Windows Server アップグレード オプションと変換オプション

Windows Server のインストールを新しいバージョン、異なるエディションにアップグレードまたは変換したり、ライセンス オプション (評価版、製品版、ボリューム ライセンスなど) を切り替えたりできます。 この記事は、皆さんの計画を支援するオプションとしてどのようなものがあるかについて説明するのに役立ちます。

Windows Server のインストールをアップグレードまたは変換するプロセスは、インストールしたバージョンとエディション、ライセンスの形式、選択するパスに応じて大きく異なる場合があります。 Windows Server の展開にかかわる可能性のある操作は、クリーン インストール、インプレース アップグレード、クラスター オペレーティング システム (OS) のローリング アップグレード、移行、ライセンス変換など、さまざまな用語を使用して区別します。 これらの用語の詳細については、インストール、アップグレード、または移行に関する記事で確認できます。

ライセンス バージョンの Windows Server のアップグレード

以下は、既にライセンスが付与されている (評価版ではない) Windows Server のインプレース アップグレードのパスに関する一般的なガイドラインを示します。

  • 32 ビット アーキテクチャから 64 ビット アーキテクチャへのアップグレードはサポートされていません。 Windows Server 2016 以降の Windows Server のすべてのリリースは 64 ビットのみです。
  • 特定の言語から別の言語へのアップグレードはサポートされていません。
  • サーバーが Active Directory ドメイン コントローラーの場合は、製品版に変換することはできません。 重要な情報については、「ドメイン コントローラーを Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 にアップグレードする」を参照してください。
  • Windows Server のプレリリース バージョン (プレビュー) からのアップグレードはサポートされていません。 Windows Server のクリーン インストールを実行してください。
  • Server Core インストールからデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバー インストールへの切り替え (およびその逆方向の切り替え) を行うアップグレードはサポートされていません。
  • 以前の Windows Server のインストールから Windows Server の評価版へのアップグレードはサポートされていません。 評価版はクリーン インストールでインストールする必要があります。
  • Standard Edition から Datacenter Edition に変更できるのは、アップグレード時のみです。 Datacenter Edition から Standard Edition への変更はサポートされていません。

重要

サーバーで NIC チーミングを使用している場合、アップグレードの前に NIC チーミングを無効にし、アップグレードが完了してから再度有効にします。 詳細については、「NIC チーミングの概要」を参照してください。

評価版から製品版への変換

Windows Server の評価版を製品版に変換できます。 Standard Edition の評価版をインストールしている場合は、Standard Edition または Datacenter Edition のいずれかの製品版に変換できます。 同様に、Datacenter Edition の評価版をインストールしている場合は、Datacenter Edition の製品版にのみ変換できます。

まだ Windows をアクティブ化していない場合は、デスクトップの右下隅に、評価期間の残り時間が表示されます。

重要

14393.0.161119-1705.RS1_REFRESH より前の Windows Server 2016 のリリースでは、Windows Server がデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバー インストール オプション (Server Core ではなく) でインストールされている場合にのみ、評価版から製品版に変換できます。 バージョン 14393.0.161119-1705.RS1_REFRESH 以降のリリースでは、使ったインストール オプションに関係なく評価版を製品版に移行できます。

注意

評価版から製品版に乗り換える前に、実際に評価版が実行されていることをご確認ください。 これを行うには、管理者特権でのコマンド プロンプトを起動し、コマンド slmgr.vbs /dlv を実行します。評価版の場合は、出力に slmgr.vbs /dlv と表示されます。

Windows Server Standard または Datacenter

サーバーで Windows Server Standard Edition または Windows Server Datacenter Edition の評価版を実行している場合は、次の手順に従って製品版に変換できます。

  1. 管理者特権でのコマンド プロンプトまたは PowerShell セッションから次のコマンドを実行して、Windows Server の Microsoft ソフトウェアライセンス条項を保存します。これにより、内容を確認できるようになります。

