フェールオーバークラスタリングのハードウェア要件と記憶域オプションFailover clustering hardware requirements and storage options

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

フェールオーバー クラスターを作成するには、次のハードウェアが必要です。You need the following hardware to create a failover cluster. Microsoft でサポートされるために、すべてのハードウェアが実行している Windows Server のバージョン用に認定されている必要があり、フェールオーバー クラスター ソリューション全体が構成の検証ウィザードのすべてのテストに合格する必要があります。To be supported by Microsoft, all hardware must be certified for the version of Windows Server that you are running, and the complete failover cluster solution must pass all tests in the Validate a Configuration Wizard. フェールオーバー クラスターの検証の詳細については、「 Validate Hardware for a Failover Cluster」を参照してください。For more information about validating a failover cluster, see Validate Hardware for a Failover Cluster.

  • サーバー:同一または類似したコンポーネントで構成された一連のコンピューターを使用することをお勧めします。Servers: We recommend that you use a set of matching computers that contain the same or similar components.

  • ネットワーク アダプターおよびケーブル (ネットワーク通信用) :iSCSI を使用する場合は、各ネットワーク アダプターを、ネットワーク通信と iSCSI の両方ではなく、いずれか専用にする必要があります。Network adapters and cable (for network communication): If you use iSCSI, each network adapter should be dedicated to either network communication or iSCSI, not both.

    クラスター ノードを接続するネットワーク インフラストラクチャでは、単一障害点を回避する必要があります。In the network infrastructure that connects your cluster nodes, avoid having single points of failure. たとえば、複数の個別のネットワークを使用してクラスター ノードを接続する方法があります。For example, you can connect your cluster nodes by multiple, distinct networks. または、チーム化されたネットワークアダプター、冗長スイッチ、冗長なルーターなど、単一障害点を除去するハードウェアを使用して構築された1つのネットワークにクラスターノードを接続することもできます。Alternatively, you can connect your cluster nodes with one network that's constructed with teamed network adapters, redundant switches, redundant routers, or similar hardware that removes single points of failure.

    注意

    単一のネットワークにクラスター ノードを接続すると、このネットワークは構成の検証ウィザードの冗長性要件に適合します。If you connect cluster nodes with a single network, the network will pass the redundancy requirement in the Validate a Configuration Wizard. ただし、このウィザードのレポートには、ネットワークに単一障害点が含まれないようにする必要があることを示す警告が含まれます。However, the report from the wizard will include a warning that the network should not have single points of failure.

  • 記憶域用のデバイス コントローラーまたは適切なアダプター:Device controllers or appropriate adapters for the storage:

    • Serial Attached SCSI またはファイバー チャネル:Serial Attached SCSI またはファイバー チャネルを使用する場合、クラスター化されたすべてのサーバーで、記憶域スタックにすべて同一の要素を使用する必要があります。Serial Attached SCSI or Fibre Channel: If you are using Serial Attached SCSI or Fibre Channel, in all clustered servers, all elements of the storage stack should be identical. マルチパス i/o (MPIO) ソフトウェアを同一にし、デバイス固有モジュール (DSM) ソフトウェアを同一にする必要があります。It's required that the multipath I/O (MPIO) software be identical and that the Device Specific Module (DSM) software be identical. クラスター記憶域に接続されている大容量記憶装置コントローラー (ホストバスアダプター (HBA)、HBA ドライバー、および HBA ファームウェア) を同一にすることをお勧めします。It's recommended that the mass-storage device controllers— the host bus adapter (HBA), HBA drivers, and HBA firmware—that are attached to cluster storage be identical. 異なる HBA を使用する場合は、サポートされる構成または推奨される構成に従っていることを記憶域の製造元に確認する必要があります。If you use dissimilar HBAs, you should verify with the storage vendor that you are following their supported or recommended configurations.
    • iSCSI:iSCSI を使用する場合は、クラスター化されたサーバーごとに、クラスター記憶域専用のネットワーク アダプターまたは HBA が 1 つまたは複数必要です。iSCSI: If you are using iSCSI, each clustered server should have one or more network adapters or HBAs that are dedicated to the cluster storage. iSCSI に使用するネットワークは、ネットワーク通信には使用できません。The network you use for iSCSI should not be used for network communication. クラスター化されたすべてのサーバーで、iSCSI 記憶域ターゲットへの接続に同一のネットワーク アダプターを使用する必要があります。ギガビット イーサネット以上の通信規格を使用することをお勧めします。In all clustered servers, the network adapters you use to connect to the iSCSI storage target should be identical, and we recommend that you use Gigabit Ethernet or higher.
  • 記憶域:記憶域スペースダイレクトまたは windows Server 2012 R2 または windows server 2012 と互換性のある共有記憶域を使用する必要があります。Storage: You must use Storage Spaces Direct or shared storage that's compatible with Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2012. 接続されている共有記憶域を使用できます。また、フェールオーバークラスターで構成されている Hyper-v を実行しているサーバーの共有記憶域として SMB 3.0 ファイル共有を使用することもできます。You can use shared storage that's attached, and you can also use SMB 3.0 file shares as shared storage for servers that are running Hyper-V that are configured in a failover cluster. 詳細については、「Hyper-V over SMB の展開」を参照してください。For more information, see Deploy Hyper-V over SMB.

