Nano Server の管理Manage Nano Server

適用先:Windows Server 2016Applies To: Windows Server 2016

重要

Windows Server バージョン 1709 以降では、Nano Server はコンテナーの基本 OS イメージとしてのみ提供されます。Starting in Windows Server, version 1709, Nano Server will be available only as a container base OS image. その意味については、Nano Server に加えられる変更に関する記事をご覧ください。Check out Changes to Nano Server to learn what this means.

Nano Server はリモートで管理します。Nano Server is managed remotely. Nano Server にローカル ログオン機能はありません。ターミナル サービスもサポートされません。There is no local logon capability at all, nor does it support Terminal Services. ただし、Windows PowerShell、Windows Management Instrumentation (WMI)、Windows リモート管理、緊急管理サービス (EMS) など、さまざまなオプションを利用して Nano Server をリモートで管理できます。However, you have a wide variety of options for managing Nano Server remotely, including Windows PowerShell, Windows Management Instrumentation (WMI), Windows Remote Management, and Emergency Management Services (EMS).

任意のリモート管理ツールを使用するには、Nano Server の IP アドレスが必要な場合があります。To use any remote management tool, you will probably need to know the IP address of the Nano Server. IP アドレスを確認する方法は、次のとおりいくつかあります。Some ways to find out the IP address include:

  • Nano 回復コンソールを使用する (詳細については、このトピックの「Using the Nano Server Recovery Console (Nano Server 回復コンソールの使用)」を参照してください)。Use the Nano Recovery Console (see the Using the Nano Server Recovery Console section of this topic for details).

  • コンピューターにシリアル ケーブルを接続し、EMS を使用する。Connect a serial cable to the computer and use EMS.

  • 構成時に Nano Server に割り当てたコンピューター名と ping を使用して、IP アドレスを取得できます。Using the computer name you assigned to the Nano Server while configuring it, you can get the IP address with ping. たとえば、ping NanoServer-PC /4 のように指定します。For example, ping NanoServer-PC /4.

Windows PowerShell リモート処理を使用するUsing Windows PowerShell remoting

Windows PowerShell リモート処理を使用して Nano Server を管理するには、Nano Server の IP アドレスを管理コンピューターの信頼されたホストの一覧に追加し、使用しているアカウントを Nano Server の管理者に追加する必要があります。CredSSP を使用する場合は、その機能を有効にする必要もあります。To manage Nano Server with Windows PowerShell remoting, you need to add the IP address of the Nano Server to your management computer's list of trusted hosts, add the account you are using to the Nano Server's administrators, and enable CredSSP if you plan to use that feature.

注意

対象の Nano Server と管理コンピューターが同じ AD DS フォレスト (または信頼関係のあるフォレスト) に属している場合、Nano Server を信頼されたホストの一覧に追加する必要はありません。完全修飾ドメイン名を使用して、Nano Server に接続できます。次に例を示します。PS C:>Enter-PSSession -ComputerName nanoserver.contoso.com -Credential (Get-Credential)If the target Nano Server and your management computer are in the same AD DS forest (or in forests with a trust relationship), you should not add the Nano Server to the trusted hosts list--you can connect to the Nano Server by using its fully qualified domain name, for example: PS C:> Enter-PSSession -ComputerName nanoserver.contoso.com -Credential (Get-Credential)

Nano Server を信頼されたホストの一覧に追加するには、管理者特権での Windows PowerShell プロンプトで次のコマンドを実行します。To add the Nano Server to the list of trusted hosts, run this command at an elevated Windows PowerShell prompt:

Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts <IP address of Nano Server>

リモートの Windows PowerShell セッションを開始するには、管理者特権のローカル Windows PowerShell セッションを開始し、次のコマンドを実行します。To start the remote Windows PowerShell session, start an elevated local Windows PowerShell session, and then run these commands:

$ip = <IP address of Nano Server>
$user = $ip\Administrator
Enter-PSSession -ComputerName $ip -Credential $user

これで、Nano Server で通常どおりに Windows PowerShell コマンドを実行できます。You can now run Windows PowerShell commands on the Nano Server as normal.

