フェールオーバー クラスタリングの新機能What's new in Failover Clustering

適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

このトピックでは、Windows Server 2019 および Windows Server 2016 のフェールオーバークラスタリングの新機能と変更された機能について説明します。This topic explains the new and changed functionality in Failover Clustering for Windows Server 2019 and Windows Server 2016.

Windows Server 2019 の新機能What's new in Windows Server 2019

  • クラスター セットCluster sets

    クラスターセットを使用すると、単一のソフトウェア定義データセンター (SDDC) ソリューション内のサーバーの数を、クラスターの現在の制限を超えて増やすことができます。Cluster sets enable you to increase the number of servers in a single software-defined datacenter (SDDC) solution beyond the current limits of a cluster. これは、複数のクラスターをクラスターセットにグループ化することで実現されます。これは、複数のフェールオーバークラスター (コンピューティング、記憶域、およびハイパー収束) の疎結合グループです。This is accomplished by grouping multiple clusters into a cluster set--a loosely-coupled grouping of multiple failover clusters: compute, storage and hyper-converged. クラスターセットを使用すると、クラスターセット内のクラスター間でオンライン仮想マシン (ライブマイグレーション) を移動できます。With cluster sets, you can move online virtual machines (live migrate) between clusters within the cluster set.

    詳細については、「クラスターセット」を参照してください。For more info, see Cluster sets.

  • Azure 対応のクラスターAzure-aware clusters

    フェールオーバークラスターは、Azure IaaS 仮想マシンで実行されている時間を自動的に検出し、構成を最適化して、最高レベルの可用性を実現するために、Azure の計画済みメンテナンスイベントのプロアクティブなフェールオーバーとログ記録を実現します。Failover clusters now automatically detect when they're running in Azure IaaS virtual machines and optimize the configuration to provide proactive failover and logging of Azure planned maintenance events to achieve the highest levels of availability. また、クラスター名の動的ネットワーク名を使用してロードバランサーを構成する必要がないため、展開も簡略化されます。Deployment is also simplified by removing the need to configure the load balancer with Dynamic Network Name for cluster name.

  • ドメイン間のクラスター移行Cross-domain cluster migration

    フェールオーバークラスターは、1つの Active Directory ドメインから別のドメインに動的に移動できるようになりました。ドメインの統合を簡略化し、後で顧客のドメインに参加させることができます。Failover Clusters can now dynamically move from one Active Directory domain to another, simplifying domain consolidation and allowing clusters to be created by hardware partners and joined to the customer's domain later.

  • USB 監視USB witness

    ネットワークスイッチに接続されているシンプルな USB ドライブを、クラスターのクォーラムを決定するためのミラーリング監視サーバーとして使用できるようになりました。You can now use a simple USB drive attached to a network switch as a witness in determining quorum for a cluster. これにより、ファイル共有監視が拡張され、SMB2 に準拠している任意のデバイスがサポートされるようになります。This extends the File Share Witness to support any SMB2-compliant device.

  • クラスター インフラストラクチャの機能強化Cluster infrastructure improvements

    CSV キャッシュは、仮想マシンのパフォーマンスを向上させるために既定で有効になりました。The CSV cache is now enabled by default to boost virtual machine performance. MSDTC では、クラスター共有ボリュームがサポートされるようになりました。これにより、SQL Server の使用など、MSDTC のワークロードを記憶域スペース ダイレクトに展開できます。MSDTC now supports Cluster Shared Volumes, to allow deploying MSDTC workloads on Storage Spaces Direct such as with SQL Server. ロジックが強化され、パーティション分割されたノードを検出して、自動修復でノードをクラスター メンバーシップに戻すことができるようになりました。Enhanced logic to detect partitioned nodes with self-healing to return nodes to cluster membership. クラスター ネットワーク ルート検出と自動修復機能が強化されています。Enhanced cluster network route detection and self-healing.

