2ノードのクラスター化されたファイルサーバーの展開Deploying a two-node clustered file server

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

フェールオーバー クラスターとは、アプリケーションやサービスの可用性を向上するために、互いに連携する独立したコンピューターで構成されるグループを指します。A failover cluster is a group of independent computers that work together to increase the availability of applications and services. クラスター サーバー (ノード) は、物理ケーブルとソフトウェアにより接続されます。The clustered servers (called nodes) are connected by physical cables and by software. クラスター ノードの 1 つに障害が発生すると、他のノードがサービスの提供を開始します (フェールオーバーと呼ばれる処理)。If one of the cluster nodes fails, another node begins to provide service (a process known as failover). ユーザーはサービスの中断を最小限に抑えます。Users experience a minimum of disruptions in service.

このガイドでは、2つのノードを持つ汎用ファイルサーバーフェールオーバークラスターをインストールして構成する手順について説明します。This guide describes the steps for installing and configuring a general purpose file server failover cluster that has two nodes. このガイドで構成を作成することによって、フェールオーバークラスターについて学習し、Windows Server 2019 または Windows Server 2016 のフェールオーバークラスター管理スナップインインターフェイスを理解することができます。By creating the configuration in this guide, you can learn about failover clusters and familiarize yourself with the Failover Cluster Management snap-in interface in Windows Server 2019 or Windows Server 2016.

2ノードファイルサーバークラスターの概要Overview for a two-node file server cluster

フェールオーバークラスター内のサーバーは、ファイルサーバー、Hyper-v サーバー、またはデータベースサーバーの役割を含むさまざまな役割で機能し、他のさまざまなサービスやアプリケーションに対して高可用性を提供できます。Servers in a failover cluster can function in a variety of roles, including the roles of file server, Hyper-V server, or database server, and can provide high availability for a variety of other services and applications. このガイドでは、2ノードのファイルサーバークラスターを構成する方法について説明します。This guide describes how to configure a two-node file server cluster.

通常、フェールオーバークラスターには、クラスター内のすべてのサーバーに物理的に接続されている記憶域ユニットが含まれます。ただし、記憶域の特定のボリュームは一度に1台のサーバーによってのみアクセスされます。A failover cluster usually includes a storage unit that is physically connected to all the servers in the cluster, although any given volume in the storage is only accessed by one server at a time. 次の図は、記憶域ユニットに接続されている2ノードフェールオーバークラスターを示しています。The following diagram shows a two-node failover cluster connected to a storage unit.

2ノードクラスター

クラスター内のノードに公開されている記憶域ボリュームまたは論理ユニット番号 (Lun) を他のサーバー (別のクラスター内のサーバーを含む) に公開することはできません。Storage volumes or logical unit numbers (LUNs) exposed to the nodes in a cluster must not be exposed to other servers, including servers in another cluster. 次の図はこれを示しています。The following diagram illustrates this.

ストレージ内の Lun

サーバーの最大可用性を確保するには、サーバー管理のベストプラクティスに従うことが重要です。たとえば、サーバーの物理環境を慎重に管理したり、ソフトウェアの変更を完全に実装する前にテストしたり、慎重に行う必要があります。すべてのクラスター化されたサーバーで、ソフトウェアの更新と構成の変更を追跡します。Note that for the maximum availability of any server, it is important to follow best practices for server management—for example, carefully managing the physical environment of the servers, testing software changes before fully implementing them, and carefully keeping track of software updates and configuration changes on all clustered servers.

次のシナリオでは、ファイルサーバーのフェールオーバークラスターを構成する方法について説明します。The following scenario describes how a file server failover cluster can be configured. 共有されるファイルはクラスター記憶域上にあり、いずれかのクラスター化されたサーバーはそれらを共有するファイルサーバーとして機能できます。The files being shared are on the cluster storage, and either clustered server can act as the file server that shares them.

フェールオーバークラスター内の共有フォルダーShared folders in a failover cluster

次の一覧では、フェールオーバークラスタリングに統合されている共有フォルダーの構成機能について説明します。The following list describes shared folder configuration functionality that is integrated into failover clustering:

  • 表示のスコープは、クラスター化された共有フォルダーのみです (非クラスター化共有フォルダーと混在させません)。ユーザーがクラスター化されたファイルサーバーのパスを指定して共有フォルダーを表示する場合、表示には、特定のファイルサーバーの役割の一部である共有フォルダーのみが表示されます。Display is scoped to clustered shared folders only (no mixing with non-clustered shared folders): When a user views shared folders by specifying the path of a clustered file server, the display will include only the shared folders that are part of the specific file server role. クラスター化されていない共有フォルダーを除外し、クラスターのノード上に存在する別のファイルサーバーの役割の一部を共有します。It will exclude non-clustered shared folders and shares part of separate file server roles that happen to be on a node of the cluster.

  • アクセスベースの列挙型:アクセスベースの列挙を使用して、指定したフォルダーをユーザーのビューから非表示にすることができます。Access-based enumeration: You can use access-based enumeration to hide a specified folder from users' view. ユーザーがフォルダーを閲覧することはできますが、そのフォルダー上の何にもアクセスできないようにするには、フォルダーがまったく表示されないようにします。Instead of allowing users to see the folder but not access anything on it, you can choose to prevent them from seeing the folder at all. クラスター化された共有フォルダーのアクセスベースの列挙は、クラスター化されていない共有フォルダーの場合と同じように構成できます。You can configure access-based enumeration for a clustered shared folder in the same way as for a non-clustered shared folder.

  • オフラインアクセス:クラスター化された共有フォルダーのオフラインアクセス (キャッシュ) は、非クラスター化共有フォルダーと同じように構成できます。Offline access: You can configure offline access (caching) for a clustered shared folder in the same way as for a nonclustered shared folder.

