フェールオーバー クラスターでクラスターの共有ボリュームを使用するUse Cluster Shared Volumes in a failover cluster

適用対象: windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2

クラスターの共有ボリューム (CSV) を使用すると、フェールオーバー クラスターの複数のノードが、NTFS ボリュームとしてプロビジョニングされている同じ LUN (ディスク) に同時に読み取り/書き込みアクセスできますCluster Shared Volumes (CSV) enable multiple nodes in a failover cluster to simultaneously have read-write access to the same LUN (disk) that is provisioned as an NTFS volume. (Windows Server 2012 R2 では、ディスクを NTFS または弾性ファイルシステム (ReFS) としてプロビジョニングできます)。CSV では、クラスター化された役割を1つのノードから別のノードにすばやくフェールオーバーできます。その際、ドライブの所有権の変更や、ボリュームのマウント解除と再マウントは必要ありません。(In Windows Server 2012 R2, the disk can be provisioned as NTFS or Resilient File System (ReFS).) With CSV, clustered roles can fail over quickly from one node to another node without requiring a change in drive ownership, or dismounting and remounting a volume. また、フェールオーバー クラスター内の多数の LUN の管理も簡素化されます。CSV also help simplify the management of a potentially large number of LUNs in a failover cluster.

CSV は、NTFS (Windows Server 2012 R2 では ReFS) の上に階層化された汎用のクラスター化されたファイルシステムを提供します。CSV provide a general-purpose, clustered file system, which is layered above NTFS (or ReFS in Windows Server 2012 R2). CSV アプリケーションには、次のものが含まれます。CSV applications include:

  • クラスター化された仮想ハード ディスク (VHD) ファイル。これはクラスター化された Hyper-V 仮想マシン用です。Clustered virtual hard disk (VHD) files for clustered Hyper-V virtual machines
  • スケールアウト ファイル共有。これはスケールアウト ファイル サーバーのクラスターの役割のアプリケーション データを格納するために使用されます。Scale-out file shares to store application data for the Scale-Out File Server clustered role. この役割のアプリケーション データの例には、Hyper-V 仮想マシン ファイルや Microsoft SQL Server のデータがありますExamples of the application data for this role include Hyper-V virtual machine files and Microsoft SQL Server data. (ReFS は Scale-Out ファイルサーバーではサポートされていないことに注意してください)。Scale-Out ファイルサーバーの詳細については、「 アプリケーションデータのスケールアウトファイルサーバー」を参照してください。(Be aware that ReFS is not supported for a Scale-Out File Server.) For more information about Scale-Out File Server, see Scale-Out File Server for Application Data.

注意

Csv では、SQL Server 2012 およびそれ以前のバージョンの SQL Server で Microsoft SQL Server クラスター化されたワークロードはサポートされていません。CSVs don't support the Microsoft SQL Server clustered workload in SQL Server 2012 and earlier versions of SQL Server.

Windows Server 2012 では、CSV 機能が大幅に強化されました。In Windows Server 2012, CSV functionality was significantly enhanced. たとえば、Active Directory ドメイン サービスとの依存関係が削除されました。For example, dependencies on Active Directory Domain Services were removed. また、chkdsk の機能向上、ウイルス対策およびバックアップ アプリケーションとの相互運用性、および一般的な記憶域機能 (BitLocker 暗号化ボリュームや記憶域スペースなど) との統合のサポートが追加されました。Support was added for the functional improvements in chkdsk, for interoperability with antivirus and backup applications, and for integration with general storage features such as BitLocker-encrypted volumes and Storage Spaces. Windows Server 2012 で導入された CSV 機能の概要については、「 Windows server 2012 [ ] でのフェールオーバークラスタリングの新機能」を参照してください。For an overview of CSV functionality that was introduced in Windows Server 2012, see What's New in Failover Clustering in Windows Server 2012 [redirected].

Windows Server 2012 R2 では、分散 CSV の所有権、サーバーサービスの可用性による回復性の向上、CSV キャッシュに割り当てることができる物理メモリの量の柔軟性、柔軟な割り当ての向上、ReFS と重複除去のサポートを含む相互運用性の向上など、追加機能が導入されています。Windows Server 2012 R2 introduces additional functionality, such as distributed CSV ownership, increased resiliency through availability of the Server service, greater flexibility in the amount of physical memory that you can allocate to CSV cache, better diagnosibility, and enhanced interoperability that includes support for ReFS and deduplication. 詳細については、「 フェールオーバークラスタリングの新機能」を参照してください。For more information, see What's New in Failover Clustering.

注意

仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) シナリオのために CSV でデータ重複除去を使用する方法については、ブログ記事の「 Windows Server 2012 R2 で VDI 記憶域用にデータ重複除去を展開する 」と「 Windows Server 2012 R2 でデータ重複除去を新しいワークロードに適用する」を参照してください。For information about using data deduplication on CSV for Virtual Desktop Infrastructure (VDI) scenarios, see the blog posts Deploying Data Deduplication for VDI storage in Windows Server 2012 R2 and Extending Data Deduplication to new workloads in Windows Server 2012 R2.

フェールオーバー クラスターで CSV を使用するための要件と考慮事項を確認するReview requirements and considerations for using CSV in a failover cluster

フェールオーバー クラスターで CSV を使用する前に、このセクションでネットワーク、記憶域、およびその他の要件と考慮事項を確認してください。Before using CSV in a failover cluster, review the network, storage, and other requirements and considerations in this section.

ネットワーク構成に関する考慮事項Network configuration considerations

CSV をサポートするネットワークを構成するときは、次の考慮事項を確認してください。Consider the following when you configure the networks that support CSV.

  • 複数のネットワークと複数のネットワーク アダプターMultiple networks and multiple network adapters. ネットワーク障害の発生時にフォールト トレランスを有効にするには、複数のクラスター ネットワークによって CSV トラフィックを伝送するか、またはチーム化されたネットワーク アダプターを構成することをお勧めします。To enable fault tolerance in the event of a network failure, we recommend that multiple cluster networks carry CSV traffic or that you configure teamed network adapters.

