クラスターのオペレーティングシステムのローリングアップグレードCluster operating system rolling upgrade

適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

クラスター OS のローリングアップグレードを使用すると、管理者は Hyper-v またはスケールアウトファイルサーバーワークロードを停止せずに、クラスターノードのオペレーティングシステムをアップグレードできます。Cluster OS Rolling Upgrade enables an administrator to upgrade the operating system of the cluster nodes without stopping the Hyper-V or the Scale-Out File Server workloads. この機能を使用すると、サービス レベル アグリーメント (SLA) でのダウンタイムに対するペナルティを回避できます。Using this feature, the downtime penalties against Service Level Agreements (SLA) can be avoided.

クラスター OS のローリングアップグレードには、次のような利点があります。Cluster OS Rolling Upgrade provides the following benefits:

  • Hyper-v 仮想マシンとスケールアウトファイルサーバー (SOFS) ワークロードを実行しているフェールオーバークラスターは、ダウンタイムなしで (クラスター内のすべてのノードで実行されている) windows server 2012 R2 から Windows Server 2016 (クラスターのすべてのクラスターノードで実行されている) にアップグレードできます。Failover clusters running Hyper-V virtual machine and Scale-out File Server (SOFS) workloads can be upgraded from Windows Server 2012 R2 (running on all nodes in the cluster) to Windows Server 2016 (running on all cluster nodes of the cluster) without downtime. SQL Server などのその他のクラスターワークロードは、Windows Server 2016 へのフェールオーバーにかかる時間 (通常は5分未満) に使用できなくなります。Other cluster workloads, such as SQL Server, will be unavailable during the time (typically less than five minutes) it takes to failover to Windows Server 2016.

  • 追加のハードウェアは必要ありません。It doesn't require any additional hardware. ただし、クラスター OS のローリングアップグレードプロセス中にクラスターの可用性を向上させるために、クラスターノードを小規模クラスターに一時的に追加することができます。Although, you can add additional cluster nodes temporarily to small clusters to improve availability of the cluster during the Cluster OS Rolling Upgrade process.

  • クラスターを停止または再起動する必要はありません。The cluster doesn't need to be stopped or restarted.

  • 新しいクラスターは必要ありません。A new cluster is not required. 既存のクラスターはアップグレードされます。The existing cluster is upgraded. また、Active Directory に格納されている既存のクラスターオブジェクトが使用されます。In addition, existing cluster objects stored in Active Directory are used.

  • アップグレードプロセスは、お客様が "ポイント対返品" を解除するまで、すべてのクラスターノードが Windows Server 2016 を実行していて、ClusterFunctionalLevel PowerShell コマンドレットが実行されるまで、元に戻すことができます。The upgrade process is reversible until the customer choses the "point-of-no-return", when all cluster nodes are running Windows Server 2016, and when the Update-ClusterFunctionalLevel PowerShell cmdlet is run.

  • クラスターは、混合 OS モードでの実行中に、修正プログラムの適用とメンテナンス操作をサポートできます。The cluster can support patching and maintenance operations while running in the mixed-OS mode.

  • PowerShell と WMI を使用した自動化がサポートされています。It supports automation via PowerShell and WMI.

  • "クラスターのパブリックプロパティClusterFunctionalLevel " プロパティは、Windows Server 2016 クラスターノード上のクラスターの状態を示します。The cluster public property ClusterFunctionalLevel property indicates the state of the cluster on Windows Server 2016 cluster nodes. このプロパティは、フェールオーバークラスターに属する Windows Server 2016 クラスターノードから PowerShell コマンドレットを使用して照会できます。This property can be queried using the PowerShell cmdlet from a Windows Server 2016 cluster node that belongs to a failover cluster:

    Get-Cluster | Select ClusterFunctionalLevel
    

    値が8の場合は、クラスターが Windows Server 2012 R2 の機能レベルで実行されていることを示します。A value of 8 indicates that the cluster is running at the Windows Server 2012 R2 functional level. 9は、クラスターが Windows Server 2016 の機能レベルで実行されていることを示します。A value of 9 indicates that the cluster is running at the Windows Server 2016 functional level.

このガイドでは、クラスター OS のローリングアップグレードプロセスのさまざまな段階、インストール手順、機能の制限、よく寄せられる質問 (Faq) について説明します。また、Windows Server 2016 の次のクラスター OS ローリングアップグレードシナリオにも適用できます。This guide describes the various stages of the Cluster OS Rolling Upgrade process, installation steps, feature limitations, and frequently asked questions (FAQs), and is applicable to the following Cluster OS Rolling Upgrade scenarios in Windows Server 2016:

  • Hyper-v クラスターHyper-V clusters
  • スケールアウトファイルサーバークラスターScale-Out File Server clusters

次のシナリオは、Windows Server 2016 ではサポートされていません。The following scenario is not supported in Windows Server 2016:

  • 仮想ハードディスク (.vhdx ファイル) を共有記憶域として使用するゲストクラスターのクラスター OS ローリングアップグレードCluster OS Rolling Upgrade of guest clusters using virtual hard disk (.vhdx file) as shared storage

クラスター OS のローリングアップグレードは、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 2016 で完全にサポートされています。Cluster OS Rolling Upgrade is fully supported by System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 2016. SCVMM 2016 を使用している場合は、クラスターのアップグレードとこのドキュメントで説明されている手順の自動化に関するガイダンスについて、「 VMM で hyper-v ホストクラスターの Windows Server 2016 へのローリングアップグレードを実行する」を参照してください。If you are using SCVMM 2016, see Perform a rolling upgrade of a Hyper-V host cluster to Windows Server 2016 in VMM for guidance on upgrading the clusters and automating the steps that are described in this document.