  • クラスター化されたディスクは、常にクラスターの一部として認識されます。フェールオーバークラスターインターフェイス、Windows エクスプローラー、または共有と記憶域の管理スナップインを使用するかどうかにかかわらず、Windows は、ディスクがクラスター記憶域として指定されているかどうかを認識します。Clustered disks are always recognized as part of the cluster: Whether you use the failover cluster interface, Windows Explorer, or the Share and Storage Management snap-in, Windows recognizes whether a disk has been designated as being in the cluster storage. クラスター化されたファイルサーバーの一部として、フェールオーバークラスター管理でこのようなディスクが既に構成されている場合は、前述のいずれかのインターフェイスを使用して、ディスク上に共有を作成できます。If such a disk has already been configured in Failover Cluster Management as part of a clustered file server, you can then use any of the previously mentioned interfaces to create a share on the disk. このようなディスクがクラスター化されたファイルサーバーの一部として構成されていない場合は、誤って共有を作成することはできません。If such a disk has not been configured as part of a clustered file server, you cannot mistakenly create a share on it. 代わりに、ディスクを共有する前に、クラスター化されたファイルサーバーの一部としてディスクを構成する必要があることを示すエラーが表示されます。Instead, an error indicates that the disk must first be configured as part of a clustered file server before it can be shared.

  • ネットワークファイルシステム用のサービスの統合:Windows Server のファイルサーバーの役割には、Network File System (NFS) 用のサービスと呼ばれるオプションの役割サービスが含まれています。Integration of Services for Network File System: The File Server role in Windows Server includes the optional role service called Services for Network File System (NFS). 役割サービスをインストールし、NFS 用サービスを使用して共有フォルダーを構成することにより、UNIX ベースのクライアントをサポートするクラスター化されたファイルサーバーを作成できます。By installing the role service and configuring shared folders with Services for NFS, you can create a clustered file server that supports UNIX-based clients.

2ノードフェールオーバークラスターの要件Requirements for a two-node failover cluster

Windows Server 2016 または Windows Server 2019 のフェールオーバークラスターが Microsoft によって正式にサポートされているソリューションと見なされるためには、次の条件を満たす必要があります。For a failover cluster in Windows Server 2016 or Windows Server 2019 to be considered an officially supported solution by Microsoft, the solution must meet the following criteria.

  • すべてのハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントが、適切なロゴの要件を満たしている。All hardware and software components must meet the qualifications for the appropriate logo. Windows Server 2016 の場合、これは "Windows Server 2016 認定済み" ロゴです。For Windows Server 2016, this is the “Certified for Windows Server 2016” logo. Windows Server 2019 の場合、これは "Windows Server 2019 認定済み" ロゴです。For Windows Server 2019, this is the “Certified for Windows Server 2019” logo. 認定されているハードウェアおよびソフトウェアシステムの詳細については、Microsoft Windows Server Catalogサイトを参照してください。For more information about what hardware and software systems have been certified, please visit the Microsoft Windows Server Catalog site.

  • 完全に構成されたソリューション (サーバー、ネットワーク、および記憶域) は、フェールオーバークラスタースナップインの一部である検証ウィザードのすべてのテストに合格する必要があります。The fully configured solution (servers, network, and storage) must pass all tests in the validation wizard, which is part of the failover cluster snap-in.

2ノードフェールオーバークラスターの場合、次のものが必要になります。The following will be needed for a two-node failover cluster.

  • サーバー同一または類似したコンポーネントで一致するコンピューターを使用することをお勧めします。Servers: We recommend using matching computers with the same or similar components. 2ノードフェールオーバークラスターのサーバーでは、同じバージョンの Windows Server が実行されている必要があります。The servers for a two-node failover cluster must run the same version of Windows Server. また、同じソフトウェア更新プログラム (修正プログラム) が必要です。They should also have the same software updates (patches).

  • ネットワークアダプターとケーブル: フェールオーバークラスターソリューションの他のコンポーネントと同様に、ネットワークハードウェアは、Windows Server 2016 または Windows Server 2019 と互換性がある必要があります。Network Adapters and cable: The network hardware, like other components in the failover cluster solution, must be compatible with Windows Server 2016 or Windows Server 2019. ISCSI を使用する場合、ネットワークアダプターはネットワーク通信と iSCSI の両方ではなく、どちらか専用である必要があります。If you use iSCSI, the network adapters must be dedicated to either network communication or iSCSI, not both. クラスター ノードを接続するネットワーク インフラストラクチャでは、単一障害点を回避する必要があります。In the network infrastructure that connects your cluster nodes, avoid having single points of failure. これを実現するには、複数の方法があります。There are multiple ways of accomplishing this. クラスターノードは、複数の個別のネットワークによって接続できます。You can connect your cluster nodes by multiple, distinct networks. また、チーム化されたネットワーク アダプター、冗長なスイッチ、冗長なルーターなど、単一障害点を取り除くためのハードウェアが導入された単一のネットワークにクラスター ノードを接続する方法もあります。Alternatively, you can connect your cluster nodes with one network that is constructed with teamed network adapters, redundant switches, redundant routers, or similar hardware that removes single points of failure.

    注意

    クラスターノードが1つのネットワークに接続されている場合、ネットワークは構成の検証ウィザードの冗長性の要件を満たします。If the cluster nodes are connected with a single network, the network will pass the redundancy requirement in the Validate a Configuration wizard. ただし、レポートには、ネットワークに単一障害点がないことを示す警告が含まれます。However, the report will include a warning that the network should not have a single point of failure.

