Windows Server 2008/2008 R2 に特化されたイメージの Azure へのアップロードUpload a Windows Server 2008/2008 R2 specialized image to Azure

WS08 イメージ トピックを導入するバナー

Azure によりクラウド内で Windows Server 2008/2008 R2 VM を実行できるようになりました。You can now run a Windows Server 2008/2008 R2 VM in the cloud with Azure.

Windows Server 2008/2008 R2 に特化されたイメージの準備Prep the Windows Server 2008/2008 R2 specialized image

画像をアップロードする前に、次の変更を行います。Before you can upload an image, make the following changes:

  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) をイメージにまだインストールしていない場合は、ダウンロードしてインストールします。Download and install Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) if you don't already have it installed on your image.

  • リモート デスクトップ (RDP) の設定を構成します。Configure Remote Desktop (RDP) settings.

    1. [コントロール パネル] > [システム設定] の順に移動します。Go to Control Panel > System settings.

    2. 左側のメニューで、 [リモートの設定] を選択します。Select Remote settings in the left-hand menu.

      [リモートの設定] を強調表示したシステム設定のスクリーンショット。

    3. [システムのプロパティ] で [リモート] タブを選択します。Select the Remote tab in System Properties.

      [システムのプロパティ] の [リモート] タブのスクリーンショット。

    4. [リモート デスクトップを実行しているコンピュータからの接続を許可する (セキュリティのレベルは低くなります)] を選択します。Select Allow connections from computers running any version of Remote Desktop (less secure).

    5. [適用][OK] をクリックします。Click Apply, and OK.

  • Windows ファイアウォールの設定を構成します。Configure Windows Firewall settings.

    1. 管理モードのコマンド プロンプトで、「wf.msc」と入力して Windows ファイアウォールとセキュリティの詳細設定を表示します。At the command prompt in Admin mode, enter “wf.msc” for Windows Firewall and advanced security settings.
    2. 検出結果を [ポート] で並べ替え、 [ポート 3389] を選択します。Sort findings by Ports, select port 3389.
      Windows ファイアウォール設定の受信ルールのスクリーンショットScreenshot of WIndows Firewall settings' inbound rules.
    3. 次のプロファイルに対してリモート デスクトップ (TCP-IN) を有効にします: DomainPrivate、および Public (上に表示)。Enable Remote Desktop (TCP-IN) for the profiles: Domain, Private, and Public (shown above).
  • すべての設定を保存して、イメージをシャットダウンします。Save all settings and shut down the image.

  • Hyper-V を使用している場合は、変更を維持するために子 AVHD が親 VHD にマージされていることを確認します。If you're using Hyper-V, make sure the child AVHD is merged into the parent VHD for persisting changes.

現在の既知のバグでは、アップロードしたイメージで管理者パスワードが 24 時間以内に期限切れになります。A current known bug causes the administrator password on the uploaded image to expire within 24 hours. この問題を回避するには、次の手順に従います。Follow these steps to avoid this issue:

  1. [スタート] > [ファイル名を指定して実行] の順に移動します。Go to Start > Run
  2. lusrmgr.msc」と入力します。Type lusrmgr.msc
  3. [ローカル ユーザーとグループ] で [ユーザー] を選択しますSelect Users under Local Users and Groups
  4. [管理者] を右クリックし、 [プロパティ] を選択しますRight-click Administrator and select Properties
  5. [パスワードを無期限にする] を選択し、 [OK]  を選択します管理者プロパティのスクリーンショット。Select password never expires and select OK Screenshot of administrator properties.

イメージ VHD のアップロードUploading the image VHD

以下のスクリプトを使用して、VHD をアップロードできます。You can use the script below to upload the VHD. これを行う前に、Azure アカウントの公開設定ファイルが必要になります。Before you do this, you'll need the publish settings file for your Azure account. Azure ファイル設定を取得します。Get your Azure file settings.

スクリプトは次のとおりです。Here is the script:

Get-AzurePublishSettingsFile 

Login-AzureRmAccount
 
      # Import publishsettings
      Import-AzurePublishSettingsFile -PublishSettingsFile <LocationOfPublishingFile>
      $subscriptionId = 'xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxx'
 
      # Set NodeFlight subscription as default subscription
      Select-AzureRmSubscription -SubscriptionId $subscriptionId
      Set-AzureRmContext -SubscriptionId $subscriptionId
      $rgName = "<resourcegroupname>"
    
      $urlOfUploadedImageVhd = "<BlobUrl>/<NameForVHD>.vhd"
      Add-AzureRmVhd -ResourceGroupName $rgName -Destination $urlOfUploadedImageVhd -LocalFilePath "<FilePath>"  

Azure でのイメージの展開Deploy the image in Azure

このセクションでは、Azure でイメージ VHD を展開します。In this section, you will be deploying the image VHD in Azure.

重要

Azure で定義済みのユーザー イメージを使用しないでください。Do not use pre-defined user images in Azure.

  1. 新しいリソース グループを作成します。Create a new resource group.

  2. リソース グループ内に新しいストレージ BLOB を作成します。Create a new storage blob inside the resource group.

  3. ストレージ BLOB 内にコンテナーを作成します。Create a container inside the storage blob.

  4. プロパティから BLOB ストレージの URL をコピーします。Copy the URL of the blob storage from properties.

  5. 上で指定されたスクリプトを使用して新しいストレージ BLOB にイメージをアップロードします。Use the script provided above to upload your image to the new storage blob.

  6. VHD のディスクを作成します。Create a disk for your VHD.
    a.a. [ディスク] に移動し、 [追加] をクリックします。Go to Disks, click Add.
    b.b. ディスクの名前を入力します。Enter a name for the disk. 使用するサブスクリプションを選択し、地域を設定して、アカウントの種類を選択します。Select the subscription you want to use, set the region, and choose the account type.
    c.c. [ソースの種類] で、ストレージを選択します。For Source Type, select storage. スクリプトを使用して作成した BLOB VHD の場所を参照します。Browse to the blob VHD location created using the script.
    d.d. Windows OS の種類とサイズを選択します (既定値: 1023)。Select OS type Windows and Size (default: 1023).
    e.e. [作成] をクリックします。Click Create.

  7. [Disk Created] (作成されたディスク) に移動し、 [VM の作成] をクリックします。Go to the Disk Created, click Create VM.
    a.a. VM に名前を付けます。Name the VM.
    b.b. ディスクをアップロードした 手順 5 で作成した既存のグループを選択します。Select the existing group you created in step 5 where you uploaded the disk.
    c.c. VM のサイズと SKU 計画を選びます。Pick a size and SKU plan for your VM.
    d.d. 設定ページで、ネットワーク インターフェイスを選択します。Select a network interface on the settings page. ネットワーク インターフェイスに次の規則が指定されていることを確認します。Make sure the network interface has the following rule specified:

    PORT:3389 Protocol: TCP Action: Allow Priority: 1000 Name: ‘RDP-Rule'.   
    

    e.e. [作成] をクリックします。Click Create.