    クラスター ノードがクラスターによって使用されてはならないネットワークに接続されている場合は、それらのネットワークを無効にする必要があります。If the cluster nodes are connected to networks that should not be used by the cluster, you should disable them. たとえば、クラスターによる iSCSI ネットワークの使用を無効にして、CSV トラフィックがそれらのネットワークに伝送されるのを防ぐことをお勧めします。For example, we recommend that you disable iSCSI networks for cluster use to prevent CSV traffic on those networks. ネットワークを無効にするには、フェールオーバークラスターマネージャーで [ ネットワーク] を選択し、ネットワークを選択して、[ プロパティ ] アクションを選択し、[ このネットワークでのクラスターネットワーク通信を許可しない] を選択します。To disable a network, in Failover Cluster Manager, select Networks, select the network, select the Properties action, and then select Do not allow cluster network communication on this network. または、 Get clusternetwork Windows PowerShell コマンドレットを使用して、ネットワークの ロール プロパティを構成することもできます。Alternatively, you can configure the Role property of the network by using the Get-ClusterNetwork Windows PowerShell cmdlet.

  • ネットワーク アダプターのプロパティNetwork adapter properties. クラスター通信を伝送するすべてのアダプターのプロパティで、次の設定が有効になっていることを確認します。In the properties for all adapters that carry cluster communication, make sure that the following settings are enabled:

    • [Microsoft ネットワーク用クライアント][Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンタ共有]Client for Microsoft Networks and File and Printer Sharing for Microsoft Networks. これらの設定は、ノード間の CSV トラフィックを伝送するために既定で使用されるサーバー メッセージ ブロック (SMB) 3.0 をサポートしています。These settings support Server Message Block (SMB) 3.0, which is used by default to carry CSV traffic between nodes. SMB をサポートするために、サーバー サービスとワークステーション サービスが実行されており、それらが各クラスター ノードで自動的に開始されるように構成されていることを確認します。To enable SMB, also ensure that the Server service and the Workstation service are running and that they are configured to start automatically on each cluster node.

      注意

      Windows Server 2012 R2 では、フェールオーバークラスターノードごとに複数のサーバーサービスインスタンスがあります。In Windows Server 2012 R2, there are multiple Server service instances per failover cluster node. 標準のファイル共有にアクセスする SMB クライアントからの受信トラフィックを処理する既定のインスタンスと、ノード間の CSV トラフィックのみを処理する 2 番目の CSV インスタンスが存在します。There is the default instance that handles incoming traffic from SMB clients that access regular file shares, and a second CSV instance that handles only inter-node CSV traffic. また、ノードのサーバー サービスが正常な状態ではなくなった場合、CSV の所有権は自動的に別のノードに移動します。Also, if the Server service on a node becomes unhealthy, CSV ownership automatically transitions to another node.

      SMB 3.0 には、SMB マルチチャネルと SMB ダイレクトの機能が含まれています。これらの機能を使用すると、CSV トラフィックがクラスター内の複数のネットワークを経由でき、リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) をサポートするネットワーク アダプターを有効活用することができます。SMB 3.0 includes the SMB Multichannel and SMB Direct features, which enable CSV traffic to stream across multiple networks in the cluster and to leverage network adapters that support Remote Direct Memory Access (RDMA). 既定では、SMB マルチチャネルが CSV トラフィック用に使用されます。By default, SMB Multichannel is used for CSV traffic. 詳細については、「サーバー メッセージ ブロックの概要」を参照してください。For more information, see Server Message Block overview.

    • Microsoft フェールオーバー クラスター仮想アダプター パフォーマンス フィルターMicrosoft Failover Cluster Virtual Adapter Performance Filter. この設定は、CSV にアクセスする必要があるとき (たとえば、接続の失敗によってノードが直接 CSV ディスクに接続できない場合など) にノードが I/O リダイレクトを実行する機能を強化します。This setting improves the ability of nodes to perform I/O redirection when it is required to reach CSV, for example, when a connectivity failure prevents a node from connecting directly to the CSV disk. 詳細については、このトピックで後述する「 CSV 通信での i/o 同期と i/o リダイレクトについ て」を参照してください。For more information, see About I/O synchronization and I/O redirection in CSV communication later in this topic.

  • クラスター ネットワークの優先順位付けCluster network prioritization. 一般に、クラスターによって構成されているネットワーク設定を変更しないことをお勧めします。We generally recommend that you do not change the cluster-configured preferences for the networks.

  • IP サブネットの構成IP subnet configuration. CSV を使用するネットワークのノードについては特定のサブネット構成は不要です。No specific subnet configuration is required for nodes in a network that use CSV. CSV はマルチサブネットクラスターをサポートできます。CSV can support multi-subnet clusters.

  • ポリシー ベースのサービスの品質 (QoS)Policy-based Quality of Service (QoS). CSV を使用する場合は、各ノードへのネットワーク トラフィックに対する QoS 優先順位ポリシーと最小帯域幅ポリシーを構成することをお勧めします。We recommend that you configure a QoS priority policy and a minimum bandwidth policy for network traffic to each node when you use CSV. 詳細については、「 サービスの品質 (QoS)」を参照してください。For more information, see Quality of Service (QoS).

  • 記憶域ネットワークStorage network. 記憶域ネットワークの推奨事項については、使用する記憶域のベンダーが提供するガイドラインを確認してください。For storage network recommendations, review the guidelines that are provided by your storage vendor. CSV 用の記憶域に関するその他の考慮事項については、このトピックで後述する「 記憶域およびディスク構成の要件 」を参照してください。For additional considerations about storage for CSV, see Storage and disk configuration requirements later in this topic.

フェールオーバー クラスターのハードウェア、ネットワーク、および記憶域の要件の概要については、「フェールオーバー クラスタリングのハードウェア要件と記憶域オプション」を参照してください。For an overview of the hardware, network, and storage requirements for failover clusters, see Failover Clustering Hardware Requirements and Storage Options.