  • ストレージ用のデバイスコントローラーまたは適切なアダプター:Device Controllers or appropriate adapters for storage:

    • シリアル接続 SCSI またはファイバーチャネル: シリアル接続 SCSI またはファイバーチャネルを使用している場合は、すべてのクラスター化されたサーバーで、記憶域スタックのすべてのコンポーネントが同一である必要があります。Serial Attached SCSI or Fibre Channel: If you are using Serial Attached SCSI or Fibre Channel, in all clustered servers, all components of the storage stack should be identical. マルチパス i/o (MPIO) ソフトウェアおよびデバイス固有モジュール (DSM) ソフトウェアコンポーネントが同一である必要があります。It is required that the multipath I/O (MPIO) software and Device Specific Module (DSM) software components be identical. また、クラスター記憶域に接続する大容量記憶装置コントローラー (つまり、ホスト バス アダプター (HBA)、HBA ドライバー、および HBA ファームウェア) も同じものを使用することをお勧めします。It is recommended that the mass-storage device controllers—that is, the host bus adapter (HBA), HBA drivers, and HBA firmware—that are attached to cluster storage be identical. 異なる HBA を使用する場合は、サポートされる構成または推奨される構成に従っていることを記憶域の製造元に確認する必要があります。If you use dissimilar HBAs, you should verify with the storage vendor that you are following their supported or recommended configurations.
    • IsISCSI を使用している場合、各クラスターサーバーには、ISCSI 記憶域専用のネットワークアダプターまたはホストバスアダプターが1つ以上必要です。iSCSI: If you are using iSCSI, each clustered server must have one or more network adapters or host bus adapters that are dedicated to the ISCSI storage. ISCSI に使用するネットワークは、ネットワーク通信には使用できません。The network you use for iSCSI cannot be used for network communication. クラスター化されたすべてのサーバーで、iSCSI 記憶域ターゲットへの接続に同一のネットワーク アダプターを使用する必要があります。ギガビット イーサネット以上の通信規格を使用することをお勧めします。In all clustered servers, the network adapters you use to connect to the iSCSI storage target should be identical, and we recommend that you use Gigabit Ethernet or higher.
  • Windows Server 2016 または Windows Server 2019 用に認定されている共有記憶域を使用する必要があります。Storage: You must use shared storage that is certified for Windows Server 2016 or Windows Server 2019.

    2ノードフェールオーバークラスターの場合、クォーラムとして監視ディスクを使用する場合は、記憶域に2つ以上の個別のボリューム (Lun) が含まれている必要があります。For a two-node failover cluster, the storage should contain at least two separate volumes (LUNs) if using a witness disk for quorum. 監視ディスクは、クラスター構成データベースのコピーを保持するように指定されているクラスター記憶域のディスクです。The witness disk is a disk in the cluster storage that is designated to hold a copy of the cluster configuration database. この2ノードクラスターの例では、クォーラム構成はノードおよびディスクマジョリティになります。For this two-node cluster example, the quorum configuration will be Node and Disk Majority. ノードとディスクマジョリティは、ノードと監視ディスクにそれぞれクラスター構成のコピーが含まれており、これらのコピーの過半数 (2 つのうち2つ) が使用可能である限り、クラスターにクォーラムがあることを意味します。Node and Disk Majority means that the nodes and the witness disk each contain copies of the cluster configuration, and the cluster has quorum as long as a majority (two out of three) of these copies are available. もう一方のボリューム (LUN) には、ユーザーに共有されているファイルが含まれます。The other volume (LUN) will contain the files that are being shared to users.

    記憶域の要件を次に示します。Storage requirements include the following:

    • フェールオーバー クラスタリングに含まれるネイティブのディスク サポートを利用するには、ダイナミック ディスクではなくベーシック ディスクを使用してください。To use the native disk support included in failover clustering, use basic disks, not dynamic disks.
    • NTFS でパーティションをフォーマットすることをお勧めします (監視ディスクの場合、パーティションは NTFS である必要があります)。We recommend that you format the partitions with NTFS (for the witness disk, the partition must be NTFS).
    • ディスクのパーティション スタイルとして、マスター ブート レコード (MBR) と GUID パーティション テーブル (GPT) のいずれかを使用できます。For the partition style of the disk, you can use either master boot record (MBR) or GUID partition table (GPT).
    • 記憶域は特定の SCSI コマンドに正しく応答する必要があります。記憶域は、SCSI プライマリコマンド 3 (SPC 3) と呼ばれる標準に従っている必要があります。The storage must respond correctly to specific SCSI commands, the storage must follow the standard called SCSI Primary Commands-3 (SPC-3). 特に、ストレージは、SPC-3 標準で指定されている永続的な予約をサポートしている必要があります。In particular, the storage must support Persistent Reservations as specified in the SPC-3 standard.
    • 記憶域に使用するミニポートドライバーは、Microsoft Storport 記憶域ドライバーで動作する必要があります。The miniport driver used for the storage must work with the Microsoft Storport storage driver.

フェールオーバー クラスターを備えた記憶域ネットワークの展開Deploying storage area networks with failover clusters

フェールオーバークラスターを使用して記憶域ネットワーク (SAN) を展開する場合は、次のガイドラインに従う必要があります。When deploying a storage area network (SAN) with a failover cluster, the following guidelines should be observed.

  • ストレージの証明書を確認します。 Windows Server Catalogサイトを使用して、ベンダーの記憶域 (ドライバー、ファームウェア、ソフトウェアなど) が windows server 2016 または windows server 2019 に対して認定されていることを確認します。Confirm certification of the storage: Using the Windows Server Catalog site, confirm the vendor's storage, including drivers, firmware and software, is certified for Windows Server 2016 or Windows Server 2019.

  • デバイスごとに1つのクラスターで、記憶装置を分離します。 異なるクラスターのサーバーが同一の記憶装置にアクセスしないようにしてください。Isolate storage devices, one cluster per device: Servers from different clusters must not be able to access the same storage devices. ほとんどの場合、1つのクラスターサーバーセットに使用される LUN は、LUN マスキングまたはゾーニングによって、他のすべてのサーバーから分離する必要があります。In most cases, a LUN that is used for one set of cluster servers should be isolated from all other servers through LUN masking or zoning.