注意

このリリースの Nano Server では、一部の Windows PowerShell コマンドを利用できません。Not all Windows PowerShell commands are available in this release of Nano Server. どれが利用できるかを確認するには、Get-Command -CommandType Cmdlet を実行しますTo see which are available, run Get-Command -CommandType Cmdlet

リモート セッションを停止するには、コマンド Exit-PSSession を使用しますStop the remote session with the command Exit-PSSession

WinRM を介して Windows PowerShell CIM セッションを使用するUsing Windows PowerShell CIM sessions over WinRM

Windows リモート管理 (WinRM) を介して、Windows PowerShell の CIM セッションとインスタンスを使用して、WMI コマンドを実行できます。You can use CIM sessions and instances in Windows PowerShell to run WMI commands over Windows Remote Management (WinRM).

CIM セッションを開始するには、Windows PowerShell プロンプトで次のコマンドを実行します。Start the CIM session by running these commands in a Windows PowerShell prompt:

$ip = <IP address of the Nano Server\>
$user = $ip\Administrator
$cim = New-CimSession -Credential $user -ComputerName $ip

セッションが確立されたら、さまざまな WMI コマンドを実行できます。次に例を示します。With the session established, you can run various WMI commands, for example:

Get-CimInstance -CimSession $cim -ClassName Win32_ComputerSystem | Format-List *
Get-CimInstance -CimSession $Cim -Query SELECT * from Win32_Process WHERE name LIKE 'p%'

Windows リモート管理Windows Remote Management

Windows リモート管理 (WinRM) を使用して、リモートから Nano Server でプログラムを実行できます。You can run programs remotely on the Nano Server with Windows Remote Management (WinRM). WinRM を使用するには、まず、管理者特権でのコマンド プロンプトで次のコマンドを使用して、サービスを構成し、コード ページを設定します。To use WinRM, first configure the service and set the code page with these commands at an elevated command prompt:

winrm quickconfig
winrm set winrm/config/client @{TrustedHosts=<ip address of Nano Server>}
chcp 65001

これで、リモートから Nano Server でコマンドを実行できます。Now you can run commands remotely on the Nano Server. たとえば、次のように入力します。For example:

winrs -r:<IP address of Nano Server> -u:Administrator -p:<Nano Server administrator password> ipconfig

Windows リモート管理の詳細については、「Windows リモート管理 (WinRM) の概要」を参照してください。For more information about Windows Remote Management, see Windows Remote Management (WinRM) Overview.

Nano Server でネットワーク トレースを実行するRunning a network trace on Nano Server

netsh トレース、Tracelog.exe、および Logman.exe は、Nano Server では利用できません。Netsh trace, Tracelog.exe, and Logman.exe are not available in Nano Server. ネットワーク パケットをキャプチャするには、次の Windows PowerShell コマンドレットを使用できます。To capture network packets, you can use these Windows PowerShell cmdlets:

New-NetEventSession [-Name]
Add-NetEventPacketCaptureProvider -SessionName
Start-NetEventSession [-Name]
Stop-NetEventSession [-Name]

これらのコマンドレットの詳細については、「Network Event Packet Capture Cmdlets in Windows PowerShell (Windows PowerShell のネットワーク イベント パケット キャプチャ コマンドレット)」を参照してください。These cmdlets are documented in detail at Network Event Packet Capture Cmdlets in Windows PowerShell

サービス パッケージをインストールするInstalling servicing packages

サービス パッケージをインストールする場合は、-ServicingPackagePath パラメーターを使用します (.cab ファイルへのパスの配列を渡すことができます)。If you want install a servicing packages, use the -ServicingPackagePath parameter (you can pass an array of paths to .cab files):

New-NanoServerImage -DeploymentType Guest -Edition Standard -MediaPath \\Path\To\Media\en_us -BasePath .\Base -TargetPath .\NanoServer.wim -ServicingPackagePath \\path\to\kb123456.cab

多くの場合、サービス パッケージまたは修正プログラムは、.cab ファイルを含む KB 項目としてダウンロードされます。Often, a servicing package or hotfix is downloaded as a KB item which contains a .cab file. 次の手順に従って、.cab ファイルを抽出します。その後、-ServicingPackagePath パラメーターを使用して、抽出したファイルをインストールできます。Follow these steps to extract the .cab file, which you can then install with the -ServicingPackagePath parameter:

  1. (関連するサポート技術情報の記事または Microsoft Update カタログから) サービス パッケージをダウンロードします。Download the servicing package (from the associated Knowledge Base article or from Microsoft Update Catalog. ローカル ディレクトリまたはネットワーク共有に保存します。次に例を示します。C:\ServicingPackagesSave it to a local directory or network share, for example: C:\ServicingPackages

  2. 抽出されたサービス パッケージを保存するフォルダーを作成します。Create a folder in which you will save the extracted servicing package. 例: c:\KB3157663_expandedExample: c:\KB3157663_expanded

  3. Windows PowerShell コンソールを開き、Expand コマンドを使用し、サービス パッケージの .msu ファイルへのパスを指定します。さらに、-f:* パラメーターと、サービス パッケージを抽出する場所のパスを含めます。Open a Windows PowerShell console and use the Expand command specifying the path to the .msu file of the servicing package, including the -f:* parameter and the path where you want servicing package to be extracted to. 次に例を示します。Expand C:\ServicingPackages\Windows10.0-KB3157663-x64.msu -f:* C:\KB3157663_expandedFor example: Expand C:\ServicingPackages\Windows10.0-KB3157663-x64.msu -f:* C:\KB3157663_expanded

    抽出されたファイルは次のようになります。C:>dir C:\KB3157663_expanded Volume in drive C is OS Volume Serial Number is B05B-CC3DThe expanded files should look similar to this: C:>dir C:\KB3157663_expanded Volume in drive C is OS Volume Serial Number is B05B-CC3D

    Directory of C:\KB3157663_expandedDirectory of C:\KB3157663_expanded

    04/19/2016 01:17 PM <DIR> .04/19/2016 01:17 PM <DIR> . 04/19/2016 01:17 PM <DIR> ..04/19/2016 01:17 PM <DIR> .. 04/17/2016 12:31 AM 517 Windows10.0-KB3157663-x64-pkgProperties.txt 04/17/2016 12:30 AM 93,886,347 Windows10.0-KB3157663-x64.cab 04/17/2016 12:31 AM 454 Windows10.0-KB3157663-x64.xml 04/17/2016 12:36 AM 185,818 WSUSSCAN.cab 4 File(s) 94,073,136 bytes 2 Dir(s) 328,559,427,584 bytes free04/17/2016 12:31 AM 517 Windows10.0-KB3157663-x64-pkgProperties.txt 04/17/2016 12:30 AM 93,886,347 Windows10.0-KB3157663-x64.cab 04/17/2016 12:31 AM 454 Windows10.0-KB3157663-x64.xml 04/17/2016 12:36 AM 185,818 WSUSSCAN.cab 4 File(s) 94,073,136 bytes 2 Dir(s) 328,559,427,584 bytes free

  4. -ServicingPackagePath パラメーターにこのディレクトリ内の .cab ファイルを指定して、New-NanoServerImage を実行します。次に例を示します。New-NanoServerImage -DeploymentType Guest -Edition Standard -MediaPath \\Path\To\Media\en_us -BasePath .\Base -TargetPath .\NanoServer.wim -ServicingPackagePath C:\KB3157663_expanded\Windows10.0-KB3157663-x64.cabRun New-NanoServerImage with the -ServicingPackagePath parameter pointing to the .cab file in this directory, for example: New-NanoServerImage -DeploymentType Guest -Edition Standard -MediaPath \\Path\To\Media\en_us -BasePath .\Base -TargetPath .\NanoServer.wim -ServicingPackagePath C:\KB3157663_expanded\Windows10.0-KB3157663-x64.cab

Nano Server の更新を管理するManaging updates in Nano Server

現在、Windows Management Instrumentation (WMI) の Windows Update プロバイダーを使用して、適用可能な更新プログラムの一覧を検索し、そのすべてまたは一部をインストールできます。Currently you can use the Windows Update provider for Windows Management Instrumentation (WMI) to find the list of applicable updates, and then install all or a subset of them. Windows Server Update Services (WSUS) を使用する場合は、WSUS サーバーに接続して更新プログラムを取得するように Nano Server を構成することもできます。If you use Windows Server Update Services (WSUS), you can also configure Nano Server to contact the WSUS server to obtain updates.

どちらの場合も、まず Nano Server コンピューターへのリモート Windows PowerShell セッションを確立します。In all cases, first establish a remote Windows PowerShell session to the Nano Server computer. 次の例では、セッションに $sess を使用しています。別の要素を使用する場合は、必要に応じてその要素に置き換えてください。These examples use $sess for the session; if you are using something else, replace that element as needed.

利用可能なすべての更新プログラムの表示View all available updates


適用可能な更新プログラムの完全な一覧を取得するには、次のコマンドを使用します。Obtain the full list of applicable updates with these commands:

$sess = New-CimInstance -Namespace root/Microsoft/Windows/WindowsUpdate -ClassName MSFT_WUOperationsSession

$scanResults = Invoke-CimMethod -InputObject $sess -MethodName ScanForUpdates -Arguments @{SearchCriteria=IsInstalled=0;OnlineScan=$true}

注: 利用可能な更新プログラムがない場合、このコマンドでは次のエラーが返されます。Note: If no updates are available, this command will return the following error:

Invoke-CimMethod : A general error occurred that is not covered by a more specific error code.

At line:1 char:16

+ ... anResults = Invoke-CimMethod -InputObject $sess -MethodName ScanForUp ...

+                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    + CategoryInfo          : NotSpecified: (MSFT_WUOperatio...-5b842a3dd45d)

   :CimInstance) [Invoke-CimMethod], CimException

    + FullyQualifiedErrorId : MI RESULT 1,Microsoft.Management.Infrastructure.

   CimCmdlets.InvokeCimMethodCommand

利用可能なすべての更新プログラムのインストールInstall all available updates


次のコマンドを使用すると、利用可能な更新プログラムをすべて検出、ダウンロード、およびインストールできます。You can detect, download, and install all available updates at one time by using these commands:

$sess = New-CimInstance -Namespace root/Microsoft/Windows/WindowsUpdate -ClassName MSFT_WUOperationsSession

$scanResults = Invoke-CimMethod -InputObject $sess -MethodName ApplyApplicableUpdates

Restart-Computer

注: Windows Defender により、更新プログラムがインストールされません。Note: Windows Defender will prevent updates from installing. この問題を回避するには、Windows Defender をアンインストールし、更新プログラムをインストールしてから、Windows Defender を再インストールします。To work around this, uninstall Windows Defender, install the updates, and then reinstall Windows Defender. または、更新プログラムを別のコンピューターでダウンロードし、Nano Server にコピーしてから、DISM.exe を使用して適用します。Alternately, you can download the updates on another computer, copy them to the Nano Server, and then apply them with DISM.exe.

更新プログラムのインストールの確認Verify installation of updates


現在インストールされている更新プログラムの一覧を取得するには、次のコマンドを使用します。Use these commands to get a list of the updates currently installed:

$sess = New-CimInstance -Namespace root/Microsoft/Windows/WindowsUpdate -ClassName MSFT_WUOperationsSession

$scanResults = Invoke-CimMethod -InputObject $sess -MethodName ScanForUpdates -Arguments @{SearchCriteria=IsInstalled=1;OnlineScan=$true}

注: これらのコマンドを実行すると、インストールされている内容の一覧が返されますが、出力ではインストール済みと明記されません。Note: These commands list what is installed, but do not specifically quote installed in the output. レポートなどのために、明記された出力が必要な場合は、次を実行できます。If you need output including that, such as for a report, you can run

Get-WindowsPackage -Online

WSUS の使用Using WSUS


上記のコマンドでは、インターネット上の Windows Update と Microsoft Update サービスを照会して、更新プログラムを検索およびダウンロードします。The commands listed above will query the Windows Update and Microsoft Update serviceon the Internet to find and download updates. WSUS を使用する場合は、代わりに WSUS サーバーを使用するように Nano Server のレジストリ キーを設定できます。If you use WSUS, you can set registry keys on the Nano Server to use your WSUS server instead.

Active Directory 以外の環境で自動更新を構成する」の「Windows Update エージェント環境のオプションのレジストリ キー」の表を参照してください。See the Windows Update Agent Environment Options Registry Keys table in Configure Automatic Updates in a Non-Active-Directory Environment

少なくとも WUServer レジストリ キーと WUStatusServer レジストリ キーを設定する必要があります。WSUS を実装する方法によっては、その他の値も設定が必要になることがあります。You should set at least the WUServer and WUStatusServer registry keys, but depending on how you have implemented WSUS, other values might be needed. これらの設定は、同じ環境内の他の Windows Server を確認することで、いつでも確認できます。You can always confirm these settings by examining another Windows Server in the same environment.

これらの値を WSUS 用に設定すると、前のセクションのコマンドでは、更新プログラムについてそのサーバーを照会し、ダウンロード ソースとして使用します。Once these values are set for your WSUS, the commands in the section above will query that server for updates and use it the download source.

自動更新Automatic Updates


現在、更新プログラムのインストールを自動化するには、上記の手順をローカルの Windows PowerShell スクリプトに変換します。その後、スケジュールに従って、そのスクリプトを実行し、システムを再起動するようにスケジュールしたタスクを作成します。Currently, the way to automate update installation is to convert the steps above into a local Windows PowerShell script and then create a scheduled task to run it and restart the system on your schedule.

Nano Server のパフォーマンスおよびイベントを監視するPerformance and event monitoring on Nano Server

Nano Server では、Windows イベント トレーシング (ETW) フレームワークを完全にサポートしています。しかし、トレースとパフォーマンス カウンターを管理するための使い慣れたツールには、Nano Server で現在使用できないものがあります。Nano Server fully supports the Event Tracing for Windows (ETW) framework, but some familiar tools used to manage tracing and performance counters are not currently available on Nano Server. ただし、Nano Server には、最も一般的なパフォーマンス分析シナリオを実現するツールとコマンドレットが用意されています。However, Nano Server has tools and cmdlets to accomplish most common performance analysis scenarios.

大まかなワークフローは、どの Window Server インストールでも同じです。オーバーヘッドの少ないトレースをターゲットの (Nano Server) コンピューターで実行し、生成されたトレース ファイルやログを別のコンピューターで Windows Performance AnalyzerMessage Analyzer などのツールを使用してオフラインで後処理します。The high-level workflow remains the same as on any Window Server installation -- low-overhead tracing is performed on the target (Nano Server) computer, and the resulting trace files and/or logs are post-processed offline on a separate computer using tools such as Windows Performance Analyzer, Message Analyzer, or others.

注意

PowerShell リモート処理を使用してファイルを転送する方法については、「How to copy files to and from Nano Server (Nano Server との間でファイルをコピーする方法)」を参照してください。Refer to How to copy files to and from Nano Server for a refresher on how to transfer files using PowerShell remoting.

次のセクションでは、最も一般的なパフォーマンス データ収集作業と、Nano Server でそれを実現するためのサポートされている方法の一覧を示します。The following sections list the most common performance data collection activities along with a supported way to accomplish them on Nano Server.

使用可能なイベント プロバイダーの照会Query available event providers

Windows Performance Recorder は、次のように使用可能なイベント プロバイダーを照会するツールです。Windows Performance Recorder is tool to query available event providers as follows:

wpr.exe -providers

関心のあるイベントの種類で出力にフィルターを適用できます。You can filter the output on the type of events that are of interest. たとえば、次のように入力します。For example:

PS C:\> wpr.exe -providers | select-string Storage

       595f33ea-d4af-4f4d-b4dd-9dacdd17fc6e                              : Microsoft-Windows-StorageManagement-WSP-Host
       595f7f52-c90a-4026-a125-8eb5e083f15e                              : Microsoft-Windows-StorageSpaces-Driver
       69c8ca7e-1adf-472b-ba4c-a0485986b9f6                              : Microsoft-Windows-StorageSpaces-SpaceManager
       7e58e69a-e361-4f06-b880-ad2f4b64c944                              : Microsoft-Windows-StorageManagement
       88c09888-118d-48fc-8863-e1c6d39ca4df                              : Microsoft-Windows-StorageManagement-WSP-Spaces

1 つの ETW プロバイダーからのトレースの記録Record traces from a single ETW provider

これには、新しいイベント トレース管理コマンドレットを使用できます。You can use new Event Tracing Management cmdlets for this. 次にワークフローの例を示します。Here is an example workflow:

イベントを格納するファイルの名前を指定して、トレースを作成し、開始します。Create and start the trace, specifying a file name for storing the events.