CSV 通信での I/O 同期と I/O リダイレクトについてAbout I/O synchronization and I/O redirection in CSV communication

  • I/o 同期: CSV を使用すると、複数のノードが同じ共有記憶域に同時に読み取り/書き込みアクセスできるようになります。I/O synchronization: CSV enables multiple nodes to have simultaneous read-write access to the same shared storage. ノードが CSV ボリュームでディスク入力/出力 (I/O) を実行する場合、ノードは記憶域ネットワーク (SAN) などを通して直接記憶域と通信します。When a node performs disk input/output (I/O) on a CSV volume, the node communicates directly with the storage, for example, through a storage area network (SAN). ただし、どの時点でも、1つのノード (コーディネーターノードと呼ばれます) は、LUN に関連付けられている物理ディスクリソースを "所有" します。However, at any time, a single node (called the coordinator node) "owns" the physical disk resource that is associated with the LUN. CSV ボリュームのコーディネーター ノードは、フェールオーバー クラスター マネージャーの [ディスク] の下に [所有者ノード] として表示されます。The coordinator node for a CSV volume is displayed in Failover Cluster Manager as Owner Node under Disks. また、 Get ClusterSharedVolume Windows PowerShell コマンドレットの出力にも表示されます。It also appears in the output of the Get-ClusterSharedVolume Windows PowerShell cmdlet.

    注意

    Windows Server 2012 R2 では、CSV の所有権は、各ノードが所有する CSV ボリュームの数に基づいて、フェールオーバークラスターノード全体に均等に分散されます。In Windows Server 2012 R2, CSV ownership is evenly distributed across the failover cluster nodes based on the number of CSV volumes that each node owns. また、CSV がフェールオーバーした、ノードがクラスターに戻された、新しいノードをクラスターに追加した、クラスター ノードを再起動した、フェールオーバー クラスターをシャットダウン後に起動したなどの状況が発生した場合、所有権は自動的に再分配されます。Additionally, ownership is automatically rebalanced when there are conditions such as CSV failover, a node rejoins the cluster, you add a new node to the cluster, you restart a cluster node, or you start the failover cluster after it has been shut down.

    CSV ボリュームのファイル システムに小さい変更が発生した場合、このメタデータは、単一のコーディネーター ノードだけではなく、LUN にアクセスする各物理ノードで同期される必要があります。When certain small changes occur in the file system on a CSV volume, this metadata must be synchronized on each of the physical nodes that access the LUN, not only on the single coordinator node. たとえば、CSV ボリューム上で仮想マシンが起動、作成、または削除されるたか、または仮想マシンが移行された場合、この情報は、この仮想マシンにアクセスする各物理ノードで同期される必要があります。For example, when a virtual machine on a CSV volume is started, created, or deleted, or when a virtual machine is migrated, this information needs to be synchronized on each of the physical nodes that access the virtual machine. SMB 3.0 を使用すると、これらのメタデータ更新操作はクラスター ネットワークをまたがって並列的に実行されます。These metadata update operations occur in parallel across the cluster networks by using SMB 3.0. これらの操作では、物理ノードがすべて共有記憶域と通信する必要はありません。These operations do not require all the physical nodes to communicate with the shared storage.

  • I/o リダイレクト: 記憶域の接続障害と特定の記憶域操作によって、特定のノードが記憶域と直接通信できなくなることがあります。I/O redirection: Storage connectivity failures and certain storage operations can prevent a given node from communicating directly with the storage. ノードが記憶域と通信できないときに機能を維持するために、ノードはクラスター ネットワークを介して、ディスクが現在マウントされているコーディネーター ノードにディスク I/O をリダイレクトします。To maintain function while the node is not communicating with the storage, the node redirects the disk I/O through a cluster network to the coordinator node where the disk is currently mounted. 現在のコーディネーター ノードが記憶域に接続できない場合は、新しいノードがコーディネーター ノードとして設定される間、すべてのディスク I/O 操作が一時的にキューに配置されます。If the current coordinator node experiences a storage connectivity failure, all disk I/O operations are queued temporarily while a new node is established as a coordinator node.

サーバーは、状況に応じて次のいずれかの I/O リダイレクト モードを使用します。The server uses one of the following I/O redirection modes, depending on the situation:

  • ファイル システム リダイレクト リダイレクトはボリューム単位で行われます。たとえば、CSV ボリュームが手動でリダイレクト I/O モードに設定されているときに CSV のスナップショットがバックアップ アプリケーションによって作成されるときなどです。File system redirection Redirection is per volume—for example, when CSV snapshots are taken by a backup application when a CSV volume is manually placed in redirected I/O mode.
  • ブロック リダイレクト リダイレクトはファイルブロック レベルで行われます。たとえば、ボリュームへの記憶域の接続が切断された場合などです。Block redirection Redirection is at the file-block level—for example, when storage connectivity is lost to a volume. ブロック リダイレクトは、ファイル システム リダイレクトより大幅に高速に行われます。Block redirection is significantly faster than file system redirection.

Windows Server 2012 R2 では、CSV ボリュームの状態をノード単位で表示できます。In Windows Server 2012 R2, you can view the state of a CSV volume on a per node basis. たとえば、I/O が直接実行されているのか、またはリダイレクトされているのかや、CSV ボリュームが利用可能かどうかを確認できます。For example, you can see whether I/O is direct or redirected, or whether the CSV volume is unavailable. CSV ボリュームが I/O リダイレクト モードの場合は、その理由を表示することもできます。If a CSV volume is in I/O redirected mode, you can also view the reason. この情報を表示するには、Windows PowerShell コマンドレットの Get-ClusterSharedVolumeState を使用します。Use the Windows PowerShell cmdlet Get-ClusterSharedVolumeState to view this information.

