Windows Server Update Services を展開するDeploy Windows Server Update Services

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Windows Server Update Services (WSUS) を使用すると、IT 管理者は Microsoft 製品の最新の更新プログラムを展開できます。Windows Server Update Services (WSUS) enables information technology administrators to deploy the latest Microsoft product updates. WSUS は Windows Server のサーバーの役割の 1 つで、更新プログラムを管理および配布するためにインストールできます。WSUS is a Windows Server server role that can be installed to manage and distribute updates. 1 台の WSUS サーバーを、組織内にある他の WSUS サーバー用の更新プログラムの供給元として運用できます。A WSUS server can be the update source for other WSUS servers within the organization. 更新プログラムの供給元として機能する WSUS サーバーは、"アップストリーム サーバー" と呼ばれます。The WSUS server that acts as an update source is called an upstream server.

WSUS 実装では、利用可能な更新プログラムの情報を入手するために、ネットワーク内にある WSUS サーバーのうち少なくとも 1 台を Microsoft Update に接続する必要があります。In a WSUS implementation, at least one WSUS server in the network must connect to Microsoft Update to get available update information. ユーザーは、ネットワークのセキュリティと構成に基づいて、Microsoft Update に直接接続するサーバーの台数を決めることができます。You can determine, based on network security and configuration, how many other servers connect directly to Microsoft Update.

Windows Server Update Services を計画して展開するための概念について説明します。This guide provides conceptual information for planning and deploying Windows Server Update Service.