Windows Server サービス チャネル: LTSC と SACWindows Server servicing channels: LTSC and SAC

適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server (半期チャネル)Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server (Semi-Annual Channel)

Windows Server のユーザーは、長期サービス チャネルと半期チャネルの 2 つのリリース チャネルを利用できます。There are two primary release channels available to Windows Server customers, the Long-Term Servicing Channel and the Semi-Annual Channel.

ユーザーはニーズに最も適した方法を選択できます。サーバーを長期サービス チャネル (LTSC) のままにすることも、半期チャネルに移行することも、一部のサーバーをいずれかのトラックで利用することも可能です。You can keep servers on the Long-Term Servicing Channel (LTSC), move them to the Semi-Annual Channel, or have some servers on either track, depending on what works best for your needs.

長期サービス チャネル (LTSC)Long-Term Servicing Channel (LTSC)

以前から使用されているリリース モデルです (旧称、“Long-Term Servicing Branch”)。このモデルでは、Windows Server の新しいメジャー バージョンが、2 ~ 3 年ごとにリリースされます。This is the release model you're already familiar with (formerly called the “Long-Term Servicing Branch”) where a new major version of Windows Server is released every 2-3 years. ユーザーは、5 年間のメインストリーム サポートとそれに続く 5 年間の延長サポートを受けることができます。Users are entitled to 5 years of mainstream support and 5 years of extended support. このチャネルは、さらに長期のサービス オプションと機能安定性を必要とするシステムに適しています。This channel is appropriate for systems that require a longer servicing option and functional stability. Windows Server 2019 およびそれ以前のバージョンの Windows Server の展開環境に対する、新しい半期チャネルのリリースによる影響はありません。Deployments of Windows Server 2019 and earlier versions of Windows Server will not be affected by the new Semi-Annual Channel releases. 長期的なサービス チャネルでは、引き続きセキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムが提供されますが、新機能は提供されません。The Long-Term Servicing Channel will continue to receive security and non-security updates, but it will not receive the new features and functionality.

注意

現在の LTSC 製品は Windows Server 2019 ですThe current LTSC product is Windows Server 2019. このチャネルを維持する場合は、Windows Server 2019 をインストールする (または使用を継続する) 必要があります。この場合、Server Core インストール オプションまたはデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーのインストール オプションでインストールすることができます。If you want to stay in this channel, you should install (or continue using) Windows Server 2019, which can be installed in Server Core installation option or Server with Desktop Experience installation option.

半期チャネルSemi-Annual Channel

半期チャネルは、迅速なイノベーションを行っているお客様にとって最適です。オペレーティング システムの新機能を、特にコンテナーとマイクロサービスにフォーカスして、より速いペースで活用することができます。The Semi-Annual Channel is perfect for customers who are innovating quickly to take advantage of new operating system capabilities at a faster pace, focused in on containers and microservices. 半期チャネルの Windows Server 製品は、年に 2 回、春と秋に新しいリリースが公開されます。Windows Server products in the Semi-Annual Channel will have new releases available twice a year, in spring and fall. このチャネルの各リリースは、最初のリリースから 18 か月サポートされます。Each release in this channel will be supported for 18 months from the initial release.

半期チャネルで提供される機能のほとんどは、Windows Server の次回の長期サービス チャネル リリースに含まれます。Most of the features introduced in the Semi-Annual Channel will be rolled up into the next Long-Term Servicing Channel release of Windows Server. 各リリースのエディション、機能、およびサポート コンテンツは、ユーザーのフィードバックに応じて変わる場合があります。The editions, functionality, and supporting content might vary from release to release depending on customer feedback.

半期チャネルは、ソフトウェア アシュアランス をご利用のボリューム ライセンスのお客様以外にも、Azure Marketplace やその他のクラウド/ホスティング サービス プロバイダー、Visual Studio サブスクリプションなどのロイヤルティ プログラム経由で入手できます。The Semi-Annual Channel is available to volume-licensed customers with Software Assurance, as well as via the Azure Marketplace or other cloud/hosting service providers and loyalty programs such as Visual Studio Subscriptions.