要件Requirements

クラスター OS のローリングアップグレードプロセスを開始する前に、次の要件を完了してください。Complete the following requirements before you begin the Cluster OS Rolling Upgrade process:

  • Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、または Windows Server 2012 R2 を実行するフェールオーバークラスターから開始します。Start with a Failover Cluster running Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, or Windows Server 2012 R2.
  • Windows Server バージョン1709への記憶域スペースダイレクトクラスターのアップグレードはサポートされていません。Upgrading a Storage Spaces Direct cluster to Windows Server, version 1709 isn't supported.
  • クラスターワークロードが Hyper-v Vm またはスケールアウトファイルサーバーの場合、ダウンタイムなしのアップグレードを予想できます。If the cluster workload is Hyper-V VMs, or Scale-Out File Server, you can expect zero-downtime upgrade.
  • 次のいずれかの方法を使用して、Hyper-v ノードに第2レベルのアドレス指定テーブル (SLAT) をサポートする Cpu があることを確認します。 -SLAT に互換性があるかどうかを確認します。WP8 SDK ヒント 01記事: cpu が SLATs をサポートしているかどうかを確認するための2つの方法について説明します。 coreinfo v 3.31ツールをダウンロードして、cpu が SLAT をサポートするかどうかを判断します。Verify that the Hyper-V nodes have CPUs that support Second-Level Addressing Table (SLAT) using one of the following methods; - Review the Are you SLAT Compatible? WP8 SDK Tip 01 article that describes two methods to check if a CPU supports SLATs - Download the Coreinfo v3.31 tool to determine if a CPU supports SLAT.

クラスター OS のローリングアップグレード時のクラスターの移行状態Cluster transition states during Cluster OS Rolling Upgrade

このセクションでは、クラスター OS のローリングアップグレードを使用して、Windows Server 2016 にアップグレードされる Windows Server 2012 R2 クラスターのさまざまな移行状態について説明します。This section describes the various transition states of the Windows Server 2012 R2 cluster that is being upgraded to Windows Server 2016 using Cluster OS Rolling Upgrade.

クラスター OS のローリングアップグレードプロセス中にクラスターワークロードを実行したままにするため、windows Server 2012 R2 ノードから windows server 2016 ノードへのクラスターワークロードの移動は、両方のノードが Windows Server 2012 R2 オペレーティングシステムを実行していた場合と同様に機能します。In order to keep the cluster workloads running during the Cluster OS Rolling Upgrade process, moving a cluster workload from a Windows Server 2012 R2 node to Windows Server 2016 node works as if both nodes were running the Windows Server 2012 R2 operating system. Windows Server 2016 ノードがクラスターに追加されると、Windows server 2012 R2 互換モードで動作します。When Windows Server 2016 nodes are added to the cluster, they operate in a Windows Server 2012 R2 compatibility mode. "混合 OS モード" と呼ばれる新しい概念クラスターモードでは、異なるバージョンのノードを同じクラスター内に存在させることができます (図1を参照)。A new conceptual cluster mode, called "mixed-OS mode", allows nodes of different versions to exist in the same cluster (see Figure 1).

クラスター OS のローリングアップグレードの3つのステージを示す図: すべてのノード Windows Server 2012 R2、混合 OS モード、およびすべてのノード Windows Server 2016 図 1: クラスターのオペレーティングシステムの状態遷移Illustration showing the three stages of a cluster OS rolling upgrade: all nodes Windows Server 2012 R2, mixed-OS mode, and all nodes Windows Server 2016 Figure 1: Cluster operating system state transitions

Windows server 2016 ノードがクラスターに追加されると、Windows Server 2012 R2 クラスターが混合 OS モードに移行します。A Windows Server 2012 R2 cluster enters mixed-OS mode when a Windows Server 2016 node is added to the cluster. このプロセスは完全に元に戻すことができます。 Windows Server 2016 のノードをクラスターから削除し、Windows Server 2012 R2 ノードをこのモードでクラスターに追加することができます。The process is fully reversible - Windows Server 2016 nodes can be removed from the cluster and Windows Server 2012 R2 nodes can be added to the cluster in this mode. ClusterFunctionalLevel PowerShell コマンドレットがクラスターで実行されると、"戻り値がありません" が発生します。The "point of no return" occurs when the Update-ClusterFunctionalLevel PowerShell cmdlet is run on the cluster. このコマンドレットを成功させるには、すべてのノードが Windows Server 2016 であり、すべてのノードがオンラインである必要があります。In order for this cmdlet to succeed, all nodes must be Windows Server 2016, and all nodes must be online.

OS のローリングアップグレードの実行中の4ノードクラスターの移行状態Transition states of a four-node cluster while performing Rolling OS Upgrade

このセクションでは、ノードが Windows Server 2012 R2 から Windows Server 2016 にアップグレードされる共有記憶域を持つクラスターの4つの異なる段階について説明します。This section illustrates and describes the four different stages of a cluster with shared storage whose nodes are upgraded from Windows Server 2012 R2 to Windows Server 2016.

"ステージ 1" は初期状態であり、Windows Server 2012 R2 クラスターから開始します。"Stage 1" is the initial state - we start with a Windows Server 2012 R2 cluster.

初期状態を示す図: すべてのノード Windows Server 2012 R2 図 2: 初期状態: windows Server 2012 R2 フェールオーバークラスター (ステージ 1)Illustration showing the initial state: all nodes Windows Server 2012 R2 Figure 2: Initial State: Windows Server 2012 R2 Failover Cluster (Stage 1)

"ステージ 2" では、2つのノードが一時停止、ドレイン、削除、再フォーマットされ、Windows Server 2016 と共にインストールされます。In "Stage 2", two nodes have been paused, drained, evicted, reformatted, and installed with Windows Server 2016.

クラスターを混合 OS モードで示す図: 例4ノードクラスターのうち、2つのノードが Windows Server 2016 を実行していて、2つのノードが Windows Server 2012 R2 を実行している 図 3: 中間状態: 混合 os モード: windows Server 2012 R2 および windows Server 2016 フェールオーバークラスター (ステージ 2)Illustration showing the cluster in mixed-OS mode: out of the example 4-node cluster, two nodes are running Windows Server 2016, and two nodes are running Windows Server 2012 R2 Figure 3: Intermediate State: Mixed-OS mode: Windows Server 2012 R2 and Windows Server 2016 Failover cluster (Stage 2)

"ステージ 3" では、クラスター内のすべてのノードが Windows Server 2016 にアップグレードされ、クラスターは ClusterFunctionalLevel PowerShell コマンドレットを使用してアップグレードする準備ができています。At "Stage 3", all of the nodes in the cluster have been upgraded to Windows Server 2016, and the cluster is ready to be upgraded with Update-ClusterFunctionalLevel PowerShell cmdlet.

注意

この段階では、プロセスを完全に取り消すことができ、Windows Server 2012 R2 ノードをこのクラスターに追加することができます。At this stage, the process can be fully reversed, and Windows Server 2012 R2 nodes can be added to this cluster.

クラスターが Windows Server 2016 に完全にアップグレードされ、ClusterFunctionalLevel コマンドレットを使用してクラスターの機能レベルを Windows Server 2016 に上げる準備ができていることを示す図 4: 中間状態: すべてのノードを windows server 2016 にアップグレードし、ClusterFunctionalLevel (ステージ 3) を準備しますIllustration showing that the cluster has been fully upgraded to Windows Server 2016, and is ready for the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet to bring the cluster functional level up to Windows Server 2016 Figure 4: Intermediate State: All nodes upgraded to Windows Server 2016, ready for Update-ClusterFunctionalLevel (Stage 3)

ClusterFunctionalLevelcmdlet を実行すると、クラスターは "Stage 4" に入ります。この場合、新しい Windows Server 2016 クラスター機能を使用できます。After the Update-ClusterFunctionalLevelcmdlet is run, the cluster enters "Stage 4", where new Windows Server 2016 cluster features can be used.

クラスターのローリング OS のアップグレードが正常に完了したことを示す図すべてのノードが Windows Server 2016 にアップグレードされ、クラスターが Windows Server 2016 クラスターの機能レベルで実行されてい ます。図 5: 最終的な状態: windows Server 2016 フェールオーバークラスター (ステージ 4)Illustration showing that the cluster rolling OS upgrade has been successfully completed; all nodes have been upgraded to Windows Server 2016, and the cluster is running at the Windows Server 2016 cluster functional level Figure 5: Final State: Windows Server 2016 Failover Cluster (Stage 4)

クラスター OS のローリングアップグレードプロセスCluster OS Rolling Upgrade Process

このセクションでは、クラスター OS のローリングアップグレードを実行するためのワークフローについて説明します。This section describes the workflow for performing Cluster OS Rolling Upgrade.

クラスターをアップグレードするためのワークフローを示す図 6: クラスター OS のローリングアップグレードプロセスのワークフローIllustration showing the workflow for upgrading a cluster Figure 6: Cluster OS Rolling Upgrade Process Workflow

クラスター OS のローリングアップグレードには、次の手順が含まれます。Cluster OS Rolling upgrade includes the following steps:

  1. 次のように、オペレーティングシステムのアップグレード用にクラスターを準備します。Prepare the cluster for the operating system upgrade as follows:

    1. クラスター OS のローリングアップグレードでは、クラスターから一度に1つのノードを削除する必要があります。Cluster OS Rolling Upgrade requires removing one node at a time from the cluster. クラスターノードの1つがオペレーティングシステムのアップグレードのためにクラスターから削除された場合に、HA Sla を維持するのに十分な容量がクラスターにあるかどうかを確認します。Check if you have sufficient capacity on the cluster to maintain HA SLAs when one of the cluster nodes is removed from the cluster for an operating system upgrade. つまり、クラスター OS のローリングアップグレードのプロセス中にクラスターから1つのノードが削除されたときに、ワークロードを別のノードにフェールオーバーする機能が必要ですか。In other words, do you require the capability to failover workloads to another node when one node is removed from the cluster during the process of Cluster OS Rolling Upgrade? クラスター OS のローリングアップグレードのためにクラスターから1つのノードが削除されたときに、必要なワークロードを実行するための容量はクラスターにありますか。Does the cluster have the capacity to run the required workloads when one node is removed from the cluster for Cluster OS Rolling Upgrade?

    2. Hyper-v ワークロードの場合は、すべての Windows Server 2016 Hyper-v ホストで、CPU サポート第2レベルのアドレステーブル (SLAT) が使用されていることを確認します。For Hyper-V workloads, check that all Windows Server 2016 Hyper-V hosts have CPU support Second-Level Address Table (SLAT). Windows Server 2016 では、SLAT 対応のマシンのみが Hyper-v の役割を使用できます。Only SLAT-capable machines can use the Hyper-V role in Windows Server 2016.