PS C:\> New-EtwTraceSession -Name ExampleTrace -LocalFilePath c:\etrace.etl

プロバイダーの GUID をトレースに追加します。Add a provider GUID to the trace. wpr.exe -providers を使用して、プロバイダー名を GUID に変換します。Use wpr.exe -providers for Provider Name to GUID translation.

PS C:\> wpr.exe -providers | select-string Kernel-Memory

       d1d93ef7-e1f2-4f45-9943-03d245fe6c00                              : Microsoft-Windows-Kernel-Memory

PS C:\> Add-EtwTraceProvider -Guid {d1d93ef7-e1f2-4f45-9943-03d245fe6c00} -SessionName ExampleTrace

トレースを削除します。これにより、トレース セッションが停止し、イベントが関連するログ ファイルにフラッシュされます。Remove the trace -- this stops the trace session, flushing events to the associated log file.

PS C:\> Remove-EtwTraceSession -Name ExampleTrace

PS C:\> dir .\etrace.etl

    Directory: C:\

Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----        9/14/2016  11:17 AM       16515072 etrace.etl

注意

この例では 1 つのトレース プロバイダーをセッションに追加する方法を示していますが、トレース セッションで異なるプロバイダー GUID を指定した Add-EtwTraceProvider コマンドレットを複数回使用して、複数のソースからのトレースを有効にすることもできます。This example shows adding a single trace provider to the session, but you can also use the Add-EtwTraceProvider cmdlet multiple times on a trace session with different provider GUIDs to enable tracing from multiple sources. 他には、以下で説明する wpr.exe プロファイルを使用する方法があります。Another alternative is to use wpr.exe profiles described below.

複数の ETW プロバイダーからのトレースの記録Record traces from multiple ETW providers

Windows Performance Recorder-profiles オプションを使用すると、同時に複数のプロバイダーからのトレースを有効にできます。The -profiles option of Windows Performance Recorder enables tracing from multiple providers at the same time. CPU、Network、DiskIO など、さまざまな組み込みのプロファイルから選択することができます。There are a number of built-in profiles like CPU, Network, and DiskIO to choose from:

PS C:\Users\Administrator\Documents> wpr.exe -profiles

Microsoft Windows Performance Recorder Version 10.0.14393 (CoreSystem)
Copyright (c) 2015 Microsoft Corporation. All rights reserved.

        GeneralProfile              First level triage
        CPU                         CPU usage
        DiskIO                      Disk I/O activity
        FileIO                      File I/O activity
        Registry                    Registry I/O activity
        Network                     Networking I/O activity
        Heap                        Heap usage
        Pool                        Pool usage
        VirtualAllocation           VirtualAlloc usage
        Audio                       Audio glitches
        Video                       Video glitches
        Power                       Power usage
        InternetExplorer            Internet Explorer
        EdgeBrowser                 Edge Browser
        Minifilter                  Minifilter I/O activity
        GPU                         GPU activity
        Handle                      Handle usage
        XAMLActivity                XAML activity
        HTMLActivity                HTML activity
        DesktopComposition          Desktop composition activity
        XAMLAppResponsiveness       XAML App Responsiveness analysis
        HTMLResponsiveness          HTML Responsiveness analysis
        ReferenceSet                Reference Set analysis
        ResidentSet                 Resident Set analysis
        XAMLHTMLAppMemoryAnalysis   XAML/HTML application memory analysis
        UTC                         UTC Scenarios
        DotNET                      .NET Activity
        WdfTraceLoggingProvider     WDF Driver Activity

カスタム プロファイルを作成する詳細なガイダンスについては、WPR.exe のドキュメントを参照してください。For detailed guidance on creating custom profiles, see the WPR.exe documentation.