注意

半期チャネルの現在のリリースは、Windows Server バージョン 2004 ですThe current Semi-Annual Channel release is Windows Server, version 2004. サーバーをこのチャネルで利用する場合は、Windows Server バージョン 2004 をインストールする必要があります。この場合、Server Core モードで、またはコンテナー内で実行される Nano Server としてインストールすることができます。If you want to put servers in this channel, you should install Windows Server, version 2004, which can be installed in Server Core mode or as Nano Server run in a container. 長期サービス チャネル リリースからの一括アップグレードは、異なるリリース チャネルにあるためサポートされていません。In-place upgrades from a long-term servicing channel release aren't supported because they are in different release channels. 半期チャネルのリリースは更新プログラムではありません。これは、半期チャネルにおける Windows Server の次のリリースです。Semi-Annual Channel releases aren't updates – it's the next Windows Server release in the Semi-Annual Channel.

このモデルでは、Windows Server のリリースが、リリースの年と月によって識別されます。たとえば、2017 年の 9 番目の月 (9 月) のリリースは、バージョン 1709 となります。In this model, Windows Server releases are identified by the year and month of release: for example, in 2017, a release in the 9th month (September) would be identified as version 1709. 半期チャネルでは、Windows Server の新しいリリースが毎年 2 回提供されます。Fresh releases of Windows Server in the Semi-Annual Channel will occur twice each year. 各リリースのサポート ライフサイクルは、18 か月です。The support lifecycle for each release is 18 months.

サーバーは LTSC のまま利用すべきでしょうか、それとも半期チャネルに移行すべきでしょうか。Should you keep servers on the LTSC or move them to the Semi-Annual Channel?

決定にあたっては、次の重要な相違点を考慮する必要があります。These are the key differences to take into account:

  • 革新的な機能を迅速に取り入れる必要がありますか。Do you need to innovate rapidly? Windows Server の最新機能への早期アクセスが必要ですか。Do you need early access to the newest Windows Server features? 頻繁に更新されるハイブリッド アプリケーション、DevOps、および Hyper-V ファブリックをサポートする必要がありますか。Do you need to support fast-cadence hybrid applications, dev-ops, and Hyper-V fabrics? そうであれば、Windows Server バージョン 2004 をインストールして、半期チャネルに参加することを検討してください。If so, you should consider joining the Semi-Annual Channel by installing Windows Server, version 2004. その場合、このトピックで説明したように、年に 2 回新しいバージョンを受け取り、各リリースのメインストリームの運用サポートは 18 か月になります。As described in this topic, you will receive new versions twice a year, with 18 months of mainstream production support per release. これは、ボリューム ライセンス、Azure、または Visual Studio サブスクリプション サービスを通じて提供されます。You get it through volume licensing, Azure, or Visual Studio Subscription Services. 現時点では、製品を運用環境で実行する場合に、半期チャネルのリリースを利用するには、ボリューム ライセンスとソフトウェア アシュアランスが必要です。Currently, releases in the Semi-Annual Channel require volume licensing and Software Assurance if you intend to run the product in production.

  • 安定性と予測可能性を確保する必要がありますか。Do you need stability and predictability? 物理サーバー上の仮想マシンと従来のワークロードを実行する必要がありますか。Do you need to run virtual machines and traditional workloads on physical servers? そうであれば、それらのサーバーを長期サービス チャネルのまま利用します。If so, you should consider keeping those servers on the Long-Term Servicing Channel. 現在の LTSC リリースは、Windows Server 2019 です。The current LTSC release is Windows Server 2019. その場合、このトピックで説明したように、2 から 3 年ごとに新しいバージョンが提供されます。各リリースのメインストリームの運用サポートは 5 年間で、その後 5 年間サポートを延長することができます。As described in this topic, you'll have access to new versions every 2-3 years, with 5 years of mainstream support followed by 5 years of extended support per release. LTSC リリースは、すべてのリリース メカニズムで利用できます。LTSC releases are available through all release mechanisms. LTSC のリリースは、使用しているライセンス モデルに関係なく、すべてのユーザーが利用できます。Releases in the LTSC are available to anyone regardless of the licensing model they are using.