  • マルチパス i/o ソフトウェアを使用することを検討してください。 高可用性の記憶域ファブリックでは、マルチパス i/o ソフトウェアを使用して、複数のホストバスアダプターを含むフェールオーバークラスターを展開できます。Consider using multipath I/O software: In a highly available storage fabric, you can deploy failover clusters with multiple host bus adapters by using multipath I/O software. これによって、冗長性と可用性を最大限に引き出すことができます。This provides the highest level of redundancy and availability. マルチパスソリューションは、Microsoft マルチパス i/o (MPIO) をベースにしている必要があります。The multipath solution must be based on Microsoft Multipath I/O (MPIO). Windows Server 2016 と Windows Server 2019 には、オペレーティングシステムの一部として1つまたは複数の Dsm が組み込まれていますが、記憶域ハードウェアの製造元は、ハードウェアに対して MPIO デバイス固有モジュール (DSM) を提供できます。The storage hardware vendor may supply an MPIO device-specific module (DSM) for your hardware, although Windows Server 2016 and Windows Server 2019 include one or more DSMs as part of the operating system.

ネットワーク インフラストラクチャとドメイン アカウントの要件Network infrastructure and domain account requirements

2ノードのフェールオーバークラスターと、次のドメインアクセス許可を持つ管理アカウントには、次のネットワークインフラストラクチャが必要です。You will need the following network infrastructure for a two-node failover cluster and an administrative account with the following domain permissions:

  • ネットワーク設定と IP アドレス: ネットワークに同一のネットワークアダプターを使用する場合は、これらのアダプターでも同じ通信設定を使用します (速度、二重モード、フロー制御、メディアの種類など)。Network settings and IP addresses: When you use identical network adapters for a network, also use identical communication settings on those adapters (for example, Speed, Duplex Mode, Flow Control, and Media Type). また、ネットワーク アダプターとその接続先のスイッチ間で設定を比較して、設定に競合がないことを確認します。Also, compare the settings between the network adapter and the switch it connects to and make sure that no settings are in conflict.

    ネットワーク インフラストラクチャの残りの部分にルーティングされないプライベート ネットワークを使用する場合、それらのプライベート ネットワークが固有のサブネットを使用することを確認します。If you have private networks that are not routed to the rest of your network infrastructure, ensure that each of these private networks uses a unique subnet. これは、各ネットワーク アダプターに固有の IP アドレスを割り当てる場合であっても必要です。This is necessary even if you give each network adapter a unique IP address. たとえば、1 つの物理ネットワークを使用する本社にクラスター ノードがあり、別個の物理ネットワークを使用する支社に別のノードがある場合、各アダプターに固有の IP アドレスを割り当てる場合であっても、両方のネットワークに対して 10.0.0.0/24 を指定しないでください。For example, if you have a cluster node in a central office that uses one physical network, and another node in a branch office that uses a separate physical network, do not specify 10.0.0.0/24 for both networks, even if you give each adapter a unique IP address.

    ネットワークアダプターの詳細については、このガイドの「2ノードフェールオーバークラスターのハードウェア要件」を参照してください。For more information about the network adapters, see Hardware requirements for a two-node failover cluster, earlier in this guide.

  • DNSクラスター内のサーバーは、名前解決にドメインネームシステム (DNS) を使用している必要があります。DNS: The servers in the cluster must be using Domain Name System (DNS) for name resolution. DNS 動的更新プロトコルを使用できます。The DNS dynamic update protocol can be used.

  • ドメインの役割: クラスター内のすべてのサーバーは、同じ Active Directory ドメイン内に存在する必要があります。Domain role: All servers in the cluster must be in the same Active Directory domain. ベスト プラクティスとして、クラスター化されたサーバーはすべて同じドメインの役割 (メンバー サーバーまたはドメイン コントローラー) を持つ必要があります。As a best practice, all clustered servers should have the same domain role (either member server or domain controller). 推奨される役割は、メンバー サーバーです。The recommended role is member server.

  • ドメインコントローラー: クラスター化されたサーバーをメンバーサーバーにすることをお勧めします。Domain controller: We recommend that your clustered servers be member servers. そのような場合は、フェールオーバークラスターを含むドメインのドメインコントローラーとして機能する追加のサーバーが必要です。If they are, you need an additional server that acts as the domain controller in the domain that contains your failover cluster.

  • クライントテストに必要な場合は、1つまたは複数のネットワークに接続されたクライアントを、作成したフェールオーバークラスターに接続し、クラスター化されたファイルサーバーをクラスターノード間で移動またはフェールオーバーするときに、クライアントへの影響を観察します。Clients: As needed for testing, you can connect one or more networked clients to the failover cluster that you create, and observe the effect on a client when you move or fail over the clustered file server from one cluster node to the other.

  • クラスターを管理するためのアカウント: クラスターを初めて作成するとき、またはクラスターにサーバーを追加するときは、そのクラスター内のすべてのサーバーに対する管理者権限とアクセス許可を持つアカウントでドメインにログオンする必要があります。Account for administering the cluster: When you first create a cluster or add servers to it, you must be logged on to the domain with an account that has administrator rights and permissions on all servers in that cluster. このアカウントは Domain Admins アカウントである必要はなく、クラスター化された各サーバーの Administrators グループに属するドメイン ユーザー アカウントでもかまいません。The account does not need to be a Domain Admins account, but can be a Domain Users account that is in the Administrators group on each clustered server. また、アカウントが Domain Admins アカウントではない場合、アカウント (またはアカウントがメンバーとなっているグループ) には、ドメイン組織単位 (OU) の [コンピューターオブジェクトの作成] および [すべてのプロパティの読み取り] アクセス許可が付与されている必要があります。はに存在します。In addition, if the account is not a Domain Admins account, the account (or the group that the account is a member of) must be given the Create Computer Objects and Read All Properties permissions in the domain organizational unit (OU) that is will reside in.

