Windows Server 2016 で削除された機能または推奨されなくなった機能Features Removed or Deprecated in Windows Server 2016

適用対象: Windows Server 2016Applies To: Windows Server 2016

次の一覧に、Windows Server 2016 の機能のうち、現在のリリースで製品から削除された機能および今後のリリースで削除が検討されている機能 (推奨されなくなった機能) を示します。The following is a list of features and functionalities in Windows Server 2016 that have either been removed from the product in the current release or are planned for potential removal in subsequent releases (deprecated). 商用環境でオペレーティング システムを更新する IT 担当者を対象としています。It is intended for IT professionals who are updating operating systems in a commercial environment. この一覧は、今後のリリースで変更される可能性があります。また、使用が推奨されなくなった機能でこの一覧に含まれていないものもあります。This list is subject to change in subsequent releases and may not include every deprecated feature or functionality. 特定の機能とそれに置き換わる機能の詳細については、該当する機能のドキュメントを参照してください。For more details about a particular feature or functionality and its replacement, see the documentation for that feature.

Windows Server 2016 から削除された機能Features removed from Windows Server 2016

以下の機能は、このリリースの Windows Server 2016 で削除されました。The following features and functionalities have been removed from this release of Windows Server 2016. このリリースでは、別の方法を使用しない限り、これらの機能に依存するアプリケーション、コード、使用法は機能しません。Applications, code, or usage that depend on these features will not function in this release unless you employ an alternate method.

注意

Windows Server 2016 を Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 より前のサーバー リリースから移行する場合は、「Windows Server 2012 R2 で削除された機能または推奨されなくなった機能」および「Windows Server 2012 で削除された機能または推奨されなくなった機能」も確認してください。If you are moving to Windows Server 2016 from a server release prior to Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2012, you should also review Features Removed or Deprecated in Windows Server 2012 R2 and Features Removed or Deprecated in Windows Server 2012.

ファイル サーバーFile server

Microsoft 管理コンソール用の共有と記憶域の管理スナップインは削除されました。The Share and Storage Management snap-in for Microsoft Management Console has been removed. 代わりに、次のいずれかの方法を使用できます。Instead, do any of the following:

  • 管理するコンピューターで Windows Server 2016 よりも前のオペレーティング システムを実行している場合は、リモート デスクトップで対象のコンピューターに接続し、共有と記憶域の管理スナップインのローカル バージョンを使用できます。If the computer you want to manage is running an operating system older than Windows Server 2016, connect to it with Remote Desktop and use the local version of the Share and Storage Management snap-in.

  • Windows 8.1 以前が実行されているコンピューターでは、共有と記憶域の管理スナップインを RSAT から使用して、管理するコンピューターを表示できます。On a computer running Windows 8.1 or earlier, use the Share and Storage Management snap-in from RSAT to view the computer you want to manage.

  • クライアント コンピューターで Hyper-V を使用して、RSAT の共有と記憶域の管理スナップインが含まれる Windows 7、Windows 8、または Windows 8.1 を実行する仮想マシンを実行できます。Use Hyper-V on a client computer to run a virtual machine running Windows 7, Windows 8, or Windows 8.1 that has the Share and Storage Management snap-in in RSAT.

Journal.dllJournal.dll

Journal.dll は Windows Server 2016 から削除されました。The Journal.dll is removed from Windows Server 2016. これに置き換わるものはありません。There is no replacement.

セキュリティの構成ウィザードSecurity Configuration Wizard

セキュリティの構成ウィザードは削除されました。The Security Configuration Wizard is removed. 代わりに、機能は既定でセキュリティ保護されています。Instead, features are secured by default. 特定のセキュリティ設定を制御する必要がある場合は、グループ ポリシーまたは Microsoft Security Compliance Manager を使用できます。If you need to control specific security settings, you can use either Group Policy or Microsoft Security Compliance Manager.

SQMSQM

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムへの参加を管理するオプトイン コンポーネントは削除されました。The opt-in components that manage participation in the Customer Experience Improvement Program have been removed.

Windows UpdateWindows Update

Wuauclt.exe/detectnow コマンドは廃止され、サポートが終了しました。The wuauclt.exe /detectnow command has been removed and is no longer supported. 更新のスキャンをトリガーするには、次のいずれかの操作を行います。To trigger a scan for updates, do either of the following:

  • 以下の PowerShell コマンドを実行する。Run these PowerShell commands:

$AutoUpdates = New-Object -ComObject "Microsoft.Update.AutoUpdate"

$AutoUpdates.DetectNow()

  • 代わりに、以下の VBScript を使用する。Alternately, use this VBScript:

Set automaticUpdates = CreateObject("Microsoft.Update.AutoUpdate")Set automaticUpdates = CreateObject("Microsoft.Update.AutoUpdate")

automaticUpdates.DetectNow()automaticUpdates.DetectNow()

Windows Server 2016 から推奨されなくなった機能Features deprecated starting with Windows Server 2016

以下の機能は、このリリースから推奨されなくなります。The following features and functionalities are deprecated starting with this release. これらの機能は、最終的に製品から完全に削除される予定ですが、このリリースでは使用できます (一部の機能が削除されている場合もあります)。Eventually, they will be completely removed from the product, but they are still available in this release, sometimes with certain functionality removed. これらの機能に依存するアプリケーション、コード、使用法については、別の方法の使用を今から計画する必要があります。You should begin planning now to employ alternate methods for any applications, code, or usage that depend on these features.

構成ツールConfiguration tools

  • Scregedit.exe は推奨されなくなりました。Scregedit.exe is deprecated. Scregedit.exe に依存するスクリプトを使っている場合は、Reg.exe または Windows PowerShell のメソッドを使用するように調整してください。If you have scripts that depend on Scregedit.exe, adjust them to use Reg.exe or Windows PowerShell methods.

  • Sconfig.exe は推奨されなくなりました。Sconfig.exe is deprecated. 代わりに Windows PowerShell を使用してください。Use Windows PowerShell instead.

NetCfg のカスタム APINetCfg custom APIs

NetCfg のカスタム API を使用した PrintProvider、NetClient、および ISDN のインストールは推奨されなくなりました。Installation of PrintProvider, NetClient, and ISDN using NetCfg custom APIs is deprecated.

リモート管理Remote management

WinRM.vbs は推奨されなくなりました。WinRM.vbs is deprecated. 代わりに、Windows PowerShell の WinRM プロバイダーの機能を使用してください。Instead, use functionality in the WinRM provider of Windows PowerShell.

SMBSMB

NetBT 経由の SMB 2+ は推奨されなくなりました。SMB 2+ over NetBT is deprecated. 代わりに TCP または RDMA 経由の SMB を実装してください。Instead, implement SMB over TCP or RDMA.

2.02.0