次の表は、チャネル間の主な違いをまとめたものです。The following table summarizes the key differences between the channels:

説明Description 長期サービス チャネル (Windows Server 2019)Long-Term Servicing Channel (Windows Server 2019) 半期チャネル (Windows Server)Semi-Annual Channel (Windows Server)
推奨されるシナリオRecommended scenarios 汎用ファイル サーバー、Microsoft と Microsoft 以外のワークロード、従来のアプリ、インフラストラクチャの役割、ソフトウェア定義データセンター、ハイパーコンバージド インフラストラクチャGeneral purpose file servers, Microsoft and non-Microsoft workloads, traditional apps, infrastructure roles, software-defined Datacenter, and hyper-converged infrastructure コンテナー化されたアプリケーション、コンテナー ホスト、および迅速なイノベーションを活用するアプリケーション シナリオContainerized applications, container hosts, and application scenarios benefiting from faster innovation
新しいリリースNew releases 2 から 3 年ごとEvery 2–3 years 6 か月ごとEvery 6 months
サポートSupport 5 年間のメインストリーム サポートとそれに続く 5 年間の延長サポート5 years of mainstream support, plus 5 years of extended support 18 か月18 months
エディションEditions 利用可能なすべての Windows Server エディションAll available Windows Server editions Standard エディションと Datacenter エディションStandard and Datacenter editions
利用できるユーザーWho can use すべてのチャネルのすべてのユーザーAll customers through all channels ソフトウェア アシュアランスとクラウドのユーザーのみSoftware Assurance and cloud customers only
インストール オプションInstallation options Server Core とデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーServer Core and Server with Desktop Experience コンテナー ホストとコンテナー イメージの Server Core および Nano Server コンテナー イメージServer Core for container host and image and Nano Server container image

デバイスの互換性Device compatibility

特に断りのない限り、半期チャネルのリリースを実行するための最小ハードウェア要件は、Windows Server の最新の長期サービス チャネルのリリースと同じです。Unless otherwise communicated, the minimum hardware requirements to run the Semi-Annual Channel releases will be the same as the most recent Long-Term Servicing Channel release of Windows Server. たとえば、長期サービス チャネルの現行リリースは、Windows Server 2019 ですFor example, the current Long-Term Servicing Channel release is Windows Server 2019. ほとんどのハードウェア ドライバーは、引き続きこれらのリリースで機能します。Most hardware drivers will continue to function in these releases.

サービスServicing

セキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムで、長期サービス チャネルと半期チャネルの両方のリリースがサポートされます。Both the Long-Term Servicing Channel and the Semi-Annual Channel releases will be supported with security updates and non-security updates. ただし、前述のように、サポート期間の長さはリリースによって異なります。The difference is the length of time that the release is supported, as described above.

サービス ツールServicing tools

IT 担当者が Windows Server を操作するためのツールは数多く存在します。There are many tools with which IT pros can service Windows Server. 機能や制御からシンプルさや管理要件の低さまで、各オプションにはそれぞれ長所と短所があります。Each option has its pros and cons, ranging from capabilities and control to simplicity and low administrative requirements. 以下に、サービス更新プログラムを管理するために使用できるサービス ツールの例を示します。The following are examples of the servicing tools available to manage servicing updates:

  • Windows Update (スタンドアロン) : このオプションは、インターネットに接続されていて、Windows Update が有効にされているサーバーでのみ利用できます。Windows Update (stand-alone): This option is only available for servers that are connected to the Internet and have Windows Update enabled.
  • Windows Server Update Services (WSUS) は、Windows 10 と Windows Server の更新プログラムを詳細に管理することができ、Windows Server オペレーティング システムでネイティブに利用できます。Windows Server Update Services (WSUS) provides extensive control over Windows 10 and Windows Server updates and is natively available in the Windows Server operating system. 更新プログラムを延期できることに加えて、更新プログラムの承認層を追加し、準備できるたびに特定のコンピューターまたはコンピューターのグループに展開することを選択できます。In addition to the ability to defer updates, organizations can add an approval layer for updates and choose to deploy them to specific computers or groups of computers whenever ready.
  • Microsoft Endpoint Configuration Manager では、サービスを最も制御できます。Microsoft Endpoint Configuration Manager provides the greatest control over servicing. IT 担当者は、更新プログラムを延期、承認することができ、展開のターゲットを設定し、帯域幅の使用と展開回数を管理するための複数のオプションを選択できます。IT pros can defer updates, approve them, and have multiple options for targeting deployments and managing bandwidth usage and deployment times.

リソース、スタッフ、および専門知識に基づいて、既に、これらのオプションのいずれか 1 つまたは複数を使用している場合、You've likely already chosen to use at least one of these options based on your resources, staff, and expertise. 半期チャネルのリリースでも、同じプロセスを引き続き使用できます。たとえば、既に更新プログラムの管理に Configuration Manager を使用している場合は、それを使い続けることができます。You can continue using the same process for Semi-Annual Channel Releases: for example, if you already use Configuration Manager to manage updates, you can continue to use it. 同様に、WSUS を使っている場合は、引き続きそれを使うことができます。Similarly, if you are using WSUS, you can continue to use that.

半期チャネルのリリースを入手する場所Where to obtain Semi-Annual Channel releases

半期チャネルのリリースは、クリーン インストールでインストールする必要があります。Semi-Annual Channel releases should be installed as a clean installation.

  • ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC): ソフトウェア アシュアランスをご利用になっているボリューム ライセンスのお客様は、ボリューム ライセンス サービス センターに移動して、 [サインイン] をクリックすることによって、このリリースを入手できます。Volume Licensing Service Center (VLSC): Volume-licensed customers with Software Assurance can obtain this release by going to the Volume Licensing Service Center and clicking Sign In. 次に、 [Downloads and Keys] (ダウンロードとキー) をクリックし、このリリースを検索します。Then click Downloads and Keys and search for this release.

  • 半期チャネルのリリースは Microsoft Azure でも入手できます。Semi-Annual Channel releases are also available in Microsoft Azure.

  • Visual Studio サブスクリプション: Visual Studio サブスクライバーが半期チャネルのリリースを入手するには、Visual Studio サブスクライバー ダウンロード ページからダウンロードします。Visual Studio Subscriptions: Visual Studio Subscribers can obtain Semi-Annual Channel releases by downloading them from the Visual Studio Subscriber download page. まだサブスクライバーではない場合は、Visual Studio サブスクリプションにサインアップしてから、上記のように Visual Studio サブスクライバーのダウンロード ページにアクセスします。If you are not already a subscriber, go to Visual Studio Subscriptions to sign up, and then visit the Visual Studio Subscriber download page as above. Visual Studio サブスクリプション経由で入手したリリースは、開発とテストにのみ利用できます。Releases obtained through Visual Studio Subscriptions are for development and testing only.

  • Windows Insider Program を通じてプレビュー リリースを入手します。Windows Server の初期ビルドのテストは、問題点をリリース前に発見できる可能性があるため、マイクロソフトとお客様の両方に役立ちます。Obtain preview releases through the Windows Insider Program: Testing the early builds of Windows Server helps both Microsoft and its customers because of the opportunity to discover possible issues before release. またお客様にとっては、製品の機能に直接影響を与える貴重な機会となります。It also gives customers a unique opportunity to directly influence the functionality in the product. ユーザーからのフィードバックは、全開発プロセスを通じて重要な役割を果たしており、マイクロソフトはこれによってできる限り迅速に製品を調整することができます。Microsoft depends on receiving feedback throughout the development process so that adjustments may be made as quickly as possible. 事前テストとフィードバックは、迅速なリリース モデルに不可欠です。Early testing and feedback is essential to the rapid release model. Windows Insider Program に参加する場合は、「Windows Insider Program for Server docs」 (Windows Insider Program for Server のドキュメント) をご覧ください。To get involved with the Windows Insider Program, see the Windows Insider Program for Server docs.