2ノードのファイルサーバークラスターをインストールする手順Steps for installing a two-node file server cluster

2ノードのファイルサーバーフェールオーバークラスターをインストールするには、次の手順を完了する必要があります。You must complete the following steps to install a two-node file server failover cluster.

手順 1:クラスターサーバーをネットワークと記憶域に接続するStep 1: Connect the cluster servers to the networks and storage

手順 2:フェールオーバークラスター機能のインストールStep 2: Install the failover cluster feature

手順 3:クラスター構成を検証するStep 3: Validate the cluster configuration

手順 4:クラスターを作成する。Step 4: Create the cluster

クラスターノードが既にインストールされており、ファイルサーバーのフェールオーバークラスターを構成する場合は、このガイドの「2ノードのファイルサーバークラスターを構成するための手順」を参照してください。If you have already installed the cluster nodes and want to configure a file server failover cluster, see Steps for configuring a two-node file server cluster, later in this guide.

手順 1:クラスターサーバーをネットワークと記憶域に接続するStep 1: Connect the cluster servers to the networks and storage

フェールオーバークラスターネットワークの場合、単一障害点は避けてください。For a failover cluster network, avoid having single points of failure. これを実現するには、複数の方法があります。There are multiple ways of accomplishing this. クラスターノードは、複数の個別のネットワークによって接続できます。You can connect your cluster nodes by multiple, distinct networks. または、チーム化されたネットワークアダプター、冗長スイッチ、冗長なルーター、または単一障害点を解消する同様のハードウェア (iSCSI 用のネットワークを使用する場合) を使用して構築された1つのネットワークにクラスターノードを接続することもできます。他のネットワークに加えて、このネットワークも含まれます)。Alternatively, you can connect your cluster nodes with one network that is constructed with teamed network adapters, redundant switches, redundant routers, or similar hardware that removes single points of failure (If you use a network for iSCSI, you must create this network in addition to the other networks).

2ノードのファイルサーバークラスターの場合は、サーバーをクラスター記憶域に接続するときに、少なくとも2つのボリューム (Lun) を公開する必要があります。For a two-node file server cluster, when you connect the servers to the cluster storage, you must expose at least two volumes (LUNs). 構成を徹底的にテストするために、必要に応じて追加のボリュームを公開できます。You can expose additional volumes as needed for thorough testing of your configuration. クラスター化されていないボリュームは、クラスターに存在しないサーバーに公開しないでください。Do not expose the clustered volumes to servers that are not in the cluster.

クラスターサーバーをネットワークと記憶域に接続するにはTo connect the cluster servers to the networks and storage

  1. 2ノードのフェールオーバークラスターのハードウェア要件に関するネットワークの詳細と、2ノードのフェールオーバークラスターのネットワークインフラストラクチャおよびドメインアカウントの要件については、このガイドの前半で説明しています。Review the details about networks in Hardware requirements for a two-node failover cluster and Network infrastructure and domain account requirements for a two-node failover cluster, earlier in this guide.

  2. クラスター内のサーバーが使用するネットワークを接続および構成します。Connect and configure the networks that the servers in the cluster will use.

  3. テスト構成にクライアントまたは非クラスター化ドメインコントローラーが含まれている場合は、これらのコンピューターが少なくとも1つのネットワークを介してクラスター化されたサーバーに接続できることを確認してください。If your test configuration includes clients or a non-clustered domain controller, make sure that these computers can connect to the clustered servers through at least one network.

  4. 製造元の指示に従って、サーバーを記憶域に物理的に接続します。Follow the manufacturer's instructions for physically connecting the servers to the storage.

  5. クラスターで使用するディスク (LUN) がクラスター化するサーバーに (およびそれらのサーバーにのみ) 公開されていることを確認します。Ensure that the disks (LUNs) that you want to use in the cluster are exposed to the servers that you will cluster (and only those servers). 次のいずれかのインターフェイスを使用して、ディスクまたは Lun を公開できます。You can use any of the following interfaces to expose disks or LUNs:

    • 記憶域の製造元によって提供されたインターフェイスThe interface provided by the manufacturer of the storage.

    • ISCSI を使用している場合は、適切な iSCSI インターフェイスを使用します。If you are using iSCSI, an appropriate iSCSI interface.

  6. ディスクの形式または機能を制御するソフトウェアを購入した場合は、ベンダーの指示に従って、そのソフトウェアを Windows Server と共に使用する方法を確認してください。If you have purchased software that controls the format or function of the disk, follow instructions from the vendor about how to use that software with Windows Server.

  7. クラスター化するいずれかのサーバーで、[スタート]、[管理ツール]、[コンピューターの管理] の順にクリックし、[ディスクの管理] をクリックします。On one of the servers that you want to cluster, click Start, click Administrative Tools, click Computer Management, and then click Disk Management. ([ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示されたら、表示された操作が正しいことを確認し、[続行] をクリックします)。[ディスクの管理] で、クラスターディスクが表示されていることを確認します。(If the User Account Control dialog box appears, confirm that the action it displays is what you want, and then click Continue.) In Disk Management, confirm that the cluster disks are visible.

  8. 2 テラバイトを超える記憶域ボリュームを使用し、Windows インターフェイスを使用してディスクの形式を制御する場合は、そのディスクを GUID パーティション テーブル (GPT) と呼ばれるパーティション スタイルに変換します。If you want to have a storage volume larger than 2 terabytes, and you are using the Windows interface to control the format of the disk, convert that disk to the partition style called GUID partition table (GPT). これを行うには、ディスク上のすべてのデータをバックアップし、ディスク上のすべてのボリュームを削除します。次に、[ディスクの管理] で、(パーティションではなく) ディスクを右クリックし、[GPT ディスクに変換] をクリックします。To do this, back up any data on the disk, delete all volumes on the disk and then, in Disk Management, right-click the disk (not a partition) and click Convert to GPT Disk. ボリュームが 2 テラバイト未満の場合は、GPT を使用する代わりに、マスター ブート レコード (MBR) と呼ばれるパーティション スタイルを使用できます。For volumes smaller than 2 terabytes, instead of using GPT, you can use the partition style called master boot record (MBR).