    3. ワークロードのバックアップが完了していることを確認し、クラスターのバックアップを検討してください。Check that any workload backups have completed, and consider backing-up the cluster. クラスターにノードを追加しているときにバックアップ操作を停止します。Stop backup operations while adding nodes to the cluster.

    4. コマンドレットを使用して、すべてのクラスターノードがオンラインであるかどうかを確認し Get-ClusterNode ます (図7を参照)。Check that all cluster nodes are online /running/up using the Get-ClusterNode cmdlet (see Figure 7).

      スクリーンショットコマンドレットを実行した結果を示す 図 7: start-clusternode コマンドレットを使用してノードの状態を確認するScreencap showing the results of running the Get-ClusterNode cmdlet Figure 7: Determining node status using Get-ClusterNode cmdlet

    5. クラスター対応更新 (CAU) を実行している場合は、クラスター対応更新の UI またはコマンドレットを使用して、cau が現在実行されているかどうかを確認し Get-CauRun ます (図8を参照)。If you are running Cluster Aware Updates (CAU), verify if CAU is currently running by using the Cluster-Aware Updating UI, or the Get-CauRun cmdlet (see Figure 8). コマンドレットを使用して CAU を停止 Disable-CauClusterRole します (図9を参照)。クラスター OS のローリングアップグレードプロセス中に、cau によってノードが一時停止およびドレインされないようにします。Stop CAU using the Disable-CauClusterRole cmdlet (see Figure 9) to prevent any nodes from being paused and drained by CAU during the Cluster OS Rolling Upgrade process.

      スクリーンショットコマンドレットの出力を示す 図 8: クラスター Get-CauRun 対応更新がクラスターで実行されているかどうかをコマンドレットを使用して判断するScreencap showing the output of the Get-CauRun cmdlet Figure 8: Using the Get-CauRun cmdlet to determine if Cluster Aware Updates is running on the cluster

      Add-cauclusterrole コマンドレットの出力を示すスクリーンショット 図 9: Disable-CauClusterRole コマンドレットを使用してクラスター対応更新の役割を無効にするScreencap showing the output of the Disable-CauClusterRole cmdlet Figure 9: Disabling the Cluster Aware Updates role using the Disable-CauClusterRole cmdlet

  2. クラスター内の各ノードについて、次の手順を実行します。For each node in the cluster, complete the following:

    1. クラスターマネージャー UI を使用してノードを選択し、[一時停止] を使用します。 Pause | Drainノードをドレインするための [ドレイン] メニューオプション (図10を参照) またはコマンドレットを使用し Suspend-ClusterNode ます (図11を参照)。Using Cluster Manager UI, select a node and use the Pause | Drain menu option to drain the node (see Figure 10) or use the Suspend-ClusterNode cmdlet (see Figure 11).

      スクリーンショットを使用して役割をドレインする方法を示す 図 10: フェールオーバークラスターマネージャーを使用してノードからロールをドレインするScreencap showing how to drain roles with the Cluster Manager UI Figure 10: Draining roles from a node using Failover Cluster Manager

      Start-clusternode コマンドレットの出力を示すスクリーンショット 図 11: Suspend-ClusterNode コマンドレットを使用してノードからロールをドレインするScreencap showing the output of the Suspend-ClusterNode cmdlet Figure 11: Draining roles from a node using the Suspend-ClusterNode cmdlet

    2. クラスターマネージャー UI を使用して、一時停止しているノードをクラスターから削除するか、コマンドレットを使用し Remove-ClusterNode ます。Using Cluster Manager UI, Evict the paused node from cluster, or use the Remove-ClusterNode cmdlet.

      スクリーンショットコマンドレットの出力を示す 図 12: Remove-ClusterNode コマンドレットを使用してクラスターからノードを削除するScreencap showing the output of the Remove-ClusterNode cmdlet Figure 12: Remove a node from the cluster using Remove-ClusterNode cmdlet

    3. システムドライブを再フォーマットし、[カスタム: windows のみをインストールする (詳細) ] (図13を参照) オプションを使用して、ノード上で windows Server 2016 の "オペレーティングシステムのクリーンインストール" を実行します (setup.exe を参照してください)。Reformat the system drive and perform a "clean operating system install" of Windows Server 2016 on the node using the Custom: Install Windows only (advanced) installation (See Figure 13) option in setup.exe. クラスター OS のローリングアップグレードではインプレースアップグレードが推奨されないため、[アップグレード: Windows をインストールし、ファイル、設定、およびアプリケーションを保持する] オプションを選択しないでください。Avoid selecting the Upgrade: Install Windows and keep files, settings, and applications option since Cluster OS Rolling Upgrade doesn't encourage in-place upgrade.

      スクリーンショット Windows Server 2016 インストールウィザードの [カスタムインストール] オプションが選択されていることを示す 図 13: windows server 2016 の利用可能なインストールオプションScreencap of the Windows Server 2016 installation wizard showing the custom install option selected Figure 13: Available installation options for Windows Server 2016

    4. ノードを適切な Active Directory ドメインに追加します。Add the node to the appropriate Active Directory domain.

    5. 管理者グループに適切なユーザーを追加します。Add the appropriate users to the Administrators group.

    6. サーバーマネージャー UI または Install-Add-windowsfeature PowerShell コマンドレットを使用して、Hyper-v など、必要なサーバーの役割をインストールします。Using the Server Manager UI or Install-WindowsFeature PowerShell cmdlet, install any server roles that you need, such as Hyper-V.