    DISM /online /Set-Edition:ServerDatacenter /GetEula:C:\eula.rtf
    
  2. 以下のコマンドを実行して、現在のエディション名を確認します。 出力はエディション名の省略形です。たとえば、Windows Server Datacenter Edition の場合は、ServerDatacenter になります。

    DISM /online /Get-CurrentEdition
    
  3. 以下のコマンドを実行して、現在のインストールをどのエディションに変換できるかを確認します。 Windows Server Standard の評価版は、Windows Server の Standard Edition または Datacenter Edition の製品版のいずれかに変換できます。一方、Windows Server Datacenter の評価版は、Windows Server Datacenter の製品版にのみ変換できます。

    DISM /online /Get-TargetEditions
    
  4. 変換先のターゲット エディション名のメモを取り、以下のコマンドにこれと製品プロダクト キーを入力します。 このプロセスでは、前に保存した Windows Server の Microsoft ソフトウェアライセンス条項に同意する必要があります。

    ヒント

    適切なプロダクト キーとエディション ID を使用して、Windows Server Standard の評価版から Windows Server Datacenter の製品版に 1 ステップで変換できます。

    DISM /online /Set-Edition:<edition ID> /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX /AcceptEula
    

    次に例を示します。

    DISM /online /Set-Edition:ServerDatacenter /ProductKey:ABCDE-12345-ABCDE-12345-ABCDE /AcceptEula
    

ヒント

Dism.exe について詳しくは、「DISM コマンド ライン オプション」をご覧ください。

重要

サーバーが Active Directory ドメイン コントローラーの場合は、製品版に変換することはできません。 この場合は、まず製品版を実行するサーバーに追加のドメイン コントローラーをインストールし、保持されている FSMO ロールを変換して、評価版で実行されているドメイン コントローラーから Active Directory Domain Services (AD DS) を削除します。 詳細については、「ドメイン コントローラーを Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 にアップグレードする」を参照してください。

Windows Server Essentials

サーバーで Windows Server Essentials が実行されている場合は、管理者特権でのコマンド プロンプトを起動し、次のコマンドの一部として製品版、ボリューム ライセンス、または OEM のキーを入力することで、完全な製品版に変換できます。

slmgr.vbs /ipk XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

Windows Server Standard Edition から Datacenter Edition への変換

Windows Server をインストールした後は、いつでも Windows Server Standard Edition を Datacenter Edition に変換できます。 インストール メディアから setup.exe を実行して、インストールをアップグレードまたは修復できます (インプレース修復と呼ばれることもあります)。 setup.exe を実行して、任意のエディションの Windows Server でインプレース アップグレードまたはインプレース修復を行うと、結果は開始時と同じエディションになります。

Windows Server Standard Edition は、次のように Datacenter Edition に変換できます。

  1. 以下のコマンドを実行して、現在のエディション名が Windows Server Standard であることを確認します。 出力はエディション名の省略形です。たとえば、Windows Server Standard Edition の場合は、ServerStandard になります。

    DISM /online /Get-CurrentEdition
    
  2. 次のコマンドを実行して、Windows Server Datacenter が変換先として有効なオプションであることを確認します。

    DISM /online /Get-TargetEditions
    
  3. 以下のコマンドに「ServerDatacenter」と製品プロダクト キーを入力します。

    DISM /online /Set-Edition:ServerDatacenter /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX /AcceptEula
    

製品版、ボリューム ライセンス、OEM ライセンス間の変換

Windows Server をインストールした後は、いつでも製品ライセンス、ボリューム ライセンス、OEM ライセンスの間で自由に変換できます。 エディション (Standard または Datacenter) は、この変換中も変わりません。 変換元が評価版である場合は、最初に製品版に変換し、その後にバージョン間で変換できます。

これを行うには、管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを、ボリューム ライセンス、製品版、または OEM のプロダクト キーを指定して実行します。

slmgr.vbs /ipk XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX