xcopyxcopy

ファイルをコピーし、ディレクトリ、サブディレクトリも含めて。Copies files and directories, including subdirectories.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

Xcopy <Source> [<Destination>] [/w] [/p] [/c] [/v] [/q] [/f] [/l] [/g] [/d [:MM-DD-YYYY]] [/u] [/i] [/s [/e]] [/t] [/k] [/r] [/h] [{/a | /m}] [/n] [/o] [/x] [/exclude:FileName1[+[FileName2]][+[FileName3]] [{/y | /-y}] [/z] [/b] [/j]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<ソース ><Source> 必須。Required. コピーするファイルの名前と場所を指定します。Specifies the location and names of the files you want to copy. このパラメーターには、ドライブまたはパスを含める必要があります。This parameter must include either a drive or a path.
[<先 >][<Destination>] コピーするファイルのコピー先を指定します。Specifies the destination of the files you want to copy. このパラメーターには、ドライブ文字とコロン、ディレクトリ名、ファイル名、またはこれらの組み合わせを含めることができます。This parameter can include a drive letter and colon, a directory name, a file name, or a combination of these.
/w/w 次のメッセージが表示され、ファイルのコピーを開始する前に、応答を待機します。Displays the following message and waits for your response before starting to copy files:
ファイルのコピーを開始する任意のキーを押しますPress any key to begin copying file(s)
/p/p 各変換先ファイルを作成するかどうかを確認するように求められます。Prompts you to confirm whether you want to create each destination file.
/c/c エラーを無視します。Ignores errors.
/v/v 先のファイルがソース ファイルと同じであることを確認する対象ファイルに書き込まれると、各ファイルを確認します。Verifies each file as it is written to the destination file to make sure that the destination files are identical to the source files.
/q/q 表示しませんxcopyメッセージ。Suppresses the display of xcopy messages.
/f/f コピー中にソースとコピー先のファイル名が表示されます。Displays source and destination file names while copying.
/l/l コピーされるファイルの一覧が表示されます。Displays a list of files that are to be copied.
/g/g 復号化された作成ファイル変換先は暗号化をサポートしていない場合。Creates decrypted Destination files when the destination does not support encryption.
/d [: 年-月-日]/d [:MM-DD-YYYY] 元ののみ、指定した日付以降に変更されたファイルをコピーします。Copies source files changed on or after the specified date only. 含めない場合、年-月-日値、 xcopyすべてコピーソース既存のより新しいファイルファイル。If you do not include a MM-DD-YYYY value, xcopy copies all Source files that are newer than existing Destination files. このコマンド ライン オプションを使用して、変更されたファイルを更新できます。This command-line option allows you to update files that have changed.
/u/u ファイルからコピーソース上に存在するのみです。Copies files from Source that exist on Destination only.
/i/i 場合ソースディレクトリまたはワイルドカードが含まれていますとが存在しないxcopy前提としていますを指定します、ディレクトリ名を新しいディレクトリを作成します。If Source is a directory or contains wildcards and Destination does not exist, xcopy assumes Destination specifies a directory name and creates a new directory. 次に、 xcopy新しいディレクトリに指定したすべてのファイルをコピーします。Then, xcopy copies all specified files into the new directory. 既定では、 xcopyを指定するように求められますかどうかが、ファイルまたはディレクトリ。By default, xcopy prompts you to specify whether Destination is a file or a directory.
/s/s 空でない限り、ディレクトリとサブディレクトリをコピーします。Copies directories and subdirectories, unless they are empty. 省略した場合 /sxcopyは 1 つのディレクトリ内で動作します。If you omit /s, xcopy works within a single directory.
/e/e 空である場合でも、すべてのサブディレクトリをコピーします。Copies all subdirectories, even if they are empty. 使用 /eで、 /s/tコマンド ライン オプション。Use /e with the /s and /t command-line options.
/t/t サブディレクトリの構造 (つまり、ツリー) のみ、いないファイルをコピーします。Copies the subdirectory structure (that is, the tree) only, not files. 空のディレクトリにコピーする必要があります、 /eコマンド ライン オプション。To copy empty directories, you must include the /e command-line option.
/k/k ファイルをコピーし、読み取り専用属性を保持ファイル上に存在する場合、ソースファイル。Copies files and retains the read-only attribute on Destination files if present on the Source files. 既定では、 xcopy読み取り専用属性を削除します。By default, xcopy removes the read-only attribute.
/r/r 読み取り専用ファイルをコピーします。Copies read-only files.
/h/h ファイルをコピーで非表示にしてシステム ファイル属性。Copies files with hidden and system file attributes. 既定では、 xcopyは非表示にコピーしないデータまたはシステム ファイルBy default, xcopy does not copy hidden or system files
/a/a コピーのみソースアーカイブのファイルのファイル属性のセット。Copies only Source files that have their archive file attributes set. /aソース ファイルのアーカイブ ファイルの属性を変更しません。/a does not modify the archive file attribute of the source file. 使用して、アーカイブ ファイルの属性を設定する方法についてはattribを参照してくださいその他の参照します。For information about how to set the archive file attribute by using attrib, see Additional references.
/m/m コピーソースアーカイブのファイルのファイル属性のセット。Copies Source files that have their archive file attributes set. 異なり /a/mソースで指定されているファイルのアーカイブ ファイル属性をオフにします。Unlike /a, /m turns off archive file attributes in the files that are specified in the source. 使用して、アーカイブ ファイルの属性を設定する方法についてはattribを参照してくださいその他の参照します。For information about how to set the archive file attribute by using attrib, see Additional references.
/n/n NTFS の短いファイルまたはディレクトリ名を使用してコピーを作成します。Creates copies by using the NTFS short file or directory names. /nファイルをコピーまたは FAT ボリュームのディレクトリ、NTFS ボリュームからまたは FAT ファイル システムの名前付け規則 (つまり、8.3 文字) が必要な場合に必要です、ファイル システム。/n is required when you copy files or directories from an NTFS volume to a FAT volume or when the FAT file system naming convention (that is, 8.3 characters) is required on the Destination file system. FAT または NTFS ファイル システムを指定できます。The Destination file system can be FAT or NTFS.
/o/o ファイルの所有権と随意アクセス制御リスト (DACL) の情報をコピーします。Copies file ownership and discretionary access control list (DACL) information.
/x/x ファイル監査の設定とシステム アクセス制御リスト (SACL) の情報をコピー (意味 /o)。Copies file audit settings and system access control list (SACL) information (implies /o).
/exclude:FileName1[+[FileName2][+[FileName3]( )]/exclude:FileName1[+[FileName2][+[FileName3]( )] ファイルの一覧を指定します。Specifies a list of files. 少なくとも 1 つのファイルを指定する必要があります。At least one file must be specified. 各ファイル、ファイル内の個別の行には、各文字列で検索文字列が含まれます。Each file will contain search strings with each string on a separate line in the file.
文字列には、コピーするファイルの絶対パスの任意の部分が一致すると、そのファイルがコピーの対象から除外されます。When any of the strings match any part of the absolute path of the file to be copied, that file will be excluded from being copied. たとえば、文字列を指定するobjディレクトリの下にあるすべてのファイルを除外objまたはすべてのファイルで、 .obj拡張機能。For example, specifying the string obj will exclude all files underneath the directory obj or all files with the .obj extension.
/y/y 既存の変換先ファイルを上書きすることを確認するプロンプトを表示しません。Suppresses prompting to confirm that you want to overwrite an existing destination file.
/y/-y 既存の変換先ファイルを上書きすることを確認するメッセージが表示されます。Prompts to confirm that you want to overwrite an existing destination file.
/z/z 再起動可能モードでのネットワーク経由でコピーします。Copies over a network in restartable mode.
/b/b ファイルではなく、シンボリック リンクをコピーします。Copies the symbolic link instead of the files. このパラメーターは、Windows Vista® で導入されました。This parameter was introduced in Windows Vista®.
/j/j バッファリングせずにファイルをコピーします。Copies files without buffering. 非常に大きなファイルをお勧めします。Recommended for very large files. このパラメーターは、Windows Server 2008 R2 で追加されました。This parameter was added in Windows Server 2008 R2.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 使用して /zUsing /z

    (たとえば、接続を提供しているサーバーがオフラインになった場合など) のコピー フェーズ中に、接続を紛失した場合、接続を再確立した後に再開します。If you lose your connection during the copy phase (for example, if the server going offline severs the connection), it resumes after you reestablish the connection. /zもファイルごとに完了したコピー操作の割合が表示されます。/z also displays the percentage of the copy operation completed for each file.

  • 使用して /y /z でします。Using /y in the COPYCMD environment variable.

    使用することができます /y /z でします。You can use /y in the COPYCMD environment variable. このコマンドを使用してオーバーライドすることができます /yコマンド行にします。You can override this command by using /-y on the command line. 既定では、上書きするように求められます。By default, you are prompted to overwrite.

  • 暗号化されたファイルのコピーCopying encrypted files

    暗号化されたファイルをエラーで efs をサポートしていないボリュームにコピーします。Copying encrypted files to a volume that does not support EFS results in an error. まず、ファイルを復号化または EFS をサポートしているボリュームにファイルをコピーします。Decrypt the files first or copy the files to a volume that does support EFS.

  • ファイルを追加します。Appending files

    ファイルを追加する先の 1 つのファイルが複数のファイルに指定 (つまりを使用してワイルドカードまたは file1 + file2、file3 形式)。To append files, specify a single file for destination, but multiple files for source (that is, by using wildcards or file1+file2+file3 format).

  • 既定値変換先Default value for Destination

    省略した場合xcopyコマンドは、現在のディレクトリにファイルをコピーします。If you omit Destination, the xcopy command copies the files to the current directory.

  • 指定するかどうかファイルまたはディレクトリにはSpecifying whether Destination is a file or directory

    場合既存のディレクトリが含まれていないと、円記号が付いていません ()、次のメッセージが表示されます。If Destination does not contain an existing directory and does not end with a backslash (), the following message appears:

    Does <Destination> specify a file name or directory name on the target(F = file, D = directory)?
    

ファイルまたはファイルにコピーするファイルの場合、F キーを押します。Press F if you want the file or files to be copied to a file. ファイルまたはディレクトリにコピーするファイルの場合、D キーを押します。Press D if you want the file or files to be copied to a directory.

使用してこのメッセージを抑制することができます、 /iこれにより、コマンド ライン オプションxcopyソースが 1 つ以上のファイルまたはディレクトリの場合は、セルのコピー先ディレクトリを想定します。You can suppress this message by using the /i command-line option, which causes xcopy to assume that the destination is a directory if the source is more than one file or a directory.

  • 使用して、 xcopyアーカイブ属性を設定するコマンドファイルUsing the xcopy command to set archive attribute for Destination files

    Xcopyコマンドは、この属性は、ソース ファイルで設定されているかどうかを示す、アーカイブ属性が設定ファイルを作成します。The xcopy command creates files with the archive attribute set, whether or not this attribute was set in the source file. ファイル属性の詳細については、 attribを参照してくださいその他の参照します。For more information about file attributes and attrib, see Additional references.

  • 比較するxcopy機能Comparing xcopy and diskcopy

    別の形式を持つサブディレクトリ内のファイルを含むディスクがあるし、ディスクにコピーする場合、使用、 xcopyコマンドの代わりに機能します。If you have a disk that contains files in subdirectories and you want to copy it to a disk that has a different format, use the xcopy command instead of diskcopy. 機能コマンドは、トラックごとのディスクをコピーしてから、元と変換先のディスクは、同じ形式である必要があります。Because the diskcopy command copies disks track by track, your source and destination disks must have the same format. Xcopyコマンドには、この要件はありません。The xcopy command does not have this requirement. 使用xcopyしない限り、完全なディスク イメージをコピーする必要があります。Use xcopy unless you need a complete disk image copy.

  • 終了コードをxcopyExit codes for xcopy

    によって返される終了コードを処理するxcopyを使用して、 ErrorLevel上のパラメーター、場合バッチ プログラム内でコマンドライン。To process exit codes returned by xcopy, use the ErrorLevel parameter on the if command line in a batch program. 終了を使用してコードを処理するバッチ ファイルの例については場合を参照してくださいその他の参照します。For an example of a batch program that processes exit codes using if, see Additional references. 次の表は、終了コードと説明を示します。The following table lists each exit code and a description.

    終了コードExit code 説明Description
    00 エラーが発生せず、ファイルがコピーされました。Files were copied without error.
    11 コピーするファイルが見つかりませんでした。No files were found to copy.
    22 ユーザーが終了するには、CTRL + C を押したxcopyします。The user pressed CTRL+C to terminate xcopy.
    44 初期化エラーが発生しました。Initialization error occurred. 十分なメモリまたはディスク領域がないか、コマンドラインで、無効なドライブの名前または無効な構文を入力します。There is not enough memory or disk space, or you entered an invalid drive name or invalid syntax on the command line.
    55 ディスクの書き込みエラーが発生しました。Disk write error occurred.

Examples

1. ドライブ A から B ドライブに、すべてのファイルとサブディレクトリ (空のサブディレクトリを含む) をコピーするに次のように入力します。1. To copy all the files and subdirectories (including any empty subdirectories) from drive A to drive B, type:

xcopy a: b: /s /e 

2. 前の例では、システムまたは非表示ファイルを含めるには追加、/hコマンド ライン オプションとして、次のとおりです。2. To include any system or hidden files in the previous example, add the/h command-line option as follows:

xcopy a: b: /s /e /h

3. 1993 年 12 月 29 日以降に変更された \Rawdata ディレクトリ内のファイルで \Reports ディレクトリ内のファイルを更新するには、次のように入力します。3. To update files in the \Reports directory with the files in the \Rawdata directory that have changed since December 29, 1993, type:

xcopy \rawdata \reports /d:12-29-1993

4. 前の例で、日付に関係なく \Reports 内に存在するすべてのファイルを更新するには、次のように入力します。4. To update all the files that exist in \Reports in the previous example, regardless of date, type:

xcopy \rawdata \reports /u

5. 前のコマンドでコピーするファイルの一覧を取得する (つまり、実際には、ファイルをコピーすることがなく)、型。5. To obtain a list of the files to be copied by the previous command (that is, without actually copying the files), type:

xcopy \rawdata \reports /d:12-29-1993 /l > xcopy.out

ファイル xcopy.out では、すべてのファイルのコピーを一覧表示します。The file xcopy.out lists every file that is to be copied.

6. \Customer ディレクトリとすべてのサブディレクトリをディレクトリにコピーする\\ネットワーク上の Public\Address ドライブ H、読み取り専用属性を保持し、h: 型の新しいファイルが作成されるときに入力を求め。6. To copy the \Customer directory and all subdirectories to the directory \\Public\Address on network drive H:, retain the read-only attribute, and be prompted when a new file is created on H:, type:

xcopy \customer h:\public\address /s /e /k /p

7. 前のコマンドを発行することを確認しますxcopyはありませんが存在し、新しいディレクトリを作成するときに表示されるメッセージを抑制する場合、\Address ディレクトリが作成を追加、 /iコマンドラインオプションとしては、次のようにします。7. To issue the previous command, ensure that xcopy creates the \Address directory if it does not exist, and suppress the message that appears when you create a new directory, add the /i command-line option as follows:

xcopy \customer h:\public\address /s /e /k /p /i

8. 実行するバッチ プログラムを作成することができますxcopy操作と、batch を使用して場合コマンドが、エラーが発生した場合は、終了コードを処理します。8. You can create a batch program to perform xcopy operations and use the batch if command to process the exit code if an error occurs. たとえば、次のバッチ プログラムがの置き換え可能パラメーターを使用して、 xcopyソースおよびターゲットのパラメーター。For example, the following batch program uses replaceable parameters for the xcopy source and destination parameters:

@echo off
rem COPYIT.BAT transfers all files in all subdirectories of
rem the source drive or directory (%1) to the destination
rem drive or directory (%2)
xcopy %1 %2 /s /e
if errorlevel 4 goto lowmemory
if errorlevel 2 goto abort
if errorlevel 0 goto exit
:lowmemory
echo Insufficient memory to copy files or
echo invalid drive or command-line syntax.
goto exit
:abort
echo You pressed CTRL+C to end the copy operation.
goto exit
:exit 

前のバッチ プログラムを使用すると、ドライブ B C:\Prgmcode ディレクトリとそのサブディレクトリ内のすべてのファイルをコピーして、次のように入力します。To use the preceding batch program to copy all files in the C:\Prgmcode directory and its subdirectories to drive B, type:

copyit c:\prgmcode b:

コマンド インタープリターの代用C:\Prgmcode%1b:%2を使用して、 xcopyで、 /e/sコマンド ライン オプション。The command interpreter substitutes C:\Prgmcode for %1 and B: for %2, then uses xcopy with the /e and /s command-line options. 場合xcopyエラー検出すると、バッチ プログラムは終了コードを読むし、適切なで示されたラベルに場合 ERRORLEVELステートメントでは、:、適切なメッセージを表示しを終了し、バッチ プログラム。If xcopy encounters an error, the batch program reads the exit code and goes to the label indicated in the appropriate IF ERRORLEVEL statement, then displays the appropriate message and exits from the batch program.

9. この例はすべて、空でないディレクトリ、および記号のアスタリスクで指定されたパターンに一致する名前を持つファイル。9. This example all the non-empty directories, plus files whose name match the pattern given with the asterisk symbol.

xcopy .\toc*.yml ..\..\Copy-To\ /S /Y

rem Output example.
rem  .\d1\toc.yml
rem  .\d1\d12\toc.yml
rem  .\d2\toc.yml
rem  3 File(s) copied

前の例では、この特定のソース パラメーターの値で .\toc*.yml同じ場合の 3 つのファイルでもその 2 つのパスの文字をコピー .\ が削除されました。In the preceding example, this particular source parameter value .\toc*.yml copy the same 3 files even if its two path characters .\ were removed. ただし、ファイルはコピーされませんアスタリスクのワイルドカードはだけですので、ソース パラメーターから削除された場合 .\toc.ymlします。However, no files would be copied if the asterisk wildcard was removed from the source parameter, making it just .\toc.yml.

その他の参照情報Additional references