    通常、アタッチされる記憶域には、ハードウェア レベルで構成されている複数の個別のディスク (論理ユニット番号 (LUN)) が含まれている必要があります。In most cases, attached storage should contain multiple, separate disks (logical unit numbers, or LUNs) that are configured at the hardware level. 一部のクラスターでは、これらのディスクの 1 つがディスク監視として機能します (ディスク監視については、このサブセクションの最後で説明します)。For some clusters, one disk functions as the disk witness (described at the end of this subsection). 他のディスクには、クラスター役割 (以前のクラスター化されたサービスまたはアプリケーション) に必要なファイルが含まれます。Other disks contain the files required for the clustered roles (formerly called clustered services or applications). 記憶域の要件を次に示します。Storage requirements include the following:

    • フェールオーバー クラスタリングに含まれるネイティブのディスク サポートを利用するには、ダイナミック ディスクではなくベーシック ディスクを使用してください。To use the native disk support included in Failover Clustering, use basic disks, not dynamic disks.

    • NTFS でパーティションをフォーマットすることをお勧めします。We recommend that you format the partitions with NTFS. クラスターの共有ボリューム (CSV) を使用する場合は、それらのすべてのパーティションが NTFS である必要があります。If you use Cluster Shared Volumes (CSV), the partition for each of those must be NTFS.

      注意

      クォーラム構成用にディスク監視を使用する場合は、ディスクを NTFS または Resilient File System (ReFS) のいずれかでフォーマットできます。If you have a disk witness for your quorum configuration, you can format the disk with either NTFS or Resilient File System (ReFS).

    • ディスクのパーティション スタイルとして、マスター ブート レコード (MBR) と GUID パーティション テーブル (GPT) のいずれかを使用できます。For the partition style of the disk, you can use either master boot record (MBR) or GUID partition table (GPT).

      ディスク監視は、クラスター構成データベースのコピーを保持するように指定された、クラスター記憶域のディスクです。A disk witness is a disk in the cluster storage that's designated to hold a copy of the cluster configuration database. フェールオーバー クラスターには、クォーラム構成の一部として指定されている場合にのみディスク監視が与えられます。A failover cluster has a disk witness only if this is specified as part of the quorum configuration. 詳細については、「記憶域スペースダイレクトのクォーラムについて」を参照してください。For more information, see Understanding Quorum in Storage Spaces Direct.

Hyper-V のハードウェア要件Hardware requirements for Hyper-V

クラスター化された仮想マシンが含まれるフェールオーバー クラスターを作成する場合、クラスター サーバーは Hyper-V の役割のハードウェア要件を満たしている必要があります。If you are creating a failover cluster that includes clustered virtual machines, the cluster servers must support the hardware requirements for the Hyper-V role. Hyper-V には、次のものを含む 64 ビット プロセッサが必要です。Hyper-V requires a 64-bit processor that includes the following:

  • ハードウェア補助による仮想化。Hardware-assisted virtualization. これは、仮想化オプションが組み込まれたプロセッサ、特に、Intel バーチャライゼーション テクノロジ (Intel VT) または AMD Virtualization (AMD-V) テクノロジを備えたプロセッサで使用できます。This is available in processors that include a virtualization option—specifically processors with Intel Virtualization Technology (Intel VT) or AMD Virtualization (AMD-V) technology.
  • ハードウェアによるデータ実行防止 (DEP) が利用でき、有効にされていることが必要です。Hardware-enforced Data Execution Prevention (DEP) must be available and enabled. 具体的には、Intel XD ビット (execute disable bit) または AMD NX ビット (no execute bit) を有効にする必要があります。Specifically, you must enable Intel XD bit (execute disable bit) or AMD NX bit (no execute bit).

Hyper-V の役割の詳細については、「 Hyper-V の概要」を参照してください。For more information about the Hyper-V role, see Hyper-V Overview.

フェールオーバー クラスターを備えた記憶域ネットワークの展開Deploying storage area networks with failover clusters

フェールオーバー クラスターを備えた記憶域ネットワーク (SAN) を展開するときは、次のガイドラインに従ってください。When deploying a storage area network (SAN) with a failover cluster, follow these guidelines:

  • 記憶域の互換性を確認する:記憶域 (記憶域に使用するドライバー、ファームウェア、およびソフトウェアを含む) に、実行している Windows Server のバージョンのフェールオーバー クラスターとの互換性があるかどうかを製造元に確認してください。Confirm compatibility of the storage: Confirm with manufacturers and vendors that the storage, including drivers, firmware, and software used for the storage, are compatible with failover clusters in the version of Windows Server that you are running.

  • 1 つのクラスターで 1 つの記憶装置を使用する:異なるクラスターのサーバーが同一の記憶装置にアクセスしないようにしてください。Isolate storage devices, one cluster per device: Servers from different clusters must not be able to access the same storage devices. ほとんどの場合、LUN マスキングまたはゾーニングにより、1 つのクラスター サーバー セットに使用される LUN を、その他のすべてのサーバーから分離する必要があります。In most cases, a LUN used for one set of cluster servers should be isolated from all other servers through LUN masking or zoning.

  • マルチパス I/O ソフトウェアまたはチーム化されたネットワーク アダプターの使用を検討する:可用性の高い記憶域ファブリックでは、マルチパス I/O ソフトウェアまたはネットワーク アダプターのチーム化 (負荷分散とフェールオーバー (LBFO) とも呼ばれます) を使用して、複数のホスト バス アダプターを備えたフェールオーバー クラスターを展開できます。Consider using multipath I/O software or teamed network adapters: In a highly available storage fabric, you can deploy failover clusters with multiple host bus adapters by using multipath I/O software or network adapter teaming (also called load balancing and failover, or LBFO). これによって、冗長性と可用性を最大限に引き出すことができます。This provides the highest level of redundancy and availability. Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 の場合は、Microsoft マルチパス i/o (MPIO) に基づくマルチパスソリューションを使用する必要があります。For Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2012, your multipath solution must be based on Microsoft Multipath I/O (MPIO). 通常は、ハードウェアに対応した MPIO デバイス固有モジュール (DSM) がハードウェアの製造元から提供されますが、Windows Server にはオペレーティング システムの一部として 1 つ以上の DSM が組み込まれています。Your hardware vendor will typically supply an MPIO device-specific module (DSM) for your hardware, although Windows Server includes one or more DSMs as part of the operating system.

    LBFO の詳細については、Windows Server テクニカルライブラリの「 NIC チーミングの概要」を参照してください。For more information about LBFO, see NIC Teaming Overview in the Windows Server Technical Library.

    重要

    ホスト バス アダプターとマルチパス I/O ソフトウェアは、バージョンの違いが原因で正しく機能しない場合があります。Host bus adapters and multipath I/O software can be very version sensitive. クラスターにマルチパス ソリューションを実装する場合は、ハードウェアの製造元に相談して、実行している Windows Server のバージョンに対応した正しいアダプター、ファームウェア、およびソフトウェアを選択してください。If you are implementing a multipath solution for your cluster, work closely with your hardware vendor to choose the correct adapters, firmware, and software for the version of Windows Server that you are running.

  • 記憶域スペースの使用を検討する:記憶域スペースを使用して構成されているシリアル接続 SCSI (SAS) クラスター化記憶域を展開する場合は、「クラスター化された記憶域スペースを要件として展開する」を参照してください。Consider using Storage Spaces: If you plan to deploy serial attached SCSI (SAS) clustered storage that's configured using Storage Spaces, see Deploy Clustered Storage Spaces for the requirements.

詳細情報More information