  • クラスター対応更新による記憶域スペース ダイレクトのサポートCluster Aware Updating supports Storage Spaces Direct

    クラスター対応更新 (CAU) が記憶域スペース ダイレクトに対応して統合され、データ再同期の検証と確認が各ノードで完了するようになりました。Cluster Aware Updating (CAU) is now integrated and aware of Storage Spaces Direct, validating and ensuring data resynchronization completes on each node. クラスター対応更新は、必要な場合にのみインテリジェントに再起動するように更新を検査します。Cluster Aware Updating inspects updates to intelligently restart only if necessary. これにより、計画されたメンテナンスのために、クラスター内のすべてのサーバーの再起動を調整できます。This enables orchestrating restarts of all servers in the cluster for planned maintenance.

  • ファイル共有監視の強化File share witness enhancements

    次のシナリオでは、ファイル共有監視の使用が有効になりました。We enabled the use of a file share witness in the following scenarios:

    • リモートの場所が原因でインターネットにアクセスできない、または極端に低い場合は、クラウドミラーリング監視サーバーの使用を禁止します。Absent or extremely poor Internet access because of a remote location, preventing the use of a cloud witness.

    • ディスク監視用の共有ドライブが不足しています。Lack of shared drives for a disk witness. これは、記憶域スペースダイレクトハイパー集約型構成、SQL Server Always On 可用性グループ (AG)、または * Exchange Database 可用性グループ (DAG) であり、共有ディスクを使用していない可能性があります。This could be a Storage Spaces Direct hyperconverged configuration, a SQL Server Always On Availability Groups (AG), or an * Exchange Database Availability Group (DAG), none of which use shared disks.

    • クラスターが DMZ の背後にあるため、ドメインコントローラー接続がありません。Lack of a domain controller connection due to the cluster being behind a DMZ.

    • Active Directory クラスター名オブジェクト (CNO) がないワークグループまたはクロスドメインクラスター。A workgroup or cross-domain cluster for which there is no Active Directory cluster name object (CNO). これらの機能強化の詳細については、サーバー & 管理のブログの記事「フェールオーバークラスターファイル共有監視と DFS」を参照してください。Find out more about these enhancements in the following post in Server & Management Blogs: Failover Cluster File Share Witness and DFS.

      また、DFS 名前空間の共有の使用を場所として明示的にブロックしています。We now also explicitly block the use of a DFS Namespaces share as a location. ファイル共有監視を DFS 共有に追加すると、クラスターで安定性の問題が発生し、この構成がサポートされなくなることがあります。Adding a file share witness to a DFS share can cause stability issues for your cluster, and this configuration has never been supported. 共有が DFS 名前空間を使用するかどうかを検出するロジックを追加しました。 DFS 名前空間が検出された場合、フェールオーバークラスターマネージャーはミラーリング監視サーバーの作成をブロックし、サポートされていないことを通知するエラーメッセージを表示します。We added logic to detect if a share uses DFS Namespaces, and if DFS Namespaces is detected, Failover Cluster Manager blocks creation of the witness and displays an error message about not being supported.

  • クラスターの強化Cluster hardening

    サーバー メッセージ ブロック (SMB) を使用した、クラスター共有ボリュームと記憶域スペース ダイレクトに対するクラスター内通信では、証明書を活用して最も安全なプラットフォームが提供されるようになりました。Intra-cluster communication over Server Message Block (SMB) for Cluster Shared Volumes and Storage Spaces Direct now leverages certificates to provide the most secure platform. これにより、フェールオーバー クラスターが依存関係なしで NTLM で動作し、セキュリティ ベースラインが有効になります。This allows Failover Clusters to operate with no dependencies on NTLM and enable security baselines.

  • フェールオーバー クラスターで使用されなくなった NTLM 認証Failover Cluster no longer uses NTLM authentication

    フェールオーバークラスターは、NTLM 認証を使用しなくなりました。Failover Clusters no longer use NTLM authentication. 代わりに、Kerberos と証明書ベースの認証のみが使用されます。Instead Kerberos and certificate-based authentication is used exclusively. このセキュリティ強化を利用するために、ユーザーまたは展開ツールで必要な変更はありません。There are no changes required by the user, or deployment tools, to take advantage of this security enhancement. また、NTLM が無効になっている環境にフェールオーバークラスターを配置することもできます。It also allows failover clusters to be deployed in environments where NTLM has been disabled.