オペレーティング システム起動時の ETW トレースの記録Record ETW traces during operating system boot time

システム起動時のイベントを収集するには、New-AutologgerConfig コマンドレットを使用します。Use the New-AutologgerConfig cmdlet to collect events during system boot. 使用方法は New-EtwTraceSession コマンドレットとよく似ていますが、自動ロガー構成に追加されたプロバイダーは次回起動時の初期にのみ有効になります。Usage is very similar to the New-EtwTraceSession cmdlet, but providers added to the Autologger's configuration will only be enabled early at next boot. 全体的なワークフローは次のようになります。The overall workflow looks like this:

最初に、新しい自動ロガー構成を作成します。First, create a new Autologger config.

PS C:\> New-AutologgerConfig -Name BootPnpLog -LocalFilePath c:\bootpnp.etl

ETW プロバイダーを構成に追加します。Add a ETW provider to it. この例では、Kernel PnP プロバイダーを使用します。This example uses the Kernel PnP provider. 同じ自動ロガー名 (ただし、GUID が異なる) を指定して Add-EtwTraceProvider を再度呼び出して、複数のソースからのブート トレース コレクションを有効にします。Invoke Add-EtwTraceProvider again, specifying the same Autologger name but a different GUID to enable boot trace collection from multiple sources.

Add-EtwTraceProvider -Guid {9c205a39-1250-487d-abd7-e831c6290539} -AutologgerName BootPnpLog

ETW セッションはすぐには開始されず、次回の起動時に開始するように構成されます。This does not start an ETW session immediately, but rather configures one to start at next boot. 再起動すると、追加したトレース プロバイダーが有効になった状態で、自動ロガー構成名を持つ新しい ETW セッションが自動的に開始されます。After rebooting, a new ETW session with the Autologger configuration name is automatically started with the added trace providers enabled. Nano Server が起動したら、次のコマンドでトレース セッションを停止します。停止する前に、記録されたイベントが関連するトレース ファイルにフラッシュされます。After Nano Server boots, the following command will stop the trace session after flushing the logged events to the associated trace file:

PS C:\> Remove-EtwTraceSession -Name BootPnpLog

次回の起動時に別のトレース セッションが自動的に作成されないように、次のように自動ロガー構成を削除します。To prevent another trace session from being auto-created at next boot, remove the Autologger configuration as follows:

PS C:\> Remove-AutologgerConfig -Name BootPnpLog

複数のシステムやディスクなしのシステムでブート トレースとセットアップ トレースを収集するには、セットアップおよびブート イベント収集の使用を検討してください。To collect boot and setup traces across a number of systems or on a diskless system, consider using Setup and Boot Event Collection.

パフォーマンス カウンター データのキャプチャCapture performance counter data

通常、パフォーマンス カウンター データは Perfmon.exe の GUI で監視します。Usually, you monitor performance counter data with Perfmon.exe GUI. Nano Server では、同等の Typeperf.exe コマンド ラインを使用します。On Nano Server, use the Typeperf.exe command-line equivalent. たとえば、次のように入力します。For example:

使用可能なカウンターを照会します。出力にフィルターを適用して、関心のあるカウンターを簡単に見つけることができます。Query available counters--you can filter the output to easily find the ones of interest.

PS C:\> typeperf.exe -q | Select-String UDPv6

\UDPv6\Datagrams/sec
\UDPv6\Datagrams Received/sec
\UDPv6\Datagrams No Port/sec
\UDPv6\Datagrams Received Errors
\UDPv6\Datagrams Sent/sec

オプションを使用して、カウンターの値を収集する回数と間隔を指定できます。Options allow specifying the number of times and the interval at which counter values are collected. 次の例では、プロセッサ アイドル時間を 3 秒おきに 5 回収集します。In the example below, Processor Idle Time is collected 5 times every 3 seconds.