      Install-WindowsFeature -Name Hyper-V
      
    7. サーバーマネージャー UI または Install-Add-windowsfeature PowerShell コマンドレットを使用して、フェールオーバークラスタリング機能をインストールします。Using the Server Manager UI or Install-WindowsFeature PowerShell cmdlet, install the Failover Clustering feature.

      Install-WindowsFeature -Name Failover-Clustering
      
    8. クラスターワークロードに必要な追加機能をインストールします。Install any additional features needed by your cluster workloads.

    9. フェールオーバークラスターマネージャー UI を使用して、ネットワークとストレージの接続設定を確認します。Check network and storage connectivity settings using the Failover Cluster Manager UI.

    10. Windows ファイアウォールが使用されている場合は、ファイアウォール設定がクラスターに適していることを確認します。If Windows Firewall is used, check that the Firewall settings are correct for the cluster. たとえば、クラスター対応更新 (CAU) が有効になっているクラスターでは、ファイアウォールの構成が必要になる場合があります。For example, Cluster Aware Updating (CAU) enabled clusters may require Firewall configuration.

    11. Hyper-v ワークロードの場合は、Hyper-v マネージャー UI を使用して、[仮想スイッチマネージャー] ダイアログを起動します (図14を参照)。For Hyper-V workloads, use the Hyper-V Manger UI to launch the Virtual Switch Manager dialog (see Figure 14).

      使用する仮想スイッチの名前が、クラスター内のすべての Hyper-v ホストノードで同一であることを確認してください。Check that the name of the Virtual Switch(s) used are identical for all Hyper-V host nodes in the cluster.

      Hyper-v 仮想スイッチマネージャーの場所を示すダイアログ 図 14: 仮想スイッチマネージャーScreencap showing the location of the Hyper-V Virtual Switch Manager dialog Figure 14: Virtual Switch Manager

    12. Windows Server 2016 ノード (Windows Server 2012 R2 ノードを使用しない) では、フェールオーバークラスターマネージャー (図15を参照) を使用してクラスターに接続します。On a Windows Server 2016 node (do not use a Windows Server 2012 R2 node), use the Failover Cluster Manager (see Figure 15) to connect to the cluster.

      [クラスターの選択] ダイアログを表示するスクリーンショット 図 15: フェールオーバークラスターマネージャーを使用してクラスターにノードを追加するScreencap showing the select cluster dialog Figure 15: Adding a node to the cluster using Failover Cluster Manager

    13. フェールオーバークラスターマネージャー UI またはコマンドレットを使用し Add-ClusterNode て、クラスターにノードを追加します (図16を参照)。Use either the Failover Cluster Manager UI or the Add-ClusterNode cmdlet (see Figure 16) to add the node to the cluster.

      スクリーンショットコマンドレット **を使用したクラスターへのノードの追加に関する図 16 Add-ClusterNode **の出力を示しています。Screencap showing the output of the Add-ClusterNode cmdlet Figure 16: Adding a node to the cluster using Add-ClusterNode cmdlet

      注意

      最初の Windows Server 2016 ノードがクラスターに参加すると、クラスターは "混合 OS" モードになり、クラスターコアリソースが Windows Server 2016 ノードに移動されます。When the first Windows Server 2016 node joins the cluster, the cluster enters "Mixed-OS" mode, and the cluster core resources are moved to the Windows Server 2016 node. "混合 OS" モードクラスターは、新しいノードが互換性モードで実行され、古いノードと互換性がある完全な機能を備えたクラスターです。A "Mixed-OS" mode cluster is a fully functional cluster where the new nodes run in a compatibility mode with the old nodes. "混合 OS" モードは、クラスターの一時的モードです。"Mixed-OS" mode is a transitory mode for the cluster. これは永続的なものではなく、4週間以内にクラスターのすべてのノードを更新することが求められています。It is not intended to be permanent and customers are expected to update all nodes of their cluster within four weeks.

    14. Windows Server 2016 ノードがクラスターに正常に追加された後、クラスター内のワークロードを再調整するために、次のように、クラスターのワークロードの一部を新しく追加したノードに移動できます (オプション)。After the Windows Server 2016 node is successfully added to the cluster, you can (optionally) move some of the cluster workload to the newly added node in order to rebalance the workload across the cluster as follows:

      スクリーンショットコマンドレットの出力を示す 図 17: Move-ClusterVirtualMachineRole コマンドレットを使用したクラスターワークロード (クラスター VM ロール) の移動Screencap showing the output of the Move-ClusterVirtualMachineRole cmdlet Figure 17: Moving a cluster workload (cluster VM role) using Move-ClusterVirtualMachineRole cmdlet

      1. 仮想マシンのフェールオーバークラスターマネージャーからライブマイグレーションを使用するか、コマンドレットを使用し Move-ClusterVirtualMachineRole て (図17を参照)、仮想マシンのライブマイグレーションを実行します。Use Live Migration from the Failover Cluster Manager for virtual machines or the Move-ClusterVirtualMachineRole cmdlet (see Figure 17) to perform a live migration of the virtual machines.

        Move-ClusterVirtualMachineRole -Name VM1 -Node robhind-host3
        
      2. Move Move-ClusterGroup 他のクラスターワークロードには、フェールオーバークラスターマネージャーまたはコマンドレットからの移動を使用します。Use Move from the Failover Cluster Manager or the Move-ClusterGroup cmdlet for other cluster workloads.

  3. すべてのノードが Windows Server 2016 にアップグレードされ、クラスターに戻された場合、またはその他の Windows Server 2012 R2 ノードが削除された場合は、次の手順を実行します。When every node has been upgraded to Windows Server 2016 and added back to the cluster, or when any remaining Windows Server 2012 R2 nodes have been evicted, do the following:

    重要

    • クラスターの機能レベルを更新した後は、Windows Server 2012 R2 の機能レベルに戻ることはできず、Windows Server 2012 R2 のノードをクラスターに追加することはできません。After you update the cluster functional level, you cannot go back to Windows Server 2012 R2 functional level and Windows Server 2012 R2 nodes cannot be added to the cluster.
    • Update-ClusterFunctionalLevelコマンドレットが実行されるまで、プロセスは完全に元に戻すことができ、Windows server 2012 R2 ノードをこのクラスターに追加し、Windows server 2016 ノードを削除することができます。Until the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet is run, the process is fully reversible and Windows Server 2012 R2 nodes can be added to this cluster and Windows Server 2016 nodes can be removed.
    • Update-ClusterFunctionalLevelコマンドレットを実行すると、新しい機能が使用できるようになります。After the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet is run, new features will be available.
    1. フェールオーバークラスターマネージャー UI またはコマンドレットを使用して Get-ClusterGroup 、クラスターですべてのクラスターの役割が想定どおりに実行されていることを確認します。Using the Failover Cluster Manager UI or the Get-ClusterGroup cmdlet, check that all cluster roles are running on the cluster as expected. 次の例では、使用可能な記憶域が使用されていません。代わりに CSV が使用されるため、使用可能な記憶域にはオフライン状態が表示されます (図18を参照)。In the following example, Available Storage is not being used, instead CSV is used, hence, Available Storage displays an Offline status (see Figure 18).

      スクリーンショットコマンドレットの出力を示す 図 18: すべてのクラスターグループ (クラスターの役割) が Get-ClusterGroup コマンドレットを使用して実行されていることを確認するScreencap showing the output of the Get-ClusterGroup cmdlet Figure 18: Verifying that all cluster groups (cluster roles) are running using the Get-ClusterGroup cmdlet

    2. コマンドレットを使用して、すべてのクラスターノードがオンラインで実行されていることを確認し Get-ClusterNode ます。Check that all cluster nodes are online and running using the Get-ClusterNode cmdlet.

    3. コマンドレットを実行し Update-ClusterFunctionalLevel ます。エラーは返されません (図19を参照)。Run the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet - no errors should be returned (see Figure 19).

      スクリーンショット ClusterFunctionalLevel コマンドレットの出力を示す 図 19: PowerShell を使用してクラスターの機能レベルを更新するScreencap showing the output of the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet Figure 19: Updating the functional level of a cluster using PowerShell

    4. Update-ClusterFunctionalLevelコマンドレットを実行すると、新しい機能を使用できるようになります。After the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet is run, new features are available.

  4. Windows Server 2016-通常のクラスターの更新とバックアップの再開:Windows Server 2016 - resume normal cluster updates and backups:

    1. 以前に CAU を実行していた場合は、CAU UI を使用して再起動するか、コマンドレットを使用し Enable-CauClusterRole ます (図20を参照)。If you were previously running CAU, restart it using the CAU UI or use the Enable-CauClusterRole cmdlet (see Figure 20).

      スクリーンショット ** Enable-CauClusterRole コマンドレットを使用して add-cauclusterrole 図 20: クラスター対応更新の役割を有効に**する方法の出力を示しています。Screencap showing the output of the Enable-CauClusterRole Figure 20: Enable Cluster Aware Updates role using the Enable-CauClusterRole cmdlet

    2. バックアップ操作を再開します。Resume backup operations.

  5. Hyper-v Virtual Machines で Windows Server 2016 の機能を有効にして使用します。Enable and use the Windows Server 2016 features on Hyper-V Virtual Machines.

    1. クラスターが Windows Server 2016 の機能レベルにアップグレードされると、Hyper-v Vm のような多くのワークロードに新機能が追加されます。After the cluster has been upgraded to Windows Server 2016 functional level, many workloads like Hyper-V VMs will have new capabilities. 新しい Hyper-v 機能の一覧を表示します。For a list of new Hyper-V capabilities. 仮想マシンの移行とアップグレード」を参照してください。see Migrate and upgrade virtual machines

    2. クラスター内の各 Hyper-v ホストノードで、コマンドレットを使用して、 Get-VMHostSupportedVersion ホストでサポートされている HYPER-V VM 構成のバージョンを表示します。On each Hyper-V host node in the cluster, use the Get-VMHostSupportedVersion cmdlet to view the Hyper-V VM configuration versions that are supported by the host.