Windows Server 2016 の新機能What's new in Windows Server 2016

Cluster Operating System Rolling Upgrade (クラスター オペレーティング システムのローリング アップグレード)Cluster Operating System Rolling Upgrade

クラスターオペレーティングシステムのローリングアップグレードを使用すると、管理者は、Hyper-v またはスケールアウトファイルサーバーワークロードを停止せずに、クラスターノードのオペレーティングシステムを Windows Server 2012 R2 から新しいバージョンにアップグレードできます。Cluster Operating System Rolling Upgrade enables an administrator to upgrade the operating system of the cluster nodes from Windows Server 2012 R2 to a newer version without stopping the Hyper-V or the Scale-Out File Server workloads. この機能を使用すると、サービス レベル アグリーメント (SLA) でのダウンタイムに対するペナルティを回避できます。Using this feature, the downtime penalties against Service Level Agreements (SLA) can be avoided.

この変更の利点What value does this change add?

Hyper-v またはスケールアウトファイルサーバークラスターを Windows Server 2012 R2 から Windows Server 2016 にアップグレードすると、ダウンタイムは不要になります。Upgrading a Hyper-V or Scale-Out File Server cluster from Windows Server 2012 R2 to Windows Server 2016 no longer requires downtime. クラスターは、クラスター内のすべてのノードが Windows Server 2016 を実行している間、引き続き Windows Server 2012 R2 レベルで機能します。The cluster will continue to function at a Windows Server 2012 R2 level until all of the nodes in the cluster are running Windows Server 2016. クラスターの機能レベルは、windows PowerShell のコマンドレットを使用して windows Server 2016 にアップグレードされ Update-ClusterFunctionalLevel ます。The cluster functional level is upgraded to Windows Server 2016 by using the Windows PowerShell cmdlt Update-ClusterFunctionalLevel.

警告

  • クラスターの機能レベルを更新した後は、Windows Server 2012 R2 クラスターの機能レベルに戻ることはできません。After you update the cluster functional level, you cannot go back to a Windows Server 2012 R2 cluster functional level.

  • Update-ClusterFunctionalLevelコマンドレットが実行されるまで、プロセスは元に戻せません。また、Windows server 2012 R2 ノードを追加したり、Windows server 2016 ノードを削除したりすることができます。Until the Update-ClusterFunctionalLevel cmdlet is run, the process is reversible, and Windows Server 2012 R2 nodes can be added and Windows Server 2016 nodes can be removed.

動作の相違点What works differently?

Hyper-v またはスケールアウトファイルサーバーフェールオーバークラスターは、ダウンタイムなしで簡単にアップグレードできるようになりました。また、Windows Server 2016 オペレーティングシステムを実行しているノードで新しいクラスターを構築する必要もありません。A Hyper-V or Scale-Out File Server failover cluster can now easily be upgraded without any downtime or need to build a new cluster with nodes that are running the Windows Server 2016 operating system. クラスターを Windows Server 2012 R2 に移行するには、既存のクラスターをオフラインにし、各ノードの新しいオペレーティングシステムを再インストールしてから、クラスターをオンラインに戻します。Migrating clusters to Windows Server 2012 R2 involved taking the existing cluster offline and reinstalling the new operating system for each nodes, and then bringing the cluster back online. 古いプロセスは煩雑であり、ダウンタイムが必要でした。The old process was cumbersome and required downtime. ただし、Windows Server 2016 では、クラスターはどの時点でもオフラインにする必要がありません。However, in Windows Server 2016, the cluster does not need to go offline at any point.

フェーズでのアップグレードのクラスターオペレーティングシステムは、クラスター内の各ノードについて次のようになります。The cluster operating systems for the upgrade in phases are as follows for each node in a cluster:

  • ノードが一時停止し、そのノードで実行されているすべての仮想マシンがドレインされます。The node is paused and drained of all virtual machines that are running on it.
  • 仮想マシン (またはその他のクラスターワークロード) は、クラスター内の別のノードに移行されます。The virtual machines (or other cluster workload) are migrated to another node in the cluster.
  • 既存のオペレーティングシステムが削除され、ノードに Windows Server 2016 オペレーティングシステムのクリーンインストールが実行されます。The existing operating system is removed and a clean installation of the Windows Server 2016 operating system on the node is performed.
  • Windows Server 2016 オペレーティングシステムを実行しているノードがクラスターに再び追加されます。The node running the Windows Server 2016 operating system is added back to the cluster.
  • この時点では、クラスターノードが Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2016 を実行しているため、クラスターは混在モードで実行されていると言います。At this point, the cluster is said to be running in mixed mode, because the cluster nodes are running either Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2016.
  • クラスターの機能レベルは、Windows Server 2012 R2 で維持されます。The cluster functional level stays at Windows Server 2012 R2. この機能レベルでは、以前のバージョンのオペレーティングシステムとの互換性に影響する Windows Server 2016 の新機能は使用できなくなります。At this functional level, new features in Windows Server 2016 that affect compatibility with previous versions of the operating system will be unavailable.
  • 最終的には、すべてのノードが Windows Server 2016 にアップグレードされます。Eventually, all nodes are upgraded to Windows Server 2016.
  • その後、Windows PowerShell コマンドレットを使用して、クラスターの機能レベルが Windows Server 2016 に変更され Update-ClusterFunctionalLevel ます。Cluster functional level is then changed to Windows Server 2016 using the Windows PowerShell cmdlet Update-ClusterFunctionalLevel. この時点で、Windows Server 2016 の機能を利用できます。At this point, you can take advantage of the Windows Server 2016 features.

詳細については、「クラスターオペレーティングシステムのローリングアップグレード」を参照してください。For more information, see Cluster Operating System Rolling Upgrade.

記憶域レプリカStorage Replica

記憶域レプリカは、障害復旧のために、サーバー間またはクラスター間で記憶域に依存しないブロックレベルの同期レプリケーションを可能にする新機能であり、サイト間でフェールオーバークラスターを拡張することもできます。Storage Replica is a new feature that enables storage-agnostic, block-level, synchronous replication between servers or clusters for disaster recovery, as well as stretching of a failover cluster between sites. 同期レプリケーションは、クラッシュ前後の整合性が維持されるボリュームを使用した物理サイト内のデータのミラーリングを実現して、ファイル システム レベルでデータがまったく失われないようにします。Synchronous replication enables mirroring of data in physical sites with crash-consistent volumes to ensure zero data loss at the file-system level. 非同期レプリケーションでは、データが失われる可能性はありますが、大都市圏の範囲を超えてサイトを拡張できます。Asynchronous replication allows site extension beyond metropolitan ranges with the possibility of data loss.

この変更の利点What value does this change add?

記憶域レプリカを使用すると、次の操作を実行できます。Storage Replica enables you to do the following:

  • ミッション クリティカルなワークロードの計画的な停止および想定外の停止のために単一ベンダー障害回復ソリューションを提供する。Provide a single vendor disaster recovery solution for planned and unplanned outages of mission critical workloads.

  • 信頼性、スケーラビリティ、パフォーマンスの点で実証済みの SMB3 トランスポートを使用する。Use SMB3 transport with proven reliability, scalability, and performance.

  • 大都市圏の距離まで Windows フェールオーバー クラスターを拡大する。Stretch Windows failover clusters to metropolitan distances.

  • Hyper-v、記憶域レプリカ、記憶域スペース、クラスター、スケールアウトファイルサーバー、SMB3、データ重複除去、ReFS/NTFS などの記憶域とクラスタリングには、Microsoft ソフトウェアエンドツーエンドを使用します。Use Microsoft software end to end for storage and clustering, such as Hyper-V, Storage Replica, Storage Spaces, Cluster, Scale-Out File Server, SMB3, Data Deduplication, and ReFS/NTFS.

  • 次のように、コストと複雑さの軽減に役立てる。Help reduce cost and complexity as follows:

    • ハードウェアに依存せず、DAS、SAN などの特定の記憶域構成が不要です。Is hardware agnostic, with no requirement for a specific storage configuration like DAS or SAN.

    • 汎用的な記憶域やネットワーク テクノロジを使用できます。Allows commodity storage and networking technologies.

    • フェールオーバー クラスター マネージャーを通じて個々のノードとクラスターをグラフィカルに簡単に管理できます。Features ease of graphical management for individual nodes and clusters through Failover Cluster Manager.

    • Windows PowerShell を使った包括的な大規模なスクリプト作成オプションを組み込みます。Includes comprehensive, large-scale scripting options through Windows PowerShell.

  • ダウンタイムを短縮し、Windows に備わっている信頼性と生産性の向上に役立てる。Help reduce downtime, and increase reliability and productivity intrinsic to Windows.

  • サポート性、パフォーマンス メトリック、および診断機能を提供する。Provide supportability, performance metrics, and diagnostic capabilities.

詳細については、Windows Server 2016 での記憶域レプリカに関する記事を参照してください。For more information, see the Storage Replica in Windows Server 2016.

クラウド監視Cloud Witness

クラウド監視は、Windows Server 2016 の新しい種類のフェールオーバー クラスター クォーラム監視で、Microsoft Azure が判別ポイントとして利用されます。Cloud Witness is a new type of Failover Cluster quorum witness in Windows Server 2016 that leverages Microsoft Azure as the arbitration point. クラウド監視は、他のクォーラム監視と同様、票を集めるため、クォーラム計算に参加できます。The Cloud Witness, like any other quorum witness, gets a vote and can participate in the quorum calculations. クラウド監視をクォーラム監視として構成するには、クラスター クォーラムの構成ウィザードを使用します。You can configure cloud witness as a quorum witness using the Configure a Cluster Quorum Wizard.

この変更の利点What value does this change add?

クラウド監視をフェールオーバークラスタークォーラム監視として使用すると、次のような利点があります。Using Cloud Witness as a Failover Cluster quorum witness provides the following advantages:

  • Microsoft Azure を活用し、3番目の独立したデータセンターを必要としないようにします。Leverages Microsoft Azure and eliminates the need for a third separate datacenter.

  • では、パブリッククラウドでホストされている Vm の追加のメンテナンスオーバーヘッドを排除する、一般公開されている標準の Microsoft Azure Blob Storage を使用します。Uses the standard publicly available Microsoft Azure Blob Storage which eliminates the extra maintenance overhead of VMs hosted in a public cloud.

  • 複数のクラスターに同じ Microsoft Azure Storage アカウントを使用できます (クラスターごとに1つの blob ファイル、blob ファイル名として使用されるクラスターの一意の id)。Same Microsoft Azure Storage Account can be used for multiple clusters (one blob file per cluster; cluster unique id used as blob file name).

  • ストレージアカウントに対するコストが非常に低くなります (blob ファイルごとに書き込まれたデータは非常に小さいため、blob ファイルはクラスターノードの状態が変化したときに1回だけ更新されます)。Provides a very low on-going cost to the Storage Account (very small data written per blob file, blob file updated only once when cluster nodes' state changes).

詳細については、「フェールオーバークラスターのクラウド監視をデプロイする」を参照してください。For more information, see Deploy a Cloud Witness For a Failover Cluster.

動作の相違点What works differently?

この機能は Windows Server 2016 での新規です。This capability is new in Windows Server 2016.

仮想マシンの回復性Virtual Machine Resiliency

コンピューティングの回復性Windows Server 2016 には、次のように計算クラスターでクラスター内の通信の問題を軽減するために、仮想マシンのコンピューティングの回復性が強化されています。Compute Resiliency Windows Server 2016 includes increased virtual machines compute resiliency to help reduce intra-cluster communication issues in your compute cluster as follows:

  • 仮想マシンで使用できる回復性オプション: 一時的な障害時に仮想マシンの動作を定義する仮想マシンの回復性オプションを構成できるようになりました。Resiliency options available for virtual machines: You can now configure virtual machine resiliency options that define behavior of the virtual machines during transient failures:

    • 回復性レベル: 一時的なエラーの処理方法を定義するのに役立ちます。Resiliency Level: Helps you define how the transient failures are handled.

    • 回復性の期間: すべての仮想マシンを分離して実行できる期間を定義するのに役立ちます。Resiliency Period: Helps you define how long all the virtual machines are allowed to run isolated.

