Windows Server でのヘルスサービスHealth Service in Windows Server

適用対象: Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

ヘルスサービスは、Windows Server 2016 の新機能であり、記憶域スペースダイレクトを実行しているクラスターの日常的な監視と操作エクスペリエンスを向上させます。The Health Service is a new feature in Windows Server 2016 that improves the day-to-day monitoring and operational experience for clusters running Storage Spaces Direct.

必要条件Prerequisites

既定では、ヘルス サービスは記憶域スペース ダイレクトで有効になっています。The Health Service is enabled by default with Storage Spaces Direct. ヘルス サービスを設定または開始するために、他の操作は必要ありません。No additional action is required to set it up or start it. 記憶域スペースダイレクトの詳細については、「 Windows Server 2016 の記憶域スペースダイレクト」を参照してください。To learn more about Storage Spaces Direct, see Storage Spaces Direct in Windows Server 2016.

レポートReports

ヘルスサービスレポート」を参照してください。See Health Service reports.

障害Faults

ヘルスサービスのエラー」を参照してください。See Health Service faults.

操作Actions

ヘルスサービスアクション」を参照してください。See Health Service actions.

自動化Automation

このセクションでは、ディスクのライフサイクルにおいて、ヘルス サービスで自動化されるワークフローについて説明します。This section describes workflows which are automated by the Health Service in the disk lifecycle.

ディスクのライフサイクルDisk Lifecycle

ヘルス サービスは、物理ディスクのライフサイクルのほぼすべての段階を自動化します。The Health Service automates most stages of the physical disk lifecycle. たとえば、展開の初期状態が完璧に正常、つまりすべての物理ディスクが正常に動作しているとします。Let's say that the initial state of your deployment is in perfect health - which is to say, all physical disks are working properly.

使用停止Retirement

物理ディスクは、使用不可能になったとき、および関連する障害が発生したときに自動的に使用停止されます。Physical disks are automatically retired when they can no longer be used, and a corresponding Fault is raised. いくつかのケースを次に示します。There are several cases:

  • メディアの障害: 物理ディスクは明確に故障したか破損しており、交換する必要があります。Media Failure: the physical disk is definitively failed or broken, and must be replaced.

  • 通信の損失: 物理ディスクは 15 分間以上連続して接続を失っています。Lost Communication: the physical disk has lost connectivity for over 15 consecutive minutes.

  • 応答不能: 物理ディスクで 5.0 秒以上の待機時間が 1 時間以内に 3 回以上発生しています。Unresponsive: the physical disk has exhibited latency of over 5.0 seconds three or more times within an hour.

注意

一度に多数の物理ディスク、1 つのノード全体、またはストレージ格納装置の接続が失われた場合、こうしたディスクが根本原因である可能性は低いため、ヘルス サービスではこれらのディスクを使用停止しませんIf connectivity is lost to many physical disks at once, or to an entire node or storage enclosure, the Health Service will not retire these disks since they are unlikely to be the root problem.

使用停止されたディスクが他の多くの物理ディスクのキャッシュとして機能していた場合、これらの物理ディスクは別のキャッシュ ディスクに自動的に再割り当てされます (利用可能なキャッシュ ディスクがある場合)。If the retired disk was serving as the cache for many other physical disks, these will automatically be reassigned to another cache disk if one is available. ユーザーの操作は特に必要ありません。No special user action is required.

回復性の復元Restoring resiliency

物理ディスクが使用停止されると、完全な回復性を復元するため、ヘルス サービスはすぐにそのディスクのデータを残りの物理ディスクにコピーし始めます。Once a physical disk has been retired, the Health Service immediately begins copying its data onto the remaining physical disks, to restore full resiliency. コピーが完了すると、データは完全に保護され、再びフォールト トレラントになります。Once this has completed, the data is completely safe and fault tolerant anew.

注意

このように即時に復元を行うには、残りの物理ディスクに利用可能な容量が十分にある必要があります。This immediate restoration requires sufficient available capacity among the remaining physical disks.

インジケーターのライトの点滅Blinking the indicator light

可能な場合、ヘルス サービスは、使用停止された物理ディスクまたはそのスロットのインジケーター ライトを点滅させます。If possible, the Health Service will begin blinking the indicator light on the retired physical disk or its slot. この点滅は、使用停止されたディスクが交換されるまで無期限に続きます。This will continue indefinitely, until the retired disk is replaced.

注意

場合によっては、インジケーター ライトも機能しない状態でディスクに障害が生じることがあります (完全な電源喪失など)。In some cases, the disk may have failed in a way that precludes even its indicator light from functioning - for example, a total loss of power.

物理的な交換Physical replacement

可能な場合は、使用停止された物理ディスクを置き換える必要があります。You should replace the retired physical disk when possible. 多くの場合、これはホットスワップで構成されています。つまり、ノードまたは記憶域エンクロージャの電源をオフにする必要はありません。Most often, this consists of a hot-swap - i.e. powering off the node or storage enclosure is not required. 場所および部分の情報については「障害」を参照してください。See the Fault for helpful location and part information.

検証Verification

交換ディスクが挿入されると、サポートされているコンポーネントドキュメントに対して検証されます (次のセクションを参照)。When the replacement disk is inserted, it will be verified against the Supported Components Document (see the next section).

プーリングPooling

許可された場合、代替ディスクはその前身のプールに自動で置き換えられ、使用できるようになります。If allowed, the replacement disk is automatically substituted into its predecessor's pool to enter use. この時点で、システムは完全に正常な初期状態に戻り、障害は表示されなくなります。At this point, the system is returned to its initial state of perfect health, and then the Fault disappears.