      スクリーンショットコマンドレットの出力を示す 図 21: ホストでサポートされている hyper-v VM 構成のバージョンを表示するScreencap showing the output of the Get-VMHostSupportedVersion cmdlet Figure 21: Viewing the Hyper-V VM configuration versions supported by the host

    3. クラスター内の各 Hyper-v ホストノードでは、ユーザーの簡単なメンテナンス期間をスケジュールし、仮想マシンをオフにして、コマンドレットを実行することで、Hyper-v VM 構成のバージョンをアップグレードでき Update-VMVersion ます (図22を参照)。On each Hyper-V host node in the cluster, Hyper-V VM configuration versions can be upgraded by scheduling a brief maintenance window with users, backing up, turning off virtual machines, and running the Update-VMVersion cmdlet (see Figure 22). これにより、仮想マシンのバージョンが更新され、新しい Hyper-v 機能が有効になるため、今後の Hyper-v 統合コンポーネント (IC) の更新は不要になります。This will update the virtual machine version, and enable new Hyper-V features, eliminating the need for future Hyper-V Integration Component (IC) updates. このコマンドレットは、VM をホストしている Hyper-v ノードから実行できます。または、パラメーターを使用して、 -ComputerName vm のバージョンをリモートで更新できます。This cmdlet can be run from the Hyper-V node that is hosting the VM, or the -ComputerName parameter can be used to update the VM Version remotely. この例では、VM1 の構成バージョンを5.0 から7.0 にアップグレードし、運用チェックポイント (アプリケーション整合性バックアップ) やバイナリ VM 構成ファイルなど、この VM 構成バージョンに関連付けられている多くの新しい Hyper-v 機能を利用できるようにします。In this example, here we upgrade the configuration version of VM1 from 5.0 to 7.0 to take advantage of many new Hyper-V features associated with this VM configuration version such as Production Checkpoints (Application Consistent backups), and binary VM configuration file.

      スクリーンショットコマンドレットの動作を示す 図 22: 更新プログラム Vmversion PowerShell コマンドレットを使用して VM バージョンをアップグレードするScreencap showing the Update-VMVersion cmdlet in action Figure 22: Upgrading a VM version using the Update-VMVersion PowerShell cmdlet

  6. 記憶域プールは、更新プログラム StoragePool PowerShell コマンドレットを使用してアップグレードできます。これはオンライン操作です。Storage pools can be upgraded using the Update-StoragePool PowerShell cmdlet - this is an online operation.

ここではプライベートクラウドのシナリオを対象としていますが、特にダウンタイムなしでアップグレードできる Hyper-v およびスケールアウトファイルサーバークラスターは、クラスター OS のローリングアップグレードプロセスを任意のクラスターの役割に使用できます。Although we are targeting Private Cloud scenarios, specifically Hyper-V and Scale-out File Server clusters, which can be upgraded without downtime, the Cluster OS Rolling Upgrade process can be used for any cluster role.

制限事項と制限事項Restrictions / Limitations

  • この機能は、Windows Server 2012 R2 から Windows Server 2016 のバージョンのみに適用されます。This feature works only for Windows Server 2012 R2 to Windows Server 2016 versions only. この機能では、windows server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 などの以前のバージョンの Windows Server を Windows Server 2016 にアップグレードすることはできません。This feature cannot upgrade earlier versions of Windows Server such as Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, or Windows Server 2012 to Windows Server 2016.
  • Windows Server 2016 の各ノードは、再フォーマット/新規インストールのみにする必要があります。Each Windows Server 2016 node should be reformatted/new installation only. "インプレース" または "アップグレード" のインストールの種類をお勧めしません。"In-place" or "upgrade" installation type is discouraged.
  • Windows server 2016 ノードをクラスターに追加するには、Windows Server 2016 ノードを使用する必要があります。A Windows Server 2016 node must be used to add Windows Server 2016 nodes to the cluster.
  • 混合 OS モードのクラスターを管理する場合は、常に Windows Server 2016 を実行している上位レベルのノードから管理タスクを実行します。When managing a mixed-OS mode cluster, always perform the management tasks from an uplevel node that is running Windows Server 2016. ダウンレベルの Windows Server 2012 R2 ノードでは、Windows Server 2016 に対して UI または管理ツールを使用できません。Downlevel Windows Server 2012 R2 nodes cannot use UI or management tools against Windows Server 2016.
  • 一部のクラスター機能は混合 OS モード向けに最適化されていないため、クラスターのアップグレードプロセスを迅速に進めることをお勧めします。We encourage customers to move through the cluster upgrade process quickly because some cluster features are not optimized for mixed-OS mode.
  • Windows server 2016 ノードから下位レベルの Windows Server 2012 R2 ノードへのフェールオーバーでは互換性がない可能性があるため、クラスターが混合 OS モードで実行されている場合は、Windows Server 2016 ノードで記憶域を作成またはサイズ変更することは避けてください。Avoid creating or resizing storage on Windows Server 2016 nodes while the cluster is running in mixed-OS mode because of possible incompatibilities on failover from a Windows Server 2016 node to down-level Windows Server 2012 R2 nodes.

よく寄せられる質問Frequently asked questions

フェールオーバークラスターを混合 OS モードで実行するにはどのくらいの時間がかかりますか。How long can the failover cluster run in mixed-OS mode? お客様は、4週間以内にアップグレードを完了することをお勧めします。We encourage customers to complete the upgrade within four weeks. Windows Server 2016 には多くの最適化があります。There are many optimizations in Windows Server 2016. Hyper-v とスケールアウトファイルサーバークラスターを正常にアップグレードしました。ダウンタイムは合計4時間未満です。We have successfully upgraded Hyper-V and Scale-out File Server clusters with zero downtime in less than four hours total.

この機能を Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2008 に移植しますか?Will you port this feature back to Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, or Windows Server 2008? この機能を以前のバージョンに移植する計画はありません。We do not have any plans to port this feature back to previous versions. クラスター OS のローリングアップグレードは、Windows Server 2012 R2 クラスターを Windows Server 2016 以降にアップグレードするためのビジョンです。Cluster OS Rolling Upgrade is our vision for upgrading Windows Server 2012 R2 clusters to Windows Server 2016 and beyond.

