリプトホストとして cscript.exe を登録します。Registers cscript.exe as the default script host for running scripts.
/h: wscript/h:wscript スクリプトを実行するための既定のスクリプトホストとして wscript.exe を登録します。Registers wscript.exe as the default script host for running scripts. これは、 /h オプションを省略した場合の既定値です。This is the default when the /h option is omitted.
/i/i アラート、スクリプトエラー、および入力プロンプトを表示する対話モードを指定します。Specifies interactive mode, which displays alerts, scripting errors, and input prompts.
これは既定値であり、 /bと逆になります。This is the default and the opposite of /b.
/ジョブ (<identifier>/job:<identifier> Wsfスクリプトファイル内の識別子によって識別されるジョブを実行します。Runs the job identified by identifier in a .wsf script file.
/ロゴ/logo スクリプトを実行する前に、Windows スクリプトホストバナーをコンソールに表示することを指定します。Specifies that the Windows Script Host banner is displayed in the console before the script runs.
これは、既定値であり、 /nologoと逆になります。This is the default and the opposite of /nologo.
/nologo/nologo スクリプトを実行する前に、Windows スクリプトホストバナーを表示しないように指定します。Specifies that the Windows Script Host banner is not displayed before the script runs. これは、 ロゴの反対です。This is the opposite of /logo.
/s/s 現在のユーザーの現在のコマンドプロンプトオプションを保存します。Saves the current command prompt options for the current user.
/t: <number>/t:<number> スクリプトを実行できる最長時間を秒単位で指定します。Specifies the maximum time the script can run (in seconds). 最大32767秒を指定できます。You can specify up to 32,767 seconds.
既定では、時間制限はありません。The default is no time limit.
/x/x デバッガーでスクリプトを開始します。Starts the script in the debugger.
ScriptArgumentsScriptArguments スクリプトに渡される引数を指定します。Specifies the arguments passed to the script. 各スクリプト引数の前にはスラッシュ (/) を付ける必要があります。Each script argument must be preceded by a slash (/).
/?/? コマンド プロンプトでヘルプを表示します。Displays Help at the command prompt.

注釈Remarks

  • このタスクを実行するときは、管理資格情報は必要ありません。Performing this task does not require you to have administrative credentials. そのため、セキュリティ対策として、このタスクは管理資格情報のないユーザーとして実行することを検討してください。Therefore, as a security best practice, consider performing this task as a user without administrative credentials.
  • コマンド プロンプトを開くには、スタート画面で、「cmd」と入力し、[コマンド プロンプト] をクリックします。To open a command prompt, on the Start screen, type cmd, and then click command prompt.
  • 各パラメーターは省略可能です。ただし、スクリプトを指定せずにスクリプトの引数を指定することはできません。Each parameter is optional; however, you cannot specify script arguments without specifying a script. スクリプトまたはスクリプトの引数を指定しない場合、 wscript.exe に [ Windows スクリプトホストの設定 ] ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスを使用して、ローカルコンピューター上で wscript.exe 実行されるすべてのスクリプトのグローバルなスクリプトプロパティを設定できます。If you do not specify a script or any script arguments, wscript.exe displays the Windows Script Host Settings dialog box, which you can use to set global scripting properties for all scripts that wscript.exe runs on the local computer.
  • /Tパラメーターを指定すると、タイマーを設定することによって、スクリプトの過剰な実行を防ぐことができます。The /t parameter prevents excessive running of scripts by setting a timer. 時間が指定された値を超えると、 wscript はスクリプトエンジンを中断し、プロセスを終了します。When the time exceeds the specified value, wscript interrupts the script engine and ends the process.
  • Windows スクリプトファイルは、通常、次のファイル名拡張子のいずれかに なります。 wsf.vbs.jsWindows script files usually have one of the following file name extensions: .wsf, .vbs, .js.
  • 拡張子が関連付けられていないスクリプトファイルをダブルクリックすると、[ ファイルを開くアプリケーション の選択] ダイアログボックスが表示されます。If you double-click a script file with an extension that has no association, the Open With dialog box appears. [ Wscript ] または [ cscript] を選択し、[この ファイルの種類を開くには常にこのプログラムを使用する] を選択します。Select wscript or cscript, and then select Always use this program to open this file type. これにより、このファイルの種類のファイルの既定のスクリプトホストとして wscript.exe または cscript.exe が登録されます。This registers wscript.exe or cscript.exe as the default script host for files of this file type.
  • 個々のスクリプトのプロパティを設定できます。You can set properties for individual scripts. 詳細については、「 Windows スクリプトホストの概要 」を参照してください。See Windows Script Host overview for more information.
  • Windows スクリプトホストでは 、wsf スクリプトファイルを使用できます。Windows Script Host can use .wsf script files. wsf ファイルは、複数のスクリプトエンジンを使用して複数のジョブを実行できます。Each .wsf file can use multiple scripting engines and perform multiple jobs.

その他の参照情報Additional References