  • 異常なノードの検疫: 異常なノードは検疫され、クラスターへの参加は許可されなくなりました。Quarantine of unhealthy nodes: Unhealthy nodes are quarantined and are no longer allowed to join the cluster. これにより、フラッピングノードが他のノードやクラスター全体に悪影響を及ぼすのを防ぐことができます。This prevents flapping nodes from negatively effecting other nodes and the overall cluster.

詳細については、「 Windows Server 2016 の仮想マシンの計算の回復性」を参照してください。仮想マシンの回復性のワークフローとノードの検疫の設定によって、ノードの配置方法が制御されます。For more information virtual machine compute resiliency workflow and node quarantine settings that control how your node is placed in isolation or quarantine, see Virtual Machine Compute Resiliency in Windows Server 2016.

記憶域の回復性Windows Server 2016 では、一時的な記憶域の障害に対する仮想マシンの回復性が向上しています。Storage Resiliency In Windows Server 2016, virtual machines are more resilient to transient storage failures. 仮想マシンの回復性が強化されたため、記憶域の中断が発生した場合にテナント仮想マシンのセッション状態を維持することができます。The improved virtual machine resiliency helps preserve tenant virtual machine session states in the event of a storage disruption. これは、記憶域インフラストラクチャの問題に対するインテリジェントで迅速な仮想マシンの応答によって実現されます。This is achieved by intelligent and quick virtual machine response to storage infrastructure issues.

仮想マシンは、基になる記憶域から切断されると、一時停止し、記憶域の回復を待機します。When a virtual machine disconnects from its underlying storage, it pauses and waits for storage to recover. 一時停止中、仮想マシンは、その中で実行されているアプリケーションのコンテキストを保持します。While paused, the virtual machine retains the context of applications that are running in it. バーチャルマシンのストレージへの接続が復元されると、バーチャルマシンは実行中の状態に戻ります。When the virtual machine's connection to its storage is restored, the virtual machine returns to its running state. その結果、テナントコンピューターのセッション状態は回復時に保持されます。As a result, the tenant machine's session state is retained on recovery.

Windows Server 2016 では、仮想マシンの記憶域の回復性が認識され、ゲストクラスターに最適化されています。In Windows Server 2016, virtual machine storage resiliency is aware and optimized for guest clusters too.

フェールオーバークラスタリングの診断の機能強化Diagnostic Improvements in Failover Clustering

フェールオーバークラスターに関する問題を診断するために、Windows Server 2016 には次のものが含まれています。To help diagnose issues with failover clusters, Windows Server 2016 includes the following:

サイト認識フェールオーバー クラスターSite-aware Failover Clusters

Windows Server 2016 には、物理的な場所 (サイト) に基づいて拡張されたクラスター内のグループノードを有効にする、サイト対応のフェールオーバークラスターが含まれています。Windows Server 2016 includes site-aware failover clusters that enable group nodes in stretched clusters, based on their physical location (site). クラスターサイト認識は、フェールオーバーの動作、配置ポリシー、ノード間のハートビート、クォーラムの動作など、クラスターのライフサイクル中の重要な操作を強化します。Cluster site-awareness enhances key operations during the cluster lifecycle, such as failover behavior, placement policies, heartbeat between the nodes, and quorum behavior. 詳細については、「 Windows Server 2016 のサイト対応フェールオーバークラスター」を参照してください。For more information, see Site-aware Failover Clusters in Windows Server 2016.

ワークグループ クラスターとマルチドメイン クラスターWorkgroup and Multi-domain clusters

Windows Server 2012 R2 以前のバージョンでは、同じドメインに参加しているメンバーノード間にのみクラスターを作成できます。In Windows Server 2012 R2 and previous versions, a cluster can only be created between member nodes joined to the same domain. Windows Server 2016 では、この障壁が取り除かれて、Active Directory の依存関係のないフェールオーバー クラスターを作成する機能が導入されています。Windows Server 2016 breaks down these barriers and introduces the ability to create a Failover Cluster without Active Directory dependencies. 次の構成でフェールオーバークラスターを作成できるようになりました。You can now create failover clusters in the following configurations:

  • 単一ドメインクラスター。Single-domain Clusters. すべてのノードが同じドメインに参加しているクラスター。Clusters with all nodes joined to the same domain.

  • マルチドメインクラスター。Multi-domain Clusters. 異なるドメインのメンバーであるノードを持つクラスター。Clusters with nodes which are members of different domains.

  • ワークグループクラスター。Workgroup Clusters. メンバーサーバーまたはワークグループ (ドメインに参加していない) のノードを持つクラスター。Clusters with nodes which are member servers / workgroup (not domain joined).

詳細については、「 Windows Server 2016 のワークグループおよびマルチドメインクラスター 」を参照してください。For more information, see Workgroup and Multi-domain clusters in Windows Server 2016

仮想マシンの負荷分散Virtual Machine Load Balancing

仮想マシンの負荷分散は、クラスター内のノード間での仮想マシンのシームレスな負荷分散を容易にする、フェールオーバークラスタリングの新機能です。Virtual machine Load Balancing is a new feature in Failover Clustering that facilitates the seamless load balancing of virtual machines across the nodes in a cluster. 過剰コミットされたノードは、ノード上の仮想マシンのメモリと CPU 使用率に基づいて識別されます。Over-committed nodes are identified based on virtual machine Memory and CPU utilization on the node. 仮想マシンは、過剰コミットされたノードから使用可能な帯域幅を持つノード (該当する場合) に移動 (ライブマイグレーション) されます。Virtual machines are then moved (live migrated) from an over-committed node to nodes with available bandwidth (if applicable). クラスターのパフォーマンスと使用率が最適になるように、分散の強度を調整することができます。The aggressiveness of the balancing can be tuned to ensure optimal cluster performance and utilization. Windows Server 2016 Technical Preview では、負荷分散は既定で有効になっています。Load Balancing is enabled by default in Windows Server 2016 Technical Preview. ただし、SCVMM 動的最適化が有効になっている場合、負荷分散は無効になります。However, Load Balancing is disabled when SCVMM Dynamic Optimization is enabled.

バーチャルマシンの開始順序Virtual Machine Start Order

仮想マシンの開始順序は、フェールオーバークラスタリングの新機能であり、クラスター内の仮想マシン (およびすべてのグループ) の開始順序オーケストレーションが導入されています。Virtual machine Start Order is a new feature in Failover Clustering that introduces start order orchestration for Virtual machines (and all groups) in a cluster. 仮想マシンを複数の層にグループ化できるようになり、開始順序の依存関係を異なる層間で作成できるようになりました。Virtual machines can now be grouped into tiers, and start order dependencies can be created between different tiers. これにより、最も重要な仮想マシン (ドメインコントローラーやユーティリティ仮想マシンなど) が最初に起動されるようになります。This ensures that the most important virtual machines (such as Domain Controllers or Utility virtual machines) are started first. 仮想マシンは、依存している仮想マシンも起動されるまで開始されません。Virtual machines are not started until the virtual machines that they have a dependency on are also started.

簡略化された SMB マルチチャネルとマルチ NIC クラスターネットワークSimplified SMB Multichannel and Multi-NIC Cluster Networks

フェールオーバークラスターネットワークは、サブネット/ネットワークごとに1つの NIC に限定されなくなりました。Failover Cluster networks are no longer limited to a single NIC per subnet / network. 簡略化された SMB マルチチャネルとマルチ NIC クラスターネットワークを使用すると、ネットワーク構成が自動的に実行され、サブネット上のすべての NIC をクラスターおよびワークロードのトラフィックに使用できます。With Simplified SMB Multichannel and Multi-NIC Cluster Networks, network configuration is automatic and every NIC on the subnet can be used for cluster and workload traffic. この機能強化により、お客様は、Hyper-v、SQL Server フェールオーバークラスターインスタンス、およびその他の SMB ワークロードのネットワークスループットを最大化することができます。This enhancement allows customers to maximize network throughput for Hyper-V, SQL Server Failover Cluster Instance, and other SMB workloads.

詳細については、「簡略化されたSMB マルチチャネルとマルチ NIC クラスターネットワーク」を参照してください。For more information, see Simplified SMB Multichannel and Multi-NIC Cluster Networks.

参照See Also