サポートされているコンポーネントドキュメントSupported Components Document

ヘルスサービスには、記憶域スペースダイレクトによって使用されるコンポーネントを、管理者またはソリューションベンダーから提供されるサポートされているコンポーネントドキュメントに限定するための実施メカニズムが用意されています。The Health Service provides an enforcement mechanism to restrict the components used by Storage Spaces Direct to those on a Supported Components Document provided by the administrator or solution vendor. このメカニズムにより、サポートされていないハードウェアが誤って使用されるのを防ぐことができるため、保証やサポート契約の順守に役立ちます。This can be used to prevent mistaken use of unsupported hardware by you or others, which may help with warranty or support contract compliance. 現在、この機能は、Ssd、Hdd、NVMe ドライブを含む物理ディスクデバイスに限定されています。This functionality is currently limited to physical disk devices, including SSDs, HDDs, and NVMe drives. サポートされているコンポーネントドキュメントでは、モデル、製造元 (オプション)、およびファームウェアのバージョン (オプション) を制限できます。The Supported Components Document can restrict on model, manufacturer (optional), and firmware version (optional).

使用方法Usage

サポートされているコンポーネントドキュメントでは、XML による構文を使用します。The Supported Components Document uses an XML-inspired syntax. 無料のVisual Studio Codeやメモ帳などの任意のテキストエディターを使用して、保存して再利用できる XML ドキュメントを作成することをお勧めします。We recommend using your favorite text editor, such as the free Visual Studio Code or Notepad, to create an XML document which you can save and reuse.

セクションSections

ドキュメントには、DisksCacheという2つの独立したセクションがあります。The document has two independent sections: Disks and Cache.

Disks セクションが指定されている場合は、表示されているドライブ (Disk) のみがプールへの参加を許可されます。If the Disks section is provided, only the drives listed (as Disk) are allowed to join pools. 一覧にないドライブはプールに参加できないため、運用環境での使用が実質的に妨げられます。Any unlisted drives are prevented from joining pools, which effectively precludes their use in production. このセクションを空のままにすると、すべてのドライブがプールに参加できるようになります。If this section is left empty, any drive will be allowed to join pools.

Cache セクションが指定されている場合は、表示されているドライブ (CacheDisk) だけがキャッシュに使用されます。If the Cache section is provided, only the drives listed (as CacheDisk) are used for caching. このセクションを空のままにした場合、記憶域スペースダイレクトメディアの種類とバスの種類に基づいて推測が試行されます。If this section is left empty, Storage Spaces Direct attempts to guess based on media type and bus type. ここに表示されているドライブも Disksに一覧表示されます。Drives listed here should also be listed in Disks.

重要

サポートされているコンポーネントのドキュメントは、既にプールおよび使用されているドライブには、遡及的には適用されません。The Supported Components Document does not apply retroactively to drives already pooled and in use.

Example

<Components>

  <Disks>
    <Disk>
      <Manufacturer>Contoso</Manufacturer>
      <Model>XYZ9000</Model>
      <AllowedFirmware>
        <Version>2.0</Version>
        <Version>2.1</Version>
        <Version>2.2</Version>
      </AllowedFirmware>
      <TargetFirmware>
        <Version>2.1</Version>
        <BinaryPath>C:\ClusterStorage\path\to\image.bin</BinaryPath>
      </TargetFirmware>
    </Disk>
    <Disk>
      <Manufacturer>Fabrikam</Manufacturer>
      <Model>QRSTUV</Model>
    </Disk>
  </Disks>

  <Cache>
    <CacheDisk>
      <Manufacturer>Fabrikam</Manufacturer>
      <Model>QRSTUV</Model>
    </CacheDisk>
  </Cache>

</Components>

複数のドライブを一覧表示するには、単に <Disk> または <CacheDisk> タグを追加します。To list multiple drives, simply add additional <Disk> or <CacheDisk> tags.

記憶域スペースダイレクトを配置するときにこの XML を挿入するには、-XML パラメーターを使用します。To inject this XML when deploying Storage Spaces Direct, use the -XML parameter:

$MyXML = Get-Content <Filepath> | Out-String  
Enable-ClusterS2D -XML $MyXML

記憶域スペースダイレクトが展開された後に、サポートされているコンポーネントドキュメントを設定または変更するには:To set or modify the Supported Components Document once Storage Spaces Direct has been deployed:

$MyXML = Get-Content <Filepath> | Out-String  
Get-StorageSubSystem Cluster* | Set-StorageHealthSetting -Name "System.Storage.SupportedComponents.Document" -Value $MyXML  

注意

モデル、製造元、およびファームウェアのバージョンのプロパティは、Get-PhysicalDisk コマンドレットで取得される値と完全に一致する必要があります。The model, manufacturer, and the firmware version properties should exactly match the values that you get using the Get-PhysicalDisk cmdlet. こうしたプロパティは、ベンダーの実装によっては、ユーザーの "常識的な" 想定とは異なる可能性があります。This may differ from your "common sense" expectation, depending on your vendor's implementation. たとえば、製造元は "Contoso" ではなく "CONTOSO-LTD" である場合や、製造元は空白でモデルが "Contoso XZY9000" となっている場合があります。For example, rather than "Contoso", the manufacturer may be "CONTOSO-LTD", or it may be blank while the model is "Contoso-XZY9000".

次の PowerShell コマンドレットを使用して確認できます。You can verify using the following PowerShell cmdlet:

Get-PhysicalDisk | Select Model, Manufacturer, FirmwareVersion  

設定Settings

ヘルスサービス設定を参照してください。See Health Service settings.

See also