半期チャネルのリリースのライセンス認証Activating Semi-Annual Channel releases

  • Microsoft Azure を使用している場合、このリリースは自動的にライセンス認証されます。If you're using Microsoft Azure, this release should automatically be activated.
  • ボリューム ライセンス サービス センターまたは Visual Studio サブスクリプションからこのリリースを入手した場合、そのライセンス認証を行うには、ご利用のキー管理システム (KMS) 環境で Windows Server 2019 CSVLK を使用します。If you've obtained this release from the Volume Licensing Service Center or Visual Studio Subscriptions, you can activate it by using your Windows Server 2019 CSVLK with your Key Management System (KMS) environment. 詳細については、「KMS クライアント セットアップ キー」を参照してください。For more info, see KMS client setup keys.

Windows Server 2019 の前にリリースされた半期チャネルのリリースでは、Windows Server 2016 CSVLK が使用されます。Semi-Annual Channel releases that were released before Windows Server 2019 use the Windows Server 2016 CSVLK.

半期チャネルのリリースで Server Core インストール オプションしか提供されていないのはどうしてですか?Why do Semi-Annual Channel releases offer only the Server Core installation option?

Windows Server の各リリースの計画で最も重要な手順の 1 つは、お客様からのフィードバック、つまりお客様がどのように Windows Server を使用しているかについて情報を収集することです。One of the most important steps we take in planning each release of Windows Server is listening to customer feedback – how are you using Windows Server? どのような新機能が、Windows Server の展開、言い換えれば、お客様の日常的なビジネスに大きな影響を与えるでしょうか。What new features will have the greatest impact on your Windows Server deployments, and by extension, your day-to-day business? お客様からのフィードバックは、新しい技術革新をできるだけ迅速かつ効率的に提供することが最優先であることを示しています。Your feedback tells us that delivering new innovation as quickly and efficiently as possible is a key priority. 同時に、最も迅速に技術革新を進めているお客様からは、主に PowerShell でコマンド ライン スクリプトを使用してデータ センターを管理しているため、デスクトップ エクスペリエンス モードでインストールされた Windows Server で利用可能なデスクトップ GUI の必要性は高くないというご意見をいただいています。特に、ご利用のサーバーをリモートで管理するために、Windows Admin Center を使用できるようになりました。At the same time, for those customers innovating most quickly, you've told us that you're primarily using command line scripting with PowerShell to manage your datacenters, and as such don't have a strong need for the desktop GUI available in the installation of Windows Server with Desktop Experience, especially now that Windows Admin Center is available to remotely manage your servers.

Server Core インストール オプションに重点を置くことによって、従来の Windows Server プラットフォームの機能やアプリケーションとの互換性を維持しながら、新しい技術革新により多くのリソースを割り当てることができます。By focusing on the Server Core installation option, we're able to dedicate more resources toward those new innovations, while also maintaining traditional Windows Server platform functionality and application compatibility. Windows Server と今後のリリースに関して、この問題を含むさまざまな問題に関するフィードバックがある場合は、フィードバック Hub を通じてご意見やご提案をお寄せください。If you have feedback about this or other issues concerning Windows Server and our future releases, you can make suggestions and comments through the Feedback Hub.

Nano Server についてWhat about Nano Server?

Nano Server は、半期チャネルでのコンテナー オペレーティング システムとして使用できます。Nano Server is available as a container operating system in the Semi-Annual Channel. 詳細については、「Windows Server 半期チャネルで Nano Server に加えられる変更」を参照してください。See Changes to Nano Server in Windows Server Semi-Annual Channel for details.

LTSC または SAC のいずれのリリースがサーバーで実行されているかを確認する方法How to tell whether a server is running an LTSC or SAC release

一般的に言って、長期サービス チャネルのリリース (Windows Server 2019 など) は、半期チャネルの新しいバージョン (Windows Server バージョン 1809 など) と同時にリリースされます。Generally speaking, Long-Term Servicing Channel releases such as Windows Server 2019 are released at the same time as a new version of the Semi-Annual Channel, for example, Windows Server, version 1809. このため、半期チャネルのリリースがサーバーで実行されているかどうかを判断するのが少し面倒になる場合があります。This can make it a little tricky to determine whether a server is running Semi-Annual Channel release. ビルド番号を調べるのでなく、製品名を調べる必要があります。半期チャネルのリリースでは Windows Server Standard または Windows Server Datacenter といった製品名がバージョン番号なしで使用されます。一方、長期サービス チャネルのリリースには Windows Server 2019 Datacenter のようにバージョン番号が含まれます。Instead of looking at the build number, you must look at the product name: Semi-Annual Channel releases use the Windows Server Standard or Windows Server Datacenter product name, without a version number, while Long-Term Servicing Channel releases include the version number, for example, Windows Server 2019 Datacenter.