重要

  • San 上で使用される ReFS で事前に書式設定された csv は、direct i/o が満たされている他のすべての要件に関係なく、直接 i/o を使用しないことに注意してください。Please note that CSVs pre-formatted with ReFS used on top of SANs will NOT use Direct I/O, regardless of all other requirements for Direct I/O being met.
  • SAN (フロントエンド) に接続されているディスクとの結合に CSV を使用する場合は、ドライブを CSV に変換してから直接 i/o のパフォーマンス上の利点を活用するように、NTFS でフォーマットします。If you plan to use CSV in junction with SAN(-FrontEnd) attached disks, format drives with NTFS before converting them to a CSV to leverage the performance benefits of Direct I/O.
  • この動作は仕様です。This behavior is by design. 詳細につい ては、「」セクションにリンクされているページを参照してください。Please consult the pages linked in the section More information below.
  • CSV と SMB 3.0 の機能 (SMB マルチチャネルや SMB ダイレクトなど) との統合により、リダイレクトされた I/O トラフィックは複数のクラスター ネットワークを経由できます。Because of the integration of CSV with SMB 3.0 features such as SMB Multichannel and SMB Direct, redirected I/O traffic can stream across multiple cluster networks.
  • クラスター ネットワークを計画する際は、I/O リダイレクト中にコーディネーター ノードへのネットワーク トラフィックが増加する可能性があることを考慮に入れる必要があります。You should plan your cluster networks to allow for the potential increase in network traffic to the coordinator node during I/O redirection.

注意

  • Windows Server 2012 では、CSV 設計が改善されているため、CSV では、Windows Server 2008 R2 で発生したよりも多くの操作を直接 i/o モードで実行します。In Windows Server 2012, because of improvements in CSV design, CSV perform more operations in direct I/O mode than occurred in Windows Server 2008 R2.
  • CSV と SMB 3.0 の機能 (SMB マルチチャネルや SMB ダイレクトなど) との統合により、リダイレクトされた I/O トラフィックは複数のクラスター ネットワークを経由できます。Because of the integration of CSV with SMB 3.0 features such as SMB Multichannel and SMB Direct, redirected I/O traffic can stream across multiple cluster networks.
  • クラスター ネットワークを計画する際は、I/O リダイレクト中にコーディネーター ノードへのネットワーク トラフィックが増加する可能性があることを考慮に入れる必要があります。You should plan your cluster networks to allow for the potential increase in network traffic to the coordinator node during I/O redirection.

記憶域およびディスク構成の要件Storage and disk configuration requirements

CSV を使用するには、記憶域とディスクが次の要件を満たしている必要があります。To use CSV, your storage and disks must meet the following requirements:

  • ファイル システム形式File system format. Windows Server 2012 R2 では、CSV ボリュームのディスクまたは記憶域スペースは NTFS または ReFS でパーティション分割されたベーシックディスクである必要があります。In Windows Server 2012 R2, a disk or storage space for a CSV volume must be a basic disk that is partitioned with NTFS or ReFS. Windows Server 2012 では、CSV ボリュームのディスクまたは記憶域スペースは NTFS でパーティション分割されたベーシックディスクである必要があります。In Windows Server 2012, a disk or storage space for a CSV volume must be a basic disk that is partitioned with NTFS.

    CSV には、次の追加要件があります。A CSV has the following additional requirements:

    • Windows Server 2012 R2 では、FAT または FAT32 でフォーマットされたディスクを CSV 用として使用することはできません。In Windows Server 2012 R2, you cannot use a disk for a CSV that is formatted with FAT or FAT32.
    • Windows Server 2012 では、FAT、FAT32、または ReFS でフォーマットされたディスクを CSV 用として使用することはできません。In Windows Server 2012, you cannot use a disk for a CSV that is formatted with FAT, FAT32, or ReFS.
    • CSV 用として記憶域スペースを使用する場合は、シンプルな記憶域スペースまたはミラーの記憶域スペースを構成できます。If you want to use a storage space for a CSV, you can configure a simple space or a mirror space. Windows Server 2012 R2 では、パリティスペースを構成することもできます。In Windows Server 2012 R2, you can also configure a parity space. (Windows Server 2012 では、CSV ではパリティスペースはサポートされません)。(In Windows Server 2012, CSV does not support parity spaces.)
    • CSV はクォーラム監視ディスクとして使用できません。A CSV cannot be used as a quorum witness disk. クラスタークォーラムの詳細については、「 記憶域スペースダイレクトのクォーラムについて」を参照してください。For more information about the cluster quorum, see Understanding Quorum in Storage Spaces Direct.
    • ディスクを CSV として追加すると、ディスクは CSVFS 形式 (CSV ファイル システム用) で指定されます。After you add a disk as a CSV, it is designated in the CSVFS format (for CSV File System). これにより、クラスターと他のソフトウェアは、CSV 記憶域と他の NTFS または ReFS 記憶域を区別できるようになります。This allows the cluster and other software to differentiate the CSV storage from other NTFS or ReFS storage. 一般に、CSVFS は NTFS または ReFS と同じ機能をサポートしています。Generally, CSVFS supports the same functionality as NTFS or ReFS. しかし、特定の機能はサポートされていません。However, certain features are not supported. たとえば、Windows Server 2012 R2 では、CSV で圧縮を有効にすることはできません。For example, in Windows Server 2012 R2, you cannot enable compression on CSV. Windows Server 2012 では、CSV でデータ重複除去または圧縮を有効にすることはできません。In Windows Server 2012, you cannot enable data deduplication or compression on CSV.
  • クラスターのリソースの種類Resource type in the cluster. CSV ボリュームの場合、リソースの種類として物理ディスクを使用する必要があります。For a CSV volume, you must use the Physical Disk resource type. 既定では、クラスター記憶域に追加されるディスクまたは記憶域スペースは自動的にこのように構成されます。By default, a disk or storage space that is added to cluster storage is automatically configured in this way.

  • クラスター記憶域の CSV ディスクまたは他のディスクの選択Choice of CSV disks or other disks in cluster storage. クラスター化された仮想マシン用のディスクを 1 つ以上選択する場合は、各ディスクの使用方法を検討します。When choosing one or more disks for a clustered virtual machine, consider how each disk will be used. ディスクが Hyper-V によって作成されるファイル (VHD ファイルや構成ファイルなど) を格納するために使用される場合は、クラスター記憶域の CSV ディスクまたはその他の使用可能なディスクを選択できます。If a disk will be used to store files that are created by Hyper-V, such as VHD files or configuration files, you can choose from the CSV disks or the other available disks in cluster storage. ディスクが仮想マシンに直接アタッチされる物理ディスク (パススルー ディスク) である場合は、CSV ディスクを選択できず、クラスター記憶域のその他の使用可能なディスクから選択する必要があります。If a disk will be a physical disk that is directly attached to the virtual machine (also called a pass-through disk), you cannot choose a CSV disk, and you must choose from the other available disks in cluster storage.