  9. 公開するボリュームまたは LUN の形式を確認します。Check the format of any exposed volume or LUN. 形式には NTFS を使用することをお勧めします (監視ディスクの場合は NTFS を使用する必要があります)。We recommend NTFS for the format (for the witness disk, you must use NTFS).

手順 2:ファイルサーバーの役割とフェールオーバークラスター機能をインストールするStep 2: Install the file server role and failover cluster feature

この手順では、ファイルサーバーの役割とフェールオーバークラスター機能がインストールされます。In this step, the file server role and failover cluster feature will be installed. どちらのサーバーも、Windows Server 2016 または Windows Server 2019 を実行している必要があります。Both servers must be running either Windows Server 2016 or Windows Server 2019.

サーバーマネージャーの使用Using Server Manager

  1. サーバーマネージャーを開き、 [管理] ドロップダウンで [役割と機能の追加] を選択します。Open Server Manager and under the Manage drop down, select Add Roles and Features.

    機能の追加

  2. [開始する前に] ウィンドウが開いたら、 [次へ] をクリックします。If the Before you begin window opens, choose Next.

  3. [インストールの種類] で、 [役割ベースまたは機能ベースのインストール] を選択し、 [次へ] をクリックします。For the Installation Type, select Role-based or feature-based installation and Next.

  4. [サーバープールからサーバーを選択] が選択されていることを確認し、コンピューターの名前を強調表示して、 [次へ] をクリックします。Ensure Select a server from the server pool is selected, the name of the machine is highlighted, and Next.

  5. サーバーロールの場合は、ロールの一覧から [ファイルサービス] を開き、 [ファイルサーバー][次へ] を選択します。For the Server Role, from the list of roles, open File Services, select File Server, and Next.

    ロールの追加

  6. 機能については、機能の一覧から [フェールオーバークラスタリング] を選択します。For the Features, from the list of features, select Failover Clustering. ポップアップダイアログには、インストールされている管理ツールも一覧表示されます。A popup dialog will show that lists the administration tools also being installed. 選択したものをすべて保持し、 [機能の追加][次へ] を選択します。Keep all the selected, choose Add Features and Next.

    機能の追加

  7. [確認] ページで、[インストール] を選択します。On the Confirmation page, select Install.

  8. インストールが完了したら、コンピューターを再起動します。Once the installation completes, restart the computer.

  9. 2番目のコンピューターでも同じ手順を繰り返します。Repeat the steps on the second machine.

PowerShell を使用するUsing PowerShell

  1. スタート ボタンを右クリックし、 Windows powershell (管理者) を選択して、管理 PowerShell セッションを開きます。Open an administrative PowerShell session by right-clicking the Start button and then selecting Windows PowerShell (Admin).

  2. ファイルサーバーの役割をインストールするには、次のコマンドを実行します。To install the File Server Role, run the command:

    Install-WindowsFeature -Name FS-FileServer
    
  3. フェールオーバークラスタリング機能とその管理ツールをインストールするには、次のコマンドを実行します。To install the Failover Clustering feature and its management tools, run the command:

    Install-WindowsFeature -Name Failover-Clustering -IncludeManagementTools
    
  4. 完了したら、次のコマンドを使用してインストールされていることを確認できます。Once they have completed, you can verify they are installed with the commands:

    Get-WindowsFeature -Name FS-FileServer
    Get-WindowsFeature -Name Failover-Clustering
    
  5. これらがインストールされたことを確認したら、次のコマンドを使用してコンピューターを再起動します。Once verified they are installed, restart the machine with the command:

    Restart-Computer
    
  6. 2番目のサーバーでも同じ手順を繰り返します。Repeat the steps on the second server.

手順 3:クラスター構成を検証するStep 3: Validate the cluster configuration

クラスターを作成する前に、構成を検証することを強くお勧めします。Before creating a cluster, we strongly recommend that you validate your configuration. 検証は、サーバー、ネットワーク、および記憶域の構成が、フェールオーバークラスターに関する特定の要件を満たしているかどうかを確認するのに役立ちます。Validation helps you confirm that the configuration of your servers, network, and storage meets a set of specific requirements for failover clusters.

フェールオーバークラスターマネージャーの使用Using Failover Cluster Manager

  1. サーバーマネージャーから、 [ツール] ドロップダウンを選択し、 [フェールオーバークラスターマネージャー] を選択します。From Server Manager, choose the Tools drop down and select Failover Cluster Manager.

  2. フェールオーバークラスターマネージャーで、 [管理] の下の中央の列にアクセスし、 [構成の検証] を選択します。In Failover Cluster Manager, go to the middle column under Management and choose Validate Configuration.

  3. [開始する前に] ウィンドウが開いたら、 [次へ] をクリックします。If the Before you begin window opens, choose Next.

  4. [サーバーまたはクラスターの選択] ウィンドウで、クラスターのノードとなる2台のコンピューターの名前をに追加します。In the Select Servers or a Cluster window, add in the names of the two machines that will be the nodes of the cluster. たとえば、名前が NODE1 および NODE2 の場合は、名前を入力し、 [追加] を選択します。For example, if the names are NODE1 and NODE2, enter the name and select Add. また、 [参照] ボタンをクリックして、名前の Active Directory を検索することもできます。You can also choose the Browse button to search Active Directory for the names. 両方が [選択したサーバー] の下に一覧表示されたら、 [次へ] を選択しますOnce both are listed under Selected Servers, choose Next.

  5. [テストオプション] ウィンドウで、 [すべてのテストを実行する (推奨)] を選択し、 [次へ] をクリックします。In the Testing Options window, select Run all tests (recommended), and Next.

  6. 確認ページには、確認するすべてのテストの一覧が表示されます。On the Confirmation page, it will give you the listing of all the tests it will check. [次へ] をクリックすると、テストが開始されます。Choose Next and the tests will begin.

  7. 完了すると、テストの実行後に [概要] ページが表示されます。Once completed, the Summary page appears after the tests run. 結果の解釈に役立つヘルプトピックを表示するには、 [クラスター検証テストの詳細] をクリックします。To view Help topics that will help you interpret the results, click More about cluster validation tests.

  8. [概要] ページで、[レポートの表示] をクリックし、テスト結果を確認します。While still on the Summary page, click View Report and read the test results. 構成に必要な変更を加え、テストを再実行します。Make any necessary changes in the configuration and rerun the tests.
    ウィザードを閉じた後でテストの結果を表示するには、「 SystemRoot\Cluster\Reports\Validation Report date and time .html」を参照してください。To view the results of the tests after you close the wizard, see SystemRoot\Cluster\Reports\Validation Report date and time.html.

  9. ウィザードを閉じた後、クラスターの検証に関するヘルプトピックを表示するには、フェールオーバークラスター管理で、[ヘルプ]、[ヘルプトピック]、[コンテンツ] タブの順にクリックし、フェールオーバークラスターのヘルプの内容を展開して、[フェールオーバークラスター構成の検証] をクリックします.To view Help topics about cluster validation after you close the wizard, in Failover Cluster Management, click Help, click Help Topics, click the Contents tab, expand the contents for the failover cluster Help, and click Validating a Failover Cluster Configuration.

PowerShell を使用するUsing PowerShell

  1. スタート ボタンを右クリックし、 Windows powershell (管理者) を選択して、管理 PowerShell セッションを開きます。Open an administrative PowerShell session by right-clicking the Start button and then selecting Windows PowerShell (Admin).

  2. フェールオーバークラスタリング用にコンピューター名 (たとえば、NODE1 と NODE2) を検証するには、次のコマンドを実行します。To validate the machines (for example, the machine names being NODE1 and NODE2) for Failover Clustering, run the command:

    Test-Cluster -Node "NODE1","NODE2"
    
  3. ウィザードを閉じた後でテストの結果を表示するには、指定されたファイル (SystemRoot\Cluster\Reports @ no__t-0) を参照し、構成に必要な変更を加えて、テストを再実行します。To view the results of the tests after you close the wizard, see the file specified (in SystemRoot\Cluster\Reports), then make any necessary changes in the configuration and rerun the tests.

詳細については、「フェールオーバークラスター構成の検証」を参照してください。For more info, see Validating a Failover Cluster Configuration.

手順 4:クラスターを作成するStep 4: Create the Cluster

次の例では、使用しているマシンと構成からクラスターを作成します。The following will create a cluster out of the machines and configuration you have.

フェールオーバークラスターマネージャーの使用Using Failover Cluster Manager

  1. サーバーマネージャーから、 [ツール] ドロップダウンを選択し、 [フェールオーバークラスターマネージャー] を選択します。From Server Manager, choose the Tools drop down and select Failover Cluster Manager.

  2. フェールオーバークラスターマネージャーで、 [管理] の下の中央の列にアクセスし、 [クラスターの作成] を選択します。In Failover Cluster Manager, go to the middle column under Management and choose Create Cluster.

  3. [開始する前に] ウィンドウが開いたら、 [次へ] をクリックします。If the Before you begin window opens, choose Next.

  4. [サーバーの選択] ウィンドウで、クラスターのノードとなる2台のコンピューターの名前をに追加します。In the Select Servers window, add in the names of the two machines that will be the nodes of the cluster. たとえば、名前が NODE1 および NODE2 の場合は、名前を入力し、 [追加] を選択します。For example, if the names are NODE1 and NODE2, enter the name and select Add. また、 [参照] ボタンをクリックして、名前の Active Directory を検索することもできます。You can also choose the Browse button to search Active Directory for the names. 両方が [選択したサーバー] の下に一覧表示されたら、 [次へ] を選択しますOnce both are listed under Selected Servers, choose Next.

  5. [クラスター管理用のアクセスポイント] ウィンドウで、使用するクラスターの名前を入力します。In the Access Point for Administering the Cluster window, input the name of the cluster you will be using. これは、ファイル共有への接続に使用する名前ではないことに注意してください。Please note that this is not the name you will be using to connect to your file shares with. これは、単純にクラスターを管理するためのものです。This is for simply administrating the cluster.

    注意

    静的 IP アドレスを使用している場合は、使用するネットワークを選択し、クラスター名に使用する IP アドレスを入力する必要があります。If you are using static IP Addresses, you will need to select the network to use and input the IP Address it will use for the cluster name. IP アドレスに DHCP を使用している場合は、IP アドレスが自動的に構成されます。If you are using DHCP for your IP Addresses, the IP Address will be configured automatically for you.

  6. [次へ] をクリックします。Choose Next.

  7. [確認] ページで、構成した内容を確認し、 [次へ] を選択してクラスターを作成します。On the Confirmation page, verify what you have configured and select Next to create the Cluster.

  8. [概要] ページには、作成した構成が表示されます。On the Summary page, it will give you the configuration it has created. [レポートの表示] を選択すると、作成したレポートが表示されます。You can select View Report to see the report of the creation.

PowerShell を使用するUsing PowerShell

  1. スタート ボタンを右クリックし、 Windows powershell (管理者) を選択して、管理 PowerShell セッションを開きます。Open an administrative PowerShell session by right-clicking the Start button and then selecting Windows PowerShell (Admin).

  2. 静的 IP アドレスを使用している場合は、次のコマンドを実行してクラスターを作成します。Run the following command to create the cluster if you are using static IP Addresses. たとえば、コンピューター名は NODE1 と NODE2 で、クラスターの名前はクラスターになり、IP アドレスは1.1.1.1 になります。For example, the machine names are NODE1 and NODE2, the name of the cluster will be CLUSTER, and the IP Address will be 1.1.1.1.

     New-Cluster -Name CLUSTER -Node "NODE1","NODE2" -StaticAddress 1.1.1.1
    
  3. IP アドレスに DHCP を使用している場合は、次のコマンドを実行してクラスターを作成します。Run the following command to create the cluster if you are using DHCP for IP Addresses. たとえば、コンピューター名は NODE1 と NODE2 で、クラスターの名前は CLUSTER になります。For example, the machine names are NODE1 and NODE2, and the name of the cluster will be CLUSTER.

    New-Cluster -Name CLUSTER -Node "NODE1","NODE2"
    

ファイルサーバーのフェールオーバークラスターを構成する手順Steps for configuring a file server failover cluster

ファイルサーバーのフェールオーバークラスターを構成するには、次の手順に従います。To configure a file server failover cluster, follow the below steps.

  1. サーバーマネージャーから、 [ツール] ドロップダウンを選択し、 [フェールオーバークラスターマネージャー] を選択します。From Server Manager, choose the Tools drop down and select Failover Cluster Manager.

  2. フェールオーバークラスターマネージャーを開くと、作成したクラスターの名前が自動的に表示されます。When Failover Cluster Manager opens, it should automatically bring in the name of the cluster you created. 表示されていない場合は、 [管理] の下の中央の列にアクセスし、 [クラスターに接続] を選択します。If it does not, go to the middle column under Management and choose Connect to Cluster. 作成したクラスターの名前を入力し、 [OK] をクリックします。Input the name of the cluster you created and OK.

  3. コンソールツリーで、作成したクラスターの横にある ">" の記号をクリックして、その下の項目を展開します。In the console tree, click the ">" sign next to the cluster that you created to expand the items underneath it.

  4. [ロール] を右クリックし、 [ロールの構成] を選択します。Right mouse click on Roles and select Configure Role.

  5. [開始する前に] ウィンドウが開いたら、 [次へ] をクリックします。If the Before you begin window opens, choose Next.

  6. ロールの一覧で、 [ファイルサーバー][次へ] の順に選択します。In the list of roles, choose File Server and Next.

  7. ファイルサーバーの種類として、汎用 と 次へ の ファイルサーバー を選択します。For the File Server Type, select File Server for general use and Next.
    スケールアウトファイルサーバーの詳細については、「スケールアウトファイルサーバーの概要」を参照してください。For info about Scale-Out File Server, see Scale-Out File Server overview.

    ファイルサーバーの種類

  8. [クライアントアクセスポイント] ウィンドウで、使用するファイルサーバーの名前を入力します。In the Client Access Point window, input the name of the file server you will be using. これはクラスターの名前ではないことに注意してください。Please note that this is not the name of the cluster. これは、ファイル共有の接続用です。This is for the file share connectivity. たとえば、\SERVER に接続する場合、入力の名前は SERVER になります。For example, if I want to connect to \SERVER, the name inputted would be SERVER.

    注意

    静的 IP アドレスを使用している場合は、使用するネットワークを選択し、クラスター名に使用する IP アドレスを入力する必要があります。If you are using static IP Addresses, you will need to select the network to use and input the IP Address it will use for the cluster name. IP アドレスに DHCP を使用している場合は、IP アドレスが自動的に構成されます。If you are using DHCP for your IP Addresses, the IP Address will be configured automatically for you.

  9. [次へ] をクリックします。Choose Next.

  10. [記憶域の選択] ウィンドウで、共有を保持する追加のドライブ (ミラーリング監視サーバーではない) を選択し、 [次へ] をクリックします。In the Select Storage window, select the additional drive (not the witness) that will hold your shares and Next.

  11. [確認] ページで、構成を確認し、 [次へ] を選択します。On the Confirmation page, verify your configuration and select Next.

  12. [概要] ページには、作成した構成が表示されます。On the Summary page, it will give you the configuration it has created. [レポートの表示] を選択すると、ファイルサーバーロールの作成に関するレポートが表示されます。You can select View Report to see the report of the file server role creation.

  13. コンソールツリーの [ロール] で、作成した新しいロールが、作成した名前として表示されます。Under Roles in the console tree, you will see the new role you created listed as the name you created. 強調表示された状態で、右側の [操作] ウィンドウで [共有の追加] を選択します。With it highlighted, under the Actions pane on the right, choose Add a share.

  14. 次のように、共有ウィザードを使用してを実行します。Run through the share wizard inputting the following:

    • 共有の種類Type of share it will be
    • フォルダーが共有される場所/パスLocation/path the folder shared will be
    • 接続先となる共有ユーザーの名前The name of the share users will connect to
    • アクセスベースの列挙、キャッシュ、暗号化などの追加の設定Additional settings such as Access-based enumeration, caching, encryption, etc
    • ファイルレベルのアクセス許可が既定値以外の場合File level permissions if they will be other than the defaults
  15. [確認] ページで、構成した内容を確認し、 [作成] を選択してファイルサーバー共有を作成します。On the Confirmation page, verify what you have configured and select Create to create the file server share.

  16. 結果 ページで、共有を作成した場合は 閉じる を選択します。On the Results page, select Close if it created the share. 共有を作成できなかった場合は、発生したエラーが表示されます。If it could not create the share, it will give you the errors incurred.

  17. [閉じる] を選択します。Choose Close.

  18. 追加の共有については、この手順を繰り返します。Repeat this process for any additional shares.