注意

以下のガイダンスは、ライフサイクルと一般的なインベントリのみを目的として LTSC と SAC を見分け、区別するためのものです。The below guidance is intended to help identify and differentiate between LTSC and SAC for lifecycle and general inventory purposes only. アプリケーションの互換性や、特定の API サーフェスを表現することは意図していません。It is not intended for application compatibility or to represent a specific API surface. システムの使用期間中コンポーネント、API、機能が追加されることもあれば追加されないこともあるため、アプリ開発者は別のガイダンスを使って互換性を適切に確保してください。App developers should use guidance elsewhere to properly ensure compatibility as components, APIs, and functionality can be added over the life of a system, or not yet be added. アプリ開発者はオペレーティング システムのバージョンから開始することをお勧めします。Operating System Version is a better starting point for App Developers.

PowerShell を開き、Get-ItemProperty コマンドレットまたは Get-ComputerInfo コマンドレットを使って、レジストリでこれらのプロパティを確認します。Open Powershell and use the Get-ItemProperty Cmdlet, or the Get-ComputerInfo Cmdlet, to check these properties in the registry. ビルド番号と共にブランド年 (つまり 2019) があるかどうかによって、LTSC か SAC かがわかります。Along with build number, this will indicate LTSC or SAC by the presence, or lack thereof, of the branded year, i.e. 2019. LTSC にはこれがあり、SAC にはありません。LTSC has this, SAC does not. これは、ReleaseId または WindowsVersion (つまり 1809) によってリリースのタイミングと、インストールが Server Core であるかデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーであるかも返します。This will also return the timing of the release with ReleaseId or WindowsVersion, i.e. 1809, as well as whether the installation is Server Core or Server with Desktop Experience.

Windows Server 2019 Datacenter Edition (LTSC) (デスクトップ エクスペリエンスあり) の例:Windows Server 2019 Datacenter Edition (LTSC) with Desktop Experience example:

Get-ItemProperty -Path "HKLM:\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion" | Select ProductName, ReleaseId, InstallationType, CurrentMajorVersionNumber,CurrentMinorVersionNumber,CurrentBuild
ProductName               : Windows Server 2019 Datacenter
ReleaseId                 : 1809
InstallationType          : Server
CurrentMajorVersionNumber : 10
CurrentMinorVersionNumber : 0
CurrentBuild              : 17763

Windows Server Version 1809 (SAC) Standard Edition Server Core の例:Windows Server, version 1809 (SAC) Standard Edition Server Core example:

Get-ItemProperty -Path "HKLM:\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion" | Select ProductName, ReleaseId, InstallationType, CurrentMajorVersionNumber,CurrentMinorVersionNumber,CurrentBuild
ProductName               : Windows Server Standard
ReleaseId                 : 1809
InstallationType          : Server Core
CurrentMajorVersionNumber : 10
CurrentMinorVersionNumber : 0
CurrentBuild              : 17763

Windows Server 2019 Standard Edition (LTSC) Server Core の例:Windows Server 2019 Standard Edition (LTSC) Server Core example:

Get-ComputerInfo | Select WindowsProductName, WindowsVersion, WindowsInstallationType, OsServerLevel, OsVersion, OsHardwareAbstractionLayer
WindowsProductName            : Windows Server 2019 Standard
WindowsVersion                : 1809
WindowsInstallationType       : Server Core
OsServerLevel                 : ServerCore
OsVersion                     : 10.0.17763
OsHardwareAbstractionLayer    : 10.0.17763.107

新しい Server Core アプリ互換性 FOD がサーバーに存在するかどうかを照会するには、Get-WindowsCapability コマンドレットを使って以下を調べます。To query if the new Server Core App Compatibility FOD is present on a server, use Get-WindowsCapability Cmdlet and look for:

Name    :     ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0
State   :     Installed

その他の参照情報Additional References