  • ディスクを識別するためのパス名Path name for identifying disks. CSV のディスクは、パス名で識別されます。Disks in CSV are identified with a path name. 各パスは、 \ clusterstorage フォルダーの下の番号付きボリュームとしてノードのシステムドライブ上に表示されます。Each path appears to be on the system drive of the node as a numbered volume under the \ClusterStorage folder. このパスは、クラスター内のどのノードから参照しても同じです。This path is the same when viewed from any node in the cluster. 必要な場合、ボリューム名を変更できます。You can rename the volumes if needed.

CSV 用の記憶域の要件については、記憶域のベンダーが提供するガイドラインを確認してください。For storage requirements for CSV, review the guidelines that are provided by your storage vendor. CSV 用の記憶域の計画に関するその他の考慮事項については、このトピックの「フェールオーバー クラスターで CSV を使用するための計画」を参照してください。For additional storage planning considerations for CSV, see Plan to use CSV in a failover cluster later in this topic.

ノードの要件Node requirements

CSV を使用するには、ノードが次の要件を満たしている必要があります。To use CSV, your nodes must meet the following requirements:

  • システム ディスクのドライブ文字Drive letter of system disk. すべてのノードで、システム ディスクのドライブ文字は同じにする必要があります。On all nodes, the drive letter for the system disk must be the same.
  • 認証プロトコルAuthentication protocol. NTLM プロトコルをすべてのノードで有効にする必要があります。The NTLM protocol must be enabled on all nodes. この機能は、既定では有効になっています。This is enabled by default.

フェールオーバー クラスターで CSV を使用するための計画Plan to use CSV in a failover cluster

このセクションでは、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 を実行しているフェールオーバークラスターで CSV を使用するための計画上の考慮事項と推奨事項を示します。This section lists planning considerations and recommendations for using CSV in a failover cluster running Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2012.

重要

特定の記憶域ユニットを CSV 用に構成する方法に関する推奨事項については、記憶域のベンダーに問い合わせてください。Ask your storage vendor for recommendations about how to configure your specific storage unit for CSV. 記憶域ベンダーからの推奨事項がこのトピックの情報と異なっている場合は、記憶域ベンダーからの推奨事項に従ってください。If the recommendations from the storage vendor differ from information in this topic, use the recommendations from the storage vendor.

LUN、ボリューム、および VHD ファイルの配置Arrangement of LUNs, volumes, and VHD files

クラスター化された仮想マシン用の記憶域として CSV を最大限に活用するために、物理サーバーを構成するときに LUN (ディスク) の配置方法を確認します。To make the best use of CSV to provide storage for clustered virtual machines, it is helpful to review how you would arrange the LUNs (disks) when you configure physical servers. 対応する仮想マシンを構成するときに、VHD ファイルを同様の方法で配置します。When you configure the corresponding virtual machines, try to arrange the VHD files in a similar way.

物理サーバーの場合は、次のようにディスクとファイルを配置します。Consider a physical server for which you would organize the disks and files as follows:

  • 1 つの物理ディスクにシステム ファイル (ページ ファイルを含む) を配置System files, including a page file, on one physical disk
  • 別の物理ディスクにデータ ファイルを配置Data files on another physical disk

対応するクラスター化された仮想マシンの場合は、ボリュームとファイルを同様の方法で配置します。For an equivalent clustered virtual machine, you should organize the volumes and files in a similar way:

  • 1 つの CSV にシステム ファイル (ページ ファイルを含む) を VHD ファイルとして配置System files, including a page file, in a VHD file on one CSV
  • 別の CSV にデータ ファイルを VHD ファイルとして配置Data files in a VHD file on another CSV

別の仮想マシンを追加する場合は、その仮想マシン用の VHD を同じように配置します。If you add another virtual machine, where possible, you should keep the same arrangement for the VHDs on that virtual machine.

LUN およびボリュームの数とサイズNumber and size of LUNs and volumes

CSV を使用するフェールオーバー クラスターの記憶域構成を計画する場合、次の推奨事項に従います。When you plan the storage configuration for a failover cluster that uses CSV, consider the following recommendations:

  • 構成する LUN の数を決定するには、記憶域のベンダーに問い合わせてください。To decide how many LUNs to configure, consult your storage vendor. たとえば、記憶域ベンダーによっては、各 LUN を 1 つのパーティションで構成し、その LUN に 1 つの CSV ボリュームを配置することを推奨する場合があります。For example, your storage vendor may recommend that you configure each LUN with one partition and place one CSV volume on it.

  • 単一の CSV ボリュームでサポートできる仮想マシンの数に制限はありません。There are no limitations for the number of virtual machines that can be supported on a single CSV volume. しかし、クラスターに配置する仮想マシンの数と各仮想マシンのワークロード (1 秒あたりの I/O 操作数) を考慮する必要があります。However, you should consider the number of virtual machines that you plan to have in the cluster and the workload (I/O operations per second) for each virtual machine. 次に例を示します。Consider the following examples:

    • ある組織が、ワークロードが比較的軽い仮想ディスク インフラストラクチャ (VDI) をサポートする仮想マシンを展開しようとしています。One organization is deploying virtual machines that will support a virtual desktop infrastructure (VDI), which is a relatively light workload. クラスターでは高パフォーマンスの記憶域が使用されています。The cluster uses high-performance storage. クラスター管理者は、記憶域のベンダーに相談した結果、CSV ボリュームごとに比較的多くの仮想マシンを配置することを決定しました。The cluster administrator, after consulting with the storage vendor, decides to place a relatively large number of virtual machines per CSV volume.
    • 別の組織が、ワークロードが重く、大量に使用されるデータベース アプリケーションをサポートする多数の仮想マシンを展開しようとしています。Another organization is deploying a large number of virtual machines that will support a heavily used database application, which is a heavier workload. クラスターでは性能がより低い記憶域が使用されています。The cluster uses lower-performing storage. クラスター管理者は、記憶域のベンダーに相談した結果、CSV ボリュームごとに比較的少ない仮想マシンを配置することを決定しました。The cluster administrator, after consulting with the storage vendor, decides to place a relatively small number of virtual machines per CSV volume.
  • 特定の仮想マシンの記憶域構成を計画する場合は、その仮想マシンがサポートするサービス、アプリケーション、または役割のディスク要件を考慮します。When you plan the storage configuration for a particular virtual machine, consider the disk requirements of the service, application, or role that the virtual machine will support. これらの要件を理解することで、パフォーマンスの低下につながる可能性のあるディスク競合を回避できます。Understanding these requirements helps you avoid disk contention that can result in poor performance. 仮想マシンの記憶域の構成は、同じサービス、アプリケーション、または役割を実行している物理サーバーに対して使用する記憶域の構成とほぼ同じにする必要があります。The storage configuration for the virtual machine should closely resemble the storage configuration that you would use for a physical server that is running the same service, application, or role. 詳細については、このトピックで前述し た「lun、ボリューム、および VHD ファイルの配置 」を参照してください。For more information, see Arrangement of LUNs, volumes, and VHD files earlier in this topic.

    ディスクの競合は、多数の独立した物理ハード ディスクで構成される記憶域を使用することによって減らすことができます。You can also mitigate disk contention by having storage with a large number of independent physical hard disks. 適切な記憶域ハードウェアを選択し、記憶域のベンダーに問い合わせて記憶域のパフォーマンスを最適化してください。Choose your storage hardware accordingly, and consult with your vendor to optimize the performance of your storage.

  • クラスターのワークロードと必要な I/O 操作に応じて、仮想マシンの一部のみを各 LUN にアクセスするように構成し、残りの仮想マシンはアクセスを行わず、コンピューティング操作専用にすることを検討します。Depending on your cluster workloads and their need for I/O operations, you can consider configuring only a percentage of the virtual machines to access each LUN, while other virtual machines do not have connectivity and are instead dedicated to compute operations.

ディスクを CSV としてフェールオーバー クラスターに追加するAdd a disk to CSV on a failover cluster

フェールオーバー クラスターでは、CSV 機能は既定で有効にされています。The CSV feature is enabled by default in Failover Clustering. ディスクを CSV に追加するには、ディスクをクラスターの 使用可能記憶域 グループに追加し (まだ追加されていない場合)、続いてクラスターの CSV に追加します。To add a disk to CSV, you must add a disk to the Available Storage group of the cluster (if it is not already added), and then add the disk to CSV on the cluster. これらの手順を実行するには、フェールオーバークラスターマネージャーまたはフェールオーバークラスターの Windows PowerShell コマンドレットを使用できます。You can use Failover Cluster Manager or the Failover Clusters Windows PowerShell cmdlets to perform these procedures.

ディスクを使用可能記憶域に追加するAdd a disk to Available Storage

  1. フェールオーバー クラスター マネージャーのコンソール ツリーで、クラスターの名前を展開し、[記憶域] を展開します。In Failover Cluster Manager, in the console tree, expand the name of the cluster, and then expand Storage.

  2. [ ディスク] を右クリックし、[ ディスクの追加] を選択します。Right-click Disks, and then select Add Disk. フェールオーバー クラスターに追加できるディスクの一覧が表示されます。A list appears showing the disks that can be added for use in a failover cluster.

  3. 追加するディスクを選択し、[ OK] を選択します。Select the disk or disks you want to add, and then select OK.

    ディスクが [使用可能記憶域] グループに追加されます。The disks are now assigned to the Available Storage group.

Windows PowerShell の同等のコマンド (使用可能な記憶域にディスクを追加する)Windows PowerShell equivalent commands (add a disk to Available Storage)

次の Windows PowerShell コマンドレットは、前の手順と同じ機能を実行します。The following Windows PowerShell cmdlet or cmdlets perform the same function as the preceding procedure. 各コマンドレットを単一行に入力します。ただし、ここでは、書式上の制約があるために、複数行に改行されて表示される場合があります。Enter each cmdlet on a single line, even though they may appear word-wrapped across several lines here because of formatting constraints.

次の例では、クラスターに追加できる状態にあるディスクを識別し、それらを 使用可能記憶域 グループに追加します。The following example identifies the disks that are ready to be added to the cluster, and then adds them to the Available Storage group.

Get-ClusterAvailableDisk | Add-ClusterDisk

使用可能記憶域のディスクを CSV に追加するAdd a disk in Available Storage to CSV

  1. フェールオーバークラスターマネージャーのコンソールツリーで、クラスターの名前を展開し、[ 記憶域] を展開して、[ ディスク] を選択します。In Failover Cluster Manager, in the console tree, expand the name of the cluster, expand Storage, and then select Disks.

  2. 使用可能記憶域 に割り当てられているディスクを1つまたは複数選択し、その選択を右クリックして、[クラスターの共有ボリュームに追加] を選択します。Select one or more disks that are assigned to Available Storage, right-click the selection, and then select Add to Cluster Shared Volumes.

    ディスクがクラスターの [クラスターの共有ボリューム] グループに割り当てられます。The disks are now assigned to the Cluster Shared Volume group in the cluster. ディスクは、% SystemDrive% ClusterStorage フォルダーの下に番号付きのボリューム (マウントポイント) として各クラスターノードに公開されます。The disks are exposed to each cluster node as numbered volumes (mount points) under the %SystemDrive%ClusterStorage folder. ボリュームは、CSVFS ファイル システムで表示されます。The volumes appear in the CSVFS file system.

注意

% SystemDrive% ClusterStorage フォルダーの CSV ボリュームの名前を変更できます。You can rename CSV volumes in the %SystemDrive%ClusterStorage folder.