クラスター OS のローリングアップグレードプロセスを開始する前に、Windows Server 2012 R2 クラスターにすべてのソフトウェア更新プログラムがインストールされている必要がありますか。Does the Windows Server 2012 R2 cluster need to have all the software updates installed before starting the Cluster OS Rolling Upgrade process? はい。クラスター OS のローリングアップグレードプロセスを開始する前に、すべてのクラスターノードが最新のソフトウェア更新プログラムで更新されていることを確認してください。Yes, before starting the Cluster OS Rolling Upgrade process, verify that all cluster nodes are updated with the latest software updates.

Update-ClusterFunctionalLevelノードがオフになっているとき、または一時停止しているときにコマンドレットを実行できますか。Can I run the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet while nodes are Off or Paused? いいえ。No. コマンドレットを機能させるには、すべてのクラスターノードがオンになっていて、アクティブなメンバーシップになっている必要があり Update-ClusterFunctionalLevel ます。All cluster nodes must be on and in active membership for the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet to work.

クラスターの OS ローリングアップグレードはクラスターのワークロードに対して機能しますか。SQL Server に対して機能しますか。Does Cluster OS Rolling Upgrade work for any cluster workload? Does it work for SQL Server? はい。クラスター OS のローリングアップグレードは、クラスターのワークロードに対応しています。Yes, Cluster OS Rolling Upgrade works for any cluster workload. ただし、Hyper-v とスケールアウトファイルサーバークラスターではダウンタイムがゼロになります。However, it is only zero-downtime for Hyper-V and Scale-out File Server clusters. その他のほとんどのワークロードでは、フェールオーバー時にダウンタイム (通常は数分) が発生し、クラスター OS のローリングアップグレードプロセス中に少なくとも1回フェールオーバーが必要になります。Most other workloads incur some downtime (typically a couple of minutes) when they failover, and failover is required at least once during the Cluster OS Rolling Upgrade process.

PowerShell を使用してこのプロセスを自動化できますか。Can I automate this process using PowerShell? はい。 PowerShell を使用してクラスター OS のローリングアップグレードを自動化するように設計されています。Yes, we have designed Cluster OS Rolling Upgrade to be automated using PowerShell.

追加のワークロードとフェールオーバー容量を持つ大規模なクラスターの場合、複数のノードを同時にアップグレードすることはできますか。For a large cluster that has extra workload and failover capacity, can I upgrade multiple nodes simultaneously? はい。Yes. OS をアップグレードするためにクラスターから1つのノードが削除されると、クラスターのフェールオーバー用のノードが1つ少なくなるため、フェールオーバーの容量が減少します。When one node is removed from the cluster to upgrade the OS, the cluster will have one less node for failover, hence will have a reduced failover capacity. ワークロードとフェールオーバーの容量が十分にある大規模なクラスターでは、複数のノードを同時にアップグレードできます。For large clusters with enough workload and failover capacity, multiple nodes can be upgraded simultaneously. クラスターノードを一時的にクラスターに追加することにより、クラスター OS のローリングアップグレードプロセス中に、ワークロードとフェールオーバーの容量を向上させることができます。You can temporarily add cluster nodes to the cluster to provide improved workload and failover capacity during the Cluster OS Rolling Upgrade process.

を正常に実行した後にクラスターで問題が検出された場合はどうすればよい Update-ClusterFunctionalLevel ですか?What if I discover an issue in my cluster after Update-ClusterFunctionalLevel has been run successfully? を実行する前に、システム状態のバックアップを使用してクラスターデータベースをバックアップした場合は Update-ClusterFunctionalLevel 、Windows Server 2012 R2 クラスターノードで権限のある復元を実行し、元のクラスターデータベースと構成を復元できます。If you have backed-up the cluster database with a System State backup before running Update-ClusterFunctionalLevel, you should be able to perform an Authoritative restore on a Windows Server 2012 R2 cluster node and restore the original cluster database and configuration.

システムドライブを再フォーマットしてクリーン OS インストールを使用するのではなく、各ノードのインプレースアップグレードを使用できますか。Can I use in-place upgrade for each node instead of using clean-OS install by reformatting the system drive? Windows Server のインプレースアップグレードを使用することはお勧めしませんが、既定のドライバーが使用される場合には機能します。We do not encourage the use of in-place upgrade of Windows Server, but we are aware that it works in some cases where default drivers are used. クラスターノードのインプレースアップグレード中に表示されるすべての警告メッセージを注意してお読みください。Please carefully read all warning messages displayed during in-place upgrade of a cluster node.

Hyper-v クラスターの hyper-v VM で Hyper-v レプリケーションを使用している場合、クラスター OS のローリングアップグレードプロセスの間、レプリケーションはそのまま維持されますか。If I am using Hyper-V replication for a Hyper-V VM on my Hyper-V cluster, will replication remain intact during and after the Cluster OS Rolling Upgrade process? はい。 Hyper-v レプリカは、クラスター OS のローリングアップグレードプロセスの間はそのままです。Yes, Hyper-V replica remains intact during and after the Cluster OS Rolling Upgrade process.

System Center 2016 Virtual Machine Manager (SCVMM) を使用して、クラスター OS のローリングアップグレードプロセスを自動化できますか。Can I use System Center 2016 Virtual Machine Manager (SCVMM) to automate the Cluster OS Rolling Upgrade process? はい。 System Center 2016 の VMM を使用して、クラスター OS のローリングアップグレードプロセスを自動化できます。Yes, you can automate the Cluster OS Rolling Upgrade process using VMM in System Center 2016.

その他の参照情報Additional References