Windows Server 半期チャネルで Nano Server に加えられる変更Changes to Nano Server in Windows Server Semi-Annual Channel

適用先:Windows Server 半期チャネルApplies To: Windows Server, Semi-Annual Channel

Window Server 半期チャネル サービス モデルは以前に Current Branch for Business (CBB) モデルで提供されているため、Nano Server を実行しているお客様には既に使用されています。If you're already running Nano Server, the Window Server Semi-Annual Channel servicing model will be familiar, since it was formerly serviced by the Current Branch for Business (CBB) model. Windows Server 半期チャネルは、モデル名が新しくなりましたが、内容は同じです。Windows Server Semi-Annual Channel is just a new name for the same model. このモデルでは、Nano Server の機能更新のリリースが年に 2 回~ 3 回発生すると予想されます。In this model, feature update releases of Nano Server are expected two to three times per year.

ただし、Windows Server バージョン 1803 以降、Nano Server は、コンテナーの基本 OS イメージとしてのみ利用可能です。However, starting with Windows Server, version 1803, Nano Server is available only as a container base OS image. このイメージは、Windows Server に含まれる Server Core インストールをはじめとするコンテナー ホスト内で、コンテナーとして実行する必要があります。You must run it as a container in a container host, such as a Server Core installation of Windows Server. このリリースの Nano Server を使用して実行されるコンテナーは、これまでのリリースと比べ次のような違いがあります。Running a container based on Nano Server in this release differs from earlier releases in these ways:

  • Nano Server は、.NET Core アプリケーションに最適化されています。Nano Server has been optimized for .NET Core applications.
  • Nano Server は、Windows Server 2016 バージョンよりもさらに小型です。Nano Server is even smaller than the Windows Server 2016 version.
  • PowerShell Core、.NET Core、および WMI は既定では含まれませんが、コンテナーの構築時に、PowerShell Core コンテナーや .NET Core コンテナーのパッケージに含めることができます。PowerShell Core, .NET Core, and WMI are no longer included by default, but you can include PowerShell Core and .NET Core container packages when building your container.
  • Nano Server にサービス スタックは含まれなくなりました。There is no longer a servicing stack included in Nano Server. Microsoft は、再展開する Docker Hub に対する更新済みの Nano コンテナーを公開しています。Microsoft publishes an updated Nano container to Docker Hub that you redeploy.
  • 新しい Nano コンテナーのトラブルシューティングには、Docker を使います。You troubleshoot the new Nano Container by using Docker.
  • Nano コンテナーが、IoT Core で実行できるようになりました。You can now run Nano containers on IoT Core.