Windows PowerShell の同等のコマンド (CSV へのディスクの追加)Windows PowerShell equivalent commands (add a disk to CSV)

次の Windows PowerShell コマンドレットは、前の手順と同じ機能を実行します。The following Windows PowerShell cmdlet or cmdlets perform the same function as the preceding procedure. 各コマンドレットを単一行に入力します。ただし、ここでは、書式上の制約があるために、複数行に改行されて表示される場合があります。Enter each cmdlet on a single line, even though they may appear word-wrapped across several lines here because of formatting constraints.

次の例では、使用可能記憶域 にある Cluster Disk 1 をローカル クラスター上の CSV に追加します。The following example adds Cluster Disk 1 in Available Storage to CSV on the local cluster.

Add-ClusterSharedVolume –Name "Cluster Disk 1"

大量の読み取りが発生するワークロード用に CSV ブロック キャッシュを有効にする (オプション)Enable the CSV cache for read-intensive workloads (optional)

CSV キャッシュは、システム メモリ (RAM) をライトスルー キャッシュとして割り当てることで、読み取り専用バッファなし I/O 操作のブロック レベルのキャッシングを提供しますThe CSV cache provides caching at the block level of read-only unbuffered I/O operations by allocating system memory (RAM) as a write-through cache. (バッファーなしの i/o 操作はキャッシュマネージャーによってキャッシュされません)。これにより、Hyper-v などのアプリケーションのパフォーマンスが向上し、VHD へのアクセス時にバッファーなしの i/o 操作が実行されます。(Unbuffered I/O operations are not cached by the cache manager.) This can improve performance for applications such as Hyper-V, which conducts unbuffered I/O operations when accessing a VHD. CSV キャッシュは、書き込み要求をキャッシュせずに読み取り要求のパフォーマンスを高めます。The CSV cache can boost the performance of read requests without caching write requests. CSV キャッシュの有効化は、スケールアウト ファイル サーバーのシナリオにも役立ちます。Enabling the CSV cache is also useful for Scale-Out File Server scenarios.

注意

すべてのクラスター化された Hyper-V およびスケールアウト ファイル サーバー展開で CSV キャッシュを有効にすることをお勧めします。We recommend that you enable the CSV cache for all clustered Hyper-V and Scale-Out File Server deployments.

Windows Server 2019 では、CSV キャッシュは既定でオンになっており、1ギビバイト (GiB) が割り当てられています。In Windows Server 2019, the CSV cache is on by default with 1 gibibyte (GiB) allocated. Windows Server 2016 および Windows Server 2012 では、既定でオフになっています。In Windows Server 2016 and Windows Server 2012, it's off by default. Windows Server 2012 R2 では、CSV キャッシュは既定で有効になっています。ただし、予約するブロックキャッシュのサイズを割り当てる必要があります。In Windows Server 2012 R2, the CSV cache is enabled by default; however, you must still allocate the size of the block cache to reserve.

次の表に、CSV キャッシュを制御する 2 つの構成設定を示します。The following table describes the two configuration settings that control the CSV cache.

Windows Server 2012 R2 以降Windows Server 2012 R2 and later Windows Server 2012Windows Server 2012 説明Description
BlockCacheSizeBlockCacheSize SharedVolumeBlockCacheSizeInMBSharedVolumeBlockCacheSizeInMB これは、クラスター内の各ノードで CSV キャッシュのために予約するメモリ量 (メガバイト) を定義するためのクラスター共通プロパティです。This is a cluster common property that allows you to define how much memory (in megabytes) to reserve for the CSV cache on each node in the cluster. たとえば、値として 512 を定義した場合、512 MB のシステム メモリが各ノードで予約されますFor example, if a value of 512 is defined, then 512 MB of system memory is reserved on each node. (多くのクラスターでは、512 MB が推奨値です)。既定の設定は 0 (無効の場合) です。(In many clusters, 512 MB is a recommended value.) The default setting is 0 (for disabled).
EnableBlockCacheEnableBlockCache CsvEnableBlockCacheCsvEnableBlockCache これはクラスターの物理ディスク リソースのプライベート プロパティです。This is a private property of the cluster Physical Disk resource. このプロパティを使用して、CSV に追加される個々のディスクで CSV キャッシュを有効にできます。It allows you to enable CSV cache on an individual disk that is added to CSV. Windows Server 2012 では、既定の設定は 0 (無効) です。In Windows Server 2012, the default setting is 0 (for disabled). ディスクで CSV キャッシュを有効にするには、値を 1 に設定します。To enable CSV cache on a disk, configure a value of 1. 既定では、Windows Server 2012 R2 では、この設定は有効になっています。By default, in Windows Server 2012 R2, this setting is enabled.

CSV キャッシュを監視するには、パフォーマンス モニターで [クラスター CSV ボリューム キャッシュ] の下にカウンターを追加します。You can monitor the CSV cache in Performance Monitor by adding the counters under Cluster CSV Volume Cache.

CSV キャッシュを構成するConfigure the CSV cache

  1. Windows PowerShell を管理者として起動します。Start Windows PowerShell as an administrator.

  2. 各ノードで 512 MB の予約済みキャッシュを定義するには、次のように入力します。To define a cache of 512 MB to be reserved on each node, type the following:

    • Windows Server 2012 R2 以降:For Windows Server 2012 R2 and later:

      (Get-Cluster).BlockCacheSize = 512
      
    • Windows Server 2012:For Windows Server 2012:

      (Get-Cluster).SharedVolumeBlockCacheSizeInMB = 512
      
  3. Windows Server 2012 で、 クラスターディスク 1 という名前の CSV で csv キャッシュを有効にするには、次のように入力します。In Windows Server 2012, to enable the CSV cache on a CSV named Cluster Disk 1, enter the following:

    Get-ClusterSharedVolume "Cluster Disk 1" | Set-ClusterParameter CsvEnableBlockCache 1
    

注意

  • Windows Server 2012 では、合計物理 RAM の20% のみを CSV キャッシュに割り当てることができます。In Windows Server 2012, you can allocate only 20% of the total physical RAM to the CSV cache. Windows Server 2012 R2 以降では、最大80% を割り当てることができます。In Windows Server 2012 R2 and later, you can allocate up to 80%. スケールアウト ファイル サーバーは通常メモリの制約を受けないため、CSV キャッシュ用に追加のメモリを使用してパフォーマンスを大幅に向上させることができます。Because Scale-Out File Servers are not typically memory constrained, you can accomplish large performance gains by using the extra memory for the CSV cache.
  • リソースの競合を回避するには、CSV キャッシュに割り当てられているメモリを変更した後、クラスター内の各ノードを再起動する必要があります。To avoid resource contention, you should restart each node in the cluster after you modify the memory that is allocated to the CSV cache. Windows Server 2012 R2 以降では、再起動は必要なくなりました。In Windows Server 2012 R2 and later, a restart is no longer required.
  • 個々のディスクで CSV キャッシュを有効または無効にしたら、設定を有効にするために、物理ディスク リソースをいったんオフラインにしてからオンラインに戻す必要があります。After you enable or disable CSV cache on an individual disk, for the setting to take effect, you must take the Physical Disk resource offline and bring it back online. (既定では、Windows Server 2012 R2 以降では、CSV キャッシュが有効になっています)。(By default, in Windows Server 2012 R2 and later, the CSV cache is enabled.)
  • パフォーマンス カウンターに関する情報を含む、CSV キャッシュの詳細については、ブログ記事の「 CSV キャッシュを有効にする方法」を参照してください。For more information about CSV cache that includes information about performance counters, see the blog post How to Enable CSV Cache.

Csv のバックアップBacking up CSVs

フェールオーバークラスターの Csv に格納されている情報をバックアップする方法は複数あります。There are multiple methods to back up information that is stored on CSVs in a failover cluster. Microsoft のバックアップ アプリケーションに加えて、Microsoft 以外のアプリケーションも使用できます。You can use a Microsoft backup application or a non-Microsoft application. 一般に、CSV では、NTFS または ReFS でフォーマットされたクラスター化された記憶域のバックアップ要件を超える特別なバックアップ要件はありません。In general, CSV do not impose special backup requirements beyond those for clustered storage formatted with NTFS or ReFS. また、CSV バックアップによって他の CSV 記憶域操作が中断されることはありません。CSV backups also do not disrupt other CSV storage operations.

CSV 用のバックアップ アプリケーションとバックアップ スケジューラを選択するときには、次の要素を考慮してください。You should consider the following factors when you select a backup application and backup schedule for CSV:

  • CSV ボリュームのボリュームレベル アクアは、その CSV ボリュームに接続しているどのノードからも実行できます。Volume-level backup of a CSV volume can be run from any node that connects to the CSV volume.
  • バックアップ アプリケーションは、ソフトウェア スナップショットまたはハードウェア スナップショットを使用できます。Your backup application can use software snapshots or hardware snapshots. バックアップ アプリケーションがそれらをどの程度サポートするかに応じて、アプリケーション間の整合性およびクラッシュ前後の整合性が維持されるボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) スナップショットをバックアップで使用できます。Depending on the ability of your backup application to support them, backups can use application-consistent and crash-consistent Volume Shadow Copy Service (VSS) snapshots.
  • 実行している仮想マシンが複数存在する CSV をバックアップする場合は、通常、管理オペレーティング システム ベースのバックアップ手法を選択する必要があります。If you are backing up CSV that have multiple running virtual machines, you should generally choose a management operating system-based backup method. バックアップ アプリケーションがこれをサポートしている場合は、複数の仮想マシンを同時にバックアップできます。If your backup application supports it, multiple virtual machines can be backed up simultaneously.
  • CSV は、Windows Server 2012 R2 バックアップ、Windows Server 2012 バックアップ、または Windows Server 2008 R2 バックアップを実行するバックアップ要求元をサポートしています。CSV support backup requestors running Windows Server 2012 R2 Backup, Windows Server 2012 Backup or Windows Server 2008 R2 Backup. しかし、Windows Server バックアップは通常、基本的なバックアップ ソリューションのみを提供するため、より大規模なクラスターを使用する組織には適さない場合があります。However, Windows Server Backup generally provides only a basic backup solution that may not be suited for organizations with larger clusters. Windows Server バックアップは、CSV 上でアプリケーション間の整合性が維持される仮想マシンのバックアップをサポートしていません。Windows Server Backup does not support application-consistent virtual machine backup on CSV. クラッシュ前後の整合性が維持されるボリュームレベルのバックアップのみをサポートしていますIt supports crash-consistent volume-level backup only. (クラッシュ整合バックアップを復元する場合、仮想マシンは、バックアップが作成された瞬間に仮想マシンがクラッシュした場合と同じ状態になります)。CSV ボリューム上の仮想マシンのバックアップは成功しますが、エラーイベントがログに記録され、これがサポートされていないことが示されます。(If you restore a crash-consistent backup, the virtual machine will be in the same state it was if the virtual machine had crashed at the exact moment that the backup was taken.) A backup of a virtual machine on a CSV volume will succeed, but an error event will be logged indicating that this is not supported.
  • フェールオーバー クラスターをバックアップするときには、管理者の資格情報が必要になる場合があります。You may require administrative credentials when backing up a failover cluster.

重要

バックアップ アプリケーションがどのデータをバックアップおよび復元するか、どの CSV 機能をサポートしているか、および各クラスター ノードでのアプリケーションのリソース要件を注意深く確認してください。Be sure to carefully review what data your backup application backs up and restores, which CSV features it supports, and the resource requirements for the application on each cluster node.

警告

バックアップ データを CSV ボリュームに復元する必要がある場合は、バックアップ アプリケーションに、クラスター ノードにまたがってアプリケーション間の整合性が維持されるデータを維持および復元する機能と、その機能に対する制限があるかどうかを確認してください。If you need to restore the backup data onto a CSV volume, be aware of the capabilities and limitations of the backup application to maintain and restore application-consistent data across the cluster nodes. たとえば、一部のアプリケーションでは、CSV ボリュームをバックアップしたノードとは異なるノードで CSV を復元する場合、復元を実行するノードでアプリケーションの状態に関する重要なデータを誤って上書きする可能性があります。For example, with some applications, if the CSV is restored on a node that is different from the node where the CSV volume was backed up, you might inadvertently overwrite important data about the application state on the node where the restore is taking place.

説明More information