AD フォレストの回復-AD フォレストの復旧計画の策定AD Forest Recovery - Devising an AD Forest Recovery Plan

適用対象: Windows Server 2016、Windows Server 2012、および 2012 R2、Windows Server 2008 および 2008 R2Applies To: Windows Server 2016, Windows Server 2012 and 2012 R2, Windows Server 2008 and 2008 R2

環境やビジネス要件によっては、このガイドで説明されているすべての手順を実行して、フォレストの回復を正常に実行する必要がある場合があります。Depending on your environment and business requirements, you might or might not need to perform all the steps described in this guide to perform a successful forest recovery. このガイドは、フォレストの復旧のためのテンプレートとしてのみ機能するので、環境に適したカスタムフォレストの復旧計画を作成し、ビジネスのニーズを満たすことが重要です。Given that this guide serves only as a template for forest recovery, it is vital that you devise a custom forest recovery plan that suits your environment and meets your business needs.

たとえば、フォレストの復旧計画では、フォレストの詳細なトポロジマップが必要です。For example, in your forest recovery plan, you should have a detailed topology map of your forests. マップには、Dc に関するすべての情報 (名前、ロールとバックアップの状態、およびそれらの間の信頼関係など) が一覧表示されます。The map should list all the information about the DCs, such as their names, their roles and backup status, and the trust relationships between them. トポロジマップの作成に使用できるツールについては、「 Microsoft Active Directory Topology Diagrammer」を参照してください。For a tool that you can use to create a topology map, see Microsoft Active Directory Topology Diagrammer.

フォレストの復旧計画は、少なくとも1年に1回実行することをお勧めします。You should practice your forest recovery plan at least once a year. また、Enterprise Admins グループまたは Domain Admins グループにメンバーシップの変更がある場合は、フォレストの回復訓練を実行することをお勧めします。Also, it is a good idea to perform a forest recovery drill when there are membership changes to the Enterprise Admins or Domain Admins group. これにより、情報技術 (IT) スタッフがフォレストの復旧計画を完全に理解することができます。This helps ensure that your information technology (IT) staff fully understands the forest recovery plan.

次の手順Next Steps