PS C:\> typeperf.exe \Processor Information(0,0)\% Idle Time -si 3 -sc 5

(PDH-CSV 4.0),\\ns-g2\Processor Information(0,0)\% Idle Time
09/15/2016 09:20:56.002,99.982990
09/15/2016 09:20:59.002,99.469634
09/15/2016 09:21:02.003,99.990081
09/15/2016 09:21:05.003,99.990454
09/15/2016 09:21:08.003,99.998577
Exiting, please wait...
The command completed successfully.

その他のコマンド ライン オプションを使用すると、構成ファイル内の関心のあるパフォーマンス カウンターの名前を指定することや、ログ ファイルに出力をリダイレクトすることなどができます。Other command-line options allow you to specify performance counter names of interest in a configuration file, redirecting output to a log file, among other things. 詳細については、typeperf.exe のドキュメントを参照してください。See the typeperf.exe documentation for details.

Nano Server ターゲットで Perfmon.exe のグラフィカル インターフェイスをリモートで使用することもできます。You can also use Perfmon.exe's graphical interface remotely with Nano Server targets. パフォーマンス カウンターをビューに追加する場合、既定の の代わりに、コンピューター名で Nano Server ターゲットを指定します。When adding performance counters to the view, specify the Nano Server target in the computer name instead of the default .

Windows イベント ログの操作Interact with the Windows Event Log

Nano Server では、Get-WinEvent コマンドレットをサポートしています。このコマンドレットでは、ローカルとリモート コンピューターの両方に対する Windows イベント ログのフィルター処理と照会機能が提供されます。Nano Server supports the Get-WinEvent cmdlet, which provides Windows Event Log filtering and querying capabilities, both locally as well as on a remote computer. 詳細なオプションと例については、Get-WinEvent のドキュメント ページを参照してください。Detailed options and examples are available at the Get-WinEvent documentation page. 次の簡単な例では、System ログに記録されている過去 2 日間の "エラー" を取得します。This simple example retrieves the Errors noted in the System log during the past two days.

PS C:\> $StartTime = (Get-Date) - (New-TimeSpan -Day 2)
PS C:\> Get-WinEvent -FilterHashTable @{LogName='System'; Level=2; StartTime=$StartTime} | select TimeCreated, Message

TimeCreated           Message
-----------           -------
9/15/2016 11:31:19 AM Task Scheduler service failed to start Task Compatibility module. Tasks may not be able to reg...
9/15/2016 11:31:16 AM The Virtualization Based Security enablement policy check at phase 6 failed with status: {File...
9/15/2016 11:31:16 AM The Virtualization Based Security enablement policy check at phase 0 failed with status: {File...

Nano Server では、wevtutil.exe もサポートしています。このコマンドレットを使用すると、イベント ログと発行元に関する情報を取得できます。Nano Server also supports wevtutil.exe which allows retrieving information about event logs and publishers. 詳細については、wevtutil.exe のドキュメントを参照してください。See wevtutil.exe documentation for more details.

グラフィカル インターフェイス ツールGraphical interface tools

Web ベースのサーバー管理ツールを使用して、Nano Server ターゲットをリモートで管理し、Web ブラウザーで Nano Server のイベント ログを表示できます。Web-based server management tools can be used to remotely manage Nano Server targets and present a Nano Server Event Log by using a web browser. 最後に、MMC スナップイン イベント ビューアー (eventvwr.msc) を使用して、ログを表示することもできます (コンピューターのデスクトップで開き、リモートの Nano Server を参照するだけです)。Finally, the MMC snap-in Event Viewer (eventvwr.msc) can also be used to view logs -- just open it on a computer with a desktop and point it to a remote Nano Server.

Nano Server に対して Windows PowerShell Desired State Configuration を使用するUsing Windows PowerShell Desired State Configuration with Nano Server

Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC) で Nano Server をターゲット ノードとして管理できます。You can manage Nano Server as target nodes with Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC). 現在、DSC ではプッシュ モードでのみ Nano Server を実行しているノードを管理できます。Currently, you can manage nodes running Nano Server with DSC in push mode only. 一部の DSC 機能は Nano Server に対して機能しません。Not all DSC features function with Nano Server.

詳細については、「DSC on Nano Server の使用」を参照してください。For full details, see Using DSC on Nano Server.