ファイル共有監視を展開するDeploy a file share witness

適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

ファイル共有監視は、フェールオーバークラスターがクラスタークォーラムの投票として使用する SMB 共有です。A file share witness is an SMB share that Failover Cluster uses as a vote in the cluster quorum. このトピックでは、ファイル共有監視としてルーターに接続されている USB ドライブを使用するなど、Windows Server 2019 のテクノロジと新機能の概要について説明します。This topic provides an overview of the technology and the new functionality in Windows Server 2019, including using a USB drive connected to a router as a file share witness.

ファイル共有監視サーバーは、次のような場合に便利です。File share witnesses are handy in the following circumstances:

  • クラスター内のすべてのサーバーに信頼性の高いインターネット接続があるわけではないため、クラウド監視を使用できませんA cloud witness can't be used because not all servers in the cluster have a reliable Internet connection
  • ディスク監視に使用する共有ドライブがないため、ディスク監視を使用できません。A disk witness can't be used because there aren't any shared drives to use for a disk witness. これには、記憶域スペースダイレクトクラスター、SQL Server Always On 可用性グループ (AG)、Exchange データベース可用性グループ (DAG) などがあります。 これらの種類のクラスターでは共有ディスクを使用しません。This could be a Storage Spaces Direct cluster, SQL Server Always On Availability Groups (AG), Exchange Database Availability Group (DAG), etc. None of these types of clusters use shared disks.

ファイル共有監視の要件File share witness requirements

ファイル共有監視は、ドメインに参加している Windows server 上でホストできます。また、クラスターで Windows Server 2019 が実行されている場合は、SMB 2 以降のファイル共有をホストできる任意のデバイスでホストできます。You can host a file share witness on a domain-joined Windows server, or if your cluster is running Windows Server 2019, any device that can host an SMB 2 or later file share.

ファイルサーバーの種類File server type サポートされるクラスターSupported clusters
SMB 2 ファイル共有の任意のデバイスAny device w/an SMB 2 file share Windows Server 2019Windows Server 2019
ドメインに参加している Windows ServerDomain-joined Windows Server Windows Server 2008 以降Windows Server 2008 and later

クラスターで Windows Server 2019 が実行されている場合は、次の要件があります。If the cluster is running Windows Server 2019, here are the requirements:

  • SMB 2 以降のプロトコルを使用するデバイス上のsmb ファイル共有 (以下を含む)。An SMB file share on any device that uses the SMB 2 or later protocol, including:
    • ネットワーク接続ストレージ (NAS) デバイスNetwork-attached storage (NAS) devices
    • ワークグループに参加している Windows コンピューターWindows computers joined to a workgroup
    • ローカルに接続された USB 記憶域を持つルーターRouters with locally-connected USB storage
  • クラスターを認証するためのデバイス上のローカルアカウントA local account on the device for authenticating the cluster
  • ファイル共有でクラスターを認証するために Active Directory を使用する場合、クラスター名オブジェクト (CNO) には共有に対する書き込みアクセス許可が必要であり、サーバーはクラスターと同じ Active Directory フォレストにある必要があります。If you're instead using Active Directory for authenticating the cluster with the file share, the Cluster Name Object (CNO) must have write permissions on the share, and the server must be in the same Active Directory forest as the cluster
  • ファイル共有の空き領域が最低 5 MBThe file share has a minimum of 5 MB of free space

クラスターで Windows Server 2016 以前が実行されている場合は、次の要件があります。If the cluster is running Windows Server 2016 or earlier, here are the requirements:

  • クラスターと同じ Active Directory フォレストに参加している Windows server 上のSMB ファイル共有SMB file share on a Windows server joined to the same Active Directory forest as the cluster
  • クラスター名オブジェクト (CNO) には、共有に対する書き込みアクセス許可が必要です。The Cluster Name Object (CNO) must have write permissions on the share
  • ファイル共有の空き領域が最低 5 MBThe file share has a minimum of 5 MB of free space

その他の注意事項:Other notes:

  • ドメインに参加している Windows server 以外のデバイスでホストされているファイル共有監視を使用するには、現在、このトピックで後述するように、 Set ClusterQuorum-Credential PowerShell コマンドレットを使用してミラーリング監視サーバーを設定する必要があります。To use a file share witness hosted by devices other than a domain-joined Windows server, you currently must use the Set-ClusterQuorum -Credential PowerShell cmdlet to set the witness, as described later in this topic.
  • 高可用性を実現するために、別のフェールオーバークラスターでファイル共有監視を使用することができます。For high availability, you can use a file share witness on a separate Failover Cluster
  • ファイル共有は複数のクラスターで使用できます。The file share can be used by multiple clusters
  • 分散ファイルシステム (DFS) 共有またはレプリケートされた記憶域の使用は、どのバージョンのフェールオーバークラスタリングでもサポートされていません。The use of a Distributed File System (DFS) share or replicated storage is not supported with any version of failover clustering. このような場合、クラスターサーバーが互いに独立して実行され、データが失われる可能性があります。These can cause a split brain situation where clustered servers are running independently of each other and could cause data loss.

USB デバイスを使用したルーターへのファイル共有監視の作成Creating a file share witness on a router with a USB device

Microsoft Ignite 2018では、 dataon Storage には、キオスク領域に記憶域スペースダイレクトクラスターがありました。At Microsoft Ignite 2018, DataOn Storage had a Storage Spaces Direct Cluster in their kiosk area. このクラスターは、次のようなファイル共有監視として USB ポートを使用して、 NetGear Nighthawk X4S WiFi ルーターに接続されました。This cluster was connected to a NetGear Nighthawk X4S WiFi Router using the USB port as a file share witness similar to this.

NetGear 監視

この特定のルーターで USB デバイスを使用してファイル共有監視を作成する手順を次に示します。The steps for creating a file share witness using a USB device on this particular router are listed below. 他のルーターや NAS アプライアンスの手順は異なるため、ベンダーが提供する指示に従って実行する必要があります。Note that steps on other routers and NAS appliances will vary and should be accomplished using the vendor supplied directions.

  1. USB デバイスが接続されているルーターにログインします。Log into the router with the USB device plugged in.

    NetGear インターフェイス

  2. オプションの一覧から [ReadySHARE] (共有を作成できる場所) を選択します。From the list of options, select ReadySHARE which is where shares can be created.

    NetGear ReadySHARE

  3. ファイル共有監視の場合は、基本的な共有だけが必要です。For a file share witness, a basic share is all that is needed. [編集] ボタンを選択すると、共有を USB デバイスで作成できるダイアログがポップアップ表示されます。Selecting the Edit button will pop up a dialog where the share can be created on the USB device.

    NetGear 共有インターフェイス

  4. [適用] ボタンを選択すると、共有が作成され、一覧に表示されるようになります。Once selecting the Apply button, the share is created and can be seen in the list.

    NetGear 共有

  5. 共有が作成されたら、PowerShell を使用してクラスターのファイル共有監視を作成します。Once the share has been created, creating the file share witness for Cluster is done with PowerShell.

    Set-ClusterQuorum -FileShareWitness \\readyshare\Witness -Credential (Get-Credential)
    

    これにより、デバイス上のローカルアカウントを入力するためのダイアログボックスが表示されます。This displays a dialog box to enter the local account on the device.

これらの同様の手順は、USB 機能、NAS デバイス、またはその他の Windows デバイスを使用する他のルーターでも実行できます。These same similar steps can be done on other routers with USB capabilities, NAS devices, or other Windows devices.